つれづれなるままにサージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド50周年記念盤
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Yesterday  Here Today  Go Now
BD , DVD
5/31 ポール・マッカートニー with リンゴ・スター&フレンズ Change Begins Within コンサート2009 Blu-ray
5/31 ポール・マッカートニー with リンゴ・スター&フレンズ Change Begins Within コンサート2009 DVD
7/3 It Was Fifty Years Ago Today! The Beatles: Sgt. Pepper & Beyond

イベント
6/1 19:30 サージェント・ペパーズ、50年目の真実
6/4 14:00 ワン・オン・ワン ジャパン・ツアー2017 再現ライブ Live Artist COMMA-DADA
6/9 19:00 アヅ・マッカートニー バースデーライブ2017
6/11 12:30 ビートルズ・アナログ鑑賞会 Vol.9 SGT. PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND 特集
6/16 19:30 サージェント・ペパーズ発売50周年記念トーク・イベント (4) スタジオ・レコーディングの世界
6/16まで サージェント・ペパーズ発売50周年記念イベント Sgt Peppers At 50 英国
7/5~10 Tokyo Beatles Week 2017
7/7 12:00 リンゴ・スター Love & Peace
7/15 19:00 サージェント・ペパーズ発売50周年記念トーク・イベント (5) ライブの世界
8/20 19:00 サージェント・ペパーズ発売50周年記念トーク・イベント (6) メンバーを取り巻く世界

デジタル配信
6/1 It Was Fifty Years Ago Today! The Beatles: Sgt. Pepper & Beyond

本 , 雑誌 , ムック
6/22 ロック・ビッグバンとサージェント・ペパーズ・シンドローム 1966-1968
6/24 THE BEATLES LYRICS 名作誕生
7/4 ビートルズ語辞典 : ビートルズにまつわる言葉をイラストと豆知識でヤァ!ヤァ!ヤァ!と読み解く
9/21 絵本「Imagine」(仮)

映画
7/1 ポール・マッカートニー パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊
年内? ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内? A Life In The Day

LIVE
7/5~26 ポール・マッカートニー 米国
9/11~10/2 ポール・マッカートニー 米国
10/13~20 ポール・マッカートニー ブラジル

CD
前半 ヨーコ・オノ フライ
前半 ヨーコ・オノ 無限の大宇宙
前半 ヨーコ・オノ 空間の感触
前半 ヨーコ・オノ ストーリー
7月以降 ポール・マッカートニー 全カタログ再発
後半 ヨーコ・オノ シーズン・オブ・グラス
後半 ヨーコ・オノ イッツ・オールライト
後半 ヨーコ・オノ スターピース
後半 ヨーコ・オノ 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム
年内? リンゴ・スター ニューアルバム (ポール・マッカートニー参加)

アナログ盤
前半 ヨーコ・オノ フライ
前半 ヨーコ・オノ 無限の大宇宙
前半 ヨーコ・オノ 空間の感触
前半 ヨーコ・オノ ストーリー
7月以降 ポール・マッカートニー 全カタログ再発
後半 ヨーコ・オノ シーズン・オブ・グラス
後半 ヨーコ・オノ イッツ・オールライト
後半 ヨーコ・オノ スターピース
後半 ヨーコ・オノ 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド 50周年記念エディション


カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


リンゴ・スター、デヴィ夫人の友人だった!?
201705141242068d8.jpg

タレントのデヴィ夫人が14日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)に出演し、以前に交際していたフランスの俳優アラン・ドロンとの関係について語った。番組メーンコメンテーター・松本人志の「元彼ってことなんですか?」という率直な質問に、「昔、昔のお話ですけどね。40年ぐらい前。彼という程ではないですけど。ウイークエンドとか、うたかたの恋ですね」と関係性があったことを認めた。1964年の東京五輪の際に、まだインドネシアのスカルノ大統領夫人だったころ東京の帝国ホテルで出会ったのが最初だったという。後に夫人がフランスへ亡命したのがきっかけで、社交界での付き合いが本格化した。番組ではビートルズのリンゴ・スターや芸術家のサルバドール・ダリら、世界的著名人との写真とともに、デヴィ夫人の人脈の広さが紹介された。松本もダリの画像に「ひげ、ホンマにあんなになってる!」と、カイゼル髭に驚く中、再びアラン・ドロンとの仲の話題に。デヴィ夫人からは「社交界という所が、恋はゲームだったんですね。人の奥様を盗む、人の旦那様を盗む。社交界ではラブはゲームだった」という名言も飛び出した。彼とのキスはどんなものだったかを聞かれると、「それはあなた、何て言ったらいいですか?『スパッ』って感じですか。チューでないですよ」と独特な言い回しで表現し、共演者を沸かせていた。

Thanks! デイリースポーツ

リンゴ・スター、チャリティを目的に一緒に食事をできる権利をファンに提供
リンゴ・スター

リンゴ・スターは募金サイト omaze を通して行っているチャリティの一環として、幸運なファンが自身と一緒に食事ができる権利を提供している。リンゴ・スターは77歳の誕生日を迎える今年の7月7日に米ロサンゼルスで、当選したファンと付添の1名と共に昼食を一緒にとることになるという。申し込み方法はリンゴ・スターが omaze で最低10ドル(約1100円)以上寄付をすることだという。申し込みは こちら から。米 Rolling Stone 誌によると、収益は精神的苦痛を抱える人におけるトラウマや薬物ストレスを軽減するための非営利団体デヴィッド・リンチ・ファンデーションに全額が寄付されるという。当選者は世界的に知られるキャピトル・レコーズの建物の前で行われるイベントに飛行機で招待され、VIPのゲストと共にリンゴ・スターの側で豪勢な食事に参加できるという。リンゴ・スターによる告知映像は↓こちら。


Thanks! NME Japan

イマジンにも影響の名僧の坐像が市文化財に
20170417123612258.jpg

静岡県沼津市教育委員会は、江戸時代の名僧・白隠慧鶴(はくいんえかく)の実像とされる松蔭寺(沼津市原)所蔵の「木造白隠禅師坐像」を市文化財に指定した。没後約250年にあたり、市教委は「座像の存在を広くPRする好機」としている。白隠は1685年、同市原の生まれ。達磨だるま図などを通じて禅を広め、「禅中興の祖」と言われた。同寺の住職を長く務め、「駿河には過ぎたるものが二つあり 富士のお山に 原の白隠」とたたえられ、1768年に没した。ジョン・レノンは教えに感銘を受け、自室には白隠の画を飾った。ヒット曲「イマジン」にも、白隠の教えが影響したと言われる。そんな白隠の業績を知ろうと、市内では2015年以降、没後250年にちなむ行事が続いている。座像は高さ104センチ。地元旧家の古記録では、京都で制作され、没年の翌年、同寺に届いた。複数残る肖像画と面相が酷似しており、白隠と推定できる。白隠の書画は県と同市はじめ、全国各地で数多く文化財に指定されているが、“本人”が木像で指定されるのは初めてという。

Thanks! 読売新聞

リンゴ・スター、ビートルズとジャスティン・ビーバーのどちらがビッグかという質問に答える

ビートルズとジャスティン・ビーバー、どちらがビッグな存在かという質問にリンゴ・スターが答えている。11日(現地時間)、リンゴ・スターは米ロサンゼルスでジョー・ウォルシュと夕食を共にした後、TMZ の記者に呼び止められ、「ビートルズとジャスティン・ビーバーが共に全盛期に一緒にツアーしたら、どちらがオープニング・アクトを務めるか」と尋ねられたという。リンゴ・スターは「ジャスティンだね」と答え、記者の「ビートルズはとことんすごかった?」という質問に「そうだね」と答え、「でも、ジャスティンのことは大好きだよ」と続けている。今年2月にはリンゴ・スターとポール・マッカートニー、デイヴ・グロール、トム・ハンクスが一緒に夕食に出かけたことが報じられている。一方、リンゴ・スターは昨年6月に行われた国民投票でEU離脱に投票したことを明かしている。リンゴ・スターは投票の理由としてEUは「メチャクチャ」だと語っている。「僕はEU離脱に投票したんだ。だって、EUというのは素晴らしい概念だと思うけど、最近はどこに向かっているのか分からなかったんだ」とリンゴ・スターはブルームバーグ・ビジネスウィークに語っている。「EUはメチャクチャだよね。僕らはみな自分の国のために対応したい人々を抱えてるわけでさ、他の国のことなんて考えてないんだよ。英国はEUを出て、独立した状態に戻るべきだったんだ。それで、今回スコットランドは独立したがってるわけだよね。ウェールズもそう」と彼は続けている。「デヴォンもそうなるよね。どこで止まるのかは神のみぞ知るだね」。

Thanks! NME Japan

ELO、ダニー・ハリスンの紹介でロックの殿堂入り
Dhani Harrison - 2017.4.7 Rock & Roll Hall Of Fame

7日(現地時間)、米ニューヨークでロックの殿堂の式典が開かれ、ELO、ジョーン・バエズ、ジャーニー、パール・ジャム、トゥパック・シャクール、イエス、ナイル・ロジャース(Award for Musical Excellence)が殿堂入りした。ELOの殿堂入りは、ジェフ・リンと親しかったジョージ・ハリスンの息子ダニーがプレゼンターを務めた。ダニーは「もし、父がまだ僕らと一緒にいたならば、彼は僕が今居る場所に立ち、ELOのオリジナル・メンバーの殿堂入りを喜んで紹介していただろう。彼はELOを愛していた」と話したという。殿堂入りするメンバーを一人ずつ紹介したダニーはリンを「僕の親愛なる大切な友人。偉大なソングライターでプロデューサー、僕らの時代の音楽の巨匠、稀な天才、真のレジェンド」と称賛し、初めてのELO体験を振り返った。「ジェフは僕の父の親友の1人だった。僕が初めてELOに接したのは1986年3月だった。英国で行なわれた慈善公演に父が僕を連れて行った」「昨日のことのように覚えている。僕にとって初めてのビッグなロック・コンサートだった。僕は7歳半で、僕にしたら、その夜のELOのパフォーマンスは普通のロック・バンドではなく、21世紀の、変わった楽器を操る宇宙人みたいだった。彼らの曲はシンフォニーのようだった」。又、その夜、父がステージに上がり、彼らと共演し、仰天したと続けた。「父が席を立ち、僕は待っているようにと言われた。僕の視界から消えた後、彼は突然、ギターを抱えステージに現れた。僕はパニックを起こした。なぜなら、父がステージで楽器をプレイするのを観るのは人生でこれが初めてだったから。彼らはいきなり、完璧なユニゾンで「Johnny B Goode」をプレイし始めた。僕は「何が起きてるんだ? パパが銀河系のスペース・オーケストラに拉致された」って思ったのを覚えている」。ELOはジェフ・リン、べヴ・ベヴァン、ロイ・ウッド、リチャード・タンディーの4人が殿堂入りしたが、式典ではリンとツアー・バンド(ジェフ・リンズ・ELO)で「Evil Woman」「Mr. Blue Sky」をパフォーマンスした。又、彼らは式典のオープニングで、チャック・ベリーを追悼し「Roll Over Beethoven」を演奏。その最中、ステージに後ろのバックスクリーンに、客席にいたマイケル・J・フォクスが映し出されたと伝えられている。

Thanks! Ako Suzuki

リンゴ・スター、ジョージ・ハリスンが自分に対して書いた歌詞に驚喜
Olivia Harrison & Dhani Harrison - 2017.2.25 Subliminal

2月26日(現地時間)、ジョージ・ハリスンの奥さんオリヴィアと息子ダニーがジョージの誕生日(2月25日)と彼の自叙伝「I Me Mine」増補改訂版の出版を記念し、米ロサンゼルスのギャラリー Subliminal でポップ・アップ展覧会&ストアを開催した。ギャラリー内には最近発見された歌詞などが展示されたそうだが、その中の一つを目にし、驚き喜んだのがリンゴ・スターだったという。オリヴィア・ハリスンは Billboard 誌のインタビューで、ジョージが遺した歌詞や楽譜を発見した経緯についてこう語った。「ジョージの作品のいくつかは家具の中にあったの。書いたものを仕舞い込んでいたのよ。ラップトップを使う今の時代とは違う。彼はポケットに紙を入れて歩き回っていて、どこかで書き上げ、それを本の中に差し込んだり、引き出しの中に入れていたのよ。いくつかはビリー・プレストンのピアノの長椅子の中で見つけたわ。彼は英国の家にあったジョージのスタジオで、ジョージとよくピアノを弾いてた。誰も長い間、その長椅子を開けたことがなかったの。ようやく私が開けた時、書類や歌詞、ストリングスのための楽譜が入った封筒があったの。どれくらい前のものか、わからない。多分、「All Things Must Pass」(1970年)の頃じゃないかしら。長いこと、そのままにしてたのよ。取り出して台無しにしたくなかったの。だって、タイムカプセルみたいなものだから。かき回したくなかったけど、最終的にはそこで歌詞とたくさんのメモを見つけたわ。「Wake Up My Love」っていう曲はそこにあったの。本に載せたわ。改訂版前にはなかったものよ」。そして、そのベンチの中にリンゴについて書かれた「Hey Ringo」もあったそうだ。ギャラリーに展示されるまで、リンゴは目にしたことがなく、驚いていたという。「彼は「これ見たことないんだけど」って言っていた。1970年か1971年のものじゃないかって言われた。本当にスウィートなのよ。額に入れて、リンゴに贈るつもりなの。だって、本当にスウィートなんですもの。「ヘイ、リンゴ、君がいなかったら僕のギター・プレイはスロウになり過ぎる」とか何とか書いてあるの。あれは大告白で驚きだったわ。リンゴは仰天し、本当に喜んでいた。これだけの時間が経った後、何て素敵なプレゼントなのかしら」。自伝に加え、1962~2001年のジョージの作品の歌詞を収めた本「I Me Mine」増補改訂版は2月21日に英国/米国で出版された。

※ Rolling Stone 誌によると、「Hey Ringo, there's one thing that I've not said/I'll play my guitar with you till I drop dead.(ヘイ、リンゴ、言ってなかったことが1つある。僕はくたばるまで、君とギターをプレイする)」との一節があったそうだ。リンゴは同誌に「見たことなかったんだ。本当に感動した」と話している。

Thanks! Ako Suzuki

ショーン・レノンがプロデュースしたブラック・リップスのアルバムが5月5日に海外発売
Black Lips

ショーン・レノンがプロデュースした米アトランタのインディー・ガレージ・ロック・バンド、ブラック・リップスの新アルバム「Satan's Graffiti Or God's Art?」が Vice Records より、5月5日に発売されます。スタジオ・アルバムとしては2014年のアルバム「Underneath the Rainbow」以来で、アルバムにはオノ・ヨーコがゲスト・ボーカルとして参加。ファット・ホワイト・ファミリーのソウル・アダムチェイスキーもゲスト参加しています。現在、Spotify で新曲「Can't Hold On」が聴けます。

Satan's Graffiti Or God's Art? / ブラック・リップス 5月5日海外発売
Overture: Sunday Mourning
Occidental Front
Can't Hold On
The Last Cul de Sac
Interlude: Got Me All Alone
Crystal Night
Squatting in Heaven
Interlude: Bongo's Baby
Rebel Intuition
Wayne
Interlude: E'lektric Spider Webz
We Know
In My Mind There's a Dream
Lucid Nightmare
Come Ride With Me
It Won't Be Long
Loser's Lament
Finale: Sunday Mourning

Thanks! Rolling Stone and more

オノ・ヨーコ参加&ショーン・レノン・プロデュース、英サイケポップバンドが新曲を公開

オノ・ヨーコがフィーチャリング参加し、息子のショーン・レノンが共同プロデューサーとして参加したサイケデリック新曲「This Cities Undone」が試聴出来ます。同曲はショーンらのレーベル Chimera Music に所属する英国のサイケデリック・ポップ・バンド、The Moonlandingz の新曲で、アルバム Interplanetary Class Classics に収録されます。アルバムは海外で3月24日発売。ショーンはアルバムでギター、ベース、ドラムの演奏も担当しています。ミックスはデイヴ・フリッドマンが担当しています。

Thanks! Chimera Music and more

LIVE映像 リンゴ・スター&ヒズ・オール・スター・バンド 想い出のフォトグラフ

リンゴ・スター&ヒズ・オール・スター・バンドの2016年コンサート・ツアーから 想い出のフォトグラフ のLIVE映像が公開されました。この公演のフルセットLIVE映像が米ケーブルテレビ局 AXS TV で3月26日に放送されることにあわせ、同局の YouTube 公式チャンネル で公開中です。

Thanks! AXS TV and more

ジョージ・ハリスン、全13作品の紙ジャケ再発の売上ランキング
オール・シングス・マスト・パス - ジョージ・ハリスン

生誕74周年を記念して2月24日にジョージ・ハリスンのソロ作13作品が紙ジャケで再発されたが、その売上ランキングのトップ5が明らかになった。今回の再発盤は英国およびEUオリジナル・アナログをもとにした紙ジャケット、日本初回盤LP/CD帯をミニチュア再現したもので、最新リマスター音源を使用したSHM-CD仕様となっている。「不思議の壁」「電子音楽の世界」を除く11作品は今回が世界初紙ジャケ化となる。ユニバーサル・ミュージックが発表した売上ランキングのトップ5は以下のとおり。

1位 オール・シングス・マスト・パス
2位 クラウド・ナイン
3位 ライヴ・イン・ジャパン
4位 リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド
5位 慈愛の輝き

Thanks! NME Japan




          

          

          

Tokyo Beatles Week 2017