つれづれなるままにワン・オン・ワン
Tribute Vlog for One On One Japan Tour 2017
02 | 2017/03 | 03
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Yesterday  Here Today  Go Now
グッズ
3/27 Days of Songs - Capitol 75th (ビートルズTシャツ)
3月下旬 ホットウィール HW ポップカルチャー THE BEATLES

イベント
3/29 ロンドン芸術大学 入学審査
3/29 13:00~15:00 パティ・ボイド来日記念トークショー 1部 アフタヌーン トークショー
3/29 17:00~19:00 パティ・ボイド来日記念トークショー 2部 レイトアフタヌーン トークショー
3/29~4/28 パティ・ボイド写真展 George, Eric & Me ~パティが見たあの頃~ モノクローム版
3/29~5/14 パティ・ボイド写真展 George, Eric & Me ~パティが見たあの頃~
3/31まで It's a Sony 展
4/9 12:30~15:30 ビートルズ・アナログ爆音鑑賞会 Vol.7 ポール・マッカートニー特集2 (1980年代から現在まで)
4/11 ポール・マッカートニー&ウイングス ロックショウ 一夜限りのライヴ絶響上映@Zepp東阪
4/14 19:30 Beatlesongs 213 ~ ビートルズの曲はここが面白い! ビートルズ・イベント パート1 全213曲を楽しむ
4/21 19:30 サージェント・ペパーズ発売50周年記念トーク・イベント (2) 音の世界
4/22 レコード・ストア・デイ
5/10まで Bailey's Icons
5/25~6/16 サージェント・ペパーズ発売50周年記念イベント Sgt Peppers At 50 英国
5/27 19:00 サージェント・ペパーズ発売50周年記念トーク・イベント (3) ジョージ・マーティンの世界
6/16 19:30 サージェント・ペパーズ発売50周年記念トーク・イベント (4) スタジオ・レコーディングの世界
7/15 19:00 サージェント・ペパーズ発売50周年記念トーク・イベント (5) ライブの世界
8/20 19:00 サージェント・ペパーズ発売50周年記念トーク・イベント (6) メンバーを取り巻く世界

本 , 雑誌 , ムック
3/29 MUSIC LIFE 1970年代ビートルズ物語
4/6 ビートルズを呼んだ男
4/12 僕を作った66枚のレコード
4/12 ビートルズの英語タイトルをめぐる213の冒険 ~〈Please Please Me〉の本当の意味知っていますか?
4/12 POWERS OF TWO 二人で一人の天才
4/13 真実のビートルズ・サウンド完全版 全213曲の音楽的マジックを解明
4/14 CROSSBEAT Special Edition ポール・マッカートニー ソロ・ワークス
4/18 ビートル・アローン
4/18 ビートルズ・ストーリー Vol.8 1969
4/22 「ビートルズと日本」ブラウン管の記録~出演から関連番組まで、日本のテレビが伝えたビートルズのすべて
4/27 サージェント・ペパーズ・シンドローム ロックの時代 1967-1968
5/22 ザ・ビートルズ『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』完全ガイド
9/21 絵本「Imagine」(仮)

TV , ラジオ
4/2 6:14~6:25 サエキけんぞうの素晴らしき80's (ポール・マッカートニー特集) NHKラジオ第1
4/2 21:00~21:30 Dr.竹迫のミュージック・クリニック ポール・マッカートニー Flowers In The Dirt 特集 Part 1 FMゲンキ
4/9 21:00~21:30 Dr.竹迫のミュージック・クリニック ポール・マッカートニー Flowers In The Dirt 特集 Part 2 FMゲンキ
4/20 22:30~23:00 藤原さくらが選ぶ! ベスト・オブ・ポール・マッカートニー MTV Japan
4/25 21:00~22:30 ポール・マッカートニー VideoSelects MTV Japan
4/28 19:30~20:00 藤原さくらが選ぶ! ベスト・オブ・ポール・マッカートニー MTV Japan
4/30 22:00~23:30 ポール・マッカートニー VideoSelects MTV Japan

CD
4/7 マイク・マクギア Woman : Remastered Edition
4/17 ローレンス・ジューバ プレイズ・ザ・ビートルズ第3集: LJ Can't Stop Playing The Beatles!
5/5 ブラック・リップス Satan's Graffiti Or God's Art? (ヨーコ・オノ、ショーン・レノン参加) US盤
6月? ビートルズ サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド発売50周年盤
前半 ヨーコ・オノ フライ
前半 ヨーコ・オノ 無限の大宇宙
前半 ヨーコ・オノ 空間の感触
前半 ヨーコ・オノ ストーリー
7月以降 ポール・マッカートニー 全カタログ再発
後半 ヨーコ・オノ シーズン・オブ・グラス
後半 ヨーコ・オノ イッツ・オールライト
後半 ヨーコ・オノ スターピース
後半 ヨーコ・オノ 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム
年内? リンゴ・スター ニューアルバム (ポール・マッカートニー参加)
未定 ポール・マッカートニー フラワーズ・イン・ザ・ダート [デラックス・エディション] 3CD+DVD

映画
4/8~ マイ ビューティフル ガーデン
4/11 ポール・マッカートニー&ウイングス ロックショウ 一夜限りのライヴ絶響上映@Zepp東阪
4/28 ハード・デイズ・ナイト Zeppなんば大阪
5/1 ハード・デイズ・ナイト Zepp DiverCity
5/26 ポール・マッカートニー パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊
年内? ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内? A Life In The Day

アナログ盤
4/22 ポール・マッカートニー レコード・ストア・デイ限定 3曲入りカセットテープ
前半 ヨーコ・オノ フライ
前半 ヨーコ・オノ 無限の大宇宙
前半 ヨーコ・オノ 空間の感触
前半 ヨーコ・オノ ストーリー
7月以降 ポール・マッカートニー 全カタログ再発
後半 ヨーコ・オノ シーズン・オブ・グラス
後半 ヨーコ・オノ イッツ・オールライト
後半 ヨーコ・オノ スターピース
後半 ヨーコ・オノ 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

LIVE
4/25 ポール・マッカートニー 日本 武道館
4/27 ポール・マッカートニー 日本 東京ドーム
4/29 ポール・マッカートニー 日本 東京ドーム
4/30 ポール・マッカートニー 日本 東京ドーム

ユニクロ UT特集 - キャピトル 75th

          

          


カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


ショーン・レノンがプロデュースしたブラック・リップスのアルバムが5月5日に海外発売
Black Lips

ショーン・レノンがプロデュースした米アトランタのインディー・ガレージ・ロック・バンド、ブラック・リップスの新アルバム「Satan's Graffiti Or God's Art?」が Vice Records より、5月5日に発売されます。スタジオ・アルバムとしては2014年のアルバム「Underneath the Rainbow」以来で、アルバムにはオノ・ヨーコがゲスト・ボーカルとして参加。ファット・ホワイト・ファミリーのソウル・アダムチェイスキーもゲスト参加しています。現在、Spotify で新曲「Can't Hold On」が聴けます。

Satan's Graffiti Or God's Art? / ブラック・リップス 5月5日海外発売
Overture: Sunday Mourning
Occidental Front
Can't Hold On
The Last Cul de Sac
Interlude: Got Me All Alone
Crystal Night
Squatting in Heaven
Interlude: Bongo's Baby
Rebel Intuition
Wayne
Interlude: E'lektric Spider Webz
We Know
In My Mind There's a Dream
Lucid Nightmare
Come Ride With Me
It Won't Be Long
Loser's Lament
Finale: Sunday Mourning

Thanks! Rolling Stone and more

オノ・ヨーコ参加&ショーン・レノン・プロデュース、英サイケポップバンドが新曲を公開

オノ・ヨーコがフィーチャリング参加し、息子のショーン・レノンが共同プロデューサーとして参加したサイケデリック新曲「This Cities Undone」が試聴出来ます。同曲はショーンらのレーベル Chimera Music に所属する英国のサイケデリック・ポップ・バンド、The Moonlandingz の新曲で、アルバム Interplanetary Class Classics に収録されます。アルバムは海外で3月24日発売。ショーンはアルバムでギター、ベース、ドラムの演奏も担当しています。ミックスはデイヴ・フリッドマンが担当しています。

Thanks! Chimera Music and more

LIVE映像 リンゴ・スター&ヒズ・オール・スター・バンド 想い出のフォトグラフ

リンゴ・スター&ヒズ・オール・スター・バンドの2016年コンサート・ツアーから 想い出のフォトグラフ のLIVE映像が公開されました。この公演のフルセットLIVE映像が米ケーブルテレビ局 AXS TV で3月26日に放送されることにあわせ、同局の YouTube 公式チャンネル で公開中です。

Thanks! AXS TV and more

ジョージ・ハリスン、全13作品の紙ジャケ再発の売上ランキング
オール・シングス・マスト・パス - ジョージ・ハリスン

生誕74周年を記念して2月24日にジョージ・ハリスンのソロ作13作品が紙ジャケで再発されたが、その売上ランキングのトップ5が明らかになった。今回の再発盤は英国およびEUオリジナル・アナログをもとにした紙ジャケット、日本初回盤LP/CD帯をミニチュア再現したもので、最新リマスター音源を使用したSHM-CD仕様となっている。「不思議の壁」「電子音楽の世界」を除く11作品は今回が世界初紙ジャケ化となる。ユニバーサル・ミュージックが発表した売上ランキングのトップ5は以下のとおり。

1位 オール・シングス・マスト・パス
2位 クラウド・ナイン
3位 ライヴ・イン・ジャパン
4位 リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド
5位 慈愛の輝き

Thanks! NME Japan

ジョージ・ハリスンのLPボックスセットのプレス工程を収めた映像が公開

10日(現地時間)、ジョージ・ハリスン生誕74周年を記念してリリースされたアナログ・ボックスセット「George Harrison - The Vinyl Collection」のプレス工程などのメイキング映像 George Harrison - The Vinyl Collection (Behind The Scenes!) がジョーシ・ハリスン公式 YouTube チャンネルで公開されました。製造工程の一部を見ることが出来ます。

Thanks! George Harrison

スタートレックのジョージ・タケイ、オノ・ヨーコに見間違われたと告白
Yoko Ono , George Takei

どういうわけか、人は年齢を重ねて老齢になると非常に優しい顔立ちになる。「この方はオバアチャンなのか、それともオジイチャンなのか」と判断に困ってしまうほど柔和な表情になる方もおり、服装が中性的な場合には性別すらまったく判断できぬこともある。映画「スタートレック」シリーズのヒカル・スールー役などで知られた俳優ジョージ・タケイも来月に80歳を迎えるとあって、表情はこんなに優しげに。そんな彼を見かけた人は、彼をある“超有名なアジア人女性セレブ”と勘違いしてしまったという。このほどジョージ・タケイが Twitter を更新し、このように綴った。

サングラスをかけて、大きすぎる帽子をかぶって地下鉄に乗っていたんだ。
周囲の乗客に溶けこもう。そう努力していた僕に誰かが近寄り、こう言ったのさ
ハーイ、ヨーコ!って。#失敗

このつぶやきにファンは大変面白く感じたもよう。ジョージに寄せられた多くのコメントの中には、以下のようなものもあった。

その人に、こうコッソリ囁けば良かったのに。「実はまだ、ジョン・レノンは生きているの」ってね。
ジョージさん。ビートルズを解散に追い込んだのはアナタでしたか。
いやあ、これには笑った!

また中にはオノ・ヨーコの苗字にかけたベタなギャグを思いついた人も多く、「Oh no!」というコメントも想像以上に目立った。確かに輪郭や鼻の形、目元の雰囲気は似ているような気もするこの2大セレブ。しかし、よりによって女性に間違われたジョージのショックはやはり大きかったのかもしれない。

Thanks! TechinsightJapan

ショーン・レノン、レイア姫と共作したバラードを公開

2016年12月に死去した映画「スター・ウォーズ」シリーズでレイア姫を演じた女優のキャリー・フィッシャーと共作した新曲「バード・ソング」をショーン・レノンが先週末に発表した。ショーンは「この曲は数年前にキャリーと僕が一緒に書いたんだ。彼女が亡くなったとき、この曲をレコーディングするべきだと感じた。レコーディングに数時間しか取れなかったから、ミックスしていない純粋なデモだけど」と SoundClound の自身のアカウントにコメントを掲載している。「バード・ソング」は「夜更かししすぎて鳥のさえずりが聴こえてくるシチュエーション」を歌ったもの。「キャリーと書いた歌詞が最高なんだ」と自信をみなぎらせている。ショーンがリードボーカルを務め、ショーンが prodigal angel(才能豊かな天使)と形容する、ウィル・スミスの娘ウィロー・スミスも参加しハモりを聴かせている。「キャリーと僕は、よく人生について夜明けまで語り合ったものだよ。あれは僕にとって最高のひとときだったね」とキャリーとの思い出をふり返るショーン。キャリーが亡くなった際、インスタグラムで「決して立ち直ることのできないような喪失感」「僕の心は完全に永遠に壊れてしまった」と嘆いていた。キャリー・フィッシャーはジェームス・ブラントとも親しくしていたことも発覚しており、映画界のみならず音楽界でも人望が厚かったようだ。

Thanks! Billboard Japan and more

オノ・ヨーコ、深刻車いす生活
Yoko Ono

オノ・ヨーコが車椅子での生活を強いられるほどに健康状態が悪化。友人らは余命いくばくもないのではないか?と懸念しているという。内部関係者は米情報サイト Radar に「ヨーコは驚くほどやせ細り、体調が非常に悪い。いつも元気いっぱいの彼女だったが、その面影は消えてしまった」と語っている。さらに、「ヨーコは亡くなった夫ジョンのことをよく話し、天国での再会をどんなに待ち望んでいるかを口にする。まるで死期が近づいていることを知っているかのようだ」と話している。同サイトによるとヨーコは最近、ニューヨーク市内で行われた反トランプのデモに参加。トレードマークの大きなサングラスをかけ、男性用の帽子をかぶっていたが、抗議のサインを掲げるにはあまりにも弱々しく、やつれ果てた様子が痛々しかったという。ジョン・F・ケネディ空港ではアシスタントに車椅子を押してもらう姿も目撃されている。昨年2月、救急車で病院に運ばれたヨーコだが、当初は脳卒中と報じられたものの、広報が「脳卒中ではないし、命に関わるような状況ではまったくない」と否定。重いインフルエンザのような症状により治療を受け、翌日には回復し、退院したと報じられた。しかし関係者によると、この時、健康状態の危機を感じたヨーコは死に向けて準備を進めるようになり、40年以上にわたり確執が報じられてきたポール・マッカートニーやリンゴ・スターとの関係修復に努めることも決めたという。

Thanks! 日刊スポーツ

ジョージ・ハリスン クラウド・ナイン

Thanks! GIPHY

自分の写真でジョージ・ハリスンのレンチキュラージャケを作ろう
George Harrison - The Vinyl Collection

LPボックスセット George Harrison - The Vinyl Collection の発売を記念して、このボックスセットのレンチキュラー(角度によって変わる写真)仕様のジャケットを自分の写真で簡単に作れるサイトが公開されました。使用方法は以下のとおりです。

ステップ 1
georgeharrisonvinylcollectiongif.com をクリック

ステップ 2
Start Here をクリック

ステップ 3
若い時の写真を選択
Facebook Upload → Facebook にあげている写真を選択 又は、
Browse for image → PCまたはスマホのライブラリーにある写真を選択

ステップ 4
写真が選択されるので、大きさや角度などを調整して終われば「Finish」をクリック

ステップ 5
次は最近の写真を選択。ステップ 4 の作業をもう一度行う
大きさの調整の時に、なるべく目や鼻などが最初に選択した写真と同じ角度・大きさになるように調整

ステップ 6
2つの写真がUPされたら、Make Your Cover をクリック

ステップ 7
完成

PCならマウスで写真の上を動かすと写真が変わります。スマホならスマホを傾けると写真が変わります。又、SNS でシェア、gif でも保存も可能です。

Thanks! ユニバーサル・ミュージック



フラワーズ・イン・ザ・ダート

ポール・マッカートニー at 日本武道館