つれづれなるままにワン・オン・ワン
Tribute Vlog for One On One Japan Tour 2017
02 | 2017/03 | 03
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Yesterday  Here Today  Go Now
グッズ
3/27 Days of Songs - Capitol 75th (ビートルズTシャツ)
3月下旬 ホットウィール HW ポップカルチャー THE BEATLES

イベント
3/29 ロンドン芸術大学 入学審査
3/29 13:00~15:00 パティ・ボイド来日記念トークショー 1部 アフタヌーン トークショー
3/29 17:00~19:00 パティ・ボイド来日記念トークショー 2部 レイトアフタヌーン トークショー
3/29~4/28 パティ・ボイド写真展 George, Eric & Me ~パティが見たあの頃~ モノクローム版
3/29~5/14 パティ・ボイド写真展 George, Eric & Me ~パティが見たあの頃~
3/31まで It's a Sony 展
4/9 12:30~15:30 ビートルズ・アナログ爆音鑑賞会 Vol.7 ポール・マッカートニー特集2 (1980年代から現在まで)
4/11 ポール・マッカートニー&ウイングス ロックショウ 一夜限りのライヴ絶響上映@Zepp東阪
4/14 19:30 Beatlesongs 213 ~ ビートルズの曲はここが面白い! ビートルズ・イベント パート1 全213曲を楽しむ
4/21 19:30 サージェント・ペパーズ発売50周年記念トーク・イベント (2) 音の世界
4/22 レコード・ストア・デイ
5/10まで Bailey's Icons
5/25~6/16 サージェント・ペパーズ発売50周年記念イベント Sgt Peppers At 50 英国
5/27 19:00 サージェント・ペパーズ発売50周年記念トーク・イベント (3) ジョージ・マーティンの世界
6/16 19:30 サージェント・ペパーズ発売50周年記念トーク・イベント (4) スタジオ・レコーディングの世界
7/15 19:00 サージェント・ペパーズ発売50周年記念トーク・イベント (5) ライブの世界
8/20 19:00 サージェント・ペパーズ発売50周年記念トーク・イベント (6) メンバーを取り巻く世界

本 , 雑誌 , ムック
3/29 MUSIC LIFE 1970年代ビートルズ物語
4/6 ビートルズを呼んだ男
4/12 僕を作った66枚のレコード
4/12 ビートルズの英語タイトルをめぐる213の冒険 ~〈Please Please Me〉の本当の意味知っていますか?
4/12 POWERS OF TWO 二人で一人の天才
4/13 真実のビートルズ・サウンド完全版 全213曲の音楽的マジックを解明
4/14 CROSSBEAT Special Edition ポール・マッカートニー ソロ・ワークス
4/18 ビートル・アローン
4/18 ビートルズ・ストーリー Vol.8 1969
4/22 「ビートルズと日本」ブラウン管の記録~出演から関連番組まで、日本のテレビが伝えたビートルズのすべて
4/27 サージェント・ペパーズ・シンドローム ロックの時代 1967-1968
5/22 ザ・ビートルズ『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』完全ガイド
9/21 絵本「Imagine」(仮)

TV , ラジオ
4/2 6:14~6:25 サエキけんぞうの素晴らしき80's (ポール・マッカートニー特集) NHKラジオ第1
4/2 21:00~21:30 Dr.竹迫のミュージック・クリニック ポール・マッカートニー Flowers In The Dirt 特集 Part 1 FMゲンキ
4/9 21:00~21:30 Dr.竹迫のミュージック・クリニック ポール・マッカートニー Flowers In The Dirt 特集 Part 2 FMゲンキ
4/20 22:30~23:00 藤原さくらが選ぶ! ベスト・オブ・ポール・マッカートニー MTV Japan
4/25 21:00~22:30 ポール・マッカートニー VideoSelects MTV Japan
4/28 19:30~20:00 藤原さくらが選ぶ! ベスト・オブ・ポール・マッカートニー MTV Japan
4/30 22:00~23:30 ポール・マッカートニー VideoSelects MTV Japan

CD
4/7 マイク・マクギア Woman : Remastered Edition
4/17 ローレンス・ジューバ プレイズ・ザ・ビートルズ第3集: LJ Can't Stop Playing The Beatles!
5/5 ブラック・リップス Satan's Graffiti Or God's Art? (ヨーコ・オノ、ショーン・レノン参加) US盤
6月? ビートルズ サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド発売50周年盤
前半 ヨーコ・オノ フライ
前半 ヨーコ・オノ 無限の大宇宙
前半 ヨーコ・オノ 空間の感触
前半 ヨーコ・オノ ストーリー
7月以降 ポール・マッカートニー 全カタログ再発
後半 ヨーコ・オノ シーズン・オブ・グラス
後半 ヨーコ・オノ イッツ・オールライト
後半 ヨーコ・オノ スターピース
後半 ヨーコ・オノ 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム
年内? リンゴ・スター ニューアルバム (ポール・マッカートニー参加)
未定 ポール・マッカートニー フラワーズ・イン・ザ・ダート [デラックス・エディション] 3CD+DVD

映画
4/8~ マイ ビューティフル ガーデン
4/11 ポール・マッカートニー&ウイングス ロックショウ 一夜限りのライヴ絶響上映@Zepp東阪
4/28 ハード・デイズ・ナイト Zeppなんば大阪
5/1 ハード・デイズ・ナイト Zepp DiverCity
5/26 ポール・マッカートニー パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊
年内? ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内? A Life In The Day

アナログ盤
4/22 ポール・マッカートニー レコード・ストア・デイ限定 3曲入りカセットテープ
前半 ヨーコ・オノ フライ
前半 ヨーコ・オノ 無限の大宇宙
前半 ヨーコ・オノ 空間の感触
前半 ヨーコ・オノ ストーリー
7月以降 ポール・マッカートニー 全カタログ再発
後半 ヨーコ・オノ シーズン・オブ・グラス
後半 ヨーコ・オノ イッツ・オールライト
後半 ヨーコ・オノ スターピース
後半 ヨーコ・オノ 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

LIVE
4/25 ポール・マッカートニー 日本 武道館
4/27 ポール・マッカートニー 日本 東京ドーム
4/29 ポール・マッカートニー 日本 東京ドーム
4/30 ポール・マッカートニー 日本 東京ドーム

ユニクロ UT特集 - キャピトル 75th

          

          


カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


ポール・マッカートニー、亡きチャック・ベリーが与えた影響について語る
Chuck Berry & Paul McCartney

ポール・マッカートニーは最新インタヴューでチャック・ベリーに追悼の意を表明している。ポール・マッカートニーは先週3月24日にアーカイヴ・コレクションの第10弾として『フラワーズ・イン・ザ・ダート』をリリースしている。これを受けてポール・マッカートニーはBBCラジオ6の取材を受けており、先日3月18日に亡くなったチャック・ベリーについてマット・エヴェリットから質問を受けている。それを受けてポール・マッカートニーは次のように語っている。「チャックとは共作したことはないんだけどね。会ったことはあるんだ。彼の地元であるセント・ルイスで僕らがライヴをやった時に来てくれたことがあるんだよ。バックステージまで来てくれてね。彼に会うことができて、どれだけファンだったか伝えることができて、素晴らしかったよ。ビートルズ以前のリバプールにいた時、僕らは未来への夢とともにギターを練習している少年でさ、その時に突然“Sweet Little Sixteen”を聴いたんだ。それまであんなものは聴いたことがなかった。それで“Johnny B. Goode”が出て、彼の素晴らしい楽曲がいろいろ聴いたんだ。“Maybellene”とかね。こうした曲はどれも車とティーンエイジャーとロックンロールについてのもので、ものすごく興奮したんだ」。

Thanks! NME Japan

ポール・マッカートニー、アデルのプロデューサーと制作している新作を語る
Paul McCartney & Matt Everitt

ポール・マッカートニーはアデルの「Hello」をはじめ、数多くの作品を手掛けてきたプロデューサーのグレッグ・カースティンと新作を制作していることを明かしている。ポールは再発盤「フラワーズ・イン・ザ・ダート」のリリースに際して英ラジオ局 BBC 6 Music の番組内でマット・エヴェリットのインタビューに応じ、これまでのコラボレーションや現在取り組んでいる新作について語っている。ポールは「ニュー・アルバムを作ってるんだけど、すごく楽しいんだ。その真っ最中なんだよね。アルバムは2年ほど前にアニメのために制作した曲で初めて一緒にやったプロデューサーと取り組んでいるんだ」と語っている。新作は2013年発表の「NEW」以来の作品となる。アデルの「Hello」を手掛けたグレッグ・カースティンについてポールは「彼はベックと一緒にやって、グラミー賞の最優秀アルバム賞を受賞してね。それからアデルとやって、最優秀楽曲賞と最優秀レコード賞を受賞して、その年の最優秀プロデューサー賞ももちろん受賞してるんだ。唯一の懸念は皆んなが「ああ、ポールは流行りの奴とやってるんだな」って言うことだよね」と語っているが、新作がどんなものになるのか、いつリリースされるのかについては明かしていない。


Thanks! NME Japan


関連Blog
3/25のBlog ポール・マッカートニー、他のアーティストとのコラボレーションについて振り返る


ポール・マッカートニー、他のアーティストとのコラボレーションについて振り返る
ポール・マッカートニーは最新インタビューでこれまでのコラボレーションについて振り返っている。アーカイヴ・コレクション第10弾「フラワーズ・イン・ザ・ダート」の発売を受けてポール・マッカートニーは英ラジオ局 BBC 6 Music の番組で、これまでに行ってきたコラボレーションについて「僕にとってコラボレーションって言うと、先ず、ジョン以上のコラボレーション相手は見つからないってことが分かってるからね。これは単に事実としてね。だから、やろうとせずに避けてきたんだ。ジョンと書く以上に良いものを書ける相手は見つからないってことを知ってしまっているわけだからね。でも、それを口に出したら、他の人と一緒にやることに興味が湧いてきたんだ。だって、皆んなそれぞれ、その人にしかないものがあるわけだからね。マイケル・ジャクソンはこの事務所の上の階でピアノをポロポロ弾いてたら、そこで曲が出来上がったんだ。最近だとカニエだけど、どうなるか分からなかったよね。だって、二人でアコースティック・ギターを持って向き合うみたいなものじゃないからね。だから、「よし、ダメ元だ」ってね。僕は皆んなに言っている条件が一つだけあって、それは「いいかい、もしうまくいかなかったら誰にも話さないでくれ。カニエって誰だ? 一緒にやったことなんてないよってね」っていうものなんだ。カニエとは単に僕自身として音楽的にインスピレーションを受けた時のいろんな話をしたんだ。そのうちの一つがどうやって「Let It Be」ができたかってものでね。あれは10年前に亡くなっていた母親が夢に出てきたことがきっかけなんだ。僕はその夢にすごくインスピレーションを受けてね、それであの曲を書いたんだ。カニエにそれを話したんだよ。なぜなら彼は母親を亡くしていたからね。だから、それで僕が気ままにエレクトロニック・ピアノを弾いていた時、彼が「Only One」という曲を書いたんだ。彼にメロディーが浮かんで、僕がコードとスタイルをつけていってね。そうやって、あの曲はできたんだよ」と語っている。


Thanks! NME Japan

ポール・マッカートニー、昔ながらの相棒(リンゴ)との共作は素晴らしい
201703241225434f4.jpg

リンゴ・スターのニュー・アルバムに参加したポール・マッカートニーが、昔ながらの友人と共作することの素晴らしさについて語った。リンゴは先月、スタジオで撮影したポールとの2ショットをSNSで公開し、「来てくれて、そして素晴らしいベースをプレイしてくれてありがとう。愛してるよ、ピース&ラブ」とつぶやいていた。木曜日(3月23日)、英国BBCのラジオ6 Musicに出演したポールは、こう話した。「僕ら、よく会ってるんだ。あのときはLAだった。一緒に食事をしてて、こう言われたんだ。“そう、僕はアルバムを作ってる。君がベースをプレイするんだよね?”って。これはリンゴの言い方では“してくれる?”なんだ。で、僕は“もちろん”って答えた。旧知の相棒との共作は素晴らしいよ。だって、彼は本当にラブリーな奴だし、僕らには思い出がたくさんある。ハンブルグから今まで、思い出でいっぱいだ」。リンゴの新作には、義弟ジョー・ウォルシュも参加。このほか、イーグルスのティモシー・B・シュミット、Mr.ミスターのリチャード・ペイジ、女性シンガー、エイミー・キーズ、トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズの創設メンバー、ベンモント・テンチ(Key)、名ベーシストのネイザン・イースト、デイヴ・スチュワート、ドン・ウォズらとスタジオで撮った写真もTwitterに掲載されている。

Thanks! Ako Suzuki

加山雄三、ポールは良い奴だった
加山雄三

23日、加山雄三が大阪市内で FM COCOLO の公開生放送にゲスト出演した。4月で80歳になるが、「年のことは考えない。あんまり変化がないから」と笑顔。朝に肉を食べたり、最新ゲーム機を使いこなすなど若さをアピールした。大物との逸話も次々飛び出した。「黒澤明監督に出会って、この世界に残ろうと思った」と、1962年の映画「椿三十郎」で初めて出会った名匠に感謝。「それまでは俳優に向いてないからいつやめようか、とばかり考えていた。ラブシーンなんて嫌だったし」と告白した。1966年のビートルズの来日公演時にメンバーとすき焼きを一緒に食べたという噂について、「本当です」。レコード会社が同じだったこともあり、社員から「会いますか?」と聞かれたが、最初は「別に」と断ったという。帰宅後に祖母に「あんたバカだね。将来役に立つから会いな」と諭され、ビートルズが宿泊するホテルを訪問。メンバーと自身5人だけが部屋に残り、加山がすき焼きの食べ方を指導したというエピソードを披露し、「ジョンは椅子を外して地ベタに正座して食ってた。ポールは良いヤツだった」などと振り返った。又、大阪が大好きと話し、落語家・桂文枝とは“メール友達”で「毎日、文枝さんの落語を聴いて寝る。笑いながら寝ると翌日元気に起きられるから」と明かしていた。

Thanks! スポーツニッポン

映像 Flowers In the Dirt デラックス・エディション

21日(英国時間)、ポール・マッカートニー・アーカイヴ・コレクション第10弾「Flowers In the Dirt」のデラックス・エディションのDVD映像 Flowers In The Dirt Deluxe Edition DVD Preview が公開されました。

Thanks! Paul McCartney

ステラ・マッカートニー、海洋プラスチックからスニーカーを開発
英国のデザイナーであり、ポール・マッカートニーの娘ステラ・マッカートニーがアディダスと協力して作ったスニーカー「Parley UltraBoost X」をお披露目した。20日のプレスリリースで発表された。スニーカーのデザインは海の波の力にインスピレーションを受けたもので、プラスチックをリサイクルしたものから作られている。このモデルは Parley for the Oceans 社との共同プロジェクトの一部となった。同社の創業者シリル・ガッチは「ステラ・マッカートニーとアディダスは私たちが、人と世界の海洋が平和に共存できる新世界を作るのを助けている」と語っている。


Thanks! Sputnik

世界のまちかどで イギリス 世界で最も有名な横断歩道
Abbey Road - The Beatles

ロンドンの住宅街に世界で最も有名な横断歩道があります。その名は「アビイ・ロード」。1960年代に活動した人気ロックバンド「ビートルズ」のアルバムジャケットの撮影地となった横断歩道で、記念写真を撮うと国内外の観光客が後を絶ちません。ビートルズをご存じでしょうか。メンバーはイギリス人の4人。「歴史上、最も偉大なアーティスト」といわれ、1970年の解散から半世紀近くがたった今も世界中の人から愛されています。レコードの売り上げは累計で10億枚以上といわれています。「アビイ・ロード」は解散前年の69年に発表された作品です。当初、ジャケットの撮影はエベレストで行う予定でした。でも、メンバーから「エベレストまで行くのは面倒くさい」と不満が出でます。結局、スタジオの近くで撮影することになり、横断歩道を4人で渡る姿をジャケットに使うことにしました。アルバムはビートルズ史上最大の売り上げを記録します。これを受け、音楽会社はスタジオの名前を「アビイ・ロードスタジオ」に変更。イギリス政府は横断歩道を文化価値の高い場所と判断し、文化遺産に指定しました。「アビイ・ロード」は交通量が多く、観光客が記念撮影している間は車のドライバーが一時停止してくれます。何度も撮影をやり直す人たちも多く、周囲の人たちはみんな笑顔。ビートルズが歌った「平和」を感じることができる場所でもあります。

国名 イギリス(大ブリテンおよび北アイルランド連合王国)
首都 ロンドン
面積 約24万3000平方キロメートル
人口 約6459万人(2014年推定)
現地通貨 1ポンド=140円

Thanks! 毎日小学生新聞

ポール・マッカートニーの訴訟にソニー/ATV側が訴えの棄却を申し立てる
Sony/ATV Music Publishing

2017年1月にポール・マッカートニーがビートルズ時代の楽曲の著作権の返還を求めて、音楽出版会社ソニー/ATV・ミュージック・パブリッシング(SATV)をニューヨークの連邦裁判所に提訴した件で、SATV側が“(機が)熟していない”として訴状をを却下するよう求めていることが分かった。マッカートニーの訴訟は、2016年12月にデュラン・デュランがアメリカでの著作権返還を英国の裁判所で求めていたSATVとの法的闘争に敗れたことが発端となった。イギリスの高等法院は、バンドが交わした契約は英国法が適用されるため、著作権に関する米国法よりも契約内容が優先されるとする判決を下した。バンド側は2017年2月に控訴している。2017年3月13日(現地時間)にSATV側より裁判官に提出された文書には、「そもそも、原告からの著作権返還要求に関し、SATVはその有効性を争う陳述はしていない。実際には、有効であると認めているので、この問題に関して論議する必要はない。また、SATVは原告による著作権返還要求が何らかの合意に違反しているとも主張しておらず、今後もそのような主張をすることはないだろう。つまりこの訴状は、(デュラン・デュランの著作権返還訴訟の)結果と、これに付随するかもしれない今後の法的処置によって決まる、架空の要求についての勧告意見を、認められない形で求めている」と記載されている。また、「米国の裁判所が英国法の裁定を下す場として適切であると仮定して、今(訴状を)却下すれば、(デュラン・デュラン訴訟の)結果が出るまではする必要がない決定の必要性から免れる上に、もし要求(の機)が熟した場合には英国法では解決されていることになる」とSATV側の弁護士は主張している。つまり、現段階では著作権の返還を争うつもりはないとしつつも、「英国人である原告が、英国で支払われる報酬と引き換えに英国で書いた楽曲について、英国の会社と英国で締結した契約」である以上、デュラン・デュラン同様、ビートルズの楽曲に関しても米国ではなく英国の裁判所で判断されるべきだとSATVは主張している。

Thanks! Billboard

ビートルズ、最古に撮影された映像が発見!?
Liverpool City Police Recruitment Film, 1958 with John Lennon , Paul McCartney & George Harrison

1958年に撮影された英リバプール警察の仕事を紹介し、リバプールの警察官を募集するドキュメンタリー映像にジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスンが映っている可能性があるとポール・マッカートニーの弟マイク・マッカートニーが語っている。3人はポールの家の裏にある警察の訓練場で行なわれた騎馬隊の技能を披露するイベントを納屋の上から見学していたようで、観客席が映った映像の左側に建ち並ぶ家の1つで2階部分に数人いるのが彼らではないかと推測されている。映像は英リバプールの歴史家でビートルズ・ファンのピーター・ホジソンが発見したもので、ピーターはフェイスブックに「1958年の古い映像があるのですが、彼らが屋外トイレの屋根の上に乗って、毎年行われている警察による馬と犬の展示会を観ているのを見ることができるのです」と綴り、英 Liverpool Echo 紙に「この映像は Service と呼ばれている。僕が YouTube で見つけたものは1950年とあったが、ちょっと調べてみたら、1958年に作られたものだった。マッカートニー家はそのころフォースリン・ロードに住んでいた。警察の訓練場の裏だ。20フォースリン・ロードの裏庭のコンクリート製の納屋の上に4~5人いるのが見える。ポールとマイクが住んでいた場所だ」と話している。この主張について英 Liverpool Echo 紙が、この日一緒に現場にいたと思われるマイク・マッカートニーに確認したところ、マイクは「ワオ! 確かにこれは僕らかもしれないね。この日はリバプールでは一大イベントでね。毎夏、デッキチェアを持って、コンクリートの小屋の上に登って、無料のショウを楽しむっていうね。ジョンがこの年、ここにいた可能性は大いにあると思うよ。すごくね。ジョンの友達のピート・ショットンは警察候補生だったしさ。そして、ジョージだっていた可能性があるよ。これは本当にとんでもないね。ものすごく興味をそそられるし、信じられないよ」と語っている。ジョン・レノンとポール・マッカートニーは1957年6月にセント・ピーターズ教会のガーデン・パーティで初めて出会っており、上の画像の丸い部分にジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスンが映っている可能性があるという。もし、これが事実であれば、ビートルズの姿を捉えた最古の映像になる。全編の映像は以下のとおり。ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスンが映っている可能性があるのは34分31~34秒の部分。


Thanks! NME Japan , Ako Suzuki



フラワーズ・イン・ザ・ダート

ポール・マッカートニー at 日本武道館