つれづれなるままにWINGSFAN
Tribute Vlog for Paul McCartney & Wings
04 | 2018/05 | 06
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Yesterday  Here Today  Go Now
TV , ラジオ
5/30 23:30~23:54 ベストヒットUSA 70年代特集(5)~ポール・マッカートニー&ウイングス BS朝日
6/7 26:30~26:54 ベストヒットUSA 70年代特集(5)~ポール・マッカートニー&ウイングス 東京MXテレビ(MX2)

イベント
6/1 ビートルズ全曲、ほぼ完全分析 <春編> A Hard Day's Night
6/3まで マカロニほうれん荘展 -MACARONI IS ROCK!-
6/8 ビートルズ全曲、ほぼ完全分析 <春編> A Hard Day's Night
6/9 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
6/15 ビートルズ全曲、ほぼ完全分析 <春編> Beatles for Sale
6/15 21:30 ポール・マッカートニー・バースデー・スペシャル ~3 days~
6/16 21:30 ポール・マッカートニー・バースデー・スペシャル ~3 days~
6/18 20:30 ポール・マッカートニー・バースデー・スペシャル ~3 days~
6/22 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
6/23 19:30 Mike's Garage Vol.2 ザ・フー
6/29 19:30 星空ビートルズ 星空ヒーリング プレミアム ~アロマの香りに包まれて~
6/30 13:30 アナログ鑑賞会 アフター・ザ・ビートルズ 70年代の名曲集
7/3 19:30 星加ルミ子がやって来る!ヤァ!ヤァ!ヤァ! vol.2
7/7 12:00 リンゴ・スター Peace Love Birthday Celebration
7/14 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
7/14 19:30 Mike's Garage Vol.4 ビートルズ (松村雄策)
8/11 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
9/8 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
10/1~8 藤本国彦と行くロンドン+リバプール・ビートルズゆかりの地めぐりの旅
2019/4/22まで Double Fantasy – John + Yoko 英国

LIVE
6/2~7/11 リンゴ・スター 米国、欧州
6/2 LET IT BE ~レット・イット・ビー~ 神奈川
6/3 LET IT BE ~レット・イット・ビー~ 愛知
6/6~7 LET IT BE ~レット・イット・ビー~ 大阪
6/9 LET IT BE ~レット・イット・ビー~ 高知
6/15~17 LET IT BE ~レット・イット・ビー~ 東京
6/27~29 ピーター・アッシャー 東京
9/1~29 リンゴ・スター 米国
10月 ポール・マッカートニー Austin City Limits Music Festival 米国

本 , 雑誌 , ムック
6/4 ビートルズは何を歌っているのか?
6/18 MUSIC LIFE ザ・ビートルズ日本公演1966 特別版
6/20 ウェルカム! ビートルズ (電子書籍版)
8/1 ビートルズはここで生まれた 聖地巡礼・ビートルズの旅 from London to Liverpool
年内 ジョン・レノン Imagine
年内 The Beatles: Yellow Submarine

CD
6/8 エリック・クラプトン - ライフ・イン・12・バーズ(仮) (ビートルズ、ジョージ・ハリスン曲収録)
6/18 ラトルズ The Wheat Album
今夏? Music of the Spheres (ポール・マッカートニー参加)
年内 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

アナログ盤
6/8 Life In 12 Bars (ビートルズ、ジョージ・ハリスン曲収録)
今夏? Music of the Spheres (ポール・マッカートニー参加)
年内 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

Blu-ray , DVD
7/4 バンデットQ 製作30周年記念 スペシャル・エディション Blu-ray
7/4 バンデットQ 製作30周年記念 スペシャル・エディション DVD
7/11 アンナチュラル Blu-ray Box
7/11 アンナチュラル DVD Box
8/8 抱きしめたい Blu-ray + DVD

映画
7/8 イエローサブマリン <新デジタル・リマスター版> 英国、アイルランド
7/8 イエローサブマリン <新デジタル・リマスター版> 米国
秋 ビートルズ The Beatles in India
年内 ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内 A Life In The Day


カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


今年の北米ツアー収益ランクの10位はポール・マッカートニー
Paul McCartney

2010年に北米ツアーで最も稼いだアーティストのリストが発表され、10位にポール・マッカートニーが輝いた。米音楽業界誌 Billboard が発表した Billboard Boxscore のデータによると、1位のボン・ジョヴィはこの3年間で2度の1位を獲得しているが、この記録を成し遂げたのは過去25年間で他にローリング・ストーンズだけ。U2はボノの怪我で北米ツアーの16公演が延期になったにも関わらず堂々の2位にランクインした。

Billboard が発表した2010年のツアー収益ランキング
1位 ボン・ジョヴィ 1億4650万7388ドル(約123億4000万円)
2位 U2 1億3150万2369ドル(約110億7000万円)
3位 AC/DC 1億2263万3027ドル(約103億3000万円)
4位 レディー・ガガ 1億1622万7987ドル(約97億9000万円)
5位 ブラック・アイド・ピーズ 8157万9114ドル(約68億7000万円)
6位 ジェイムス・テイラー&キャロル・キング 6232万6410ドル(約52億5000万円)
7位 イーグルス 6216万6344ドル(約52億4000万円)
8位 メタリカ 6194万7556ドル(約52億2000万円)
9位 デイヴ・マシューズ・バンド 6124万7906ドル(約51億6000万円)
10位 ポール・マッカートニー 5576万403ドル(約47億円)

11位 マイケル・ブーブレ 5288万7642ドル(約44億5000万円)
12位 トランス・シベリアン・オーケストラ 4739万5108ドル(約40億円)
13位 ティム・マックグロウ 4478万2598ドル(約37億7000万円)
14位 トム・ペティ&ザ・ハートブレーカーズ 4469万6605ドル(約37億6000万円)
15位 テイラー・スウィフト 4031万2810ドル(約34億円)
16位 アンドレ・リュウ 3999万2285ドル(約33億7000万円)
17位 ブラッド・ペイズリー 3863万8839ドル(約32億5000万円)
18位 ジョージ・ストレイト&リーバ 3666万6304ドル(約31億円)
19位 ジャスティン・ビーバー 3560万276ドル(約30億円)
20位 ニッケルバック 3503万5196ドル(約29億5000万円)

21位 フィッシュ 3324万962ドル(約28億円)
22位 マイリー・サイラス 3312万6226ドル(約27億9000万円)
23位 ラスカル・フラッツ 3146万5481ドル(約26億5000万円)
24位 キャリー・アンダーウッド 2974万3522ドル(約25億円)
25位 ティエスト 2862万6366ドル(約24億1000万円)

Thanks! Billboard

ポール・マッカートニー 顔面から転倒! ブラジルのコンサートでハプニング
「弘法にも筆の誤り」である。ステージに立ってから半世紀近くになるポール・マッカートニーが今週ブラジルで開かれたコンサートのステージ上で顔面から転倒してしまった。ショーが終わろうとする間際の、まさに痛恨の転倒。果たしてポールの容体はどうだったのだろうか? 「ファンの皆、ありがとう! ありがとう!」と熱狂的なファンの声援に応えたポール・マッカートニー。今週の日曜日、サンパウロのモルンビー・スタジアムで開かれたコンサートには6万7000人ものファンが詰め掛けた。ポールがカーテンコールに応える中、スタジアムはファンの声援や熱気が会場一杯に満ち、幕を閉じようとしていた。ハプニングはそのカーテンコールの直後に起きたのである。ポールが舞台を後に走り出したその瞬間、顔面から転倒してしまった。走り出した直後だけにポールは勢いをつけステージの床へ倒れこむように転んだのである。ポールが転倒する瞬間はスタジアムに設置されている大型ディスプレイにも映し出されていた。どうやらポールはステージにある音響機器のケーブルに足をひっかけてしまったようだ。一瞬悲鳴をあげるファンたち。しかし、ポールはすぐに床から立ち上がりファン達に大丈夫だとアピールするとステージを後にした。今年68歳になるポールの運動神経はさながら10代のようである。まるで何事も無かったかのように元気よく立ち上がるポールの姿にはファンから一層大きな声援が送られた。幸い、ポールに怪我などはなかったようである。ポールの広報はコンサート後にポールが元気である旨を明らかにしている。ポールの転倒シーンは↓こちらで観れます。1分40秒過ぎぐらいです。


ポール・マッカートニーにとって18年ぶりになるブラジルでのコンサート。ポールが宿泊したホテルの周囲には多くのファンが押しかけ、観光することもままならなかったほどだという。今回のコンサートはポールが一流のアーティストであることを改めて示すものとなった。

Thanks! Techinsight japan

無敵のポール・マッカートニー
Paul McCartney - 2010.11.11 River Plate Stadium

11日(現地時間)、River Plate Stadium で行なわれたアルゼンチン公演2日目のサウンドチェック時の光景です。無敵です。

Thanks! Paul McCartney

ポール・マッカートニーのコンサートを待つファンが4日前からキャンプ
現在、南米ツアー中のポール・マッカートニーだが、18年ぶりとなったブラジル公演では数日前から会場に詰め掛けたファンが行列を作ってそこで生活したため Paul McCartney Village(ポール・マッカートニー村)が出現するという熱狂ぶりを見せることになった。7日(現地時間)、ポールはブラジルのポルト・アレグレにあるベイラ・リオ・スタジアムでライブを6万6000人ものオーディエンスを迎えて行った。一部のファンには11月3日から会場で行列を作っている者もいて、一時的にこの会場近辺に居つくことになったファンによってポール・マッカートニー村が出来上がったとポールの広報は語っている。南米ツアーについてポールは「南米のオーディエンスは大好きだよ。南米のオーディエンスの音楽への愛情、リズムへの愛情、メロディへの愛情を考えると、実は僕も南米の血を引いてるのかなっていつも思っちゃうんだよね。それだけ南米の人たちやラテンの人たちとの間にはすごい繋がりがあるように感じるんだよ。だから、そう、僕はすごい繋がってるんだよね!」と語っている。ポールの広報はこの簡易村について「いや、もう本当にすごい光景でしたよ。皆がちょっとでも良い場所でポールを観たいと思って、ああやってキャンプまで始めちゃったんですからね」と語っている。今後、ポールの南米ツアーはアルゼンチンのブエノスアイレスへと向かい、再びブラジルに戻ってサンパウロ公演で幕を閉じる予定。

Paul McCartney Village

Paul McCartney Village

Paul McCartney Village

Paul McCartney Village

Paul McCartney Village

Paul McCartney - 2010.11.7 Beira Rio Stadium

Thanks! NME

ポール・マッカートニー 11月7日 ブラジル公演
Paul McCartney - 2010.11.7 Beira Rio Stadium2010年11月7日 ブラジル Beira Rio Stadium
Venus and Mars ~ Rock Show ~ Jet
All My Loving
Letting Go
Drive My Car
Highway
Let Me Roll It / Foxy Lady
The Long And Winding Road
Nineteen Hundred and Eighty Five
Let 'Em In
My Love
I've Just Seen A Face
And I Love Her
Blackbird
Here Today
Dance Tonight
Mrs. Vandebilt
Eleanor Rigby
Ram On
Something
Sing The Changes
Band On The Run
Ob-La-Di, Ob-La-Da
Back In The U.S.S.R.
I've Got A Feeling
Paperback Writer
A Day In The Life ~ Give Peace A Chance
Let It Be
Live And Let Die
Hey Jude

Encore 1
Day Tripper
Lady Madonna
Get Back

Encore 2
Yesterday
Helter Skelter
Sgt Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) ~ The End

Paul McCartney - 2010.11.7 Beira Rio Stadium

Paul McCartney - 2010.11.7 Beira Rio Stadium

Paul McCartney - 2010.11.7 Beira Rio Stadium

Paul McCartney - 2010.11.7 Beira Rio Stadium

Thanks! THE MACCA REPORT and more

ポール・マッカートニー、ブルーバードを演奏
Paul McCartney

6日(現地時間)、ポール・マッカートニーは翌7日に行なうブラジル公演に向けたサウンドチェックをコンサート会場 Beira Rio Stadium で行ない、34年ぶりにブルーバードを演奏した。リマスター盤「バンド・オン・ザ・ラン」に合わせてのことと思いますが、どんどんウイングス化していきます。いっそのこと「ウイングス」を襲名したら良いのに...

Full track-listing of soundcheck 2010.11.6 Beira Rio Stadium
Don't Let The Sun Catch You Crying
C Moon
I Want To Come Home
Nineteen Hundred and Eight Five
It's So Easy
I've Just Seen A Face
Every Night
Calico Skies
And I Love Her
Bluebird
Yesterday
Junk
Lady Madonna

Thanks! MaccaBlog

ポール・マッカートニー、11月7日ブラジル公演
Paul McCartney

ポール・マッカートニーが11月7日にブラジルのポルト・アレグレにある Beira-Rio Stadium で開催されることが Sport Club Internacional 公式サイト で発表されました。チケットは来週中に発売される予定です。ポールの南米ツアーはこれまで何回か噂されていましたが遂に決まったようです。同公演以外にも 11/21 , 22 にブラジルの Sao Paulo でポールのコンサートが行なわれるようです。 詳細情報が入り次第、追加掲載します。

Thanks! Sport Club Internacional

kobbyさんのLIVEレポート ポール・マッカートニー 8月8日 加トロント公演
Paul McCartney - 2010.8.8 Air Canada Centre copyright(C) 2010 Kobbyosaka

8日(現地時間)に行なわれたポール・マッカートニーのトロント公演を現地で観られた kobby さんのレポートを紹介します。以下のリンクを順番にクリックして下さい。豊富な写真と映像付きのLIVEレポートです。

overture  Paulに遭遇した!
part 1  Paul McCartney Toronto 公演 (2010/8/8) ①
part 2  Paul McCartney Toronto 公演 (2010/8/8) ②
part 3  Paul McCartney Toronto 公演 (2010/8/8) ③
part 4  Paul McCartney Toronto 公演 (2010/8/8) ④
part 5  Paul McCartney Toronto 公演 (2010/8/8) ⑤
part 6  Paul McCartney Toronto 公演 (2010/8/8) ⑥
part 7  Paul McCartney Toronto 公演 (2010/8/8) ⑦

Thanks! kobbyさん


関連Blog
2009/7/12のBlog ポール・マッカートニー、前日と当日に会場でサウンドチェック実施


ポール・マッカートニー、秋も北米ツアー
先ほどポール・マッカートニーのコンサート・ツアー Up And Coming Tour の最終公演が終わりました。最終公演と言いつつも、10月下旬から11月上旬にかけて北米6公演が決まっているようで、ポールのコンサート・ツアーはまだ続くようです。年内の日本公演はどうなんでしょうね。あと、デニー・レインは昨日(8/18)と今日(8/19)の2日に渡って招待されていたようです。

Consol Energy Center

Thanks! KBS Radio

デニー・レインがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!
WINGSFAN今晩(現地時間 19日夜)、米ピッツバーグの Consol Energy Center でポール・マッカートニーのコンサート・ツアー Up And Coming Tour (北米夏の陣)の最終公演が行なわれるが、何とバックステージにデニー・レインが招待されているとのこと。現地のMACCAファンと日本のMACCAファン(たろつぁん)からの情報によると、デニーはバックステージに招待されているだけでステージに上がってポールと共演する予定は無さそうだがウイングス・ファンとしては期待しますね。 ピッツバーグ公演開始まであと8時間半。日本時間の20日午後にはハッキリするのでお楽しみに (^^)v

Thanks! たろつぁん



ポール・マッカートニー・アーカイヴ・シリーズ #2

ウイングス・グレイテスト・ヒッツ / ウイングス
日本盤 SHM-CD 紙ジャケ仕様(英国初回盤LPをミニチュア再現)、解説・歌詞・対訳付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、カラー・ヴィニール(ブルー)、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、ブラック・ヴィニール、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付
輸入盤 CD デジパック仕様
輸入盤 LP カラー・ヴィニール(ブルー)
輸入盤 LP ブラック・ヴィニール

スリリントン ~ ポール・マッカートニー「RAM」オーケストラ・ヴァージョン / パーシー”スリルズ”スリリントン
日本盤 SHM-CD 紙ジャケ仕様(英国初回盤LPをミニチュア再現)、解説・英文ライナー翻訳付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、カラー・ヴィニール(マーブルド)、解説・英文ライナー翻訳付、日本初回盤CD帯の意匠を再現した巻き帯付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、ブラック・ヴィニール、解説・英文ライナー翻訳付、日本初回盤CD帯の意匠を再現した巻き帯付
輸入盤 CD デジパック仕様
輸入盤 LP カラー・ヴィニール(マーブルド)
輸入盤 LP ブラック・ヴィニール

ケイオス・アンド・クリエイション・イン・ザ・バックヤード ~ 裏庭の混沌と創造 / ポール・マッカートニー
日本盤 SHM-CD 紙ジャケ仕様(EU初回盤LPをミニチュア再現)、解説・歌詞・対訳付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、カラー・ヴィニール(ゴールド)、解説・歌詞・対訳付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、ブラック・ヴィニール、解説・歌詞・対訳付
輸入盤 CD デジパック仕様
輸入盤 LP カラー・ヴィニール(ゴールド)
輸入盤 LP ブラック・ヴィニール

NEW / ポール・マッカートニー
日本盤 SHM-CD 紙ジャケ仕様(EU初回盤LPをミニチュア再現)、英文ライナー翻訳・歌詞・対訳付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、カラー・ヴィニール(ピンク)、英文ライナー翻訳・歌詞・対訳付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、ブラック・ヴィニール、英文ライナー翻訳・歌詞・対訳付
輸入盤 CD デジパック仕様
輸入盤 LP カラー・ヴィニール(ピンク)
輸入盤 LP ブラック・ヴィニール

上記4タイトル SHM-CD セット
日本盤 SHM-CD 紙ジャケ仕様 ユニバーサル・ミュージック・ストア
日本盤 SHM-CD 紙ジャケ仕様 ディスクユニオン

上記4タイトル LP セット
日本盤 LP 直輸入盤仕様、カラー・ヴィニール(4色)、解説・歌詞・対訳付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、ブラック・ヴィニール、解説・歌詞・対訳付
輸入盤 LP カラー・ヴィニール(4色)
輸入盤 LP ブラック・ヴィニール

ポール・マッカートニー・アーカイヴ・シリーズ #2

ウイングス・グレイテスト・ヒッツ

スリリントン

ケイオス・アンド・クリエイション・イン・ザ・バックヤード

NEW