つれづれなるままにWINGSFAN
Tribute Vlog for all the best! 30th anniversary
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Yesterday  Here Today  Go Now
イベント
11/18~1/28 伝説のロックグループ「ビートルズ」の展覧会 Ladies and Gentlemen THE BEATLES!
11/19 12:30 ビートルズ・アナログ鑑賞会 Vol.14 ウイングス特集 1975~1981
11/19~25 川越・昭和の街にビートルズのチカラ!がやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!
11/25 14:00 オール・マッカートニー ~ポール・ザ・ベスト!~ Vol.5 オール・ザ・ベスト発売30周年記念ファン・ミーティング
11/27~12/3 演劇女子部 「一枚のチケット~ビートルズがやって来る~」
11/27 19:00 田家秀樹さん × 藤本国彦さん トーク&サイン会 永遠のビートルズ ― ビートルズの普遍的な魅力とはいったいなんなのか?
12/8~1/8 GIVE PEACE A CHANCE JOHN&YOKO'S BED-IN FOR PEACE 1969 PHOTOGHAPHY BY GERRY DEITT ER JAPAN 2017-2018
12/8 19:00 藤本国彦プロデュース ビートルズの世界 Around The Beatles トーク・イベント
12/8 ジョン・レノン追悼イベント Give Peace A Chance!
12/9 13:00 ビートルズ・アルバム・ヒストリー 1966-1970 「リボルバー」から「レット・イット・ビー」まで
12/23 14:00 ウイングス祭り WINGSFAN ~Tribute Festival for all the best!~
12/24 13:00 ザ・ビートルズ・クラブ クリスマス会 & 忘年会 2017
12/25まで 山野楽器 銀座本店 クリスマスツリー (ハッピー・クリスマス)
1/13 13:00 ビートルズ・アルバム・ヒストリー 1966-1970 「リボルバー」から「レット・イット・ビー」まで
1/14 17:00 藤本国彦プロデュース ビートルズの世界 Around The Beatles トーク・イベント
2/10 13:00 ビートルズ・アルバム・ヒストリー 1966-1970 「リボルバー」から「レット・イット・ビー」まで
2/16 19:00 藤本国彦プロデュース ビートルズの世界 Around The Beatles トーク・イベント
3/10 13:00 ビートルズ・アルバム・ヒストリー 1966-1970 「リボルバー」から「レット・イット・ビー」まで
3/11 17:00 藤本国彦プロデュース ビートルズの世界 Around The Beatles トーク・イベント
3/11まで ロックの殿堂ジャパンミュージアム

TV , ラジオ
11/18 22:00~22:50 サージェント・ペパー ~ビートルズの音楽革命~ NHK BS1

CD
11/22 ビートルズ アトランタ・スタジアム1965
12/6 ビートルズ 16タイトル 紙ジャケ/SHM-CD
12/13 ポール・マッカートニー・アーカイヴ・コレクション 8タイトル 紙ジャケ/SHM-CD
12/13 ビートルズ ザ・ロスト・BBC・セッションズ #1
12/13 ビートルズ ザ・ロスト・BBC・セッションズ #2
12/15 チャリティー・アルバム (ポール・マッカートニー参加) UK盤
2018年? ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

本 , 雑誌 , ムック
11/29 大人のロック!編 ザ・ビートルズ 源流と進化
12/8 ビートルズはどこから来たのか 大西洋を軸に考える20世紀ロック文化史
12/14 ビートルズ・ストーリー Vol.10 '71
2018年 The Beatles: Yellow Submarine

アナログ盤
12/1 ジム・ジェームス Tribute To (ジョージ・ハリスン・トリビュート・アルバム)
12/13 ポール・マッカートニー・アーカイヴ・コレクション 8タイトル カラーレコード
12/13 ポール・マッカートニー・アーカイヴ・コレクション 8タイトル LP
12/15 ビートルズ クリスマス・レコード・ボックス
12/15 ビートルズ サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド (50周年記念ピクチャー・ディスク・エディション) 1LP
12/15 ビートルズ Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band 1LP
2018年? ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム
1/19 ジョージ・マーティン George Martin: the Film Scores and Original Orchestral Compositions US盤 2LP+楽譜
1/19 ジョージ・マーティン George Martin: the Film Scores and Original Orchestral Compositions US盤 2LP

LIVE
12/2~16 ポール・マッカートニー オーストラリア、ニュージーランド
12/8 ジョン・レノン追悼イベント Give Peace A Chance!
12/23 14:00 ウイングス祭り WINGSFAN ~Tribute Festival for All the best!~

映画
12/2~29 エル・トポ
2018年? ポール・マッカートニー High In The Clouds
2018年? A Life In The Day

Web配信番組
終了日未定 ザ・ビートルズ: 50年後のサージェント・ペパーズ Netflix

Ladies and Gentlemen THE BEATLES!


カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


ひよっこ、第14週平均は20・4% 好調2週連続大台超え
ひよっこ

10日、有村架純がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「ひよっこ」の第14週の平均視聴率は20.4%(ビデオリサーチ調べのデータを基に算出、関東地区)だったことが分かった。週間平均は第1週=19.4%、第2週=19.2%、第3週=19.3%、第4週=19.1%、第5週=18.2%、第6週=19.6%、第7週=19.8%、第8週=19.3%、第9週=19.1%、第10週=19.2%、第11週=19.6%、第12週=19.8%、第13週=20.6%と推移。各日の番組平均は3日=19.7%、4日=21.4%(自己最高)、5日=20.6%、6日=20.6%、7日=20.7%、8日=19.2%。第11週からヒロインが働く東京・赤坂の洋食屋「すずふり亭」、アパート「あかね荘」が主舞台になり、物語はさらに躍動。第13週と第14週はビートルズの来日が描かれ、盛り上がった。第13週は全曜日20%超えを記録し、週間平均も初の大台超え。第14週も好調をキープし、週間平均2週連続の大台突破となった。ドラマは折り返し地点を迎え、後半へ弾みをつけた。東京五輪が開催された1964年から始まり、東京に出稼ぎに行ったものの、行方不明になった父を捜すため、集団就職で上京する谷田部みね子(有村)の姿を描く。“金の卵”が自らの殻を破り、成長していく波乱万丈の青春記で、幸せな家族を取り戻す大冒険を繰り広げる。朝ドラ通算96作目。脚本は「イグアナの娘」「最後から二番目の恋」などで知られる岡田惠和によるオリジナル作品。朝ドラは「ちゅらさん」「おひさま」に続く3作目。演出は黒崎博、田中正の両氏。語りは元女子マラソン五輪代表の増田明美。主題歌「若い広場」は桑田佳祐が書き下ろした。9月30日まで全156話。第14週は「俺は笑って生きてっとう!」。ビートルズ来日に合わせて上京した宗男(峯田和伸)。チケットはないものの、武道館公演まで東京にいるという宗男と過ごすうちに、みね子(有村)は宗男が「笑って生きることに決めた」理由を初めて知る。一方、警備員600人分の弁当を安請け合いした柏木(三宅裕司)のために、鈴子(宮本信子)ら近所の人々総出で大量の赤飯作りが始まる。宗男のビートルズへの強い思いを知った島谷(竹内涼真)は、ある行動に出る...という展開だった。

Thanks! スポーツニッポン

ひよっこ、第13週「ビートルズがやって来る」の視聴率は過去最高の20.6% 初の大台
ひよっこ

3日、有村架純がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「ひよっこ」の第13週の平均視聴率は20.6%(ビデオリサーチ調べのデータを基に算出、関東地区)だったことが分かった。第7週と第12週の19.8%を上回り、初の大台突破で自己最高をマーク。物語も折り返し地点を迎え、後半に向けて弾みをつけた。週間平均は、第1週 19.4%、第2週 19.2%、第3週 19.3%、第4週 19.1%、第5週 18.2%、第6週 19.6%、第7週 19.8%、第8週 19.3%、第9週 19.1%、第10週 19.2%、第11週 19.6%、第12週 19.8%と推移。各日の番組平均は6月26日 20.8%、同27日 20.5%、同28日 20.3%、同29日 20.8%、同30日 20.5%と推移し、7月1日は自己最高タイとなる20.9%。初の6話連続大台超えで、週間平均も自己最高となった。東京五輪が開催された1964年から始まり、東京に出稼ぎに行ったものの、行方不明になった父を捜すため、集団就職で上京する谷田部みね子(有村)の姿を描く。“金の卵”が自らの殻を破り、成長していく波乱万丈の青春記で、幸せな家族を取り戻す大冒険を繰り広げる。朝ドラ通算96作目。脚本は「イグアナの娘」「最後から二番目の恋」などで知られる岡田惠和によるオリジナル作品。朝ドラは「ちゅらさん」「おひさま」に続く3作目。演出は黒崎博、田中正の両氏。語りは元女子マラソンの増田明美。主題歌「若い広場」は桑田佳祐が書き下ろした。9月30日まで全156話。第13週は「ビートルズがやって来る」。みねこ(有村)のおじ、宗男(峯田和伸)はビートルズの来日公演が決まってウズウズしていた。日本中が盛り上がっている時に「自分は茨城にいていいのか?」と焦る。宗男の熱い気持ちを知るみね子はチケット獲得のために奔走することに。歯磨き粉のラベルで応募すると抽選でチケットが当たると知り、何箱も買い込んで応募する。そして結果発表の日。仕事中も気になってソワソワするみね子は、鈴子に気遣われて少しの間、お店を抜ける。アパートに郵便を見に行くと、島谷が郵便物を受け取ったところだった...という展開だった。

Thanks! スポーツニッポン

TV ひよっこ 今週のあらすじ
有村架純が主演を務めるNHK連続テレビ小説「ひよっこ」。7月3日(月)~7月8日(土)朝8時から放送される第14週では、東京にやってきた宗男さんが主役!? 宗男さんは故郷にいるときと同様、毎日をハイテンションで過ごすが、そうした行動の向こう側にある悲しい体験も明らかになる。

2017070307573214b.jpg

前週(第13週「ビートルズがやって来る」)のおさらい
父・実に関する情報が入ってきた。ひったくりに遭い、奪われた金銭を取り返そうとして、逆に材木で頭を打たれたらしい。現場からいなくなって、以降の足取りはつかめないということだった。世間はビートルズ来日公演の話題で持ちきりになっていた。大のビートルズファン宗男さんはいてもたってもいられず、恐妻に黙ったまま上京、あかね荘に転がり込んできた。チケットも入手できなかったのに...

第79話 あらすじ
ビートルズ来日に合わせて上京した宗男(峯田和伸)。チケットはないものの武道館公演まで東京にいるという宗男と過ごすうちに、みね子(有村架純)はなぜ宗男が「笑って生きることに決めた」のかを初めて知る。一方、警備員600人分の弁当を安請け合いした柏木(三宅裕司)のために、鈴子(宮本信子)ら近所の人々総出で大量の赤飯作りが始まる。そこで宗男のビートルズへの強い思いを知った島谷(竹内涼真)はある行動に出る。

第80話 あらすじ
公演前夜、みね子(有村架純)らあかね坂商店街総出の赤飯作りが始まる。警備員600人分の弁当を用意するため、柏木堂の親子と福翠楼の夫婦、あかね荘の住人たち、さらには宗男(峯田和伸)がすずふり亭に集まる。米が蒸し上がるのを待つ間、省吾(佐々木蔵之介)が宗男に「戦争中はどこにいたのか」と尋ねる。宗男はそこでみね子も知らなかった戦争体験を語ることに。それはビートルズへの思いにつながるものだった。

第14週 俺は笑って生きてっとう! 7月3日(月)~8日(土)放送
ついにビートルズが来日し、みね子が働く赤坂も大いに盛り上がっていた。そんな中、急に柏木(三宅裕司)があんみつを振る舞ってきたので、鈴子(宮本信子)が疑いの目を向けると「弁当作りを安請け合いしてしまった」と白状する。公演の警備員600人分を用意しなければならないのだという。公演前夜、あかね坂商店街総出の赤飯作りが始まる。柏木堂の親子と福翠楼の夫婦、あかね荘の住人たち、さらには滞在中の宗男がすずふり亭に集結。米が蒸し上がるのを待つ間、省吾(佐々木蔵之介)が宗男に「戦争中はどこにいたのか?」と尋ねる。そこで語られた戦争体験は、ビートルズへの思いにつながるものだった。すると、島谷(竹内涼真)は宗男の熱い気持ちを知り、ある行動に出る。公演初日、宗男の妻・滋子が突然すずふり亭に現れる。慌てて逃げようとする宗男に、滋子は意外なものを手渡す。お祭りのような日々が過ぎたある日、向島電機・乙女寮の同窓会が開かれることに。省吾の心遣いで貸してもらったすずふり亭で、みね子が待っていると、時子(佐久間由衣)と澄子(松本穂香)、豊子(藤野涼子)、幸子(小島藤子)、優子(八木優希)ら寮の仲間たちがやってくる。

Thanks! music.jp and more

NHK連続テレビ小説 ひよっこ 俺は笑って生きてっとう! 今週放送
NHK連続テレビ小説 ひよっこ は今週もビートルズ来日に関する物語です (^^)v

NHK連続テレビ小説 ひよっこ 第14週 俺は笑って生きてっとう!

NHK連続テレビ小説 ひよっこ 第14週 俺は笑って生きてっとう! 7月3日~8日 NHK
ビートルズ来日に合わせて上京した宗男(峯田和伸)。チケットはないものの武道館公演まで東京にいるという宗男と過ごすうちに、みね子(有村架純)はなぜ宗男が「笑って生きることに決めた」のかを初めて知る。一方、警備員600人分の弁当を安請け合いした柏木(三宅裕司)のために、鈴子(宮本信子)ら近所の人々総出で大量の赤飯作りが始まる。そこで宗男のビートルズへの強い思いを知った島谷(竹内涼真)はある行動に出る。

作  岡田恵和
出演 有村架純、沢村一樹、木村佳乃、竜星涼、シシド・カフカ、古谷一行、宮本信子
語り 増田明美

NHK連続テレビ小説 ひよっこ 第13週「ビートルズがやって来る」の放送日時・あらすじは以下のとおりです。

7月3日(月)~8日(土)
7:30~7:45 NHK BSプレミアム
8:00~8:15 NHK 総合
12:45~13:00 NHK 総合 (再放送)
23:30~23:45 NHK BSプレミアム (再放送)

7月8日(土)
9:30~11:00 NHK BSプレミアム (1週間分)
14:50~14:55 NHK 総合 (ダイジェスト放送 5分で『ひよっこ』)

7月9日(日)
5:45~5:50 NHK 総合 (ダイジェスト放送 5分で『ひよっこ』)
11:00~11:20 NHK 総合 (ダイジェスト放送 ひよっこ一週間)
17:55~18:00 NHK 総合 (ダイジェスト放送 5分で『ひよっこ』)

Thanks! NHK


関連Blog
6/20のBlog NHK連続テレビ小説 ひよっこ、来週は「ビートルズがやって来る」の巻


NHK連続テレビ小説 ひよっこ ビートルズがやって来る 来週放送
来週のNHK連続テレビ小説 ひよっこ は第13週「ビートルズがやって来る」の巻です (^^)v

NHK連続テレビ小説 ひよっこ 第13週 ビートルズがやって来る

NHK連続テレビ小説 ひよっこ 第13週 ビートルズがやって来る 6月26日~7月1日 NHK
みね子(有村架純)のもとを突然綿引(竜星 涼)が訪ねてくる。実(沢村一樹)について新しい情報がわかったという。父が行方不明だと知らなかった早苗(シシド・カフカ)は今まで黙っていたことに怒り、みね子に理由を説明するよう迫る。そんなときビートルズの来日公演が発表され、宗男(峯田和伸)は浮き足だっていた。コンサートのチケットをプレゼントしたいと考えたみね子は、抽せんに応募するため大量の歯磨き粉を買いこむ。

作  岡田恵和
出演 有村架純、沢村一樹、木村佳乃、竜星涼、シシド・カフカ、古谷一行、宮本信子
語り 増田明美

NHK連続テレビ小説 ひよっこ 第13週「ビートルズがやって来る」の放送日時・あらすじは以下のとおりです。

6月26日(月)~7月1日(土)
7:30~7:45 NHK BSプレミアム
8:00~8:15 NHK 総合
12:45~13:00 NHK 総合 (再放送)
23:30~23:45 NHK BSプレミアム (再放送)

7月1日(土)
9:30~11:00 NHK BSプレミアム (1週間分)
14:50~14:55 NHK 総合 (ダイジェスト放送 5分で『ひよっこ』)

7月2日(日)
5:45~5:50 NHK 総合 (ダイジェスト放送 5分で『ひよっこ』)
11:00~11:20 NHK 総合 (ダイジェスト放送 ひよっこ一週間)
17:55~18:00 NHK 総合 (ダイジェスト放送 5分で『ひよっこ』)

第13週 ビートルズがやって来る
第73話(月)
1966年4月、ちよ子(宮原和)は中学生になった。通学かばんをプレゼントしたみね子(有村架純)は、お礼の手紙をもらい、ますます仕事へのやりがいを感じていた。ある日、警察を辞めて茨城に帰っていた綿引(竜星涼)が突然すずふり亭を訪れる。実(沢村一樹)のことで何か分かったら教えてくれと同僚に頼んでおいたところ、新しい情報が入ったという。鈴子(宮本信子)ら店の仲間が見守るなか、実に起こった出来事を聞く。

第74話(火)
美代子(木村佳乃)との電話を聞かれ、父が行方不明だと島谷(竹内涼真)らあかね荘の住人に知られたみね子(有村架純)。早苗(シシド・カフカ)は今まで黙っていたことに腹を立て、理由を説明するよう迫る。みね子はなぜ打ち明けられなかったのか、初めて本音を漏らす。そのころ、実(沢村一樹)のことを聞いた宗男(峯田和伸)が、谷田部家を訪れていた。そこでたまたま読んだ新聞にビッグニュースを見つけて仰天する。

第75話(水)
ビートルズの来日公演が発表された。うれしくてたまらない宗男(峯田和伸)は自分の秘密基地にこもって情報収集。しかし妻の滋子(山崎静代)に働くよう怒られる。一方、宗男から電報を受け取ったみね子(有村架純)は、商店街の人々にビートルズが好きか尋ねてみることに。すると盛り上がった柏木(三宅裕司)や省吾(佐々木蔵之介)ら男たちのコーラスが始まる。その夜、同じ質問を島谷(竹内涼真)にぶつけてみると...

第76話(木)
ビートルズの来日公演にウズウズする宗男(峯田和伸)は、こんなに盛り上がっている時に「自分は茨城にいていいのか?」と焦る。一方、みね子(有村架純)のいる赤坂もその話題で持ちきり。ビートルズが赤坂のホテルに泊まるのでファンが押し寄せてくるらしい。すずふり亭の人々もソワソワしているところに、大量の歯磨き粉を持ちこむみね子。抽せんで公演のチケットがあたると知り、宗男のために買い込んでしまったと言う。

第77話(金)
抽せんに当たっていればビートルズのチケットが届く日が来た。みね子(有村架純)は郵便が気になって落ち着かない。その様子を見た鈴子(宮本信子)は「こっちまで仕事にならない」とアパートをのぞいて来るよう助言する。あかね荘に行くと島谷(竹内涼真)が郵便物を受け取っていた。みね子は、自分宛ての郵便物がないか尋ねてみるが…。そんな時、宗男(峯田和伸)は秘密基地に籠もってじっと考え事をしていた。

第78話(土)
突然、東京にやって来た宗男(峯田和伸)。ビートルズの公演のチケットは持ってないのにウズウズして来てしまったと言う。みね子(有村架純)は、さっそく早苗(シシド・カフカ)、島谷(竹内涼真)らあかね荘の住人に宗男を紹介する。美代子(木村佳乃)の様子をみね子に伝えると、「行きたいところがある」と言いだす宗男。それは実(沢村一樹)が目撃された場所だった。そこで宗男は意外な行動をとる。

Thanks! NHK


関連Blog
6/20のBlog NHK連続テレビ小説 ひよっこ、来週は「ビートルズがやって来る」の巻


NHK連続テレビ小説 ひよっこ、来週は「ビートルズがやって来る」の巻
NHK連続テレビ小説 ひよっこ 。来週一週間は「ビートルズがやって来る」の巻です (^^)v

ひよっこ

連続テレビ小説 ひよっこ 「ビートルズがやって来る」

6月26日(月)~7月1日(土)
7:30~ 7:45 NHK BSプレミアム
8:00~ 8:15 NHK 総合
12:45~13:00 NHK 総合
(再放送)
23:30~23:45 NHK BSプレミアム (再放送)

7月1日(土) 9:30~11:00 NHK BSプレミアム (1週間分)

7月2日(日) 11:00~11:20 NHK 総合 (ダイジェスト放送 ひよっこ一週間)

7月1日(土) 14:50~14:55 NHK 総合 (ダイジェスト放送 5分で『ひよっこ』)
7月2日(日) 5:45~ 5:50 NHK 総合 (ダイジェスト放送 5分で『ひよっこ』)
7月2日(日) 17:55~18:00 NHK 総合 (ダイジェスト放送 5分で『ひよっこ』)


1966年4月、ちよ子は中学生になった。通学かばんをプレゼントしたみね子は御礼の手紙をもらい、ますます仕事へのやりがいを感じていた。ある日、警察を辞めて茨城に帰っていた綿引が突然すずふり亭を訪れる。実のことで何か分かったら教えてくれと同僚に頼んでおいたところ、新しい情報が入ったという。鈴子ら店の仲間が見守るなか、実に起こった出来事を聞く。

作  岡田恵和
出演 有村架純、沢村一樹、木村佳乃、竜星涼、シシド・カフカ、古谷一行、宮本信子
語り 増田明美

Thanks! NHK

マッサン 完
マッサン

言葉にできない... No Words ...

Thanks! マッサン

マッサン 本日、最終回
マッサン

久しぶりに見終わるのが勿体無いくらい見終わりたくない番組と出会えた半年間だった。見ることが出来て良かった。昨年9月から始まったNHK連続テレビ小説 マッサン もいよいよ今日で最終回。こういう時間を過ごせるのは幸せなことだと思う。今日は良い日だ!

Thanks! NHK

マッサンも好発進! 朝ドラ復権の理由を改めて考察
マッサン

期間中の平均視聴率が22.6%と高推移をキープした「花子とアン」、現在放送中の「マッサン」も初回視聴率21.8%と好発進。近年の「NHK連続テレビ小説」(以降朝ドラ)作品群が立て続けに高い人気を得ている中、ORICON STYLE では朝ドラに関するアンケート調査を実施。その結果、枠としてブランド価値を再び取り戻した“復権”の要因が見えてきた。1961年より放送を開始した朝ドラは、これまで“日本の朝=朝ドラ”と言えるほど我々の生活に馴染み深いものとなったが、生活スタイルの変化などにより2000年代半ば頃から平均視聴率20%を下回る作品が続いていた。だが、2010年上期の「ゲゲゲの女房」以降は再び上昇傾向となり、2012年上期「梅ちゃん先生」ではついに平均視聴率20.7%まで回復。2013年上期「あまちゃん」以降は3作連続で20%超えとなり、今年9月27日に最終回を迎えた「花子とアン」は過去10年で最高となる22.6%を記録。29日スタートの「マッサン」も初回平均視聴率21.8%と好調な滑り出しとなっている。一時期、視聴率に苦戦した背景には若者の“朝ドラ離れ”もあったと言われているなか、ここにきて快進撃が続いているのは何故か?

朝ドラを観るきっかけは「あまちゃん」が大差で1位に
今回、ORICON STYLE では10~40代の男女を対象に朝ドラに関するアンケート調査を実施。「あなたは朝ドラを観る習慣がありますか?」という質問では全体の35.0%がYES(観る)と答えた。男女ともにYESの一番割合が高かったのは40代だったが、30代男性は36.0%、女性に至っては全世代で35%以上となった。さらに「朝ドラを観るきっかけになった作品」について尋ねると、数ある名作のなかで2013年、社会現象ともいえるブームを巻き起こした「あまちゃん」が2位以下に大差をつけて1位に。主な理由として「評判が良かったので見てみたらハマった」(宮城県/20代/男性)、「昔から何となく目にしているものでしたが、初めて本格的にハマりました」(神奈川県/30代/男性)など、これまで朝ドラに興味がなかった視聴者をも虜にしたようだ。もちろん、これまでの朝ドラの歴史を振り返ってみても良質な作品は数多くあった。だが、今回の調査で「あまちゃん」を挙げた人のコメントのなかに「ストーリー、配役、ところどころの小ネタ、音楽、全てが絶妙で一時も目が離せなかった。震災の扱い方も暗すぎず、明るすぎず、うまく表現されていたことに感心しきり」(山梨県/30代/女性)とあったように、主人公・アキを演じた能年玲奈をはじめとする強烈な個性を持つ俳優たち、1980年代アイドルなどの小ネタやサブカルネタを満載した宮藤官九郎のち密な脚本、さらに音楽家・大友良英による耳馴染みのよいテーマ曲や挿入歌などにより、何より若年層に訴求したことが大きかった。“きっかけ”として面白い作品と出会えたことで“毎日同じ時間に朝ドラを観る”ことがいかに日常生活の一部として溶け込んでいったかは、放送終了とともに“あまロス”という言葉を生んだことからもわかるだろう。

生活スタイルの変化に合わせた戦略も奏功
そして「あまちゃん」で朝ドラの面白さを知り、毎朝の日課として観るようになった層は次作「ごちそうさん」以降の作品にも大きな期待を寄せるようになった。それはその後の3作が初回から20%を超える好視聴率を記録していることからも窺い知ることができる。また、近年、視聴者の生活のスタイルの変化に合わせ、本放送の放送時間を繰り上げたことや1週間分をまとめた“ダイジェスト版”の放送をスタートしたことも後押ししたようだ。放送時間は3位にランクインした「ゲゲゲの女房」から15分早い8時スタートとなったが、同作には「たまたまチャンネルを変えていたら面白そうだったので。放送時間の変更で観られるようになった」(岐阜県/40代/女性)といったコメントもあり、その効果を裏付けている。近年、朝ドラが好調となっている理由には生活スタイルに合わせたアプローチの変化により間口が広がったこと、若年層にも訴求するテーマ性により、10代・20代にも朝ドラの視聴習慣が根付いたことが背景にある。もちろん、それは視聴者に作品を楽しんでもらいたい、笑顔で1日をスタートしてほしいという、送り手側の作品作りへの真摯な姿勢があってこそ。好調な滑り出しとなった「マッサン」をはじめ、今後、どんな作品で1日の始まりを彩ってくれるのか、引き続き期待したい。

※ 視聴率はすべてビデオリサーチ調べ (関東地区)

朝ドラを観るきっかけになった作品 TOP 10
1位 あまちゃん (2013年4月~9月 20.6% 能年玲奈)
2位 ちゅらさん (2001年4月~9月 22.2% 国仲涼子)
3位 ゲゲゲの女房 (2010年3月~9月 18.6% 松下奈緒)
4位 梅ちゃん先生 (2012年4月~9月 20.7% 堀北真希)
5位 ふたりっ子 (1996年10月~1997年4月 29.0% 三倉佳奈・茉奈)
6位 ごちそうさん (2013年9月~2014年3月 22.4% 杏)
7位 おしん (1983年4月~1984年3月 52.6% 小林綾子 田中裕子)
8位 純と愛 (2012年10月~2013年3月 17.1% 夏菜)
9位 カーネーション (2011年10月~2012年3月 19.1% 尾野真千子)
9位 おひさま (2011年4月~10月 18.8% 井上真央)

歴代の朝ドラのなかで一番印象に残っている作品 TOP 10
1位 あまちゃん (2013年4月~9月 20.6% 能年玲奈)
2位 ごちそうさん (2013年9月~2014年3月 22.4% 杏)
3位 ちゅらさん (2001年4月~9月 22.2% 国仲涼子)
4位 おしん (1983年4月~1984年3月 52.6% 小林綾子 田中裕子)
5位 梅ちゃん先生 (2012年4月~9月 20.7% 堀北真希)
6位 ゲゲゲの女房 (2010年3月~9月 18.6% 松下奈緒)
7位 ちりとてちん (2007年10月~2008年3月 15.9% 貫地谷しほり)
8位 カーネーション (2011年10月~2012年3月 19.1% 尾野真千子)
9位 花子とアン (2014年3月~9月 22.6% 吉高由里子)
9位 純と愛 (2012年10月~2013年3月 17.1% 夏菜)

[調査概要]
調査時期 2014年9月1~7日
調査対象 合計1000名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員10代、20代、30代、40代の男女)
調査地域 全国
調査方法 インターネット調査

Thanks! ORICON STYLE

見る! マッサン
マッサン

今日から始まったNHK連続テレビ小説 マッサン が面白い。ここ数年、当たりが多いNHK連続テレビ小説だけど、これはかなりのヒット!かもしれない。来年3月末まで楽しい日々が続きそう (^^)b

マッサン 2014年9月29日(月)~2015年3月28日 全150回
■ 本放送
月~土  7:30~ 7:45 NHK BSプレミアム
月~土  8:00~ 8:15 NHK 総合
月~土 12:45~13:00 NHK 総合 (再放送)
月~土 23:00~23:15 NHK BSプレミアム (再放送)
■ 一週間分まとめて再放送 ... 月~土までの一週間(6話)分をノーカット再放送
土 9:30~11:00 NHK BSプレミアム
■ ダイジェスト放送
(1) マッサン一週間 ... 「NHKとっておきサンデー」内で放送
日 11:00~11:54 NHK 総合
(2) 5分で「マッサン」
土 14:50~14:55 NHK 総合
日  5:45~ 5:50 NHK 総合

Thanks! NHK



クリスマス・レコード・ボックス

7インチシングル集 クリスマス・レコード・ボックス [直輸入盤仕様]
7インチシングル集 クリスマス・レコード・ボックス [輸入盤]

サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド 1LP 50周年記念ピクチャー・ディスク・エディション [直輸入盤仕様]
サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド 1LP 50周年記念ピクチャー・ディスク・エディション [輸入盤]
サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド 1LP 50周年記念エディション [輸入盤]
サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド 2LP 50周年記念エディション [直輸入盤仕様]
サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド 2LP 50周年記念エディション [輸入盤]
サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド 1SHM-CD 紙ジャケ
サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド 4SHM-CD+Blu-ray+DVD スーパー・デラックス・ボックス・セット
サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド 2SHM-CD
サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド 1SHM-CD
サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド 4CD+Blu-ray+DVD [輸入盤]
サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド 2CD [輸入盤]
サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド 1CD [輸入盤]

紙ジャケ SHM-CD プリーズ・プリーズ・ミー
紙ジャケ SHM-CD ウィズ・ザ・ビートルズ
紙ジャケ SHM-CD ハード・デイズ・ナイト
紙ジャケ SHM-CD ビートルズ・フォー・セール
紙ジャケ SHM-CD ヘルプ!
紙ジャケ SHM-CD ラバー・ソウル
紙ジャケ SHM-CD リボルバー
紙ジャケ SHM-CD サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド
紙ジャケ SHM-CD マジカル・ミステリー・ツアー
紙ジャケ SHM-CD ザ・ビートルズ (ホワイト・アルバム)
紙ジャケ SHM-CD イエロー・サブマリン
紙ジャケ SHM-CD アビイ・ロード
紙ジャケ SHM-CD レット・イット・ビー
紙ジャケ SHM-CD パスト・マスターズ
紙ジャケ SHM-CD ザ・ビートルズ 1962年~1966年 (赤盤)
紙ジャケ SHM-CD ザ・ビートルズ 1967年~1970年 (青盤)

ポール・マッカートニー・アーカイヴ・シリーズ

ポール・マッカートニー / ポール・マッカートニー
日本盤 SHM-CD 紙ジャケ仕様(英国初回盤LPをミニチュア再現)、解説・歌詞・対訳付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、カラー・ヴィニール(レッド)、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、ブラック・ヴィニール、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付
輸入盤 CD デジパック仕様
輸入盤 LP カラー・ヴィニール(レッド)
輸入盤 LP ブラック・ヴィニール

ラム / ポール&リンダ・マッカートニー
日本盤 SHM-CD 紙ジャケ仕様(英国初回盤LPをミニチュア再現)、解説・歌詞・対訳付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、カラー・ヴィニール(イエロー)、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、ブラック・ヴィニール、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付
輸入盤 CD デジパック仕様
輸入盤 LP カラー・ヴィニール(イエロー)
輸入盤 LP ブラック・ヴィニール

バンド・オン・ザ・ラン / ポール・マッカートニー&ウイングス
日本盤 SHM-CD 紙ジャケ仕様(英国初回盤LPをミニチュア再現)、解説・歌詞・対訳付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、カラー・ヴィニール(ホワイト)、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、ブラック・ヴィニール、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付
輸入盤 CD デジパック仕様
輸入盤 LP カラー・ヴィニール(ホワイト)
輸入盤 LP ブラック・ヴィニール

ヴィーナス・アンド・マース / ウイングス
日本盤 SHM-CD 紙ジャケ仕様(英国初回盤LPをミニチュア再現)、解説・歌詞・対訳付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、カラー・ヴィニール(レッド&イエロー)、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、ブラック・ヴィニール、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付
輸入盤 CD デジパック仕様
輸入盤 LP カラー・ヴィニール(レッド&イエロー)
輸入盤 LP ブラック・ヴィニール

スピード・オブ・サウンド / ウイングス
日本盤 SHM-CD 紙ジャケ仕様(英国初回盤LPをミニチュア再現)、解説・歌詞・対訳付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、カラー・ヴィニール(オレンジ)、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、ブラック・ヴィニール、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付
輸入盤 CD デジパック仕様
輸入盤 LP カラー・ヴィニール(オレンジ)
輸入盤 LP ブラック・ヴィニール

マッカートニーII / ポール・マッカートニー
日本盤 SHM-CD 紙ジャケ仕様(英国初回盤LPをミニチュア再現)、解説・歌詞・対訳付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、カラー・ヴィニール(クリア)、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、ブラック・ヴィニール、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付
輸入盤 CD デジパック仕様
輸入盤 LP カラー・ヴィニール(クリア)
輸入盤 LP ブラック・ヴィニール

タッグ・オブ・ウォー / ポール・マッカートニー
日本盤 SHM-CD 紙ジャケ仕様(英国初回盤LPをミニチュア再現)、解説・歌詞・対訳付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、カラー・ヴィニール(ブルー)、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、ブラック・ヴィニール、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付
輸入盤 CD デジパック仕様
輸入盤 LP カラー・ヴィニール(ブルー)
輸入盤 LP ブラック・ヴィニール

パイプス・オブ・ピース / ポール・マッカートニー
日本盤 SHM-CD 紙ジャケ仕様(英国初回盤LPをミニチュア再現)、解説・歌詞・対訳付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、カラー・ヴィニール(シルヴァー)、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、ブラック・ヴィニール、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付
輸入盤 CD デジパック仕様
輸入盤 LP カラー・ヴィニール(シルヴァー)
輸入盤 LP ブラック・ヴィニール

上記8タイトル・セット(ユニバーサル・ミュージック・ストア限定発売) / ポール・マッカートニー&ウイングス
日本盤 SHM-CD 紙ジャケ仕様(英国初回盤LPをミニチュア再現)、解説・歌詞・対訳付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、カラー・ヴィニール(8色)、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、ブラック・ヴィニール、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付

ポール・マッカートニー/アーカイヴ・シリーズ