つれづれなるままにエジプト・ステーション
Tribute Vlog for Egypt Station
07 | 2018/08 | 09
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Yesterday  Here Today  Go Now

イベント
8/19 10:30 福島空港開港25周年記念 復興支援 ビートルズ・ライブ
8/19まで イエローサブマリン POP UP STORE
8/25 14:00 オール・マッカートニー ~ポール・ザ・ベスト!~ Vol.6 嗚呼!ブロード・ストリート
8/26 13:00 早稲田ビートルマニア設立40周年 8月ライブ(定期ライブ)
9/8 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
9/12 20:00 ビートルズはここで生まれた 聖地巡礼 from London to Liverpool 出版記念トークイベント&サイン会
10/1~8 藤本国彦と行くロンドン+リバプール・ビートルズゆかりの地めぐりの旅
10/28 早稲田ビートルマニア設立40周年 40周年記念ライブ
11/4 早稲田ビートルマニア設立40周年 40周年記念祭
11/22 19:00 ザ・ビートルズ「White Album」リリース50周年記念イベント“Back In The Beatles”
11/29 19:00 伊豆田洋之ポール・マッカートニーを歌う IZUTANEYAMA WINGS 2018
2019/4/22まで Double Fantasy – John + Yoko 英国

本 , 雑誌 , ムック
8/20 ミュージック・マガジン 2018年9月号 (ポール・マッカートニー特集)
8/28 グラフィック・ノベル Yellow Submarine
10/9 イマジン ~ジョン&ヨーコ~
10/10 グラフィック・ノベル Yellow Submarine Limited Edition Box Set
秋 リンゴ・スター Another Day In The Life
年内 The Beatles: Yellow Submarine
2019/1/29 絵本 All you need is LOVE

グッズ、アイテム
8/20 12:00 ポール・マッカートニーTシャツ
9/7 ジョン・レノン 切手シート
10/17 ザ・ビートルズ公式2019年版カレンダー

TV , ラジオ
8/20 ザ・レイト・レイト・ショウ・ウィズ・ジェームズ・コーデン 米国
8/24 27:00~28:00 MUST BE UKTV (ジョン・レノン、ポール・マッカートニー出演) NHK BSプレミアム
9/6 22:20~23:50 グラミー賞授賞式 60周年スペシャル (ポール・マッカートニー出演) WOWOWライブ

CD
8/24 ビートルズ A HARD DAY'S NIGHT Sessions
8/24 ビートルズ ウルトラ・レア・トラックス - UK・リールズ・VOL.1
今夏? Music of the Spheres (ポール・マッカートニー参加)
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション 2SHM-CD+2LP
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション SHM-CD
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション CD Target
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション CD HMV
9/7 デニー・サイウェル・トリオ Boomerang
9/28 フィル・コリンズ プレイズ・ウェル・ウィズ・アザーズ (ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン参加)
10/9 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
10/19 オノ・ヨーコ Warzone
11月? ビートルズ ホワイト・アルバム (50周年盤)
年内? オノ・ヨーコ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

映画
8/25 14:00 オール・マッカートニー ~ポール・ザ・ベスト!~ Vol.6 嗚呼!ブロード・ストリート
9/17 イマジン 海外
11月 エリック・クラプトン ~12小節の人生~ (ビートルズ、ジョージ・ハリスン出演)
秋 ビートルズ The Beatles in India
年内 ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内 A Life In The Day
2019/1 MY GENERATION (ビートルズ、ポール・マッカートニー出演)
2019年 ポール・マッカートニー Paul McCartney Live At The Cavern 2018

LIVE
9/1~29 リンゴ・スター 米国
9/17 ポール・マッカートニー カナダ ケベック・シティ the Videotron Centre
9/20 ポール・マッカートニー カナダ モントリオール Bell Centre
9/28 ポール・マッカートニー カナダ ウィニペグ Bell MTS Place
9/30 ポール・マッカートニー カナダ エドモントン Rogers Place
10/5 ポール・マッカートニー Austin City Limits Music Festival 米国
10/12 ポール・マッカートニー Austin City Limits Music Festival 米国
10/31 ポール・マッカートニー 日本 東京 東京ドーム
11/1 ポール・マッカートニー 日本 東京 東京ドーム
11/8 ポール・マッカートニー 日本 愛知 ナゴヤドーム
12/3 ポール・マッカートニー ポーランド クラクフ Tauron Arena
12/5 ポール・マッカートニー オーストリア ウィーン Stadthalle
12/6 ポール・マッカートニー オーストリア ウィーン Stadthalle
12/12 ポール・マッカートニー 英国 リバプール Echo Arena
12/14 ポール・マッカートニー 英国 グラスゴー SSE Hydro
12/16 ポール・マッカートニー 英国 ロンドン The O2

アナログ盤
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション (デラックス盤) 2LP
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション (カラー盤) LP
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション (黒盤) LP
10/9 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
10/19 オノ・ヨーコ Warzone
11月? ビートルズ ホワイト・アルバム (50周年盤)
年内? オノ・ヨーコ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

デジタル配信
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション

エジプト・ステーション

エジプト・ステーション / ポール・マッカートニー 9月7日世界同時発売

日本盤 2SHM-CD+2LP デラックス・エディション
日本盤 SHM-CD 通常盤
輸入盤 2CD+2LP デラックス・エディション
輸入盤 CD 通常盤
米国盤 CD Target Exclusive
英国盤 CD HMV Exclusive

輸入盤 2LP デラックス・カラー、UNIVERSAL MUSIC STORE 限定盤
直輸入盤仕様 2LP デラックス・カラー、UNIVERSAL MUSIC STORE 限定盤
輸入盤 2LP デラックス 黒盤
輸入盤 LP 黒盤


カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


ポール・マッカートニー、カープール・カラオケ特番に先立って告知映像が公開

ポール・マッカートニーは自身の「カープール・カラオケ」が特別番組として放送されるのに先立って告知映像が公開されている。米TV番組 The Late Late Show with James Corden の名物企画である「Carpool Karaoke」だが、ビートルズの故郷であるリバプールで撮影された本編は6月に番組内でオンエアされている。そこではポール・マッカートニーが幼少期を過ごした家を訪ねる場面もあったが、今回公開された告知映像は逆にポール・マッカートニーがジェームズ・コーデンのオフィスを訪ねるというものとなっている。特別番組は「カープール・カラオケ:ホェン・コーデン・メット・マッカートニー・ライヴ・フロム・リバプール」というタイトルで20日(現地時間)に放送されることが決定している。 番組のエグゼクティヴ・プロデューサーであるベン・ウィンストンは「ポール・マッカートニーのカープール・カラオケの反響には圧倒されています。制作することができて非常に嬉しかったですし、特別なものになると分かっていました。しかし、これだけ多くの人に観て楽しんでもらえたのは本当に素晴らしいことです。ポールの音楽は、特に現在となっては、老いも若きも、あらゆる世代に語りかけ、共感を呼んでいると思うのです。音楽に込められたメッセージはこれまで同様、現代にも通ずるものとなっています。撮影後、編集室で私たちは時間の問題で多くの気に入っている場面を削らなければなりませんでした。リバプールのパブでポールがライヴをやった場面はもちろんのこと、ジェームズと彼が車で会話をしている場面についてもです。CBSが今回のカープール・カラオケで1時間のゴールデン特番を作らせてくれることが嬉しいですし、これで、みなさんにもそのライヴや会話の魅力をさらに観ていただけます」と語っている。

Thanks! NME Japan

ポール・マッカートニー、左利きの日をお祝い
世界的には8月13日は「左利きの日」(日本では2月10日)。音楽界で最も有名な“レフティ”ポール・マッカートニーが、同じく左利きの人たちへ「いい日を!」と呼びかけた。ポールは、左手を駆使したパフォーマンス画像とともに「レフティのみんな、ハッピー・#LeftHandersDay を」とつぶやいた。ミュージシャンではこのほか、ジミ・ヘンドリックス、トニー・アイオミ、レディ・ガガ、ジャスティン・ビーバー、ノエル・ギャラガー(右手でプレイ)、デーモン・アルバーン(右手でプレイ)らが左利き。カート・コバーンもレフティのギターを愛用していた。英語版ウィキペディアには List of musicians who play left-handed (左手でプレイするミュージシャンの一覧)の項目がある。



Thanks! Ako Suzuki

ショーン・レノン、ジェイムズ・マッカートニーと一緒に撮影したセルフィを公開

Peekaboo...

Sean Ono Lennonさん(@sean_ono_lennon)がシェアした投稿 -


ジョン・レノンの息子ショーン・レノンが、ポール・マッカートニーの息子ジェイムズ・マッカートニーと一緒に撮影したセルフィを公開した。現在42歳のショーン・レノンは40歳のジェイムズ・マッカートニーと一緒に撮影した写真をインスタグラムに投稿しており、一言、Peekaboo(いないいないばあ)と添えている。

Thanks! NME Japan

ポール・マッカートニー、かつて所有していたミニがジョン・レノンの車と共にオークションに
201808141822105eb.jpeg

ポール・マッカートニーとジョン・レノンが所有していた車が、それぞれ来月に米国で行われるオークションに出品される。9月1日(現地時間)に「ワールドワイド・オークショニアーズ」が開催する「オーバーン・オークション」に、ポール・マッカートニーが所有していた1965年製の「ミニクーパーS・デ・ヴィル」と、ジョン・レノンが所有していた1979年製の「メルセデス・E300」が出品されるという。ポール・マッカートニーのミニはビートルズのマネージャーだったブライアン・エプスタインが1965年にメンバーそれぞれにプレゼントした4台のうちの1台。2017年にはポール・マッカートニーが所有していた1964年製のアストンマーティンがロンドンのオークションで130万ポンド(約1億8400万円)以上の値で落札されている。また、リンゴ・スターが所有していた1966年製の「ミニクーパーS・ラドフォード」も2017年にオークションに出品されており、スパイス・ガールズのメンバーであるジェリ・ハリウェルによって10万2300ポンド(約1440万円)で落札されている。経済情報サイト「ディス・イズ・マネー」によれば、ジョージ・ハリスンのミニについては今も彼の妻によって所有されているという。一方で、ジョン・レノンが所有していたオーダーメイドのミニ・クーパーSの行方は明らかになっていない。

Thanks! NME Japan

ヘイミッシュ・スチュアートが選ぶ“最も思い出深い楽曲”プレイリスト
2018081111453367c.jpeg

ネッド・ドヒニーの名盤『HARD CANDY』に収録された「A Lovw Of Your Own」やチャカ・カーンがカバーした「What Cha’ Gonna Do for Me」、ベン・E・キングを迎えたアヴェレージ・ホワイト・バンドの「A Star In The Ghetto」など、数々のヒット曲を手掛けてきたヘイミッシュ・スチュアート。所属していたバンドのアヴェレージ・ホワイト・バンド(AWB)の解散後、ジョージ・ベンソンやアレサ・フランクリン、ポール・マッカートニーなど、著名アーティストのツアーや作品に参加し、2000年代は同じくビートルズのメンバーであるリンゴ・スターのヒズ・オール・スター・バンドのメンバーとして世界各地を飛び回った。今回、長年の音楽パートナーであるネッド・ドヒニーとともにステージ共演をするヘイミッシュにインタビューし、彼が手掛けた楽曲の中で、特に思い出深い楽曲をピックアップしてもらった。楽曲の裏話も必読だ。ヘイミッシュ・スチュアートが選ぶ“自身が手掛けた最も思い出深いコラボレーションソング”は以下のとおり。

01. David Sanborn - Love & Happiness
デヴィッドのファースト・アルバム『Taking Off』がリリースされた時期に、彼とザ・ブレッカー・ブラザーズ・バンドのプレイを聴いて以来、私はずっと彼のファンでね。2~3年した後に、ちょうどマイアミにあるクライテリア・スタジオで彼のバンドとアヴェレージ・ホワイト・バンドがレコーディングをしていて、そこで誕生した彼のアルバム『Promise Me The Moon』のタイトルトラックを含む数曲に私も参加したんだ。ちょっとしたオフの時間に話したりして、楽しかったよ。そのまた2年後くらいに、偶然ニューヨークでばったり会って、また彼の作品に参加することになったんだ。ラニ・グローヴスやディーヴァ・グレイ、ゴードン・グロディー、そしてポール・サイモンらと一緒に、『夢魔(VOYEUR)』の「All I Need Is You」をコーラス参加する機会に恵まれたんだよ。1980年代半ばは、私がロサンゼルスを拠点にしていたため、彼とはあまり連絡を取っていなかったんだが、ニューヨーク西部にあるSIRスタジオで、後に『Straight To The Heart』としてリリースされるアルバムを完成させるために、デヴィッドから、いくつかショーに参加してくれないかと誘いが来た時は、二つ返事で引き受けたね。そのショーでは、ジュニア・ウォーカーの「(I’m A) Road Runner」もプレイしたんだが、この曲がとても良くて、アルバムに入れることにした。デヴィッドや彼の素晴らしいバンドメンバー達との音楽制作は本当に楽しい思い出で、当時のメンバーには、故ドン・グロルニックや故ハイラム・ブロックが所属していて、ドラマーにはバディー・ウィリアムス、このアルバムもプロデュースしたマーカス・ミラーも参加していたんだ。

02. Hiroshima - Unspoken Love
1970年代後期にハワイでヒロシマの一部のメンバーと会ったことがあって、その後、旧知の仲で今は亡きデヴィッド・ウィリアムスが彼らのアルバムをプロデュースした頃に、メンバー全員と知り合いになったんだ。それからまた数年後、(シャーデーのプロデュースで知られる)ロビン・ミラーから、クインシー・ジョーンズのQwestレーベルから発売されるヒロシマの『Urban World Music』に参加しないか声がかかって、2曲コーラス参加したんだよ。そのうちの一曲がこのデュエット「Unspoken Love」なんだ。ロビンが作詞し、メンバーである琴プレーヤーのジューン・クラモトが作曲を手掛けた美しい曲だ。日本とアメリカのハーフから成るこのバンドとの音楽作りはとても楽しくて、尺八や琴といった伝統的な日本楽器をソウル/R&B/ジャズのリズムと見事にマッチングさせる技には惚れ惚れするよ。それに、ロビンとは、Sunset Sound(米ロサンゼルスにあるレコーディングスタジオ)に所蔵されたマイクの中から、どれが一番かを決める時間がものすごく楽しかったんだ。かれこれ10年以上、この曲をライブで演奏してきたけれど、何年経っても飽きない。実に素晴らしい一曲だ。

03. Paul McCartney - Ain't No Sunshine (Live On MTV Unplugged)
04. Hamish Stuart - I Don't Wanna Be a Rock

AWBがまだ若手バンドだった頃に、何度かギャラガー&ライルと一緒になったことがあって、私はそれ以来、彼らの音楽を聴いてきたし、尊敬してきた。グラハム・ライルが手掛けた「愛の魔力(What’s Love Got To Do With It)」なんかも好きでね。ポール・マッカートニーと6年一緒に活動した後に、自分のファースト・ソロ・アルバム(『Sooner Or Later』用に選曲していたところで、一緒に作品を作らないかグラハムにコンタクトを取ってみたんだ。そしてその結果がこれだよ。プレイリストに入っているヴァージョンはチャリティ団体『Prostate Cancer UK』のコンピレーション・アルバム用に私がプロデュースした曲で、私の友人である素晴らしいミュージシャン達がバックに参加しているんだ。ドラムにイアン・トーマス、パーカッションにダニー・カミングス、ベースにはピノ・パラディーノ、ピアノはジム・ワトソン、ギターはロビー・マッキントッシュとジム・マレンの2人で、マット・アーヴィングがオルガン参加している。セッションはまるで同窓会みたいでとても楽しかったんだが、悲しいことに、これがマットとの最後の作品になってしまってね。彼も前立腺がんで6年闘病していたんだが、セッションから2~3週間後に亡くなった。彼が大好きだったメンバーと最後に一緒にプレイしたことで、彼を見送る最高の贈り物になったと思うよ!

05. Average White Band - A Star In The Ghetto
アトランティック・レコーズの代表だったジェリー・L・グリーンバーグが、この曲をベン・E・キングとレコーディングしてシングルリリースする希望があったんだ。バンドのオリジナルメンバーであるドラマーのロビー・マッキントッシュが1960年代にベンのヨーロッパ・ツアーに帯同していたことや、私達みんながベンのファンだってこともあって、とてもグレイトなアイデアだと思ったね。真のソウル・レジェンドとコラボレーションする最高の経験になった。セッションも最高で、彼の1960年代の楽曲「What Is Soul」を当然ながら『Benny And Us』のB面に収録させてもらったよ。意気投合してそのままアルバムを作ってしまおうという話になってね! ジェリーから提案されたミック・ジョーンズの「Fool For You Anyway」も完璧にキマって、私からはダニー・ハサウェイの名曲「いつか自由に(Someday We'll All Be Free)」をプレイしないか提案したんだ。誰もがアイデアを持ち寄って、この作品は3週間ほどで完成させたんだ。その後、NWAのファースト・アルバムを聴いていた時、なんだかどこかで聞いたことのあるサウンドだなって思っていたら、それがスティーヴ・フェローンのドラムと私のギターサウンドだって気づいてね。NWAはこの曲のイントロ部分をループ使用したんだが、全く新しい音楽を作り上げ、その後ヒップホップでAWBのサンプルを使用した楽曲が続々と誕生したというわけさ。1977年の夏に私達AWBはヨーロッパ・ツアーを実施して、そのツアーにベンもたくさん参加してくれた。彼は誰からも愛される、非常に物腰が柔らかい人間で、映画『スタンド・バイ・ミー』がヒットした時は、タイトル・ナンバーのプロモーションでロサンゼルスに滞在していたベンが、私に電話をくれたんだ。とても嬉しそうで、1960年代に発表したヒット曲が時を越えてまたビッグ・ヒットになっていることに心から喜んでいたよ!

06. George Benson - Never To Far To Fall
07. George Benson - Love Will Come Again
08. Gordon Haskell - There Goes My Heart Again

ゴードン・ハスケルとは、私が彼のアルバム『Harry’s Bar』で数曲演奏に参加することになったのがきっかけで出会った。共通の友人であるロビー・マッキントッシュも参加しているんだ。大ヒットを記録した「How Wonderful You Are」は完成していたんだが、この「There Goes My Heart Again」には少し手を焼いていた様子で、彼はヴォーカルとピアノに、ストリングスを加えようとやってみたところ、コーラスを重ねたほうがいいと考えたようだ。彼は私がヴォーカルのマルチトラッキングの経験があることを知っていたから、私はスタジオで一晩中、その作業とヴォーカル録りを行った。音楽に関することなら、私は何でも楽しめるほうなんだが、この曲は格別、無我夢中になって作った精魂込めた作品だ。このように自分を表現させてくれたゴードンには感謝しているよ。

09. Chaka Khan - What Cha' Gonna Do For Me
ネッドと私が再び曲を一緒に作るまでに約5年ものブランクが空いたのには特別な理由もないんだが、特に二人とも進んで何かを作ろうとはしていなくて、再びそのチャンスが来たときは本当に自然な流れだったんだ。1980年、ロサンゼルスに戻っていた私は、AWBのアルバム『シャイン』のレコーディングやら作曲に取り組んでいた。ネッドの家のリヴィングには、とてもいい音を奏でる古いスタインウェイ・ピアノが置いてあって、ある日そのピアノ椅子の上でチョロチョロっとギターを弾いていたんだ。コードチェンジの時にネッドが何か閃いて、そのまま1番の歌詞がスラスラっと思い浮かんだんだ。私がそのコードを弾き直して、2人とも夢中になって曲作りを続けたのさ。「A Love Of Your Own」ほど早く書き上がった曲ではないけれど、この曲がその後、同曲のように長く記憶に残るような楽曲になったことに心から感謝している。この曲ではギターに集中したかったから、最初、私はコーラス参加をしたくなくて、その結果、チャカ・カーンが参加したんだ。AWBのデモヴァージョンにチャカが歌声を追加して、後から私のヴォーカルも追加した。私はAWBヴァージョンが気に入ったことがなくて、なんとなくあの曲は不自然に聴こえるんだ。プロデューサーが楽曲を理解しておらず、サウンドなんかは本末転倒。だから、チャカの3枚目のソロアルバム用にこの曲をシングルカットすると、アリフ・マーディンと彼女のマネージャーのジャック・ネルソンから提案があった時は、心の底から嬉しかった。スティーヴ・フェローンやアンソニー・ジャクソン、ラリー・ウィリアムズ、デヴィッド・ウィリアムス、そして私のリズムセクションが格段に冴えていて、マイケル・ブレッカーの強烈なサックスのソロパート、チャカ独特の歌声、そしてアリフの正しいプロダクションと相まって、遂に不正義は正された。

10. Ned Doheny - A Love Of Your Own
ネッドとの出会いは1974の終わり頃で、私達はすぐに意気投合した。共通の音楽はもちろんのこと、ユーモアの部分でも共通する部分が多くてね。ロサンゼルスにいるときはAWBと一緒にいることが多かったんだが、仕事も終わりメンバーが東海岸へ戻った後も、私はベネディクト・キャニオン・ドライヴ(ビバリーヒルズ北西に位置する高級住宅エリア)にあるネッドの家に居候させてもらってたんだ。そのおかげで、LAの内部事情に随分詳しくなったよ。Dan Tana’sやLucy's El Adobe Caféで夕食を済ませた後は、たいてい、ギターやビール瓶を片手に、キッチンテーブルを囲って、おしゃべりやジャムをして楽しんでいた。ある晩、ネッドがこの曲のメロディーを弾き始めて、それに私が3つほどコード・シーケンスを弾いたんだ。彼が奏でるギターのメロディーに合わせて歌詞を当てはめていって、この曲がスラスラと出来上がっていった。ネッドが一文歌い、私がその次の歌詞を歌ってーそれはまるで次々と変わるファッションの流行と同じくらいの速さでね。30分ほどで曲が出来上がった。幸運なことに、カセットプレーヤーにその模様を録音していて。それを翌朝の朝食時間に聴いてみるまで、どんなすごい曲を作り上げたか2人とも全く自覚がなかった。まさに魔法のようなコラボレーションの誕生さ。

11. 360 Band - Cherry Blossom Time
この曲は、桜の満開シーズンの東京が少し影響しているんだ。ある日のこと、彼がロンドンに旅行に来ていたのか、そこに住んでいたのか分からないが、ある一人の日本人のファンと話をした時に、彼がホームシックで寂しがっている様子が気にかかったんだ。その後、東京に戻った彼から満開の桜の写真が付いたハガキが届いて、彼がとてもハッピーだったものだから、これを曲にしようとインスピレーションが沸いたんだよ。スティーヴとモリーと3人で360 Bandを結成して最初に作った曲のうちの1曲で、アウトロでスティーヴが奏でるリズミカルなフィルインが、この曲を“モノ”にしてくれた。終盤のパートは即興演奏で、その場にいたミュージシャン達が全員、互いを聞き、それに応えていた―このアルバムの忘れられない瞬間の一つを目のあたりにしたよ。

12. 360 Band - Mighty Fall, Pts. 1 & 2
唯一無二の存在であるモハメド・アリへのトリビュートであるこの曲を、ギタリスト/編曲者のリチャード・ナイルズのアルバム『Santa Rita』のために、彼と一緒に1990年代後期に作り始めた。レコーディングしたあとに、20世紀最高峰のヒーローであろう彼の人生にまつわる何かが抜けているような気がしたんだ。彼の素晴らしい人生を中断してしまった重要な出来事を幾つか追加しなくてはと思ったんだ。よりシンプルにさせるために、いくつかコードを減らして、歌詞を増やした結果、パート2が完成したんだが、それによって彼の素晴らしいストーリーがより深く伝わっているといいな。この曲は私にとっても大切な存在で、モリーやスティーヴも同感してくれるはず。だって、昔はよく、みんなで映画館やテレビの前に集まってアリの試合を観ていたし、私達全員がGOAT(Greatest Of All Time、モハメド・アリを指す)の大ファンだったからね。

13. 360 Band - Wordsworth
1990年初期に、ベン・ワーズワースという男性と知り合ったんだ。彼はロンドンにあるThe Groucho Club(会員制クラブ)や大企業に顔が知られた存在で、詩人ウィリアム・ワーズワース直系の子孫なんだ。私は子供の頃にウィリアムの作品を学んだし、彼の『水仙(The Daffodils)』は今でも記憶の片隅に残っている。それまで考えたこともなかったんだが、ワーズワース(Wordsworth)なんて、詩人にピッタリの名前だよね。理解されない、伝わらない、偽りだらけの言葉とはどんなものか興味が沸いた。真実のない言葉なんて無意味だ。この曲は私の最新のコラボレーションソングで、スティーヴ・フェローンとモリー・ダンカンが参加している。いつもギターモチーフから取り掛かるんだが、彼らがそれらをくみ取ってくれると、必ずと言っていいほど上手くいくんだ! モリーは最高にいい仕事をしてくれて、彼の音色はまるで最高級のワインのように熟成していて、ソロとアドリブ演奏なんか実に美味い!

14. 360 Band - Just For A Thrill
15. The Allstars Collective - Remedy (Feat. Hamish Stuart)

The AllStars Collectiveは英ロンドンを拠点とするセッションプレーヤーやシンガーが集まったグループで、私が初めてアルバムをプロデュースしたグループでもある。このグループはジョセリン・ブラウンといったゲストやミュージシャンを抱える大きなグループで、彼らからこの「Remedy」のリードヴォーカルを任せたいと依頼があった時は、このグループに参加できてなんて光栄なんだって思った。アルバム・リリースから約1年後、私の娘のサラがちょうど滞在していた東京から電話をしてきて、デパートで買い物中に私の声を聞いたって話すんだ。話を聞いていると、この曲が店内BGMで流れていたようだ。なんて奇妙で素敵な出来事だろうね! だって彼女が3歳くらいだった頃、ポール・マッカートニーの来日ツアーで彼女を連れて日本に来たことがあったんだが、彼女にとってはそれ以来の来日だったんだからね。

Thanks! Billboard Japan


8月8日のポール・マッカートニー
Paul McCartney - 2018.8.8 Capitol Music Group

8日(現地時間)、米ハリウッドにある Arclight Theatre で行われた第5回 Capitol Music Group 総会にポール・マッカートニーがサプライズ参加し、来月発売される新作「エジプト・ステーション」について語りました。

Thanks! Music Universe

水卜アナ、アビイ・ロード」を一人再現 大のビートルズ好き

... #abbeyroad

水卜 麻美さん(@mito_meat)がシェアした投稿 -


3日、日本テレビの水卜麻美アナウンサーのものと思われるインスタグラムのアカウントがビートルズのアルバム「アビイ・ロード」のジャケットを意識した写真を投稿した。写真投稿の前にはジャケットの撮影場所である横断歩道を歩く水卜アナの姿が動画投稿されており、「それを、こうするのが夢でした」と動画を編集して「アビイ・ロード」風写真を制作したようだ。アカウントは現在フォロワー数が急増中だ。3日13時時点でフォロワー数は15万人を超える。コメント欄には「本物ですよね」と未だ本人かどうかを疑っている声も上がるが、ビートルズが好きな水卜アナを知るファンは改めて、本人との確信を深めているようだ。

「やりますよねー ビートルズ好きにはたまらない聖地です」
「水トちゃんの開設に朝から興奮が抑えきれません!ビートルズ好きでしたよね!夢が叶ってなによりです」
「食事だらけの画像に妙な安心感が笑 嵐の番組でビートルズのめちゃファンだと知りましたが、念願かなってよかったですね」

水卜アナはビートルズ好きが興じて、森圭介アナらアナウンス室の先輩たちと「ミートルズ」というバンドを結成していたことを番組で明かしたこともある。

Thanks! J-CASTニュース


関連Blog
8/3のBlog 水トアナ、インスタのフォロワー6時間で30倍に急増


水トアナ、インスタのフォロワー6時間で30倍に急増

それを、こうするのが夢でした。 #abbeyroad

水卜 麻美さん(@mito_meat)がシェアした投稿 -


2日、日本テレビの水卜麻美アナウンサーが1週間前にインスタグラムを開設していたことがネット上で話題になり、同日16:00時点で約1100人だったフォロワー数が、21:30時点で3万3000人を超えるほど急増した。水トアナはネット上で話題になり始めた夕方、イギリスのアビイ・ロードを歩く写真で初めて自身が写った写真を投稿。ビートルズのアルバムジャケット「アビイ・ロード」をまねた合成写真も投稿し、「それを、こうするのが夢でした。」と打ち明けた。デイリースポーツがネット上で一報を伝えた16:00すぎの時点ではフォロワー数は約1100人だったが、21:30時点で、3万3600人と30倍に超スピード拡散している。インスタ開設後の記念すべき1枚目は、肉と白飯のストライプ写真。その後もラーメン16分割、続いては卵料理9分割、揚げ物8分割と、食べ物ばかり。本人の写真もなかったため、開設1週間にも関わらず、フォロワーはわずか1130人。フォロワーからは「ほんとに水卜アナのアカウントなのか」と不審がる声やニセアカ疑惑も上がっていた。このアカウントを見つけた日テレの先輩、森圭介アナは「水卜麻美っていうインスタがあるんだけど、これ絶対本人だと思うんだよな。だって mito_meat だよ?! 1枚目の写真が肉と米だよ?」とツイート。その後、日テレが水卜アナ本人のインスタで間違いないと認めていることを伝えていた。

Thanks! デイリースポーツ

ストロベリー・フィールド再建工事開始 記念式典にジョンの妹とマーティン未亡人が出席
201808021719238e0.jpeg

ジョン・レノンの少年時代の思い出の場で、ビートルズの名曲の1つ「Strawberry Fields Forever」で歌われたストロベリー・フィールドの再建工事が始まるのを記念し、7月30日(英国時間)敷地内で式典が開かれ、タイムカプセルが埋められた。かつてSalvation Army(救世軍)により運営されていた孤児院は、障害を持つ若者たちの教育センターとして生まれ変わる。Salvation Armyは「我々はここを、軽度から中等度の障害を持つ若者たちが人生で何かポジティブなことをしようと夢を見、大志を抱けるような場所にしたいと思っています。我々は彼らにトレーニング、教育、職を与えていくつもりです。ここはジョン(・レノン)にとって特別な場所でした。彼はここで遊んでいただけでなく、自分の将来を夢みていました」と、BBCに話している。式典には、ストロベリー・フィールド再開発プロジェクトの名誉会長に就任したジョン・レノンの異父妹ジュリアさんをはじめ、ビートルズのプロデューサー、ジョージ・マーティンの未亡人も出席したという。ストロベリー・フィールドは来年夏から一般公開もされる予定。いままでは門の外から眺めるだけだったが、敷地内に足を踏み入れることができる。

Thanks! Ako Suzuki

浜松・遠鉄百貨店で英国フェア開催 英国やスコットランドの魅力紹介
201808021035361f8.jpeg

浜松市中区の遠鉄百貨店で1日、英国やスコットランドの魅力を紹介する「英国フェア」が始まった。6日まで。ロイヤルベビー誕生やロイヤルウエディングなど祝事が続く英国と、2019年ラグビーワールドカップのキャンプを同市で行い、1次リーグで日本と対戦するスコットランドへの関心を高めてもらおうと、企画した。英国王室の記念人形や記念コイン、王室御用達陶器、伝統工芸品、貴金属、紅茶、スコットランド伝統・タータンチェック柄のバッグなどを紹介している。英国生まれのキャラクター「ピーターラビット」、英国ロックバンドの「ビートルズ」と「ローリング・ストーンズ」の関連商品、京都の人気店「ジェリーズパイ」による英国伝統のミートパイもある。明治時代に遠州灘で遭難した英国船ペイトン号を住民が救出した歴史を紹介するパネル展も開催している。4、5日にはバグパイプの演奏会を行う。

Thanks! 静岡新聞



20180808_pm_Billboard_pc.jpg

2018年
■ Warm Up Secret Gig
6/9 英国 リバプール Philharmonic Dining Rooms
7/23 英国 ロンドン Abbey Road Studios
7/25 英国 リバプール LIPA
7/26 英国 リバプール Cavern Club
■ Freshen Up Tour
9/17 カナダ ケベック・シティ the Videotron Centre
9/20 カナダ モントリオール Bell Centre
9/28 カナダ ウィニペグ Bell MTS Place
9/30 カナダ エドモントン Rogers Place
10/5 米国 Austin City Limits Music Festival
10/12 米国 Austin City Limits Music Festival
10/31 日本 東京 東京ドーム
11/1 日本 東京 東京ドーム
11/8 日本 愛知 ナゴヤドーム
12/3 ポーランド クラクフ Tauron Arena
12/5 オーストリア ウィーン Stadthalle
12/6 オーストリア ウィーン Stadthalle
12/12 英国 リバプール Echo Arena
12/14 英国 グラスゴー SSE Hydro
12/16 英国 ロンドン The O2