つれづれなるままにWINGSFAN
Tribute Vlog for Paul McCartney & Wings
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Yesterday  Here Today  Go Now
TV , ラジオ
8/22 27:00~28:00 BS洋楽グラフィティー70's (ポール・マッカートニー&ウイングス出演) NHK BSプレミアム
8/25 19:30~20:45 ファミリーヒストリー (オノ・ヨーコ&ショーン・レノン出演) NHK 総合(茨城県地方のみ)

BD , DVD
8/23 サウンドブレイキング (ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター、ジョージ・マーティン出演)
10/3 パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 海外盤

イベント
8/24まで MUSIC LIFE パネル展
8/25 19:30 ビートルズカフェ
8/25~11/9 センシビリティ アンド ワンダー
8/26 16:00~18:00 ジョン・ドーヴ&モーリー・ホワイト サイン会
8/27 12:30 ビートルズ・アナログ鑑賞会 Vol.11 ポール・マッカートニー「フレイミング・パイ」20周年記念特集
8/27 16:30 石引パブリック1周年記念 トークショー&ライブ もっと!ポール・マッカートニー!
9/17まで ジュリアン・レノン写真展 Cycle 東京
9/17まで ジュリアン・レノン写真展 Cycle –Life Cycle– 東京
9/17まで ジュリアン・レノン写真展 Cycle –River Life– 京都

アナログ盤
8/29 ザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション アビイ・ロード
9/1 ビートルズ サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド US盤
9/12 ザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド
9/22 リンゴ・スター Give More Love
9/26 ザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション ラバー・ソウル
10/10 ザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション ザ・ビートルズ (2枚組)
10/24 ザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション ヘルプ!(4人はアイドル)
後半? ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム
後半? ポール・マッカートニー 全カタログ再発

本 , 雑誌 , ムック
8/31 ビートルズ・ストーリー Vol.9 '70
9/7 悪魔のジョン・レノン
9/8 ビートルズはどこから来たのか 大西洋を軸に考える20世紀ロック文化史
9/12 隔週刊CD付きマガジン JAZZ VOCAL COLLECTION 36号 ビートルズ・ジャズ・ヴォーカル
9/21 絵本「Imagine」
2018年 The Beatles: Yellow Submarine

LIVE
9/11~10/2 ポール・マッカートニー 米国
10/13~20 ポール・マッカートニー ブラジル
10/24 ポール・マッカートニー コロンビア
10/28 ポール・マッカートニー メキシコ
12/2~12 ポール・マッカートニー オーストラリア
12/16 ポール・マッカートニー ニュージーランド

CD
9/12 隔週刊CD付きマガジン JAZZ VOCAL COLLECTION 36号 ビートルズ・ジャズ・ヴォーカル
9/13 ビートルズ ハリウッド・ボウル 1965
9/13 ビートルズ ライブ・アット・ブドウカン 1966
9/15 リンゴ・スター ギヴ・モア・ラヴ
10/6 ダニー・ハリスン IN///PARALLEL US盤
12/15 チャリティー・アルバム (ポール・マッカートニー参加) UK盤
後半? ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム
後半? ポール・マッカートニー 全カタログ再発

映画
9/24 14:00 ロックショウ・爆音上映
年内? ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内? A Life In The Day

グッズ , ゲーム
9/30 ビートルズ コラボTシャツ
10/1 ビートルズ&ほぼ日手帳2018 コラボ手帳

          

          


カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


リンキン・パーク、ポール・マッカートニーとのグラミー賞での共演映像が公開に
20日(現地時間)、リンキン・パークのフロントマンであるチェスター・ベニントンが米ロサンゼルスのパロス・ヴァーデスにある邸宅で首を吊って亡くなった。享年41歳。チェスター・ベニントンの訃報を受けて、グラミー賞を主催するレコーディング・アカデミーはリンキン・パークがポール・マッカートニーやジェイ・Zと共演した映像を公開した。映像は第48回グラミー賞授賞式で披露されたパフォーマンスとインタヴューの映像。7月20日は先日自殺したサウンドガーデンのボーカリストであるクリス・コーネルの誕生日だった。



Thanks! NME Japan

ポール・マッカートニー、アリアナ・グランデ公演の爆発事件を受けて追悼の意を表明
Paul McCartney

22日(英国時間)、英マンチェスターで起きた悲劇的なテロを受けてポール・マッカートニーがソーシャル・メディアで追悼の意を表明している。アリアナ・グランデのコンサートを襲ったこのテロはマンチェスター・アリーナのロビーで爆発が起きて、22名が亡くなり、59名が負傷している。爆発時は多くの観客が会場を後にするところで、多くの子供もその中には含まれていたという。爆弾犯は現場で自家製の爆弾によって死亡しており、容疑者はマンチェスター出身のリビア系のサルマン・ラマダン・アベディであると判明している。ポール・マッカートニーはソーシャル・メディアを通して以下の声明を発表している。

皆と同じように、僕と僕の家族はマンチェスターからの悲惨なニュースを聞いてショックを受けています。私たちにできるのは、犠牲者たちのご家族と、アリアナ・グランデに心からのお悔やみの気持ちを届けることだけです。このようなことが二度と起きないことを祈っています。すべての人々に愛を

音楽界からは多くの追悼の声が寄せられており、テイラー・スウィフト、リアム・ギャラガー、ジョニー・マー、ケイティ・ペリー、ハリー・スタイルズらを初めとした多くの人々が亡くなった方々やマンチェスターの人々に追悼の意を表明している。アリアナ・グランデは事件を受けてツイッターで思いを明かしており、「傷ついています。心の底から本当に、本当に残念に思っています。言葉がありません」と述べている。

Thanks! NME Japan and more

ポール・マッカートニー、ロジャー・ムーアを追悼
Paul McCartney

23日(英国時間)に89歳で亡くなった3代目ジェームズ・ボンドを演じた俳優ロジャー・ムーアへポール・マッカートニーが追悼の言葉を寄せた。ムーアがジェームズ・ボンドを初めて演じた作品「007/死ぬのは奴らだ」の主題歌「Live and Let Die」を担当したポールは以下のメッセージをSNSに投稿した。

ロジャー・ムーアが亡くなったという更なる悲しい知らせが本日届きました。ロジャーは素晴らしい人物であり、言うまでもなく素晴らしいジェームズ・ボンドで、映画「007/死ぬのは奴らだ」の頃に一緒に仕事が出来たことは幸運でした。彼は思いやりの心とユーモアのセンスを持っており、彼を愛した多くの人に惜しまれることになるでしょう。

また、ムーアがボンドを演じた最後の作品「007 美しき獲物たち」のテーマ・ソングを歌ったデュラン・デュランも「#RIP ロジャー」と追悼した。計7作品でボンドを演じたムーアは「007」シリーズ以外にも「キャノンボール」や「ピンクパンサー」「シーウルフ」「北海ハイジャック」などに出演。シリアスな二枚目からコミカルな役までを演じ、慕われてきた。慈善活動にも積極的で、2003年に英女王からナイトの称号が授与された。

Thanks! Ako Suzuki and more

ロジャー・ムーア死去 007/死ぬのは奴らだ主演
007/死ぬのは奴らだ

23日(英国時間)、英BBC放送は人気スパイ映画007シリーズで、主人公ジェームズ・ボンド役を務めた英俳優ロジャー・ムーアがスイスの自宅で死去したと報じた。享年89歳。ロジャーの死去は親族がツイッターで公表。「長くはなかったものの、勇ましいガンとの闘いの末に」息を引き取ったと書かれた。1927年10月14日、英ロンドンに生まれたロジャー・ムーアは1940年代から俳優としての活動を始め、1950年に米国に渡ってから俳優活動を本格化させた。映画007シリーズではポール・マッカートニー&ウイングスが主題歌を担当した「死ぬのはやつらだ」(1973年)が第1作。続けて「黄金銃を持つ男」(1974年)、ウイングス最後のギターリストのローレンス・ジューバがサントラ盤に参加し、リンゴ・スターの現嫁がボンドガールを務めた「私を愛したスパイ」(1977年)、「ムーンレイカー」(1979年)、「フォー・ユア・アイズ・オンリー」(1981年)、「オクトパシー」(1983年)、「美しき獲物たち」(1985年)に出演し、ジェームス・ボンド役をシリーズ最多の7回演じた。英国紳士らしい立ち居振る舞いとユーモアで、ショーン・コネリーが作り上げたワイルドなボンドとは違う、エレガントなボンド像を確立した。ボンド役へのこだわりは深く、2015年10月に英国のテレビ番組に出演した際は「なぜ、おじいちゃんのボンドが登場しちゃダメなんだい? 僕はカムバックするよ」と宣言していた。又、俳優として活躍する傍ら、1991年には国連児童基金(ユニセフ)の親善大使に就任し、世界で飢餓などに苦しむ子どもたちを支援する活動を続け、こうした活動も評価されて、2003年には「ナイト」の爵位と「サー」の称号を授与された。3人目の妻で元女優のルイザ・マッティオリとの間に生まれた俳優のジェフリーとデボラ、クリスティアンは、ロジャー・ムーアが4人目の妻クリスティナと余生を過ごしたモナコで密葬を行うと発表。「父の望みは、モナコでの密葬だった。この難しい時期にクリスティナを支えたい」と声明を出している。 心より御冥福をお祈りいたします。


R.I.P. Roger Moore

チャック・ベリー、故郷で葬儀 ポール・マッカートニーらがメッセージ
20170411065808c2a.jpg

9日(現地時間)、3月18日に90歳で死去した伝説的な米ロック歌手でギタリストのチャック・ベリーの葬儀が故郷の中西部ミズーリ州セントルイスで行われ、家族のほか数百人のファンが別れを惜しんだ。会場は故人がしばしば公演したコンサートホール。就任記念行事でチャック・ベリーに演奏してもらったというクリントン元大統領が寄せたメッセージが読み上げられ、元大統領は「私と(妻の)ヒラリー(元国務長官)は彼の音楽を聴きながら育った」と悼んだ。キッスのジーン・シモンズが参列したほか、ポール・マッカートニーも「As you probably know, Chuck was a huge influence on me and my companions, and I will always remain a great fan of his wonderful music」といったメッセージを寄せた。葬儀に先立ち、集まったファンらも遺体に対面する時間が設けられた。

Thanks! スポーツニッポン and more

ロザリー・ハムリン死去 エンジェル・ベイビーがヒット

3月30日(現地時間)、米歌手ロザリー・ハムリンが米ニューメキシコ州で就寝中に死去した。享年71歳。ロザリー・ハムリンは1945年7月に米オレゴン州でメキシコ系米国人として生まれる。1960年に結成のバンド、ロージー&ジ・オリジナルズでリードボーカル。14歳で書いた詩を基にした曲「エンジェル・ベイビー」がヒットし、ジョン・レノンも「最も好きな曲の一つ」としてカバーした。 心より御冥福をお祈りいたします。

R.I.P. Rosie Hamlin

チャック・ベリー、正式な死因が確定
Chuck Berry

18日(現地時間)に亡くなったチャック・ベリーの死因について自然死であると報じられている。TMZ.com によれば、チャック・ベリーの死因は「自然死」とのことで、検視は行われないという。チャック・ベリーの医師は死亡証明書に書名したと報じられている。チャック・ベリーはロックンロールにおける先駆者と見なされており、ファースト・シングルの「Maybellene」はロックンロールのヒット曲として最初のものの一つとなっている。チャック・ベリーは1984年にグラミー賞の特別功労賞を受賞しており、1986年にロックの殿堂入りを果たしている。

Thanks! NME Japan

ポール・マッカートニー、チャック・ベリーを追悼
Chuck Berry & Paul McCartney

ポール・マッカートニーが18日(現地時間)に亡くなったロックンロールの父、チャック・ベリーへ追悼の言葉を寄せた。「悲しいことに、週末、チャック・ベリーが亡くなった。彼は、ロックンロールの最も偉大な詩人の1人だった。その死は惜しまれるが、彼はロックンロールを愛する全ての人々の記憶に留まるだろう。「Sweet Little Sixteen」の素晴らしいギター・イントロを聴いた瞬間、僕らは偉大なチャック・ベリーのファンになった。「Johnny B. Goode」「Maybellene」――彼のストーリーは歌詞というより詩のようだった。僕らにとって、彼はノーマルであると同時に風変りな音楽を作るマジシャンだった。僕らは彼から多くのことを学び、それは僕らをロックンロール・ミュージックのドリーム・ワールドへと導いた。チャックは世界中で最も偉大なロックンロールのレジェンドだった。永遠にそうだ。僕は、彼の故郷セントルイスでプレイした時、光栄にも彼に会うことができた。この思い出はこれからずっと大切にしていく。リバプールで育った僕ら若者にとって彼がどれだけの意味を持つか要約するのは不可能だが、試してみる。

Chuck Berry sadly passed away over the weekend. He was one of rock 'n' roll's greatest poets. He will be missed but remembered by everyone who ever loved rock 'n' roll.

From the first minute we heard the great guitar intro to ‘Sweet Little Sixteen’ we became fans of the great Chuck Berry. His stories were more like poems than lyrics – the likes of ‘Johnny B Goode’ or ‘Maybellene’. To us he was a magician making music that was exotic yet normal at the same time. We learnt so many things from him which led us into a dream world of rock ‘n’ roll music.

Chuck was and is forever more one of rock ‘n’ roll’s greatest legends all over the world. I was privileged to meet him in his home town St Louis when I played there on tour and it’s a memory I will cherish forever. It’s not really possible to sum up what he meant to all us young guys growing up in Liverpool but I can give it a try.

Long live rock ‘n’ roll!

Love you Chuck.
Paul

チャック・ベリーは自宅で意識を失い、救命措置が施されたが回復することなく、その場で死亡が確認された。TMZ.com によると、自然死で、検視は行なわれないという。

Thanks! Ako Suzuki

チャック・ベリー逝去
20170319084456894.jpg

18日(現地時間)、ロックンロールの創始者の一人、チャック・ベリーが死去したと米ミズーリ州セントチャールズ郡の警察が明らかにした。享年90歳。郡警察は18日午後に通報を受けて自宅に駆け付け、倒れているチャック・ベリーを見つけ、死亡を確認した。郡警察はフェイスブックで「残念ながら伝説のミュージシャン、チャック・ベリーでより広く知られる、チャールズ・エドワード・アンダーソン・ベリー氏の死亡を確認した」と発表した。現時点で死因は不明。1926年 米セントルイスに産まれたチャック・ベリーは1953年にサー・ジョン・トリオのギタリストとして活動を始め、1955年にシカゴにてヒルビリー・ソング「Ida Red」をチェス・レコードにて録音。チェス・レコードとソロ契約したチャック・ベリーは同曲を「メイベリーン」というタイトルに変えてデビュー。全米5位のヒットとなった。片足を上げて腰を落とし、アヒルのように動き回る演奏スタイル「ダックウォーク」という独特のパフォーマンスを披露したチャック・ベリーは、その後、「ロール・オーヴァー・ベートーヴェン」「ロックンロール・ミュージック」「スウィート・リトル・シックスティーン」「ジョニー・B.グッド」などをヒットさせ、後のエルヴィス・プレスリー、ビートルズ、ローリング・ストーンズらに多大な影響を与えた。ジョン・レノンは「ロックに別名を与えるなら”チャック・ベリー”」と敬意を表している。従来のブルースやリズム&ブルースにエレキギターで印象的なフレーズを繰り返す「リフ」を取り入れたチャック・ベリーは、後のロックのひな型を作り、不良性のある歌詞は反体制の象徴というロックのイメージに繋がった。1981年に初来日、2002年3月には東京国際フォーラムでジェームス・ブラウンとジョイントコンサートを開催し、アンコールで「小便がしたい」と中座して笑いを誘うなど自由な人柄で親しまれた。黒人ゆえ幼少期から迫害を受けた影響からか、他人を信用しない変わり者としても知られており、契約は必ず現金払いを求め共演者も選んだ。1987年の映画「ヘイル・ヘイル・ロックンロール」ではキース・リチャーズとの演奏中、何度も難癖をつける様子が見られる。昨秋には38年ぶりとなるニュー・アルバム「Chuck」を2017年にリリースすると発表し、話題になっていた。チャック・ベリー訃報をうけ、世界中の多くの音楽家が追悼の意を示しており、ローリング・ストーンズ、ブルース・スプリングスティーンらなど多くのアーティストがチャック・ベリーの逝去を惜しんでいる。リンゴ・スターはツイッターで「RIP. そしてピース&ラブ チャック・ベリー ミスター・ロックンロール・ミュージック」とつぶやき、チャック・ベリーの名曲「Rock And Roll Music」の歌詞の一節「Just let me hear some of that rock 'n' roll music any old way you use it I am playing I'm talking about you」を投稿している。 心より御冥福をお祈りいたします。


R.I.P. Chuck Berry

キス・オン・ザ・ボトムを手がけたトミー・リピューマが死去
Tommy LiPuma & Paul McCartney

13日(現地時間)、ポール・マッカートニーの「キス・オン・ザ・ボトム」など数々の名作を手がけた、音楽プロデューサー/ヴァーヴ・ミュージック・グループ会長のトミー・リピューマが米ニューヨークで亡くなった。享年80歳。トミーは以前より病気を患っていた。高校時代はサックスを吹き、理容師になる事が夢だったトミー・リピューマが音楽業界に足を踏み入れるキッカケはクリーブランドからロサンゼルスに移った頃。リバティー・レコードのラジオ担当宣伝マンから始まる。その後、A&Mレコードで制作マンとなり、1966年に大ヒットしたサンドパイパーズの「グアンタナメラ」をプロデュースした。ブルー・サム・レコードではフィル・アップチャーチやベン・シドランといったジャズ畑のアーティストを手がけ、マイルス・デイヴィスやイエロージャケッツ、ジョージ・ベンソン、エヴリシング・バット・ザ・ガール、ダイアナ・クラール等、数多くのアーティストをプロデュースし、ジョージ・ベンソンの「ブリージン」やナタリー・コールの「アンフォーゲッタブル」では全米1位を獲得。ジョージ・ベンソンの「マスカレード」でグラミー賞の最優秀レコード賞を、「アンフォーゲッタブル」で最優秀アルバム賞を受賞している。又、レオン・ラッセル最後のアルバム「Life Journey」やポール・マッカートニーの「キス・オン・ザ・ボトム」も手がけている。最後の作品はダイアナ・クラールの「ターン・アップ・ザ・クワイエット」で、米国では5月5日に発売される。トミー・リピューマの逝去にポール・マッカートニーは 公式サイト で下記のコメントを発表している。 心より御冥福をお祈りいたします。

I was very saddened to hear that my dear friend, Tommy LiPuma passed away. We had worked together on my album 'Kisses On The Bottom' which he produced. He was a fun loving, thoughtful guy with a vast knowledge of music. He had been a performer in his youth before he took up production and was always happy to sit with us in the studio whilst I and my fellow musicians worked on a track.

Diana Krall was a very good friend of his and working together with her and Tommy on the album was a special experience. We would often go out to dinner together and on these occasions he was sure to produce a bottle of fine red wine from his briefcase to accompany the meal. He was an extremely generous man who loved his dear wife Gill (for some reason I called her Gail!!) very dearly.

I will always have very fond memories of our time together and be proud to share his love with his family and many friends.

R.I.P. Tommy LiPuma