つれづれなるままにワン・オン・ワン
Tribute Vlog for One On One Japan Tour 2017
03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Yesterday  Here Today  Go Now
LIVE
4/29 ポール・マッカートニー 日本 東京ドーム
4/30 ポール・マッカートニー 日本 東京ドーム

イベント
4/29 23:30~28:30 ONE ON ONE ポール・マッカートニー 来日記念 オールナイト・ライヴ!! MANY TO MANY
5/2 19:00 「ビートルズと日本」ブラウン管の記録 刊行記念 大村 亨×藤本国彦トークショー
5/10まで Bailey's Icons
5/12 19:00 出張円盤-疑似体験ビートルズ・ショック!
5/14まで パティ・ボイド写真展 George, Eric & Me ~パティが見たあの頃~
5/25~6/16 サージェント・ペパーズ発売50周年記念イベント Sgt Peppers At 50 英国
5/27 19:00 サージェント・ペパーズ発売50周年記念トーク・イベント (3) ジョージ・マーティンの世界
6/4 14:00 ワン・オン・ワン ジャパン・ツアー2017 再現ライブ Live Artist COMMA-DADA
6/16 19:30 サージェント・ペパーズ発売50周年記念トーク・イベント (4) スタジオ・レコーディングの世界
7/15 19:00 サージェント・ペパーズ発売50周年記念トーク・イベント (5) ライブの世界
8/20 19:00 サージェント・ペパーズ発売50周年記念トーク・イベント (6) メンバーを取り巻く世界

TV , ラジオ
4/30 6:14~6:25 サエキけんぞうの素晴らしき80's (ポール・マッカートニー特集) NHKラジオ第1
4/30 22:00~23:30 ポール・マッカートニー VideoSelects MTV Japan
4/30 23:30~24:30 ポール・マッカートニー・トリビュート : MusiCares MTV Japan

映画
5/1 ハード・デイズ・ナイト Zepp DiverCity
5/26 It Was Fifty Years Ago Today! The Beatles: Sgt. Pepper & Beyond
5/26 ポール・マッカートニー パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊
年内? ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内? A Life In The Day

CD
5/5 ブラック・リップス Satan's Graffiti Or God's Art? (ヨーコ・オノ、ショーン・レノン参加) US盤
5/26 ビートルズ サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド 50周年記念盤 4CD+DVD+Blu-ray
5/26 ビートルズ サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド 50周年記念盤 2CD
5/26 ビートルズ サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド 50周年記念盤 1CD
前半 ヨーコ・オノ フライ
前半 ヨーコ・オノ 無限の大宇宙
前半 ヨーコ・オノ 空間の感触
前半 ヨーコ・オノ ストーリー
7月以降 ポール・マッカートニー 全カタログ再発
後半 ヨーコ・オノ シーズン・オブ・グラス
後半 ヨーコ・オノ イッツ・オールライト
後半 ヨーコ・オノ スターピース
後半 ヨーコ・オノ 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム
年内? リンゴ・スター ニューアルバム (ポール・マッカートニー参加)

本 , 雑誌 , ムック
5/15 レコード・コレクターズ サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド特集
5/22 ザ・ビートルズ『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』完全ガイド
5/23 我がロック革命 それはビートルズから始まった
5/24 サージェント・ペパーズ・シンドローム ロックの時代 1967-1968
9/21 絵本「Imagine」(仮)

BD , DVD
5/26 イエスタデイ
7/3 It Was Fifty Years Ago Today! The Beatles: Sgt. Pepper & Beyond

アナログ盤
5/26 ビートルズ サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド 50周年記念盤 2LP
前半 ヨーコ・オノ フライ
前半 ヨーコ・オノ 無限の大宇宙
前半 ヨーコ・オノ 空間の感触
前半 ヨーコ・オノ ストーリー
7月以降 ポール・マッカートニー 全カタログ再発
後半 ヨーコ・オノ シーズン・オブ・グラス
後半 ヨーコ・オノ イッツ・オールライト
後半 ヨーコ・オノ スターピース
後半 ヨーコ・オノ 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

デジタル配信
6/1 It Was Fifty Years Ago Today! The Beatles: Sgt. Pepper & Beyond


          

          

      


カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


ポール、ドームへ
1526ポール出ました。ご機嫌でしたよ(^-^)
ビートルズの遺産 課題は継承
The Beatles Statue Unveiled - 2015.12.4 Pier Head, Liverpool

1962年のレコードデビューから解散までたった約7年半で世界的な人気を博し、今も愛される伝説のバンド、ビートルズ。ゆかりのある英中部リバプールには、歌に登場する場所やメンバーが暮らした家を巡る「聖地巡礼」をしようと世界中からファンが集まる。今年は最高傑作とも称されるアルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」発表から50年の節目の年。市は町ぐるみのお祝いイベントを企画している。ジョン・レノンとポール・マッカートニーが市内の教会で初めて出会ったのは60年前。その教会でビートルズの映像作品を手掛けた地元の映像プロデューサー、ロイ・ボールターと音楽談議で盛り上がった。「ビートルズを嫌いな人はいるのか」と聞くと、「リバプールにいるわけがないだろ」と笑って一蹴された。「ここでは好き嫌いを超えた一大産業だ」という。市内にはメンバーの銅像、博物館をはじめ、バンドをテーマにしたホテルや飲食店があり、ビートルズの映画のタイトル「マジカル・ミステリー・ツアー」と書かれた観光バスが走る。市によると、ビートルズを目的に年間約200万人の観光客が訪れ、経済効果は8190万ポンド(約114億円)、ガイドなど5000人以上の雇用につながっている。数字を見ると安泰かとも思うが危機感も。時の流れや流行の変化で、英国全体で見ると、ビートルズを知らないという人が増えているからだ。目下の課題は継承。リバプールのアンダーソン市長は経済的な重要性を強調し、「ビートルズの遺産を次の世代につないでいく」と力を込めた。

Thanks! 共同通信

認知症サポーター、広がる輪 国際会議で報告へ
ロバ隊長

認知症を正しく理解し、本人やその家族を支える「認知症サポーター」。12年前に日本で始まったこの取り組みが計11カ国、約1200万人に広がっている。京都市で26日から始まった国際アルツハイマー病協会国際会議(認知症国際会議)で、その活動が報告される。同会議は29日まで開催される。認知症サポーターは、認知症の症状や本人への接し方、場面に応じた支援の方法について学ぶ約90分の無料講座を受講し、認定される。程度の差はあるが、多くの国で認知症への偏見は根強く、正しい知識を持った理解者が増えることは大きな意味を持つ。認定がボランティアなどさらなる活動に取り組むきっかけにもなっている。日本で認知症サポーターを養成している全国キャラバン・メイト連絡協議会(東京都新宿区)や海外の養成団体などによると、日本が約883万人、英国(イングランド、ウェールズ)が約196万人。そのほか、アジア、欧米、アフリカにも広がっている。拡大に大きな役割を果たしたのは英国だ。2013年に英国アルツハイマー協会が日本のサポーター制度を参考にディメンシア(認知症)フレンド制度を発足させた。手法や内容は同様だが、インターネットでの受講もできる。同じ年に当時のキャメロン首相の呼びかけで「主要8カ国認知症サミット」をロンドンで開催。高齢化が進む中、認知症を先進国共通の課題ととらえ、認知症フレンドの拡大に力を入れた。2015年の世界保健機関(WHO)の会合では、途上国も含め、国を超えて取り組みを進めることで一致。英国の「フレンド」が世界に拡大した。普及啓発のために英国アルツハイマー協会が作った動画はポール・マッカートニーも協力している。英国アルツハイマー協会の国際担当、フィリッパ・ツリーは「認知症の人に優しい社会を築くために、各国が協力して対策や活動を共有していくことが大切。そのために気軽に取り組める認知症フレンドは有効な手段だ」という。

認知症サポーター
厚生労働省が2005年に認知症への偏見をなくすために始めた。日本ではこれまでに、自治体や職場、学校などで約26万5000回の講座が開かれ、約883万人のサポーターが生まれている。誰でも受講できる。認知症サポーターがいる国は日本、英国、カナダ、ドイツ、ナイジェリア、中国、米国、デンマーク、オランダ、インドネシア、韓国で、クロアチア、イスラエル、モーリシャス、ポルトガル、ドミニカが準備中。

Thanks! 朝日新聞

ポール・マッカートニー、現在制作中の新作について「4曲できている」と語る
20170419202738a3b.jpg

ポール・マッカートニーは最新インタヴューでポール・マッカートニー、現在制作中の新作について「4曲できている」と語っている。4月27日、4月29日、4月30日に東京ドームで行われるほか、4月25日には日本武道館で公演を行う日本公演を控えてインタヴューに応じたポール・マッカートニーは現在制作中のニューアルバムについて「今ちょうど半分くらい出来たかな?」と語っている。「いろいろなタイプの曲が入ると思うよ。プロデューサーのグレッグ・カースティンのことは大好きだし、すごくいいプロデューサーだと思う。みんな、すごく楽しく作業できていて、今4曲ぐらいできてるんだ。今年中にアルバムが完成するんじゃないかと思うけど、必ずしもいついつまで仕上げなきゃいけないというわけではないし、やってみないと分からないこともあるからね。でも、一つの目安として今年中に完成させる予定だよ。完成した暁には日本のファンにも聴いてもらえたらと思うよ」。

Thanks! NME Japan

ポール・マッカートニー、著作権争いが米で再燃
週刊新潮 2017年4月13日号

今月末にまた来日するポール・マッカートニー。驚異的な元気さを支えるのはもしかして執念か... ポールが米ニューヨークの連邦地裁にソニー子会社で世界最大の音楽出版会社 Sony/ATV が所有するビートルズの著作権の返還を求める訴訟を起こしたのが今年1月。だが3月になって、ソニーは突っぱねたという。「音楽業界では通常、作曲者は音楽出版社に著作権を譲渡し、著作権管理団体を通じて出版社が楽曲使用料を徴収しているのです」とは著作権に詳しい高木啓成弁護士である。だが、「ビートルズのそれは、より複雑でねえ...」というのは音楽評論家の大鷹俊一。ビートルズが「ラヴ・ミー・ドゥ/P.S.アイ・ラヴ・ユー」でデビューしたのは1962年。この時はEMI傘下の出版社と契約したが、売れ行きが良くなかったため、翌年、新たに契約したのがノーザン・ソングスである。「ヘルプ!」や「ヘイ・ジュード」など、レノン=マッカートニーの名曲の著作権はここへ譲渡されたのだが、この出版社が売却され、その親会社も売りに出されるなど紆余曲折、一時はマイケル・ジャクソンの手に渡った。「権利ビジネスに熱心だったポールが、共作で仲良くなったマイケルに教えたともいわれました」(同) マイケルの死によって手に入れたのがソニーである。「使用料から管理手数料を頂き、それ以外を作者に支払うという形は他のアーティストと変わりませんよ。ポールの真意を測りかねています」(日本のソニー) だが、その手数料が高いというのは前出の高木弁護士。「日本では出版社と作者の取り分は多少の差はあっても50対50が普通。米国でもそれが一般的と聞きます」。英国人のポールが米国で訴えたのは、譲渡した著作権が契約から56年後に作者が取り戻せるという米国法があるため。それが適えば来年から順次ポールの元に。「お金じゃないと思います。ソングライターとして、自分の作品を手元に置きたいというプライドによる裁判ではないでしょうか」(大鷹俊一) Let it be...とはいかないようで。

Thanks! 週刊新潮

ビートルズや世界の名所をミニチュアで 米ニューヨークにオープン
10日(現地時間)、米ニューヨークのタイムズ・スクエア近くで50か国の名所をミニチュアで再現し、21世紀版ガリバー旅行記の気分が味わえるアトラクション、ガリバーズ・ゲートの内覧会が行われた。ドナルド・トランプ米大統領の入国制限令によって訪米外国人の客足が鈍るとの予測もあるが、関係者らは新たな観光スポットとして期待を寄せている。ガリバーズ・ゲートの費用総額は4000万ドル(約44億円)。世界中から集まった大勢のアーティストがガリバー旅行記に登場する小さなリリパット人たちが暮らしているような世界を4年かけて制作した。関係者らは年間100万人の来場客を見込んでいる。ガリバーズ・ゲートではイスラム教の聖地メッカやインドのタージマハル、パナマ運河、アビイ・ロード・スタジオ前の横断歩道を渡るビートルズ、中国・北京の紫禁城、ブラジル・リオデジャネイロの丘に立つキリスト像、エルサレム旧市街を一つ屋根の下で鑑賞できる。

Gulliver's Gate

Gulliver's Gate

Thanks! AFP

4月9日のポール・マッカートニー
9日夜(現地時間)、ポール・マッカートニーは米ラスベガスで行われているシルク・ド・ソレイユによる「LOVE」を観に行き、上演後に楽屋で出演者らと記念撮影を行いました。

Paul McCartney - 2017.4.9 The Beatles LOVE by Cirque du Soleil


Thanks! Cirque du Soleil

ポール・マッカートニーも注目の新メニュー 政府のベジランチ
ベジランチ

7日、ポール・マッカートニーも注目する「ベジランチ」が内閣府・内閣官房の食堂(東京都千代田区永田町)でスタートした。肉や魚を食べないベジタリアンは地球環境や動物の保護の観点から増えている。内閣府・内閣官房は食堂の運営業者と相談して3月からベジランチを試験的に導入したところ、他の省庁の職員も食べにくるほど好評だった。このため、4月7日から週に1回、金曜日に正式に導入することにした。初日のメニューは、稲庭うどん、サラダ巻きずし、精進揚げで、800円だった。この取り組みに反応したのが、今月末に日本公演を控える「世界のポール」だ。ベジタリアンのポール・マッカートニーは地球温暖化を防ぐために毎週月曜日は肉を食べない「ミート・フリー・マンデー」を提唱している。その活動を紹介するホームページは「日本政府がベジメニューを導入」というタイトルで記事を掲載。「今回の日本政府の動きは、食が急速に西洋化している日本で重要な意味を持つ。外国人が訪れる2020年東京五輪を控え、このニュースは今後も関心の的になるだろう」としている。

Thanks! 朝日新聞

ハリー・スタイルズ、ポール・マッカートニーの声はまるで歌のようだった
ハリー・スタイルズ

7日 8:00(英国時間)、ワン・ダイレクションのハリー・スタイルズはニック・グリムショウがホストを務める「ブレックファスト・ショウ」に出演し、ソロ・デビュー・シングル「Sign Of The Times」を初公開すると共に、先日、電話で対談したポール・マッカートニーについて「素晴らしかったよ。彼の声はまるで歌のようだった」と語った。又、ハリー・スタイルズは年内にリリースが噂されているソロ・アルバムからの楽曲をエド・シーランに聴いてもらったことを明かした。ハリーはニック・グリムショウとのインタヴューの中でエド・シーランについて触れ、「アルバムが完成した後、数曲を彼に披露した。僕が離れてたこともあって、しばらく会ってなかったんだけどね。どの曲についても気に入らないとは言わなかったね。ただ、アルバムには収録されないある楽曲を本当に気に入っててね。だから、僕は一瞬「うーん、でもさあ」って感じになったんだけどさ」と語った。ハリー・スタイルズはエド・シーランを「僕が知っている中で最も才能ある人物のうちの1人」だと称している。さらにハリーはローリング・ストーンズのロン・ウッドの「大ファン」であることを明らかにしている。「数年前にディナー・パーティーで会ったと思うんだけどさ、ローリング・ストーンズの公演にもいくつか行ったんだ。彼は最高に素敵だと思う」。ハリー・スタイルズはソロの音源についてコロンビア・レコードと契約しているが、ハリー・スタイルズのソロ作についてコロンビア・レコードの代表取締役であるロブ・ストリンガーは「僕らは近い間柄だし、すごく興奮してるよ。ものすごく楽しみにしているアルバムがあって、準備が整うのもそう遠くないだろうしね。すべてを見事にやってのけたいと思ってるんだ。だって、彼は今後も活動するアーティストだと思ってるからね。ハリーは信頼のおける人々のヴィジョンをもって進歩してきたんだよ」と語っている。

Thanks! NME Japan

ポール・マッカートニー、1966年初来日の騒動は「どういうことかわかっていなかった」
ロッキング・オン 2017年5月号

ロッキング・オン 5月号に、2013年の来日公演の舞台裏に密着したルポ、1990年、ポール単独としては初となる来日公演の直前に行われたインタビュー、『フラワーズ・イン・ザ・ダート』リマスター盤のレビュー、そして過去5回の単独来日公演のレビューの4本立てによる、ポール・マッカートニー特集が掲載されている。2013年の来日ルポ中、1966年にビートルズとして初来日した際の日本の狂騒状態を振り返っている。その中で、武道館をコンサートに使う事に異を唱える人達が多かった事に関して以下のように語った。「まあ、僕たちの育ったところでは、(日本の武道のように)敬意を払われるスポーツなんてひとつもなかったはずだよ。どう考えてもレスリングは違うしね! とにかく、どういうことなのか当時はまったくわかっていなかったんだ。しかも、僕たちが武道館に入ったらハラキリをすると脅す人まで現れてね。『これは行きすぎじゃないか』と思ったものだよ」。また、1990年に行われたインタビューでは、自身の作品に自分よりも若い、ビートルズ・ファンの年代のプロデューサーを起用することについて、以下のように考えを述べている。「僕は自分を含めて人間の年齢には全然興味ないんだ。相手がいくつであろうとそんな事全然気にならないよ。若くてエネルギーがあるからって、そういう連中だけに特別な才能があるとは限らないんだからさ。我々老人の中にだって若さや精力は劣るけれども知性じゃ負けないって人間も少なからずいるからねえ。いいプロデューサーを見つけたら、たとえその人間が50のジジイであろうと僕は平気だよ」。この他にも、同ルポとインタビューでは関係者のコメントや1990年当時の社会情勢について、そして(入国時に逮捕される事となってしまった1980年も含め)過去に来日した際の日本の思い出についても多数語られている。来日公演のレビューも含め、ポールと日本の歴史を振り返りつつ目前に控えた来日を迎撃する、20Pにわたる徹底特集となっている。

Thanks! ロッキングオン



フラワーズ・イン・ザ・ダート