つれづれなるままにワン・オン・ワン
Tribute Vlog for One On One Japan Tour 2017
02 | 2017/03 | 03
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Yesterday  Here Today  Go Now
グッズ
3/27 Days of Songs - Capitol 75th (ビートルズTシャツ)
3月下旬 ホットウィール HW ポップカルチャー THE BEATLES

イベント
3/29 ロンドン芸術大学 入学審査
3/29 13:00~15:00 パティ・ボイド来日記念トークショー 1部 アフタヌーン トークショー
3/29 17:00~19:00 パティ・ボイド来日記念トークショー 2部 レイトアフタヌーン トークショー
3/29~4/28 パティ・ボイド写真展 George, Eric & Me ~パティが見たあの頃~ モノクローム版
3/29~5/14 パティ・ボイド写真展 George, Eric & Me ~パティが見たあの頃~
3/31まで It's a Sony 展
4/9 12:30~15:30 ビートルズ・アナログ爆音鑑賞会 Vol.7 ポール・マッカートニー特集2 (1980年代から現在まで)
4/11 ポール・マッカートニー&ウイングス ロックショウ 一夜限りのライヴ絶響上映@Zepp東阪
4/14 19:30 Beatlesongs 213 ~ ビートルズの曲はここが面白い! ビートルズ・イベント パート1 全213曲を楽しむ
4/21 19:30 サージェント・ペパーズ発売50周年記念トーク・イベント (2) 音の世界
4/22 レコード・ストア・デイ
5/10まで Bailey's Icons
5/25~6/16 サージェント・ペパーズ発売50周年記念イベント Sgt Peppers At 50 英国
5/27 19:00 サージェント・ペパーズ発売50周年記念トーク・イベント (3) ジョージ・マーティンの世界
6/16 19:30 サージェント・ペパーズ発売50周年記念トーク・イベント (4) スタジオ・レコーディングの世界
7/15 19:00 サージェント・ペパーズ発売50周年記念トーク・イベント (5) ライブの世界
8/20 19:00 サージェント・ペパーズ発売50周年記念トーク・イベント (6) メンバーを取り巻く世界

本 , 雑誌 , ムック
3/29 MUSIC LIFE 1970年代ビートルズ物語
4/6 ビートルズを呼んだ男
4/12 僕を作った66枚のレコード
4/12 ビートルズの英語タイトルをめぐる213の冒険 ~〈Please Please Me〉の本当の意味知っていますか?
4/12 POWERS OF TWO 二人で一人の天才
4/13 真実のビートルズ・サウンド完全版 全213曲の音楽的マジックを解明
4/14 CROSSBEAT Special Edition ポール・マッカートニー ソロ・ワークス
4/18 ビートル・アローン
4/18 ビートルズ・ストーリー Vol.8 1969
4/22 「ビートルズと日本」ブラウン管の記録~出演から関連番組まで、日本のテレビが伝えたビートルズのすべて
4/27 サージェント・ペパーズ・シンドローム ロックの時代 1967-1968
5/22 ザ・ビートルズ『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』完全ガイド
9/21 絵本「Imagine」(仮)

TV , ラジオ
4/2 6:14~6:25 サエキけんぞうの素晴らしき80's (ポール・マッカートニー特集) NHKラジオ第1
4/2 21:00~21:30 Dr.竹迫のミュージック・クリニック ポール・マッカートニー Flowers In The Dirt 特集 Part 1 FMゲンキ
4/9 21:00~21:30 Dr.竹迫のミュージック・クリニック ポール・マッカートニー Flowers In The Dirt 特集 Part 2 FMゲンキ
4/20 22:30~23:00 藤原さくらが選ぶ! ベスト・オブ・ポール・マッカートニー MTV Japan
4/25 21:00~22:30 ポール・マッカートニー VideoSelects MTV Japan
4/28 19:30~20:00 藤原さくらが選ぶ! ベスト・オブ・ポール・マッカートニー MTV Japan
4/30 22:00~23:30 ポール・マッカートニー VideoSelects MTV Japan

CD
4/7 マイク・マクギア Woman : Remastered Edition
4/17 ローレンス・ジューバ プレイズ・ザ・ビートルズ第3集: LJ Can't Stop Playing The Beatles!
5/5 ブラック・リップス Satan's Graffiti Or God's Art? (ヨーコ・オノ、ショーン・レノン参加) US盤
6月? ビートルズ サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド発売50周年盤
前半 ヨーコ・オノ フライ
前半 ヨーコ・オノ 無限の大宇宙
前半 ヨーコ・オノ 空間の感触
前半 ヨーコ・オノ ストーリー
7月以降 ポール・マッカートニー 全カタログ再発
後半 ヨーコ・オノ シーズン・オブ・グラス
後半 ヨーコ・オノ イッツ・オールライト
後半 ヨーコ・オノ スターピース
後半 ヨーコ・オノ 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム
年内? リンゴ・スター ニューアルバム (ポール・マッカートニー参加)
未定 ポール・マッカートニー フラワーズ・イン・ザ・ダート [デラックス・エディション] 3CD+DVD

映画
4/8~ マイ ビューティフル ガーデン
4/11 ポール・マッカートニー&ウイングス ロックショウ 一夜限りのライヴ絶響上映@Zepp東阪
4/28 ハード・デイズ・ナイト Zeppなんば大阪
5/1 ハード・デイズ・ナイト Zepp DiverCity
5/26 ポール・マッカートニー パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊
年内? ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内? A Life In The Day

アナログ盤
4/22 ポール・マッカートニー レコード・ストア・デイ限定 3曲入りカセットテープ
前半 ヨーコ・オノ フライ
前半 ヨーコ・オノ 無限の大宇宙
前半 ヨーコ・オノ 空間の感触
前半 ヨーコ・オノ ストーリー
7月以降 ポール・マッカートニー 全カタログ再発
後半 ヨーコ・オノ シーズン・オブ・グラス
後半 ヨーコ・オノ イッツ・オールライト
後半 ヨーコ・オノ スターピース
後半 ヨーコ・オノ 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

LIVE
4/25 ポール・マッカートニー 日本 武道館
4/27 ポール・マッカートニー 日本 東京ドーム
4/29 ポール・マッカートニー 日本 東京ドーム
4/30 ポール・マッカートニー 日本 東京ドーム

ユニクロ UT特集 - キャピトル 75th

          

          


カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


ザ・ビートルズ・LPレコード・コレクションについて
ビートルズのLPが書店で買えるムック、ザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション について、テスト販売中のためか、購入できる書店が限定的&公表されていないようで、入手に苦労されている方が多いようですが、三洋堂書店・くまざわ書店の一部店舗、イトーヨーカドー内の一部書店などで取り扱っている(いた)ことが確認されています。ただし、早々に売り切れているようでなかなか入手出来ないようです。そこで、フライヤー兼申込書を掲載します。写真をクリックすると大きい画像が表示されるので見てみて下さい。発行元のデアゴスティーニ・ジャパンに直接申し込むのが良いと思いますが各自で対応願います。創刊号の「アビイ・ロード」の中身を映像にしたので合わせてご覧下さい。

ザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション

ザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション


Thanks! DeAGOSTINI


関連Blog
3/20のBlog ムック ザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション 創刊号テスト発売中!


ムック ポール・マッカートニー ソロ・ワークス 4月14日発売
ビートズ解散後のポール・マッカートニーの活動を追ったムック CROSSBEAT Special Edition ポール・マッカートニー ソロ・ワークス が4月14日に発売されます。 最新情報にて大幅加筆しました。


Paul McCartney


CROSSBEAT Special Edition ポール・マッカートニー ソロ・ワークス 4月14日発売
いよいよ待望のジャパン・ツアーが開幕目前!! 「ソロ・アーティスト=ポール」の魅力を再検証する一冊。最新ツアー“ワン・オン・ワン”の日本上陸が、いよいよ目前に迫ってきたポール・マッカートニー。発掘が進むアーカイヴ・シリーズの最新作としてアルバム「フラワーズ・イン・ザ・ダート」のデラックス・エディションも登場! 本書では同作を含むソロ名義でリリースされた全アルバムを合評形式で徹底解説。ビートルズやウイングスとは異なる狙いで挑んできた各アルバムの魅力と驚くほど多様な音楽性の変遷を改めて検証します。ポールが自身のソロ活動を振り返った貴重なロング・インタヴュー、“ワン・オン・ワン”ツアーの見どころ紹介はもちろん、エリック・スチュワートやデヴィッド・カーンなど関係者への最新取材、愛息ジェイムズ・マッカートニーのインタヴューも掲載予定。「ソロ・アーティスト=ポール」の仕事を徹底的に味わい尽くす、ファン必携の一冊です!!

自身のソロ活動を振り返ったポールのロング・インタヴュー
“ワン・オン・ワン”ツアーの見どころ紹介
関係者(エリック・スチュワート、デヴィッド・カーンなど)への最新取材
ジェイムズ・マッカートニーのインタヴュー

サイズ B5判
ページ 144ページ
定 価 1500円 (税抜)
ISBN  9784401644506

Thanks! シンコー・ミュージック , 荒野さん


関連Blog
3/23のBlog ムック ポール・マッカートニー ソロ・ワークス 4月14日発売


本 「ビートルズと日本」ブラウン管の記録 4月22日発売
「大村さん、すげぇー!」と土曜の朝から大声出したくらい驚いた新刊ビートルズ本 「ビートルズと日本」ブラウン管の記録~出演から関連番組まで、日本のテレビが伝えたビートルズのすべて が4月22日に発売されます。

「ビートルズと日本」ブラウン管の記録~出演から関連番組まで、日本のテレビが伝えたビートルズのすべて

「ビートルズと日本」ブラウン管の記録~出演から関連番組まで、日本のテレビが伝えたビートルズのすべて / 大村 亨 4月22日発売
前代未聞のビートルズ本第2弾!!! テレビの中の4人がここに劇的復活。2016年に大好評を得た「ビートルズと日本 熱狂の記録」の続編が登場!! 1960年代のリアルタイムの日本のテレビ番組がビートルズをどう伝えてきたかをまとめた決定版!! ビートルズを取り上げた番組だけでなく、音楽番組、バラエティ、ニュース、ワイドショー、ドキュメンタリー、ドラマ、CMなど、日本のお茶の間で4人がどう放送されていたのか? 新事実満載、今まで見たことないビートルズのドキュメント本です。日本初公開の「ビートルズ出演+関連番組」全リストをはじめ、レコードからは分からない日本における4人の姿が浮き上がってくる画期的な一冊。

60年代のテレビの中でのビートルズを時系列順に総まとめ
ニュースやワイドショー、ドラマで4人はどう扱われてきたのか?
歌番組で披露された日本人歌手の意外なカヴァー
ビートルズ「出演+関連番組」全リスト

ページ 384ページ
サイズ 25.7 × 18.2 × 2cm
ISBN  978-4401644452

Thanks! シンコーミュージック

ムック ポール・マッカートニー ソロ・ワークス 4月14日発売
Paul McCartney

ビートルズ解散後のポール・マッカートニーの活動を追ったムック CROSSBEAT Special Edition ポール・マッカートニー ソロ・ワークス が4月14日に発売されます。

Thanks! シンコー・ミュージック

ムック MUSIC LIFE 1970年代ビートルズ物語 3月29日発売
MUSIC LIFE 1970年代ビートルズ物語

MUSIC LIFE 1970年代ビートルズ物語 3月29日発売
ビートルズ解散後、4人のメンバーのソロ活動とビートルズ関連の動きを網羅! ビートルズ解散後の1970年代におけるジョン、ポール、ジョージ、リンゴの4人のメンバーのソロ活動の全貌をまとめる。同時に、ビートルズ関連の動きも網羅する。また、4月に来日が決まったポールの「ワン・オン・ワン ジャパン・ツアー2017」にもスポットを当てる。他にも、リンゴ・スター&ヒズ・オール・スター・バンド日本公演レポート、「ザ・ビートルズ史」著者のマーク・ルイソン単独インタビュー、2016年ビートルズ年鑑など。

■ グラビア
PAUL McCARTNEY ONE ON ONE JAPAN TOUR 2017 “日本でロックンロールするんだ 楽しもう!"
リンゴ・スター&ヒズ・オール・スター・バンド日本公演2016 一体感を増したリンゴとバンドと私たち
写真で振り返る2016年のビートルズ

■ 特集
1970年代ビートルズ物語 I Wanna See All Three
・ビートルズ時代とソロ時代の境界線を考える
・ビートルズ時代のソロ活動
・1970年代のソロ活動
「イエス」と「ノー」の間を揺れ動いたジョン・レノン
2度目の黄金時代を築いたポール・マッカートニー
ダーク・ホースとして駆け抜けたジョージ・ハリスン
1970年代ビートルズ物語の主役はリンゴ・スター
・4人はライバル
70年代を通じて良きライバルであり続けた4人
レコーディング活動1970~1974
4人の個性が開花し多様化するロック・シーンを牽引
レコーディング活動1975~1979
トップを独走するポールと自分ペースを築いたジョージ
ライブ活動 4人それぞれの個性あふれるライブ活動を展開
映画 音楽だけではなく映画俳優の道を模索したリンゴ
・4人の交流・交友史
ビートルズは解散したが4人の絆は残った
レコーディング活動1975~1979
スタジオでの協力がそれぞれの代表作を生んだ
楽曲提供 友情の証としてのリンゴへの楽曲提供
ライブ活動など ライブ活動に見え隠れする4人の真意と人間模様
和解 失われた週末と4人の友情
◎テーマ別研究
検証 (1) 1970年代アメリカの音楽シーンのなかの「ビートルズ」
検証 (2) 音楽哲学を反映した4人のステージ衣装
検証 (3) 70年代に「ビートルズ」は日本でどれほど売れたのか
◎1970年代 ザ・ビートルズ年鑑 100の事件簿/年譜/音楽作品
1970年 ビートルズ解散、ソロ活動の始まり
1971年 4人の冷戦とジョージの活躍
1972年 ジョンにアメリカ国外退去命令
1973年 リンゴのアルバムに4人が集結
1974年 それぞれの成功と友情の復活
1975年 ビートルズの幻影からの脱却
1976年 ポールがウイングスで頂点に
1977年 ビートルズのライブ盤が大ヒット
1978年 模索と挑戦と沈黙の日々
1979年 新たな出発へ向けての再出発

■ ザ・ビートルズ年鑑2016
「ザ・ビートルズ史」著者 マーク・ルイソン インタビュー
「ザ・ビートルズ史 誕生」書評
映画「ザ・ビートルズEIGHT DAYS A WEEK」 秘話
2016年事件簿/年譜
リンゴの来日、ビートルズ新作映画の公開
2016年に発売された音楽作品
訃報 鬼籍に入った主なビートルズ関係者たち

■ ビートルズ関連情報

ページ 144ページ
サイズ 25.7 × 18.2 × 2cm
ISBN  978-4401644285

Thanks! シンコーミュージック


関連Blog
2/21のBlog ムック MUSIC LIFE 1970年代ビートルズ物語 3月29日発売


本 POWERS OF TWO 二人で一人の天才 4月12日発売
世の中を大きく変えた二人組について書かれた本 POWERS OF TWO 二人で一人の天才 が4月12日に発売されます。レノン=マッカートニーも載っています。

POWERS OF TWO 二人で一人の天才

POWERS OF TWO 二人で一人の天才 / ジョシュア・ウルフ・シェンク 4月12日発売
グーグルもアップルもソニーも、なぜ「2人で起業」? あらゆるイノベーションは「2人組」から生まれる? ビジネス、音楽、サイエンス、文学、スポーツ、ファッション...クリエイティブ・ペアに学ぶ、創造性のシンプルな本質。私たちは「孤高の天才」に憧れを抱く。驚異的なひらめき、非凡な才能。だが、それは幻想にすぎない。世界で最も革新的な企業。音楽史上最高のアルバム。生命の秘密を解く発見。あらゆる分野の革新は刺激し合い、補完し合う「クリエイティブ・ペア」が生み出してきた。天才たちは1+1が無限大に感じる人とペアを組んで偉業を成し遂げてきた。一人では何もできないが、二人なら何でもできる。どうすれば、そういう人間関係を築けるだろう?

アップル共同創業者 スティーブ・ジョブズ&スティーブ・ウォズニアック
20世紀最高の作曲コンビ ジョン・レノン&ポール・マッカートニー
最も成功した投資家コンビ ウォーレン・バフェット&チャーリー・マンガー
行動経済学の創始者 ダニエル・カーネマン&エイモス・トベルスキー
DNA二重らせん構造の発見者 ジェームズ・ワトソン&フランシス・クリック
サウスパーク制作者 トレイ・パーカー&マット・ストーン
スポーツ史上最強の双子 ボブ・ブライアン&マイク・ブライアン
累計3億部の作家コンビ C・S・ルイス&J・R・R・トールキン

創造は孤独な世界であり、歴史を変えるひらめきが天才に降臨する。そんな「孤高の天才」のイメージは、実は神話にすぎない。真のクリエイティビティとイノベーションは、親密な人間関係や社会のネットワークのなかで生まれ、育まれる。それがこの本の出発点だ。では、天才たちはどのようにイノベーションを成し遂げるのだろうか。そのプロセスを分析するために、著者は人間関係の基本である2人組に注目する。創造的な2人が出会って「クリエイティブ・ペア」を組み、関係が発展して、全盛期を謳歌し、突然あるいは必然的な幕切れを迎える。そんな「ペアの生涯」を6つのステップでたどりながら、創造性と人間関係のダイナミズムを描き出していく。「孤高の天才」が神話だとしても、著者が選んだようなメジャーすぎる2人組には、やはり神秘性を感じずにいられない。それぞれのペアだけで本を1冊書けそうな、魅力的なエピソードも満載だ。しかし、いわゆる運命の出会いも、共通の人間や関心が仲介している場合が多い。奇跡や偶然だけでは行き詰まるだろう。クリエイティブ・ペアは、引き寄せられるのではなく、2人がそれぞれ出会いを引き寄せるとも言える。そして、出会いの先へと発展していくプロセス――「私」ではなく「私たち」として成長し、2人の周囲に人間関係のインフラが築かれていくプロセス――は、意外に地道で人間くさい。創造やイノベーションの担い手である2人組を通して浮かび上がる人間関係の構図は、私たちの日常のさまざまな関係にもあてはまる。自分の人生を変えるような出会いを経験し、初対面で2人のあいだに火花が走るのが確かに見えて、その人といると1プラス1が無限大になるような力を感じる。そんな人間関係に誰でも憧れるだろうし、きっと経験したことがあるだろう。そんな出会いの意味を理解できれば、私たちの世界が広がるかもしれない。

ページ 384ページ
サイズ 18.8 × 12.8 × 2.5 cm
ISBN  978-4862762054

Thanks! 英治出版

本 僕を作った66枚のレコード 4月12日発売
ロッキング・オン創刊メンバーであり、私と竹町愛策の師匠・松村雄策先生の新刊 僕を作った66枚のレコード の発売日が3月31日から4月12日に変更されました。只今、予約受付中です。

Now Printing

僕を作った66枚のレコード / 松村雄策 4月12日発売
ロックンロールが僕の人生を作った! 「ロックンロールを作ったのはエルヴィス・プレスリーである」と宣言する1枚目「エルヴィス・プレスリー登場!」に始まり、「初めてLPで聴いたのはビートルズである」と語る2枚目「プリーズ・プリーズ・ミー」、そしてディラン、ストーンズ、アニマルズ、ドアーズ、ビーチ・ボーイズ……ニール・ヤング、ジャニス・ジョプリン、デヴィッド・ボウイ、フーを経て最後はジョン・レノンの「ダブル・ファンタジー」――「1980年12月8日、僕のヒーローはいなくなってしまった。何年か前に気がついた。ここまでが、僕の第一章だったのだ。……ありがとう、ジョン・レノン」。66枚の名盤のジャケット写真+収録曲のデータも完全掲載。ロッキング・オン誌上に6年にわたって連載された人気エッセイ、待望の単行本化。

ページ 354ページ
定 価 2000円 (税抜)
ISBN  978-4-09-388516-4

Thanks! 小学館


関連Blog
3/2のBlog 本 僕を作った六十六枚のレコード 3月31日発売
2/8のBlog 本 僕を作ったレコード 僕が愛した六十六枚 3月発売


ムック ザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション 創刊号テスト発売中!
ビートルズのLPが書店で買える!? デアゴスティーニ・ジャパン公式サイトに記載されていませんが、ビートルズのLP付きムック ザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション 創刊号がテスト発売中です。創刊号の付属LPは「アビイ・ロード」。三洋堂書店 などに置いてあるようですが、三洋堂書店の全店舗で取り扱っているわけではありません。東習志野店 には置いてあります。

ザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション

ザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション


Thanks! DeAGOSTINI , O-Okaさん

本 真実のビートルズ・サウンド 完全版 4月13日発売
真実のビートルズ・サウンド完全版 全213曲の音楽的マジックを解明

真実のビートルズ・サウンド 完全版 全213曲の音楽的マジックを解明 / 川瀬泰雄 4月13日発売
歌って弾いて確かめるビートルズ。今、解き明かされるビートルズ・サウンドの真実。ビートルズの公式楽曲213曲にまつわる“WHY”と“HOW”を解明。ハーモニーやサウンド・アレンジ、レコーディングの手法に隠された新事実をアルバムごとに解き明かしていく。まるでレコーディング現場に立ち会っているかのようにビートルズの音楽的マジックが明らかにされていく。そこには実に巧妙なマジックが仕掛けられていた! 読みながら思わず歌って弾いて確かめたくなる、ビートルズ・サウンドの新しい魅力を次々に発見できるファン待望の書。

プリーズ・プリーズ・ミー
ウィズ・ザ・ビートルズ
ハード・デイズ・ナイト
ビートルズ・フォー・セール
ヘルプ!
ラバー・ソウル
リボルバー
サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド
マジカル・ミステリー・ツアー
イエロー・サブマリン
ザ・ビートルズ
アビイ・ロード
レット・イット・ビー
パスト・マスターズ Vol.1
パスト・マスターズ Vol.2

仕 様 ソフトカバー
サイズ A5判
ページ 576ページ
定 価 2160円 (税込)
ISBN  978-4845630271

「アイ・フィール・ファイン」より
実はこのイントロのジョンが一人で弾くリフに秘密がある。普通はギターで、このハーモニーは出さないという弾き方をしているのだ。これはお得情報なので試してほしい。まず、ギターの10フレット目で「D」の形を作る。実際に弾く弦は3弦から6弦まで。10フレット目で作った「D」の形で、動かすのは小指だけである。これで終わりではない。ポイントはここからだ。ジョンは頭の1発目の6弦のダウン・ストローク以外の音はアップ・ストロークで弾いている。アップ・ストロークでフレーズを弾くことによってハーモニーの音が違っているのだ。歌に入ってからはジョージが同じフレーズをジョンに替わって弾いている。こちらは普通にダウン・ストロークで弾いている。

Thanks! リットーミュージック

本 ビートル・アローン 4月18日発売
ビートルズ・メンバーのソロ活動にフォーカスをあてた本 ビートル・アローン が4月18日に発売されます。本日、表紙画像と藤本国彦さんのコメントが公開されました。

ビートル・アローン

レコード・コレクターズ増刊 ビートル・アローン / 藤本国彦 4月18日発売
「イエスタデイ」から始まった、ひとりぼっちのビートルズ。ビートルズ時代のソロ活動から窺える4人の軋轢と葛藤。そしてソロになった4人の音楽に内在しているビートルズ。本誌では速水丈のペン・ネームでおなじみのビートルズ研究家・藤本国彦が書き下ろす、誰も書かなかったもうひとつの物語。

メイ・パン・インタビュー
ソロ以降の交流年表

登場する主なレコード
ビートルズ - イエスタデイ
ビートルズ - ホワイト・アルバム
ビートルズ - ジョンとヨーコのバラード
プラスティック・オノ・バンド - 平和を我等に
ビートルズ - レット・イット・ビー
リンゴ - 明日への願い
ジョージ - オール・シングス・マスト・パス
ポール - ラム
ジョン - イマジン
ウイングス - ワイルド・ライフ
リンゴ - リンゴ
ジョン - 心の壁、愛の橋
ジョン&ヨーコ - ダブル・ファンタジー
ジョージ - 過ぎ去りし日々
ポール - タッグ・オブ・ウォー 他

サイズ 四六判
ページ 288ページ
定 価 1800円 (税込)
表紙イラストレーション JERRY

1年半ほど前(2015年11月)にミュージック・マガジンの浅野純さんに「何かご一緒に」と声をかけていただき、石坂敬一さんの「お別れの会」の前日(2月7日)に書き始めた3冊目の著作が、まもなく形になります。レコード・コレクターズの最新号(2017年4月号)に広告を掲載していただきましたが、タイトルは「ビートル・アローン」です(4月18日発売予定)。「ビートルズ時代のソロ(単独活動)/ソロ時代のビートルズ(4人の交流)」をテーマにしました。イラストは「ぜひに」とJERRYさんにお願いしました。表紙デザイン(見本)は折田烈さんです。CDジャーナル用に丸山京子さんにやっていただいたメイ・パンのメール・インタビュー(2008年10月)も、1974年のビートルズ解散の調印式やジョンとポールの“2ショット”の話などの未掲載分を含めて全文収録しました。ぜひお読みいただければと思います。よろしくお願いします。 from 藤本国彦

Thanks! ミュージック・マガジン , 藤本国彦さん


関連Blog
3/12のBlog 本 ビートル・アローン 4月18日発売




フラワーズ・イン・ザ・ダート

ポール・マッカートニー at 日本武道館