つれづれなるままにエジプト・ステーション
Tribute Vlog for Egypt Station
07 | 2018/08 | 09
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Yesterday  Here Today  Go Now

イベント
8/19 10:30 福島空港開港25周年記念 復興支援 ビートルズ・ライブ
8/19まで イエローサブマリン POP UP STORE
8/25 14:00 オール・マッカートニー ~ポール・ザ・ベスト!~ Vol.6 嗚呼!ブロード・ストリート
8/26 13:00 早稲田ビートルマニア設立40周年 8月ライブ(定期ライブ)
9/8 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
9/12 20:00 ビートルズはここで生まれた 聖地巡礼 from London to Liverpool 出版記念トークイベント&サイン会
10/1~8 藤本国彦と行くロンドン+リバプール・ビートルズゆかりの地めぐりの旅
10/28 早稲田ビートルマニア設立40周年 40周年記念ライブ
11/4 早稲田ビートルマニア設立40周年 40周年記念祭
11/22 19:00 ザ・ビートルズ「White Album」リリース50周年記念イベント“Back In The Beatles”
11/29 19:00 伊豆田洋之ポール・マッカートニーを歌う IZUTANEYAMA WINGS 2018
2019/4/22まで Double Fantasy – John + Yoko 英国

本 , 雑誌 , ムック
8/20 ミュージック・マガジン 2018年9月号 (ポール・マッカートニー特集)
8/28 グラフィック・ノベル Yellow Submarine
10/9 イマジン ~ジョン&ヨーコ~
10/10 グラフィック・ノベル Yellow Submarine Limited Edition Box Set
秋 リンゴ・スター Another Day In The Life
年内 The Beatles: Yellow Submarine
2019/1/29 絵本 All you need is LOVE

グッズ、アイテム
8/20 12:00 ポール・マッカートニーTシャツ
9/7 ジョン・レノン 切手シート
10/17 ザ・ビートルズ公式2019年版カレンダー

TV , ラジオ
8/20 ザ・レイト・レイト・ショウ・ウィズ・ジェームズ・コーデン 米国
8/24 27:00~28:00 MUST BE UKTV (ジョン・レノン、ポール・マッカートニー出演) NHK BSプレミアム
9/6 22:20~23:50 グラミー賞授賞式 60周年スペシャル (ポール・マッカートニー出演) WOWOWライブ

CD
8/24 ビートルズ A HARD DAY'S NIGHT Sessions
8/24 ビートルズ ウルトラ・レア・トラックス - UK・リールズ・VOL.1
今夏? Music of the Spheres (ポール・マッカートニー参加)
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション 2SHM-CD+2LP
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション SHM-CD
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション CD Target
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション CD HMV
9/7 デニー・サイウェル・トリオ Boomerang
9/28 フィル・コリンズ プレイズ・ウェル・ウィズ・アザーズ (ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン参加)
10/9 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
10/19 オノ・ヨーコ Warzone
11月? ビートルズ ホワイト・アルバム (50周年盤)
年内? オノ・ヨーコ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

映画
8/25 14:00 オール・マッカートニー ~ポール・ザ・ベスト!~ Vol.6 嗚呼!ブロード・ストリート
9/17 イマジン 海外
11月 エリック・クラプトン ~12小節の人生~ (ビートルズ、ジョージ・ハリスン出演)
秋 ビートルズ The Beatles in India
年内 ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内 A Life In The Day
2019/1 MY GENERATION (ビートルズ、ポール・マッカートニー出演)
2019年 ポール・マッカートニー Paul McCartney Live At The Cavern 2018

LIVE
9/1~29 リンゴ・スター 米国
9/17 ポール・マッカートニー カナダ ケベック・シティ the Videotron Centre
9/20 ポール・マッカートニー カナダ モントリオール Bell Centre
9/28 ポール・マッカートニー カナダ ウィニペグ Bell MTS Place
9/30 ポール・マッカートニー カナダ エドモントン Rogers Place
10/5 ポール・マッカートニー Austin City Limits Music Festival 米国
10/12 ポール・マッカートニー Austin City Limits Music Festival 米国
10/31 ポール・マッカートニー 日本 東京 東京ドーム
11/1 ポール・マッカートニー 日本 東京 東京ドーム
11/8 ポール・マッカートニー 日本 愛知 ナゴヤドーム
12/3 ポール・マッカートニー ポーランド クラクフ Tauron Arena
12/5 ポール・マッカートニー オーストリア ウィーン Stadthalle
12/6 ポール・マッカートニー オーストリア ウィーン Stadthalle
12/12 ポール・マッカートニー 英国 リバプール Echo Arena
12/14 ポール・マッカートニー 英国 グラスゴー SSE Hydro
12/16 ポール・マッカートニー 英国 ロンドン The O2

アナログ盤
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション (デラックス盤) 2LP
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション (カラー盤) LP
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション (黒盤) LP
10/9 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
10/19 オノ・ヨーコ Warzone
11月? ビートルズ ホワイト・アルバム (50周年盤)
年内? オノ・ヨーコ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

デジタル配信
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション

エジプト・ステーション

エジプト・ステーション / ポール・マッカートニー 9月7日世界同時発売

日本盤 2SHM-CD+2LP デラックス・エディション
日本盤 SHM-CD 通常盤
輸入盤 2CD+2LP デラックス・エディション
輸入盤 CD 通常盤
米国盤 CD Target Exclusive
英国盤 CD HMV Exclusive

輸入盤 2LP デラックス・カラー、UNIVERSAL MUSIC STORE 限定盤
直輸入盤仕様 2LP デラックス・カラー、UNIVERSAL MUSIC STORE 限定盤
輸入盤 2LP デラックス 黒盤
輸入盤 LP 黒盤


カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


雑誌 ミュージック・マガジン 2018年9月号 8月20日発売
20日発売の ミュージック・マガジン 2018年9月号 にポール・マッカートニーの特集記事が掲載されます。ファン必見の一冊です!

ミュージック・マガジン 2018年9月号

ミュージック・マガジン 2018年9月号 8月20日発売

特集 ポール・マッカートニー
「NEW」(2013年)から5年ぶり、ポール・マッカートニーがニュー・アルバム「エジプト・ステーション」を9月7日にリリースする。古巣ともいうべきキャピトル・レコードに移籍しての第1弾だ。アルバムにさきがけ、6月21日には新曲2曲をリリース、その頃からテレビやイヴェントなどに出演し、元気な活動ぶりをアピールしているポール。否が応でもアルバムに対するファンの期待は膨らみ続けている。今秋のジャパン・ツアーの予定も発表されたポール・マッカートニー。「エジプト・ステーション」のリリース直前、ここでは新作に至るポールの動向を探り、新作に込めた思いを考察してみたい!
新作「エジプト・ステーション」リリース直前! ポールの最近の動向から 見えてくるもの
「エジプト・ステーション」を読み解く


■ 特集 カニエ・ウェスト
2018年5月末から、プロデュース作品、コラボ・アルバム、自身の新作アルバム「イェー」などを立て続けにリリースしたカニエ・ウェスト。ヒップホップ・リスナーのみならず、ロック・ファンからも高い人気を誇る彼の魅力はどこにあるのか。近年メディアを賑わすプライヴェートでのゴシップや政治に関する発言などにも触れながら、カニエ・ウェストの全貌に迫りたい。
どこ行けばいいんですかね、カニエは今後(笑)
アルバム・ガイド
重要プロデュース

クレイジーケンバンド~デビュー20周年にして3年振りのオリジナル・アルバム
mabanua~注目のプロデューサーのソロ作
ビッグ・レッド・マシーン~ジャスティン・ヴァーノンとアーロン・デスナーによるプロジェクト
マリブー・ステート~クラブ・ミュージックを ?ソニック・コラージュ?する二人組
バンデラス~世界のサルサ・ドゥーラの シーンに共鳴する日本人バンド
チリー・ゴンザレス
ピーボ・ブライソン
ジェシー・ハリス
ネッド・ドヒニー
トム・ベイリー
世田谷ピンポンズ
betcover!!
Sentimental boys
石川陽子
里アンナ×佐々木俊之
日本の響…草加の陣
オタヴァ・ヨ

Front Line
Perfume
八十八ヶ所巡礼
インターポール
ザ・レモン・ツイッグス
ザ・マグパイ・サルート
コナー・ヤングブラッド
ボズ・スキャッグス
Mitski
思い出野郎Aチーム
桑原あい ザ・プロジェクト
脇田もなり

REGULAR CONTENTS
アルバム・ピックアップ……注目の新作をじっくり批評
クロス・レヴュー……4人の評者が採点評価で誌上バトル!
アルバム・レヴュー/ヴィデオ・レヴュー……洋楽・邦楽の最新リリース200~300タイトルを鋭い評文とともに10点満点で採点。音楽ライフの頼れる味方!
輸入盤紹介……世界各国あらゆるジャンルの注目作を詳細にいち早く!

連載
安田謙一のこれがヒットか!?
吉田豪のアイドル・マスター!
萩原健太のコンパクト・ディスカヴァリー
今月のDownload
国内外の音楽関連ニュース
ライヴ、本、映画の本格的レヴュー
コンサート情報など

Thanks! ミュージックマガジン

オノ・ヨーコ編集の新刊「イマジン ~ジョン&ヨーコ~」が10月9日に出版
イマジン ~ジョン&ヨーコ~

1971年に発表されたジョン・レノンのアルバム「イマジン」に関する詳細が綴られた本 イマジン ~ジョン&ヨーコ~ が、ジョンが生きていれば78歳の誕生日となる10月9日に出版されます。320ページのハードカバー本では、アルバム「イマジン」で演奏したミュージシャンや友人たちを含め、当時のジョンとヨーコと親しかった40人以上もの人々の記憶と共に「イマジン」を深く掘り下げているとのこと。収録曲の作詞・作曲だけでなく、レコーディング技術の解説や、コンピューターで再現したレコーディング・スタジオと自宅の地図、見取り図、パノラマが掲載され、ジョンとヨーコが各章と曲を紹介し、ヨーコ独自の注釈も掲載されています。また、本の表紙に使われた二重撮影のポラロイド写真を含め、オノ・ヨーコ個人所有の写真と映画用のスチール写真が掲載され、その80%が未公開の写真とのことです。ジョンは、オノ・ヨーコが1964年に発表した詩集グレープ・フルーツをヒントに「イマジン」の歌詞を書いたと言われていますが、昨年ようやく「イマジン」の作詞・作曲のクレジットにオノ・ヨーコの名前が追加されました。

Thanks! MUSIC LIFE CLUB


関連Blog
7/16のBlog 本 イマジン ~ジョン&ヨーコ~ 10月9日発売


洋書 Yellow Submarine Limited Edition Box Set 10月10日海外発売
Yellow Submarine Limited Edition Box Set

ビートルズのアニメーション映画「Yellow Submarine」公開50周年を記念してリリースされるアップル公認のグラフィック・ノベル「Yellow Submarine」が8月28日に海外で発売されるが、21日(現地時間)に同書のボックスセット Yellow Submarine Limited Edition Box Set が10月10日に海外で発売されることが発表された。ボックスセットにはグラフィック・ノベルに加えて、映画公開時のポスター(4種類)、バッジ(5種類)、カード(16種類)、フィギュア、映画プレミア・チケット(レプリカ)などスペシャル・アイテムが同梱されている。映画公開年に合わせて、1968セット限定で発売される。

Thanks! Comics Now

子供向け絵本「All you need is LOVE」が来年1月29日に米国で発売
ビートルズの曲「愛こそはすべて」に基づいた子供向けの絵本 All you need is LOVE が米国の大手出版社 Simon & Schuster の児童書出版社 Little Simon より2019年1月29日に発売されます。同社はビートルズ楽曲の著作権を所有しているソニーATVミュージックパブリッシングとライセンス契約を結び、ビートルズ楽曲に基づいた2冊の絵本を出版する予定で、その第1弾として絵本作家マーク・ローゼンタールがイラストを担当する「All You Need is Love」が今回出版されます。もう1冊(With A Little Help From My Friend(予定))については今後発表される予定です。

All you need is LOVE

All you need is LOVE / ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、マーク・ローゼンタール 2019年1月29日発売
装 丁 ハードカバー
ページ 40ページ
サイズ 25.4 × 25.4 cm
ISBN  978-1534429819

Thanks! Little Simon , Devdiscourse and more

本 イマジン ~ジョン&ヨーコ~ 10月9日発売
アルバム「イマジン」の制作について詳細に解説した本 イマジン ~ジョン&ヨーコ~ が10月9日に発売されます。

イマジン ~ジョン&ヨーコ~

イマジン ~ジョン&ヨーコ~ / ジョン・レノン&オノ・ヨーコ 10月9日発売

監 修 松村雄策
訳 者 川岸 史、岩井木綿子
サイズ 大型本
ページ 320ページ
予 価 5600円 (税抜) ※発売時に予告なく変更する場合があります。
ISBN  978-4636958935

イマジン ~ジョン&ヨーコ~

Thanks! ヤマハミュージックメディア


関連Blog
6/4のBlog CD、本 Imagine 拡張版 10月9日発売


本 ビートルズが聴こえる 発売中
ビートルズが聴こえる

ビートルズが聴こえる / 鈴木雄三 7月12日発売
ビートルズの名曲のように繰り広げられる、冴えない男たちの4つの成長物語。自意識過剰でコンプレックスにとらわれ、どこかみっともない4人の若者。唯一の共通点は、今風の若者でありながらビートルズ好きなことだった。そんな彼らの青春は、現代の東京を舞台に、まるでビートルズの曲のように展開していく...バカバカしくも切ない4つの物語はポール・マッカートニーの東京ドーム公演で交錯し、やがて感動のクライマックスを迎える。人生いろいろあるけど、重要なのは「愛と平和とロックンロール!」 これさえあればわりとなんとかなるはず! 「ア・ハード・デイズ・ナイト」「ヘルプ!」「ゲット・バック」「オール・ユー・ニード・イズ・ラヴ(愛こそはすべて)」 ビートルズの名曲にのせて贈る、新感覚青春エンタメオムニバス!

ページ 349ページ
サイズ 18.8×13.2×2cm
ISBN  978-4344917255

鈴木雄三
1987年5月15日 大阪府東大阪市生まれ、兵庫県神戸市出身。少年期より関西の某児童劇団に入り、多数の舞台作品や映像作品に出演。高校時代から劇団外で自主的にコントライブなども企画し、脚本と演出も担当する。高校卒業後、上京。某大学の演劇科に推薦入学するも一年で中退。「阿部イズム」の芸名で舞台俳優として東京の小劇場界で多数の舞台に出演し、活躍。また、自ら脚本と演出を担当するコントユニットでの活動も行う。2010年を最後に演劇界からは退き、その後は不定期的にライブ活動を行いつつ、複数のペンネームを使いわけながら、構成作家業やライター業を行う。本著にて本名で小説デビュー

Thanks! 幻冬舎

本 ロンドンでしたい100のこと ~大好きな街を暮らすように楽しむ旅~ 7月3日発売
ロンドン在住のジャーナリストによる、とっておきのお気に入りスポットを紹介するガイドブック ロンドンでしたい100のこと~大好きな街を暮らすように楽しむ旅~ が7月3日に発売されます。

ロンドンでしたい100のこと ~大好きな街を暮らすように楽しむ旅~

ロンドンでしたい100のこと ~大好きな街を暮らすように楽しむ旅~ 7月3日発売
本書は英ロンドン在住の日本人著者が、ありきたりな旅では満足できない旅行者におすすめの体験を100項目挙げ、“旅と生活、その間”を案内。自分好みの旅を自分で組み立てる楽しみを前面に出し、一歩踏み込んだ本音のロンドンの楽しみ方を紹介します。古くて新しい、ロンドンの今を感じる旅へ。大英帝国になるずっと以前から栄えてきた豊かな歴史、古いものを大切にする国民性、新しい何かを生み出すダイナミックな力、異文化を受け入れるしなやかさ...すべてが溶け合って、ロンドンという傑出した唯一無二の都市を形づくっています。そして一番の鍵となるのは、ここに暮らすロンドナーたちの魅力。シャイで大胆なイギリス人をはじめ、世界各国から集まってきた人々が染めたユニークなロンドン色を楽しむことこそ、ロンドンを歩く醍醐味なのです。定番の観光スポットだけじゃ嫌、観光客向けの食事じゃ我慢できない、地元の人たちが好きなお店をのぞいてみたい...それなら、その街に暮らす人に聞くのが一番です。この本は、ロンドンに住む友だちに、とっておきのお気に入りスポットを案内してもらう、そんなガイドブックです。古さと新しさが混ざり合い、ひとときも目を離すことができないロンドンを心ゆくまで楽しんでください。

chapter1 ロンドンの日常を切り取る
1 街じゅうでアートを楽しむ
2 看板で今夜のパブを選ぶ
3 人気者たちとすれちがう
4 ロンドンの歴史の片鱗を知る
5 テムズ川沿いを散歩する
6 秘密のカフェに潜り込む
7 グリーシー・スプーンで食事をとる
8 マーケット・フードをめいっぱい楽しむ
9 街なかのサンクチュアリで憩う
10 特等席でロンドンを俯瞰する
11 英国の洗練を知る
12 モダンデザインの父と一杯のお茶を飲む
13 旬の街で元気をもらう
14 アンティーク・マーケットに顔を出す
15 伝説のコーヒーハウスでボヘミアンな夢を見る
16 王妃の遊んだ庭を愛でる
17 芸術家気分で眠る
18 映画のワンシーンのような時を過ごす
19 パブの上に暮らす
20 都会でバカンス気分を味わう

ロンドンでしたい100のこと ~大好きな街を暮らすように楽しむ旅~

chapter2 本当に美味しいロンドンをほおばる
21 最高のイングリッシュ・ブレックファストをいただく
22 とびきりおいしいブランチに舌鼓を打つ
23 ロンドンらしい味本位のデリで目移りする
24 老舗デリのビタミンカラーに目を奪われる
25 野菜とチーズのハーモニーに心躍らせる
26 極上パイとピクニックをする
27 愛され続ける秘密を探る
28 正統派の味で食通ぶる
29 雰囲気たっぷりのアフタヌーン・ティーを満喫する
30 17世紀のコーヒーハウスにタイムスリップする
31 老舗でリーフティーを飲む
32 お肉屋さんの人気スナックを味見する
33 パン屋さんで買い食いしちゃう
34 パブのお酒と雰囲気に酔う
35 歴史あるパブに迷い込む
36 星付きレストランの極上英国菓子にかしこまる
37 大人のデザート・バーに潜入する
38 世界一有名なデパートでパンを買う
39 サワードゥ・ブレッドの味を知る
40 高級店のクリエイティビティにふれる
41 ハイブリッドな店で実力派の腕にうなる
42 人気店の国民食を楽しむ
43 フィッシュ&チップスで気取ってみる
44 できたてのビールを飲む
45 意外な変身に驚く
46 珠玉のモダン・ブリティッシュを味わう
47 新しいパブフードの定番に出会う
48 ガーリーなケーキに乙女心をくすぐられる
49 子供の頃に憧れたお茶会に紛れ込む
50 めくるめくビスケットでおやつの時間にする
51 ロンドナーが支持するファスト・フードを攻略する
52 静謐な教会のカフェでひと休みする

ロンドンでしたい100のこと ~大好きな街を暮らすように楽しむ旅~

chapter3 ロンドナーのライフスタイルを生活に取り入れる
53 よりすぐりのクラフト作品に見入る
54 封蝋を使ったジュエリーにウキウキする
55 ロック・スピリットを取り入れる
56 夢見る少女に返る57 願いを込めて石を選ぶ
58 建物もかっこいい本屋さんでお気に入りを見つける
59 クールな老舗レコード・ショップへ出向く
60 チャリティにイギリスを垣間見る
61 スタイルのある女になる
62 リバティらしいセンスにときめく
63 さりげないセンスを着こなす
64 日常をビビッドに染める
65 暮らしに自然のパワーをプラスする
66 生活の質をランクアップする
67 イーストらしい隠れ家ショップを訪ねる
68 至高の香りをまとう
69 ヴィンテージに酔いしれる
70 今着たい一着を見つける
71 ずっと大切にしたいスタイルをつくる
72 伝統の中に現代の息吹を感じる
73 もっと一緒にいたくなる靴と歩く
74 老舗デパートに潜入する
75 津々浦々のクラフト食品を知る
76 心浮き立つイギリスの定番を手に入れる
77 ミュージアム・ショップで究極のユニークを手に入れる
78 英国らしい旅のかけらを持ち帰る

ロンドンでしたい100のこと ~大好きな街を暮らすように楽しむ旅~

chapter4 自分だけの体験を持って帰る
79 体験する博物館で刺激を受ける
80 個性豊かな作品を見てまわる
81 伝説のロマンにひたる
82 美しいアーケードを行き来する
83 とっておきの撮影スポットに陣取る
84 18世紀のお宅におじゃまする
85 世界最古のミュージック・ホールでマジカルな体験をする
86 自然に囲まれてロンドンを眺める
87 歴史を見つめて来た長老に会う
88 チョコレートの幸せな世界に足を踏み入れる
89 セラミックのある暮らしを夢見る
90 天文台のある街を歩く
91 ロンドナー気分で人気エリアを闊歩する
92 下町風情にたわむれる
93 ダブル・デッカーに乗ってアフタヌーン・ティーをする
94 各国の料理で世界をめぐる
95 活きのいいアートに出会う
96 ヒップな界隈の風を感じる
97 街のランドマークへ遊びに行く
98 街のまきばで癒される
99 探偵の足跡をたどる
100 名盤の景色で黄昏る

ロンドンでしたい100のこと ~大好きな街を暮らすように楽しむ旅~

地区別地図
Fitzrovia & Bloomsbury フィッツロヴィア&ブルームズベリー
Soho & Mayfair ソーホー&メイフェア
Covent Garden & Charing Cross コヴェント・ガーデン&チャリング・クロス
Kings Cross キングス・クロス
Marylebone マリルボーン
Pimlico ピムリコ
Kensington ケンジントン
Knightsbridge ナイツブリッジ
Chelsea チェルシー
Tower Hill & Southwark タワー・ヒル&サザーク
Angel エンジェル
City シティ
Shoreditch & Aldgate ショーディッチ&オルドゲート
Hackney ハックニー
Bethnal Green ベスナル・グリーン
Clerkenwell クラーケンウェル
Brompton ブロンプトン
South Bank サウス・バンク
Kentish Town ケンティッシュ・タウン
Greenwich グリニッジ
Brixton ブリクストン
Peckham ペッカム
Notting Hill ノッティング・ヒル
Battersea バタシー
Stratford ストラットフォード

サイズ A5判
ページ 160ページ
価 格 1800円 (税抜)
ISBN  978-4426124328

Thanks! 自由国民社

本 村上春樹の100曲 6月15日発売
ビートルズ、ビーチ・ボーイズなど、村上春樹作品に登場する楽曲を分析したディスクガイド風解説本 村上春樹の100曲 が本日発売されました。

村上春樹の100曲

村上春樹の100曲 / 栗原裕一郎、藤井勉、大和田俊之、鈴木淳史、大谷能生 6月15日発売
現代の日本人作家で今一番読まれている作家といえば、村上春樹が一番に思い浮かびます。彼の作品は、膨大な量の曲名・ミュージシャン名が登場することでも有名です。タイトルであったり、登場人物が聴いていたりと、様々な場面で、重要な意味を持ってあらわれるのです。本書では、そんな春樹作品に登場する音楽から、ジャンルごとに20曲、合計100曲を選んで解説しました。曲紹介を読んでいるうちに小説の紹介になって、どうしてその曲が使われているのかもわかるようになるという、曲紹介からはじまる、新しい小説の読み方を提案しています。これ1冊で、村上春樹の小説も、登場する音楽もわかるようになっているのです。巻末には「村上春樹の小説全音楽リスト」もついていて、具体的に紹介した100曲以外にどんな曲が登場しているのかもわかります。読書ガイドとディスクガイドが融合した、ファン必携の1冊です。

まえがき
80年代以降の音楽~「60年代的価値観」の消滅
ロック~手の届かない場所へ
ポップス~失われた未来を哀悼する
クラシック~異界への前触れ
ジャズ~音が響くと何かが起こる
あとがき座談会『1Q84』以降の村上春樹と音楽
村上春樹の小説全音楽リスト

サイズ 四六判
ページ 320ページ
定 価 1944円 (税込)
ISBN  9784845632398

村上春樹の100曲

Thanks! リットーミュージック

ROCK DECADE TIME MACHINE 1967-1976 ロック黄金時代のアルバム・ガイド 6月22日発売
ロックが輝いていた黄金のディケイド(10年)を毎月単位で振り返るガイドブック ROCK DECADE TIME MACHINE 1967-1976 ロック黄金時代のアルバム・ガイド が6月22日に発売されます。

ROCK DECADE TIME MACHINE 1967-1976 ロック黄金時代のアルバム・ガイド

ROCK DECADE TIME MACHINE 1967-1976 ロック黄金時代のアルバム・ガイド / 岩本晃市郎 6月22日発売
ロックの黄金時代というべき1967年から1976年の10年間(ロック・ディケイド)を、月単位(120カ月分)でどんなアーティストがどんなアルバムをリリースしたかを解説する画期的なディスクガイド。音楽雑誌「ストレンジ・デイズ」で連載されていたものを大幅に加筆・修正して世に送り出す。これまでのディスクガイドは、アルバム解説を年単位で語ってきた。しかし、これでは当時の空気感や各アーティストの関係性は見えてこない。たとえば、1969年のロック革命期であれば、ビートルズの「アビーロード」(9月)、キング・キリムゾン「クリムゾン・キングの宮殿」(10月)、デヴィッド・ボウイ「スペース・オディティ」(11月)という順番でアルバムが発売されており、1969年の末はロックが毎月進化していた濃密な期間であったことを知ることができる。本書はロック黄金期を再び感じ、追体験するものだ。ロックの「ビッグ・バン」を引き起こしたビートルズの「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」が発表されたのが1967年。そして、1976年11月に次世代のシーンを開拓したセックス・ピストルズのシングル「アナーキー・イン・ザ・UK」が発表され、ほぼ同時にアメリカン・ロックの頂点とも言えるイーグルスの「ホテル・カリフォルニア」が12月にリリースされたことが新旧世代の入れ替わりを物語っている。だからこそ、この10年間をロック黄金の時代(10年)と位置づけ、その10年間・120カ月を追ってアルバムの発売を再調査したのが本書なのだ。本書では、1見開き=1カ月分の紹介とし、各月、ピックアップアルバム解説3枚を含む8枚のアルバム・ジャケット写真(原則、発売時のオリジナル盤のもの)、合計960枚を掲載。カラーページ(16ページ)では、主だったアルバムをカラー写真で紹介する。ロックをまた聴きたくなる、もっと聴きたくなる一冊だ。

ジャンル別アルバムジャケット集 (カラー口絵)
1967年1月~12月 : アルバム発売&解説
1968年1月~12月 : アルバム発売&解説
1969年1月~12月 : アルバム発売&解説
1970年1月~12月 : アルバム発売&解説
1971年1月~12月 : アルバム発売&解説
1972年1月~12月 : アルバム発売&解説
1973年1月~12月 : アルバム発売&解説
1974年1月~12月 : アルバム発売&解説
1975年1月~12月 : アルバム発売&解説
1976年1月~12月 : アルバム発売&解説

サイズ B5判
ページ 280ページ
ISBN  978-4044003654

岩本晃市郎
1958年東京生まれ。1998年から2016年にかけて、月刊音楽誌「ストレンジ・デイズ」の編集長を務める。2010年からは作詞・作曲家、NHK-FMのナビゲーター、コメンテーターとしても活動。自身のレーベル、ストレンジ・デイズ・レコードからリリースしたアーティストの作品をはじめ、プロデューサーとして多くのCD制作に関わる。2017年からは新進気鋭のブログレッシヴ・ロック・バンド、ミズキ・ダ・ファンタジーアのコンセプト&サウンド・ディレクションでも多忙の日々を送っている。

Thanks! KADOKAWA

6月12日の新聞各紙
日刊スポーツ 2018年6月12日

読売新聞 朝刊 東京本社版 2018年6月12日

18日発売の MUSIC LIFE ザ・ビートルズ日本公演1966 特別版を予約しよう!

Thanks! Sakatsume さん , Joe さん



20180808_pm_Billboard_pc.jpg

2018年
■ Warm Up Secret Gig
6/9 英国 リバプール Philharmonic Dining Rooms
7/23 英国 ロンドン Abbey Road Studios
7/25 英国 リバプール LIPA
7/26 英国 リバプール Cavern Club
■ Freshen Up Tour
9/17 カナダ ケベック・シティ the Videotron Centre
9/20 カナダ モントリオール Bell Centre
9/28 カナダ ウィニペグ Bell MTS Place
9/30 カナダ エドモントン Rogers Place
10/5 米国 Austin City Limits Music Festival
10/12 米国 Austin City Limits Music Festival
10/31 日本 東京 東京ドーム
11/1 日本 東京 東京ドーム
11/8 日本 愛知 ナゴヤドーム
12/3 ポーランド クラクフ Tauron Arena
12/5 オーストリア ウィーン Stadthalle
12/6 オーストリア ウィーン Stadthalle
12/12 英国 リバプール Echo Arena
12/14 英国 グラスゴー SSE Hydro
12/16 英国 ロンドン The O2