つれづれなるままにサージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド50周年記念盤
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Yesterday  Here Today  Go Now
イベント
5/28 15:00~18:00 Tokyo Beatles Week 2017 Vol.0 藤本国彦×真保安一郎 3時間SGTぶっ通し!
6/1 19:30 サージェント・ペパーズ、50年目の真実
6/4 14:00 ワン・オン・ワン ジャパン・ツアー2017 再現ライブ Live Artist COMMA-DADA
6/9 19:00 アヅ・マッカートニー バースデーライブ2017
6/11 12:30 ビートルズ・アナログ鑑賞会 Vol.9 SGT. PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND 特集
6/16 19:30 サージェント・ペパーズ発売50周年記念トーク・イベント (4) スタジオ・レコーディングの世界
6/16まで サージェント・ペパーズ発売50周年記念イベント Sgt Peppers At 50 英国
7/5~10 Tokyo Beatles Week 2017
7/7 12:00 リンゴ・スター Love & Peace
7/15 19:00 サージェント・ペパーズ発売50周年記念トーク・イベント (5) ライブの世界
8/20 19:00 サージェント・ペパーズ発売50周年記念トーク・イベント (6) メンバーを取り巻く世界

BD , DVD
5/31 ポール・マッカートニー with リンゴ・スター&フレンズ Change Begins Within コンサート2009 Blu-ray
5/31 ポール・マッカートニー with リンゴ・スター&フレンズ Change Begins Within コンサート2009 DVD
7/3 It Was Fifty Years Ago Today! The Beatles: Sgt. Pepper & Beyond

デジタル配信
6/1 It Was Fifty Years Ago Today! The Beatles: Sgt. Pepper & Beyond

本 , 雑誌 , ムック
6/22 ロック・ビッグバンとサージェント・ペパーズ・シンドローム 1966-1968
6/24 THE BEATLES LYRICS 名作誕生
7/4 ビートルズ語辞典 : ビートルズにまつわる言葉をイラストと豆知識でヤァ!ヤァ!ヤァ!と読み解く
9/21 絵本「Imagine」(仮)

映画
7/1 ポール・マッカートニー パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊
年内? ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内? A Life In The Day

LIVE
7/5~26 ポール・マッカートニー 米国
9/11~10/2 ポール・マッカートニー 米国
10/13~20 ポール・マッカートニー ブラジル

CD
前半 ヨーコ・オノ フライ
前半 ヨーコ・オノ 無限の大宇宙
前半 ヨーコ・オノ 空間の感触
前半 ヨーコ・オノ ストーリー
7月以降 ポール・マッカートニー 全カタログ再発
後半 ヨーコ・オノ シーズン・オブ・グラス
後半 ヨーコ・オノ イッツ・オールライト
後半 ヨーコ・オノ スターピース
後半 ヨーコ・オノ 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム
年内? リンゴ・スター ニューアルバム (ポール・マッカートニー参加)

アナログ盤
前半 ヨーコ・オノ フライ
前半 ヨーコ・オノ 無限の大宇宙
前半 ヨーコ・オノ 空間の感触
前半 ヨーコ・オノ ストーリー
7月以降 ポール・マッカートニー 全カタログ再発
後半 ヨーコ・オノ シーズン・オブ・グラス
後半 ヨーコ・オノ イッツ・オールライト
後半 ヨーコ・オノ スターピース
後半 ヨーコ・オノ 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド 50周年記念エディション


カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


WINGSFANストア 年間ランキング 2016
本ブログ内の WINGSFANストア 及び記事内のリンク先をいつもご利用頂き、ありがとうございます。2016年(2016年1月1日~12月31日)の各部門別売上枚数を集計した「WINGSFANストア 2016 年間ランキング」を発表します。

ピュア・マッカートニー ~ オール・タイム・ベストCD , アナログ盤
1位 ピュア・マッカートニー ~ オール・タイム・ベスト / ポール・マッカートニー
2位 ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル / ザ・ビートルズ
3位 Nineteen Hundred & Eighty Five (12インチ・シングル) / Paul McCartney & Wings Vs Timo Maas & James Teej
4位 ジョージ・フェスト ジョージ・ハリスン・トリビュート・コンサート
5位 タイム・テイクス・タイム / リンゴ・スター


ポール・マッカートニーのベストアルバム「ピュア・マッカートニー ~ オール・タイム・ベスト」が144枚/セット売り上げ、堂々の年間1位に輝きました。売上の約半分を占めたデラックス・エディションもさることながらアナログ盤の売上枚数が結構多かったのが印象的でした。2位はビートルズのLIVEアルバム「ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル」で売上枚数105枚と健闘しました。驚いたのは3位の「Nineteen Hundred & Eighty Five」で、原曲を派手に編集・加工したアナログ輸入盤がこんなに売れるとは思いませんでした。緑色盤は48枚、紫色盤は14枚の売り上げで、このレコードを50~60枚売る店舗はなかなか見当たらないんじゃないかと。さすが、ウイングス! (^^)b

ザ・ビートルズ ~ EIGHT DAYS A WEEK - The Touring YearsBD , DVD
1位 ザ・ビートルズ ~ EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years / ザ・ビートルズ
2位 バンデットQ 製作35周年・最高画質盤
3位 ザ・ビートルズと第二次世界大戦 (2CD+DVD)
4位 ジョン・レノン、ニューヨーク
5位 スター・ウォーズ/フォースの覚醒


映像部門は圧倒的な強さで「ザ・ビートルズ ~ EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years」が年間1位に輝きました。2位と2桁違った売り上げ数(119枚/セット)は驚異的で、WINGSFANストアにおける2016年のBlu-ray/DVDはこのアイテムしか売れなかったんじゃないかと思うくらいでした。あれだけ各ショップごとに特典攻勢があったにも関わらず当サイトからお買い上げ頂いた皆様、心より感謝申し上げます。3位はCD部門でカウントしようか悩みましたが、制作意図を汲んでこちらでカウントしました。5位は集計してビックリ! まさかの「スター・ウォーズ」(笑) SWファンの皆さん、ご利用頂き、ありがとうございました。

ポール・マッカートニー 告白本 , 雑誌 , ムック
1位 ポール・マッカートニー 告白
2位 ビートルズを観た! ~50年後のビートルズ・レポート~
3位 MUSIC LIFE ザ・ビートルズ ライブの時代
4位 ビートルズ・ストーリー Vol.5 1967
5位 LOOKING THROUGH YOU ザ・ビートルズ写真集



乱立・拮抗・戦国ダービーの出版部門ですが、今年は例年どおりの接戦でありながら、ビートルズ来日50周年記念だったこともあって、全体的に高いレベルの結果となりました。年間1位に輝いたのは51冊を売り上げた「ポール・マッカートニー 告白」で、後続を一馬身離して乱戦を制しました。2位は「ビートルズ資料館」でお馴染みの野口さんと藤本さんによる「ビートルズを観た!」で、売上冊数は34冊。3位は32冊の「MUSIC LIFE ザ・ビートルズ ライブの時代」でした。4位以降は26冊からの1冊差続きでした。「ビートルズ来日学」は6位(24冊)でしたが、これはディスクユニオンでの購入特典効果が影響しているものと思われます。本ブログでもディスクユニオン特典を紹介・推薦したこともあって結構流れました。囲っていたらトップ3に入っていたんじゃないかな、たぶん。

売り上げは本ブログの内容向上(ブログ記事ネタの仕入れ、WINGSFANサーバー運用費など)に使っています。より充実したブログにするため、amazon でお買い物をされる際は、本ブログ記事内のリンク先、又は、WINGSFANストア をご利用頂けると助かります。今後ともよろしくお願いいたします。

Thanks! WINGSFAN Store Users

あけましておめでとうございます
Happy New Year 2017

今年は↑こういう年になります、きっと   2017年元旦 wingsfan

満員御礼 ウイングス祭り WINGSFAN ~Tribute Festival for Henry McCullough~
WINGSFAN ~Tribute Festival for Henry McCullough~

一昨日(12/11)、ヘンリー・マッカロック&ウイングス祭り WINGSFAN ~Tribute Festival for Henry McCullough~ が無事終了しました。寒風吹く中、多くのお客様にご来場頂き、ありがとうございました。プロデューサーを始め、出演者一同感謝感激であります。ホント嬉しかった&楽しかったです。又、ヘンリー・マッカロックの親友、だるまやの萩原店長と大野木さん、ヘンリー・マッカロックが使用したギターアンプを使わせて下さった池袋エールハウスの林店長、2008年に一緒にヘンリーの自宅に行き、写真データの提供&トークショウに参加してくれた Nobu さんにも感謝いたします。一緒にヘンリー・マッカロック追悼イベントが出来てとても良かったです。そして受付などお手伝い頂いたスタッフの皆さんにも感謝&御礼申し上げます。皆さんのおかげでこれまでの WINGSFAN の歴史の中でも格別に思い出に残る素晴らしいイベントになりました。翌日から再び激務が始まったので当日の様子は今週末に書くとして、先ずは御礼・感謝申し上げます m(_ _)m

from WINGSFAN

ウイングス祭り WINGSFAN ~Tribute Festival for Henry McCullough~ 本日開催
テーブル席は全て事前予約にて完売しました。立ち見で良ろしければ当日受付しますが、いささか心苦しくもあり、立ち見でも2~3人入るくらいかな...といった状況であります m(_ _)m

WINGSFAN ~Tribute Festival for Henry McCullough~

ヘンリー・マッカロック&ウイングス祭り WINGSFAN ~Tribute Festival for Henry McCullough~
日時 12月11日(日) 14:00 start , 17:00 close
14:00 開場
14:15~14:30 オープニング・セレモニー
14:30~15:00 LIVE 第1部(ヘンリー・マッカロック&ウイングス・トリビュート・バンド)
15:00~15:20 トークショウ ここだけのヘンリー・マッカロック話 WINGSFAN × だるまや × Nobu
15:20~16:00 ヘンリー・マッカロック日本公演(2015年10月16日 京都・磔磔)映像 約30分
16:00~16:15 トークショウ ここだけのヘンリー・マッカロック話 WINGSFAN × 大野木一彦
16:15~16:45 LIVE 第2部(ヘンリー・マッカロック&ウイングス・トリビュート・バンド feat. 大野木一彦)
16:45~17:00 クロージング・セレモニー
出演 ヘンリー・マッカロック&ウイングス・トリビュート・バンド、だるまや、大野木一彦、Nobu
会場 Ale House (JR・西武池袋線・東武東上線・東京メトロ 池袋駅西口から徒歩3分)
料金 5000円/人 (食事5品+お酒&ソフトドリンク飲み放題(14:00~16:00の間))

今年6月に逝去したウイングス初期のギターリスト、ヘンリー・マッカロックの訃報をうけ、今年の WINGSFAN は「Tribute Festival for Henry McCullough」と題し、ヘンリー・マッカロック&ウイングス祭りとして開催します。いつもと少し趣向を変え、2005年10月16日に京都で行われたヘンリー・マッカロックの最初で最後の日本公演のLIVE映像(盗撮映像ではなく、正式に許可を頂いて1アングル撮影したLIVE映像のダイジェスト版)を本邦初上映します。又、ヘンリー・マッカロック所縁の方々によるトークイベント、ヘンリー時代のウイングス・トリビュートLIVEなど、盛り沢山の内容でヘンリー・マッカロックを追悼します。

Welcome to WINGSFAN


関連Blog
6/17のBlog ウイングス祭り WINGSFAN ~Tribute Festival for Henry McCullough~ 開催計画中


CD ヘンリー・マッカロック 発売中 明日、WINGSFAN会場でも出張販売します!
今年6月に急逝したウイングスのギターリスト、ヘンリー・マッカロックのアルバムが東京・池袋の だるまや で入手出来ます。明日(12/11)開催される WINGSFAN でも出張販売を行いますし、オンラインでの購入も可能です。取り扱っているヘンリー・マッカロックのCDは以下のとおりです。

Shabby Road: A Tribute To The Beatles - Henry McCullough & Denny Seiwell

シャビー・ロード:ア・トリビュート・トゥ・ザ・ビートルズ / ヘンリー・マッカロック&デニー・サイウェル
ヘンリー・マッカロックがウイングス時代の朋友デニー・サイウェルと組んで2012年にリリースしたビートルズのカバー・アルバム。ハードかつブルージィなリフが痛快な「You Can't Do That」に始まり、 アコギとスライド・ギターのコンビがいぶし銀な「Here Comes The Sun」、同じくハードなギターが炸裂する「Can't Buy Me Love」、アコギにストリングスで静かにキメた「While My Guitar Gently Weeps」、スローなブルーズでとにかくグレイトな「I Saw Her Standing There」など、良い意味で原曲のイメージを大きく破りつつ、独自のブルーズ・ロック作品に昇華させた凡百のビートルズ・カバーを蹴散らす傑作アルバム。

You Can't Do That
From Me To You
Here Comes The Sun
Let It Be
Can't Buy Me Love
While My Guitar Gently Weeps
Act Naturally
I Saw Her Standing There
Norwegian Wood
Do It In The Road
Come Together


Belfast To Boston - Henry McCullough Blues Band

Belfast To Boston / ヘンリー・マッカロック・ブルース・バンド
ヘンリー・マッカロック率いるブルース・バンド名義唯一のアルバム。バンド名からもわかるとおりのブルース・アルバムに仕上がった本作はタイトルとは裏腹にポーランド・レコーディングで、レコーディング・メンバーはポーランドの一流ジャズマンが努めています。スロウなブギー「Sick And Tired」、アップテンポでご機嫌な「Old Black Coat」、米国に渡ったアイルランド人(自身のことか?)を想う「Belfast To Boston」といった名曲を始め、思いっきりブルージーにアレンジしたビートルズの「You Can't Do That」やエルビス・プレスリーの「Mess Of Blues」、UB40などでお馴染みの「I Can't Help Falling In Love」といったカバー曲など、近年でもライヴでプレイするレパートリーの数々を一級のブルース・ロックに仕上げた名演が詰まったアルバムです。2001年作品

Old Black Coat
You Can't Do That
Hi Ya Folks
Down In The Amusment
Sick And Tired
Murder In My Heart
Mess Of Blues
I Can't Help Falling In Love
Belfast To Boston


Unfinished Business - Henry McCullough

Unfinished Business / ヘンリー・マッカロック
新曲8曲に加え、ポール・マッカートニー&ウイングス時代の名曲「ビッグ・バーン・ベッド」を始め、ロニー・レーン、フランキー・ミラー、ボブ・ディラン、ファッツ・ドミノらのカバー6曲を収録したアルバムで、ヘンリー・マッカロックの人柄同様、陽気な音づくりに加え、「ビッグ・バーン・ベッド」の斬新なアレンジは秀逸で、00年代におけるヘンリーを代表する名盤です。2005年の日本公演では本アルバムより数曲演奏されていました。お奨めの逸品です。2002年作品

The Last of the Bluemen
Josie's In the Garden
Kuschty Rye
Belfast To Boston
I Couldn't Sleep For Thinking of Hank Williams
Ould Piece of Wood
Big Barn Bad
Peacocks' Waltz
Hollis Brown
I'd Rather Die Young
Let the Four Winds Blow
Drunken Nights In the City
Tumble Dry
Failed Christian


Poor Man's Moon - Henry McCullough

プア・マンズ・ムーン / ヘンリー・マッカロック
2008年に制作されたスタジオ録音アルバム。デジパック仕様盤。聴けば聴くほど染み入るようなスルメなアルバムで、アルバム全12曲中8曲をアイリッシュ・トラッド色の強いプログレバンド、ホースリップスのドラマー、イーモン・カーと共作しており、ヘンリー自身によるオリジナルが4曲、カバーが1曲収録されている。ヘンリー・マッカロック公式サイトによると、2006年に旧友イーモン・カーと再会したことがきっかけで新曲を一緒に作曲することとなり、レコーディングすることになったとのこと。ヘンリーがウイング脱退後にジョージ・ハリソンのダークホース・レコーズからリリースしたファースト・ソロ・アルバム「マインド・オウン・ユア・ビジネス」が好きな方に合うと思います。

The Burial Ground
Big Old River
I've Got A Secret
Too Late To Worry
Poor Man's Moon
Walk With Me
Belfast Train
Skin And Bone
Fix Me up Jesus
All Gone Crazy
Time To Put The Snakes To Bed


FBI LIVE - The Henry McCullough Band

FBI LIVE / ヘンリー・マッカロック・バンド
ヘンリー・マッカロックが率いるバンド、The Henry McCullough Band が BBC Ireland で行ったスタジオLIVEの模様を収録したアルバム。全世界500枚限定プレスの希少盤ゆえ、日本にほとんど入って来なかったアルバムです。ヘンリー・マッカロックのLIVE定番のナンバーで占められている名盤。2007年作品

Same Damned Thing
House of the Rising Sun
Locked In Can't Get Out
Belfast to Boston
Mess With the Blues
Failed Christian
I Can't Remember, I Was Drunk At the Time


上記のアルバム以外にも、ニック・ロウのカバーでお馴染みのヘンリー・マッカロックの1998年作品「Failed Christian」のCDシングルも極少数取り扱っています。こちらはHPに掲載されていません。お店 に直接お問合せ下さい。本当に少数なので売り切れ必至です。

Thanks! だるまや

ウイングス祭り WINGSFAN ~Tribute Festival for Henry McCullough~ 12月11日開催決定
すみません、詳細を発表する前に予約で全席完売してしまいました。申込み頂きました皆様、ありがとうございます。まだ申しこまれていなかった皆様、大変恐縮です。出演者一同、嬉しい悲鳴であります。今後、キャンセルなどありましたら追加受付させて頂く予定ですが、今は当日券も無い状況であります m(_ _)m

ポール・マッカートニー&ウイングスのトリビュートLIVEフェスティバル WINGSFAN を12月11日(日)に東京・池袋の英国パブ Ale House で開催します。今年は「Tribute Festival for Henry McCullough」と題し、6月に逝去したヘンリー・マッカロックに捧げるヘンリー・マッカロック&ウイングス祭りとして開催します。世界初公開となるヘンリー・マッカロック日本公演のLIVE映像上映、ヘンリーに所縁のある方々とのトーク&トリビュートバンドによるLIVEなど、ヘンリー・マッカロック&ウイングスをたっぷりお届けします!

WINGSFAN ~Tribute Festival for Henry McCullough~

ヘンリー・マッカロック&ウイングス祭り WINGSFAN ~Tribute Festival for Henry McCullough~
日 時 12月11日(日) 14:00 start , 17:00 close
出 演 ヘンリー・マッカロック&ウイングス・トリビュート・バンド and more (スペシャル・ゲスト)
会 場 Ale House (JR・西武池袋線・東武東上線・東京メトロ 池袋駅西口から徒歩3分)
料 金 5000円/人 (食事5品+お酒&ソフトドリンク飲み放題(2時間))
ご予約  こちら 又は Facebook メッセージ、twitter メッセージより、(1) お名前、(2) 予約人数を連絡下さい。テーブル&椅子席を確保いたします。

今年6月に逝去したウイングス初期のギターリスト、ヘンリー・マッカロックの訃報をうけ、今年の WINGSFAN は「Tribute Festival for Henry McCullough」と題し、ヘンリー・マッカロック&ウイングス祭りとして開催します。いつもと少し趣向を変え、2005年10月に行われたヘンリー・マッカロックの最初で最後の日本公演のLIVE映像(盗撮映像ではなく、正式に許可を頂いて1アングル撮影したLIVE映像のダイジェスト版)を本邦初上映します。又、ヘンリー・マッカロック所縁の方々によるトークイベント、ヘンリー時代のウイングス・トリビュートLIVEなど、盛り沢山の内容でヘンリー・マツカロックを追悼します。詳細につきましては本ブログで順次発表して行きますのでどうぞお楽しみに!


Welcome to WINGSFAN


関連Blog
6/17のBlog ウイングス祭り WINGSFAN ~Tribute Festival for Henry McCullough~ 開催計画中


ウイングス祭り WINGSFAN ~Tribute Festival for Henry McCullough~ 開催計画中
WINGSFAN ~Tribute Festival for Henry McCullough~

ウイングス初期のギターリスト、ヘンリー・マッカロックの訃報をうけ、今年の WINGSFAN は「Tribute Festival for Henry McCullough」と題し、ヘンリー・マッカロック祭りとして開催します。内容はまだ未定で、構想を練っている所です。2005年10月に行われたヘンリー・マッカロック日本公演のLIVE映像(盗撮映像ではなく、正式に許可を頂いて1アングル撮影したLIVE映像)の本邦初上映や、ヘンリーさん繋がりの方々やヘンリー時代のウイングスが好きな方々によるトークやトリビュートLIVEなど行いたいと思っていますが、これから諸々調整して決めていくといった感じです。(アルバム「レッド・ローズ・スピードウェイ」収録曲やザ・メス、Best Frinend、ハイ・ハイ・ハイ、初期版ソイリーとか演りたいしね) 少し時間がかかると思いますが、決まり次第、本ブログで発表するのでどうぞお楽しみに!

Dedicated to Henry McCullough

WINGSFANストア 年間ランキング 2015
WINGSFANストア をいつもご利用頂き、ありがとうございます。2015年(2015年1月1日~12月31日)の各ジャンル別売上枚数を集計した「WINGSFANストア 2015 年間ランキング」を発表します。

ザ・ビートルズ 1 - ザ・ビートルズCD , アナログ盤
1位 ザ・ビートルズ 1 / ザ・ビートルズ
2位 タッグ・オブ・ウォー / ポール・マッカートニー
3位 パイプス・オブ・ピース / ポール・マッカートニー
4位 ウォールフラワー / ダイアナ・クラール
5位 ミッドナイト・マッカートニー~ポール・マッカートニー・ソングブック / ジョン・ピザレリ


年間1位に輝いたのは221枚/セットを売り上げた「ザ・ビートルズ 1」で、断トツの年間1位でした。売上の9割近くを占めたのが Blu-ray付きの「ザ・ビートルズ 1+」でして、映像を待ちわびていたファンの多さに驚きました。2位・3位は昨年の教訓を活かして amazon をしっかりチェックしたポール・マッカートニーのアーカイヴ・コレクションで、タッグ・オブ・ウォーが149枚/セット、パイプス・オブ・ピースが115枚/セットを売り上げ、それぞれ2位、3位にランクされました。毎回人気のスーパー・デラックス・エディションが約7割を占めました。

ポール・マッカートニー トリビュート~ミュージケアーズ~ - ポール・マッカートニー 他BD , DVD
1位 ポール・マッカートニー トリビュート~ミュージケアーズ~ / ポール・マッカートニー 他
2位 12-12-12 ニューヨーク、奇跡のライブ
3位 ライヴ・イン・ハイド・パーク 2014+ミスター・ブルー・スカイ-ザ・ストーリー・オブ・ジェフ・リン&ELO
4位 ザ・ビートルズ 1
5位 ネブワース1990+モントセラト島救済コンサート

映像単体では「ポール・マッカートニー トリビュート~ミュージケアーズ~」が37枚売り上げ、年間1位に輝きました。ポール来日効果があったとはいえ、WOWOWで先行放送されていたのでセールス的にどうかな?と思っていましたが、フタを開けてみれば2位にダブルスコアの大差をつけての年間1位でした。2位は「12-12-12 ニューヨーク、奇跡のライブ」で売上枚数は14枚。2位以降は2~3枚差で混戦続きのランキングとなりました。

2015 PAUL in Japan本 , 雑誌 , ムック
1位 2015 PAUL in Japan
2位 MUSIC LIFE ポール・マッカートニー2015来日公演完全レポート号
3位 僕のビートルズ音盤青春記 Part① ~ 1962-1975 ~
4位 レコード・コレクターズ増刊 ポール・マッカートニー デラックス・エディション1
5位 レコード・コレクターズ 2015年10月号



毎年、乱立・拮抗・ハイパーバトルな戦国ダービーの出版部門ですが、今年は2強のマッチレースでした。壮絶な叩き合いを首差で制したのは「2015 PAUL in Japan」で、2位の「MUSIC LIFE ポール・マッカートニー2015来日公演完全レポート号」との差は5冊でした。「2015 PAUL in Japan」についてナーバスなツイートが結構撒かれていましたが、それを跳ね除けての売り上げ75冊は大したものです。WINGSFANストア(出版部門)歴代売上的にもかなり上位で、素晴しい!です。3位以降は1~2冊差が続き、いつもの戦国ダービーのランキング結果でした。

WINGSFANストアの売り上げはブログ記事ネタの仕入れ、WINGSFANサーバー運用費などに使用されます。より充実したブログにするため、amazon でお買い物をされる際は WINGSFANストア をご利用頂けると有り難いです。どうぞよろしくお願いいたします。

Thanks! WINGSFAN Store Users

WINGSFAN AWARDS 2015 結果発表
ポール・マッカートニー&ウイングスのファンが選ぶ WINGSFAN AWARDS 2015 の投票結果を発表します。投票して下さいました皆様ありがとうございました。今回から導入したツイッターでの投票数も含め、総投票数は408票でした。投票結果の内訳は各部門のタイトルをクリックすると表示されます。

WINGSFAN AWARDS 2015 ~ Tribute Vlog for Paul McCartney & Wings Reader's Poll ~
ポール・マッカートニー&ウイングス

● 年間最優秀ウイングス関連アルバム
 タッグ・オブ・ウォー スーパー・デラックス・エディション / ポール・マッカートニー

・千セット限定いまだあけれず、、、
・これしかない。愛聴していた。

● 年間最優秀ウイングス関連レコード
 Hope For The Future / ポール・マッカートニー

・次の新作は、、、

● 年間最優秀コラボレーション
 リアーナ、カニエ・ウェスト&ポール・マッカートニー

・意外性のある組み合わせ

● 年間最優秀TV番組
 ポール・マッカートニー OUT THERE in 日本武道館 2015 (7/11 スカパー!)

・これははずせない。
・行きたかった。歴史的快挙。
・これで決まり!!

● 年間最優秀BD & DVD
 12-12-12/ニューヨーク、奇跡のライブ

 (コメント無し)

● 年間最優秀出版物
 MUSIC LIFE ポール・マッカートニー2015来日公演完全レポート号

・なかなか良い内容でした。

● 年間最優秀パフォーマンス&イベント
 ポール・マッカートニー日本公演 (4/28 日本武道館)

・感慨ふかい

● 年間重大ニュース
 ポール・マッカートニー 49年ぶりに日本武道館公演開催

・これしかない

● 年間最優秀ウイングス・メンバー
 ポール・マッカートニー

・この人のあるのみ。

受賞者及び受賞作品関係者に記念品を贈呈させて頂きたいのですが連絡先が判らないため、連絡出来ずじまいです。各賞授賞者/関係者の皆様、もしご覧になられていましたら こちら 宛にご一報下さい。よろしくお願い致します m(_ _)m

Thanks! Paul McCartney & Wings Fans


関連Blog
2/6のBlog ツイッターからも投票出来ます WINGSFAN AWARDS 2015
2/1のBlog WINGSFAN AWARDS 2015


ツイッターからも投票出来ます WINGSFAN AWARDS 2015
ツイッター・ユーザー向けに WINGSFAN AWARDS 2015 (第10回ウイングスファン賞)のツイッター版を作りました。現在受付中のブログ版と合算して受賞作品を決定します。ツイッター版は受付期間が短いので利用される方はお早目(今週末)にどうぞ!









Thanks! Paul McCartney & Wings Fans


関連Blog
2/1のBlog WINGSFAN AWARDS 2015





          

          

          

Tokyo Beatles Week 2017