つれづれなるままにエジプト・ステーション
Tribute Vlog for Egypt Station
06 | 2018/07 | 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Yesterday  Here Today  Go Now

イベント
7/19 17:00 ビートルズを読み解く 伝記として音楽として
7/20 19:00 藤本国彦プロデュース ビートルズの世界 Around The Beatles トーク・イベント第4弾
8/11 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
8/17 19:00 藤本国彦プロデュース ビートルズの世界 Around The Beatles トーク・イベント第5弾
8/19 10:00 福島空港開港25周年記念 復興支援 ビートルズ・ライブ
8/25 14:00 オール・マッカートニー ~ポール・ザ・ベスト!~ Vol.6 嗚呼!ブロード・ストリート
9/8 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
10/1~8 藤本国彦と行くロンドン+リバプール・ビートルズゆかりの地めぐりの旅
11/22 19:00 ザ・ビートルズ「White Album」リリース50周年記念イベント“Back In The Beatles”
11/29 19:00 伊豆田洋之ポール・マッカートニーを歌う IZUTANEYAMA WINGS 2018
2019/4/22まで Double Fantasy – John + Yoko 英国

TV , ラジオ
7/21 6:00~6:55 ビバ!合唱 ポール・マッカートニー「心の翼」を聴く NHK-FM
7/21 9:15~11:30 パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 (字幕版、ポール・マッカートニー出演) WOWOWシネマ
7/23 27:00~28:00 MUST BE UKTV (ストーン・ザ・クロウズ出演) NHK BSプレミアム
7/25 27:00~28:00 MUST BE UKTV (ジョン・レノン、ポール・マッカートニー出演) NHK BSプレミアム
7/28 15:00~17:25 パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 (吹替版、ポール・マッカートニー出演) WOWOWプライム

本 , 雑誌 , ムック
8/1 ビートルズはここで生まれた 聖地巡礼・ビートルズの旅 from London to Liverpool
8/5 グラフィック・ノベル Yellow Submarine
10/9 イマジン ~ジョン&ヨーコ~
秋 リンゴ・スター Another Day In The Life
年内 The Beatles: Yellow Submarine

Blu-ray , DVD
8/8 抱きしめたい Blu-ray + DVD

CD
8/24 ビートルズ A HARD DAY'S NIGHT Sessions
8/24 ビートルズ ウルトラ・レア・トラックス - UK・リールズ・VOL.1
今夏? Music of the Spheres (ポール・マッカートニー参加)
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション 2SHM-CD+2LP
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション SHM-CD
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション CD Target
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション CD HMV
9/7 デニー・サイウェル・トリオ Boomerang
9/28 フィル・コリンズ Plays Well With Others (ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン参加) 海外盤
10/9 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
11月? ビートルズ ホワイト・アルバム (50周年盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

映画
8/25 14:00 オール・マッカートニー ~ポール・ザ・ベスト!~ Vol.6 嗚呼!ブロード・ストリート
秋 エリック・クラプトン ~12小節の人生~ (ビートルズ、ジョージ・ハリスン出演)
秋 ビートルズ The Beatles in India
年内 ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内 A Life In The Day
2019年1月 MY GENERATION (ビートルズ、ポール・マッカートニー出演)

アナログ盤
今夏? Music of the Spheres (ポール・マッカートニー参加)
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション (デラックス盤) 2LP
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション (カラー盤) LP
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション (黒盤) LP
10/9 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
11月? ビートルズ ホワイト・アルバム (50周年盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

LIVE
9/1~29 リンゴ・スター 米国
9/17 ポール・マッカートニー カナダ ケベック・シティ the Videotron Centre
9/20 ポール・マッカートニー カナダ モントリオール Bell Centre
9/28 ポール・マッカートニー カナダ ウィニペグ Bell MTS Place
9/30 ポール・マッカートニー カナダ エドモントン Rogers Place
10/5~7、12~14のどこか一日 ポール・マッカートニー Austin City Limits Music Festival 米国
12/3 ポール・マッカートニー ポーランド クラクフ Tauron Arena
12/5 ポール・マッカートニー オーストリア ウィーン Stadthalle
12/12 ポール・マッカートニー 英国 リバプール Echo Arena
12/14 ポール・マッカートニー 英国 グラスゴー SSE Hydro
12/16 ポール・マッカートニー 英国 ロンドン The O2

デジタル配信
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション

グッズ、アイテム
9/7 ジョン・レノン 切手シート

Freshen Up - Paul McCartney

2018年
9/17 カナダ ケベック・シティ the Videotron Centre
9/20 カナダ モントリオール Bell Centre
9/28 カナダ ウィニペグ Bell MTS Place
9/30 カナダ エドモントン Rogers Place
10/ 5~ 7 米国 Austin City Limits Music Festival
10/12~14 米国 Austin City Limits Music Festival
12/3 ポーランド クラクフ Tauron Arena
12/5 オーストリア ウィーン Stadthalle
12/12 英国 リバプール Echo Arena
12/14 英国 グラスゴー SSE Hydro
12/16 英国 ロンドン The O2

2019年



カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


フィル・コリンズ、ポールやジョージとのコラボ曲を含む4枚組CDボックスを9月28日に発売
ポール・マッカートニーのアルバム「プレス・トゥ・プレイ」制作時にコラボした曲「Angry」やジョージ・ハリスンとの共演曲を含むフィル・コリンズの4枚組CD Plays Well With Others が9月28日に海外で発売されます。国内盤については情報が入り次第掲載します。

2018071823290498d.jpeg

フィル・コリンズは過去にコラボレーションを行ったアーティストとの楽曲を集めた4枚組CDボックスセット『プレイ・ウェル・ウィズ・アザーズ』が9月28日に海外でリリースされることが決定している。フィル・コリンズが初めて参加したバンドとして知られるフレイミング・ユースから、70年代の伝説のアーティストであるブランドX,ブライアン・イーノ、ロバート・フリップ、ジョン・ケイル、ポール・マッカートニーとの曲や、さらにクインシー・ジョーンズやトニー・ベネットとの共演まで収録している。アルバム・タイトルは洒落の効いたプレゼントから取られている。フィル・コリンズがジェネシスのフロントマンになった時、ジェネシスの専属ドラマーとなったチェスター・トンプソンがフィルに特別な誕生日プレゼントを贈った。それは高価なものではなく、ただのTシャツだったが、彼が尊敬しているミュージシャンのために喜んでプロデュースを行うというフィル・コリンズの気持ちを象徴する「プレイ・ウェル・ウィズ・アザーズ」というスローガンが書かれていた。ジェネシスのプロデューサーだったジョン・アンソニーはフィル・コリンズを様々な音楽的な環境に適応するミュージシャンとして見ていたとのことで、フィル・コリンズは次のように振り返っている。「彼はいろんなレコードをプロデュースしていて、いいドラムを求めていたから、僕を使ってくれた。よく夜中にトライデント・スタジオに行って、ただ楽しんでプレイして、朝の6時か7時に家に帰ってきた。ただプレイして時折お金になるってことを楽しんでいた。お金のためではなかった、ただプレイするためだったんだ」。フィル・コリンズは今回のボックスセットについて次のように語っている。「いい人生を送ったねと人は言うかもね。自分は人生のほとんどでやりたいことをやっただけ。ただでやっていたのに、良いお金をもらったね。ドラムを叩くということだけどね。僕のヒーローたちと演奏してきた間に、ほとんどの人と親しい友達になった。この4枚のCDを聴けば、それらの瞬間が少しは分かるはず。これらの曲を集めることを許してくれたアーティスト達に感謝したい。そんなに簡単なことではないからね」。発売日、価格など、本作の国内盤の詳細は追って発表されるという。現時点でのリリースの詳細は以下の通り。

Plays Well With Others / フィル・コリンズ 9月28日海外発売
1. ‘Guide Me Orion’ – Flaming Youth
2. ‘Knights (Reprise)’ – Peter Banks
3. ‘Don’t You Feel It’ – Eugene Wallace
4. ‘I Can’t Remember, But Yes’ – Argent
5. ‘Over Fire Island’ – Brian Eno
6. ‘Savannah Woman’ – Tommy Bolin
7. ‘Pablo Picasso’ – John Cale
8. ‘Nuclear Burn’ – Brand X
9. ‘No-One Receiving’ – Brian Eno
10. ‘Home’ – Rod Argent
11. ‘M386’ – Brian Eno
12. ‘And So To F’ – Brand X
13. ‘North Star’ – Robert Fripp
14. ‘Sweet Little Mystery’ – John Martyn
15. ‘Intruder’ – Peter Gabriel
16. ‘I Know There’s Something Going On’ – Frida
17. ‘Pledge Pin’ – Robert Plant
18. ‘Lead Me To The Water’ – Gary Brooker

DISC TWO: 1982 – 1991
19. ‘In The Mood’ – Robert Plant
20. ‘Island Dreamer’ – Al Di Meola
21. ‘Puss ‘n’ Boots’ – Adam Ant
22. ‘Walking On The Chinese Wall’ – Philip Bailey
23. ‘Do They Know It’s Christmas (Feed The World)’ – Band Aid
24. ‘Just Like A Prisoner’ – Eric Clapton
25. ‘Because Of You’ – Philip Bailey
26. ‘Watching The World’ – Chaka Khan
27. ‘No One Is To Blame’ (Phil Collins version) – Howard Jones
28. ‘If Leaving Me Is Easy’ – The Isley Brothers
29. ‘Angry’ – Paul McCartney
30. ‘Loco In Acapulco’ – Four Tops
31. ‘Walking On Air’ – Stephen Bishop
32. ‘Hall Light’ – Stephen Bishop
33. ‘Woman In Chains’ – Tears For Fears
34. ‘Burn Down The Mission’ – Phil Collins

DISC THREE: 1991 – 2011
35. ‘No Son Of Mine’ – Genesis
36. ‘Could’ve Been Me’ – John Martyn
37. ‘Hero’ – David Crosby
38. ‘Ways To Cry’ – John Martyn
39. ‘I’ve Been Trying’ – Phil Collins
40. ‘Do Nothing ‘Till You Hear From Me’ – Quincy Jones
41. ‘Why Can’t It Wait Til Morning’ – Fourplay
42. ‘Suzanne’ – John Martyn
43. ‘Looking For An Angel’ – Laura Pausini
44. ‘Golden Slumbers / Carry That Weight / The End’ – George Martin
45. ‘In The Air Tonite’ – Lil’ Kim featuring Phil Collins
46. ‘Welcome’ – Phil Collins
47. ‘Can’t Turn Back The Years’ – John Martyn

DISC FOUR: LIVE 1981 – 2002
48. ‘In The Air Tonight’ (Live At The Secret Policeman’s Other Ball) – Phil Collins
49. ‘While My Guitar Gently Weeps’ – George Harrison
50. ‘You Win Again’ – The Bee Gees
51. ‘There’ll Be Some Changes Made’ – Phil Collins and Tony Bennett
52. ‘Stormy Weather’ – Phil Collins and Quincy Jones
53. ‘Chips And Salsa’ – The Phil Collins Big Band
54. ‘Birdland’ – Phil Collins with The Buddy Rich Big Band
55. ‘Pick Up The Pieces’ (Live At The Montreux Jazz Festival 1998) – The Phil Collins Big Band
56. ‘Layla’ (Live At Party At The Palace, 3 June 2002) – Eric Clapton
57. ‘Why’ (Live at Party At The Palace, 3 June 2002) – Annie Lennox
58. ‘Everything I Do (I Do It For You)’ (Live at Party At The Palace, 3 June 2002) – Bryan Adams
59. ‘With A Little Help From My Friends’ (Live at Party At The Palace, 3 June 2002) – Joe Cocker

Thanks! NME Japan

高嶋ちさ子、「ビートルズブーム仕掛け人」父のヤラセ暴露に疑問の声続々
高嶋ちさ子

バイオリニスト高嶋ちさ子の父親で、ビートルズの日本担当ディレクターとしても知られる高嶋弘之氏が、去る7月9日放送の「ご参考までに。」(日本テレビ系)に出演。まだ日本では無名だった4人を売り出すために「情報操作」をしていたことを明かした。「ビートルズの担当になった1964年当時、音楽関係者はもちろん、日本にはまだ彼らを知る者はいなかったそうです。それでも4人が“絶対来る”と信じた高嶋氏は、部下をマッシュルームカットにさせ、早くも彼らの髪型をマネし始めた青年が現れたというウソの情報を週刊誌で記事にしてもらったりしていたといいます」(芸能ライター) 今、こうしたことをすれば大問題だが、まだそういった「ヤラセ」もまかり通っていた時代なのだろう。高嶋氏は別のインタビューで、他にもとんでもない売り出し作戦をしていたことを吐露している。「流すレコードをみんなで聴き入る『レコードコンサート』を開催。事前にサクラとして参加させた女子高生に『シー・ラブズ・ユー』の曲中で悲鳴を上げてくれと指示しておき、本番中にそれを実行。そのうち全員が『キャーッ』と叫ぶようになるということもしていたようです」(前出・芸能ライター) 売るためにはなりふり構わないということだが、ふたたび前述の「ご参考までに。」に戻れば、高嶋氏はこの番組で、少々聞き捨てならないことを告白している。「週間ヒット速報を作って、ビートルズはね、売上枚数ゼロ一個足すぐらいしましたよ」(番組中の高嶋氏の発言) ヒットチャートの掲載先は明言していなかったが、いずれにしても売上を上増ししていたというのだから驚く。ナレーションでは「そんな努力もあってビートルズは日本で大ブレイク」とまとめていたが、SNS上でもさすがにブーイングが飛び交った。〈昔話だからと堂々と言ってて良いんか? 情報操作してましたって〉〈ビートルズを売るために虚偽広告を出しまくってたとか…〉〈ビートルズの日本での流行がヤラセと販売枚数の偽造でつくられたものだとテレビでやっててマジかよって思った〉 前出の芸能ライターが言う。「この番組は日テレが開局65年を機に朝ドラを作ろうという名のもと、ドラマになりそうな実話を紹介していたプログラムです。ただ、こうしたヤラセ行為を、過去のこととはいえ、堂々と放送する日テレの神経を疑います」。いずれにしても、娘は猛女で知られる高嶋ちさ子。やはり親子ともども型破りなところがあるようで──

Thanks! アサヒ芸能

FM ビバ!合唱 ポール・マッカートニー「心の翼」を聴く 7月21日放送
何てスゴイ番組を作るんだ! 受信料支払い甲斐あるぞ、NHK! といった感じの音楽番組 ビバ!合唱 ポール・マッカートニー「心の翼」を聴く が7月21日にNHK-FMで放送されます。 あ、受信料関係無いか? (^ ^)>

Ecce Cor Meum

ビバ!合唱 ポール・マッカートニー「心の翼」を聴く 7月21日(土) 6:00~6:55 NHK-FM
世界中の様々な合唱曲をお届けする、ファン必聴のコーラス専門番組。
あなたの知らない美しいハーモニーが見つかるかも。リクエストも大募集です。

ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード / ビートルズ
「心の翼」から第1楽章「魂」、第2楽章「神の恩恵」 / ポール・マッカートニー
「心の翼」からインタールード(嘆き) / ポール・マッカートニー
「心の翼」から第4楽章「心の翼~私の心を見よ」 / ポール・マッカートニー

Thanks! NHK

公開講座 ビートルズを読み解く 伝記として音楽として 7月19日開催
明日(7/19)、公開講座 ビートルズを読み解く 伝記として音楽として が京都ノートルダム女子大学で開催されます。

ビートルズを読み解く 伝記として音楽として

ビートルズを読み解く 伝記として音楽として

Thanks! 京都ノートルダム女子大学 , GOROさん


関連Blog
5/15のBlog 本 読みつぐビートルズ 5月20日発売


ジョージ・ハリスン、「ヘイ・ジュード」制作時のポール・マッカートニーのこだわりについて語る
ヘイ・ジュード - ザ・ビートルズ

ビートルズのプロデューサーであるジョージ・マーティンに関する新書から「ヘイ・ジュード」のレコーディング過程について記された部分の抜粋が公開されている。9月4日に刊行されるケネス・ウォマックによるジョージ・マーティンの伝記の後編 Sound Pictures: The Life of Beatles Producer George Martin - The Later Years, 1966-2016 の中で、ケネス・ウォマックはジョージ・マーティンがアビイ・ロード・スタジオで行われていた「ヘイ・ジュード」のレコーディングの2日目に合流した際のことについて綴っている。「「ヘイ・ジュード」は非常に長いビートルズの楽曲として瞬く間に形をなしていきました」とそこには書かれている。「「ヘイ・ジュード」について言えば、楽曲をレコーディングしていた時に長くし過ぎたんじゃないかと思っていたんだ。あれはほとんどポールの楽曲で、同じことを何度も繰り返して彼が何をしようとしているのか僕には理解できなかったんだ。もちろん、そこには催眠的なものが生まれたわけだけどね」とジョージ・ハリスンは後に振り返っています。ギターのエコーでポール・マッカートニーの歌詞にコール・アンド・レスポンス的な処理を加えたらどうかというジョージ・ハリスンの提案をポール・マッカートニーが断ったことも明らかになっている。「個人的には最後の何枚かのアルバムはそうだと思ったんだけどさ。ミュージシャンとしての演奏の自由が縮小していったんだよね、主にポールによってね」とジョージ・ハリスンは後に回想している。又、「ヘイ・ジュード」のレコーディングについてジョージ・ハリスンは「彼は自分の曲をどうレコーディングするかについて頭の中でアイディアが固まっていたんだ。彼は他の人の提案にはオープンじゃなかったんだよ」と語っている。公開されている抜粋の全文は こちら

Sound Pictures: The Life of Beatles Producer George Martin - The Later Years, 1966-2016

Thanks! NME Japan