つれづれなるままにWINGSFAN
Tribute Vlog for Paul McCartney & Wings
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Yesterday  Here Today  Go Now
LIVE
7/26 ポール・マッカートニー 米国 ティンリーパーク Hollywood Casino Amphitheatre
7/30 ダニー・ハリスン 米国 ニューヨーク Panorama Music Festival
9/11~10/2 ポール・マッカートニー 米国
10/13~20 ポール・マッカートニー ブラジル
10/24 ポール・マッカートニー コロンビア
10/28 ポール・マッカートニー メキシコ
12/2~11 ポール・マッカートニー オーストラリア
12/16 ポール・マッカートニー ニュージーランド

イベント
7/28 19:00~20:30 トーク&サイン会 藤本国彦氏と読むビートルズ
8/5 14:00~15:00 ボブ・グルーエン トークショー
8/5 15:00~16:00 ボブ・グルーエン サイン会
8/6まで 10:00~21:00 ボブ・グルーエンと100人のロックレジェンド展 cor porate with FUJI ROCK FESTIVAL
8/6まで 11:00~23:00 ザ・ビートルズ特設コーナー2017
8/20 19:00 サージェント・ペパーズ発売50周年記念トーク・イベント (6) メンバーを取り巻く世界
9/17まで ジュリアン・レノン写真展 Cycle 東京
9/17まで ジュリアン・レノン写真展 Cycle –Life Cycle– 東京
9/17まで ジュリアン・レノン写真展 Cycle –River Life– 京都

TV , ラジオ
7/31 14:30~16:30 ザ・ビートルズ ~ EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years WOWOWシネマ
8/4 12:00~14:00 ザ・ビートルズ ~ EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years WOWOWシネマ
8/13 6:00~8:00 ザ・ビートルズ ~ EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years WOWOWライブ
8/20 12:35~14:35 ザ・ビートルズ ~ EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years WOWOWシネマ

CD
8/2 ヨーコ・オノ フライ
8/2 ヨーコ・オノ 無限の大宇宙
8/2 ヨーコ・オノ 空間の感触
8/4 ビートルズ ハリウッド・ボウル 1964
9/15 リンゴ・スター ギヴ・モア・ラヴ
10/6 ダニー・ハリスン IN///PARALLEL US盤
後半? ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム
後半? ポール・マッカートニー 全カタログ再発

BD , DVD
8/4 It Was Fifty Years Ago Today! The Beatles: Sgt. Pepper Beyond
8/23 サウンドブレイキング / ジョージ・マーティン 他
10/3 パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 海外盤

映画
8/5 俺たちポップスター (リンゴ・スター出演)
年内? ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内? A Life In The Day

アナログ盤
8/9 ヨーコ・オノ フライ
8/9 ヨーコ・オノ 無限の大宇宙
8/9 ヨーコ・オノ 空間の感触
9/22 リンゴ・スター Give More Love
後半? ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム
後半? ポール・マッカートニー 全カタログ再発

グッズ , ゲーム
8/18 ビートルズ ジャケットコースターセット
9/30 ビートルズ コラボTシャツ

本 , 雑誌 , ムック
9/8 ビートルズはどこから来たのか 大西洋を軸に考える20世紀ロック文化史
9/21 絵本「Imagine」(仮)
2018年 The Beatles: Yellow Submarine


カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


ポール・マッカートニー監督作品が米国で劇場上映へ
ジョニー・デップとナタリー・ポートマンが出演していることでも話題になっているポール・マッカートニーのミュージック・ビデオが米国で劇場上映されることが明らかになった。これは米 Los Angeles Times 紙が報じたもので、今週末からニューヨーク、ロサンゼルスで上映開始されるフランス映画「最強のふたり」(日本では9月公開)の併映作品になるという。ジョニー・デップ&ナタリー・ポートマンが共演しているのはポールの新曲「マイ・ヴァレンタイン」のミュージック・ビデオ。二分割された画面の中で二人がそれぞれ手話に挑戦しているもので、ジョニーはギター演奏も披露。モノクロで表現された同MVの監督はポール・マッカートニー自身が務めている。映画館での上映は「最強のふたり」の北米配給を務める The Weinstein Company が決定。昨年の東京国際映画祭で最優秀賞にあたる東京サクラグランプリを獲得した同作とミュージック・ビデオには直接の関連は無いものの、ポールは過去に The Weinstein Company 主催のイベントに出演したことがあり、そうしたことが今回の上映に繋がったのではないかと Los Angeles Times 紙は報じている。


Thanks! シネマトゥデイ

PV「マイ・ヴァレンタイン」撮影風景
ポール・マッカートニーの新PV「マイ・ヴァレンタイン」の撮影風景です。ポール監督、はりきっています (^^)

Johnny Depp & Paul McCartney

Johnny Depp

Johnny Depp

Johnny Depp

Natalie Portman

Natalie Portman

Natalie Portman

Paul McCartney

Paul McCartney

Thanks! Paul McCartney


関連Blog
4/15のBlog ポール・マッカートニー、マイ・ヴァレンタインのPVを新たに制作


ポール・マッカートニー、マイ・ヴァレンタインのPVを新たに制作
アルバム「キス・オン・ザ・ボトム」に収録されている「マイ・ヴァレンタイン」のPVをポール・マッカートニーが新たに制作し、昨日(14日)から一般公開しました。新しいPVはジョニー・デップ、ナタリー・ポートマンが「マイ・ヴァレンタイン」の歌詞を手話で伝えるといった内容で、以下の3バージョンが公開されました。

featuring ナタリー・ポートマン & ジョニー・デップ

featuring ナタリー・ポートマン

featuring ジョニー・デップ

Directed by ポール・マッカートニー
Featuring ナタリー・ポートマン , ジョニー・デップ
Cinematographer ウォーリー・フィスター
Editor ポール・マルチネス
Produced by スザンヌ・プライスラー

Thanks! Paul McCartney


関連Blog
1/16のBlog PV マイ・ヴァレンタイン


キス・オン・ザ・ボトムのTシャツ
T-Shirt - Kisses On The Bottom

ポール・マッカートニーの新作「キス・オン・ザ・ボトム」のTシャツです。ポール・マッカートニー公式サイト で買えます。

Thanks! Paul McCartney


ポール・マッカートニー、ようやく枯れる!?
キス・オン・ザ・ボトム - ポール・マッカートニー

ポール・マッカートニーは今年6月18日で70歳になる。1962年にビートルズでデビューして以来、ウイングスを経てソロとなり、休むことなく活動しているが、同世代で今も現役として第一線を走るローリング・ストーンズやボブ・ディランとの大きな違いは“円熟”や“枯れる”ことを感じさせない点だろう。2005年11月、米ロサンゼルスで公演を見たが、余計なしゃべりもなく、約3時間歌いっぱなし。ビートルズの楽曲の中でも最も激しい「ヘルター・スケルター」をキーを下げずに飄々と熱唱する。20代だったビートルズ時代のままなのだ。そんな彼が1920~30年代の米ジャズやミュージカルの名曲のカバー集「キス・オン・ザ・ボトム」を発表した。ジャズ歌手、ダイアナ・クラール率いるジャズバンドと共演し、ミュージカル曲「イッツ・オンリー・ア・ペイパー・ムーン」などのスタンダード曲をしっとりしたムードで披露。驚いたことに新曲2曲も当時のスタンダードのような雰囲気。若さいっぱいのライブと違い、彼が良い意味で初めて“枯れた”ところを見せる貴重で興味深い作品だ。それでもライブでは「ドライブ・マイ・カー」のようなノリノリのビートルズの楽曲を元気いっぱいに歌うのだろう…

Thanks! SANKEI EXPRESS

ポール・マッカートニーのメッセージ・カードを送ろう!
ポール・マッカートニー公式サイトで Share The Love というアプリが公開されました。これは「キス・オン・ザ・ボトム」のアーティスト写真を使って、オリジナルのメッセージ・カードが作れるというもので、カードを開けるとBGMで「手紙でも書こう」が流れます。作成したカードは Facebook や Twitter、E-mail で送ることができます。簡単に作れるのでぜひお試しください。

Share The Love - Paul McCartney

Thanks! Paul McCartney

ポール・マッカートニー キス・オン・ザ・ボトム 好評発売中!
キス・オン・ザ・ボトム - ポール・マッカートニー

Thanks! UNIVERSAL JAZZ

EPK 画像データ キス・オン・ザ・ボトム
画像をクリックすると、とてつもなくデカイ画像データが表示されます。 壁紙やポスターが作れるくらい大きいです。

Paul McCartney - Kisses On The Bottom

Paul McCartney - Kisses On The Bottom

Paul McCartney - Kisses On The Bottom

Paul McCartney - Kisses On The Bottom

Paul McCartney - Kisses On The Bottom

Paul McCartney - Kisses On The Bottom

Paul McCartney - Kisses On The Bottom

Paul McCartney - Kisses On The Bottom

Thanks! Paul McCartney

EPK ビデオ映像 キス・オン・ザ・ボトム その2
ポール・マッカートニー公式 YouTube で公開されたアルバム「Kisses On The Bottom」の EPK ビデオ映像です。米ハリウッドのキャピトル・スタジオで行なわれたのポール・マッカートニーとトミー・リピューマの対談の全長版です。


── 何年も前から米国のスタンダード集を作りたいと話していましたが、まずはそのきっかけを教えて下さい。

ポール・マッカートニー : そういう曲を聴いて僕は育ったんだよ。父親や彼と同世代の人たちが聴いていた曲をね。家で父はそうした曲をピアノで弾いていた。覚えているのはクリスマス・イヴのことだ。父はピアニストで、ある店で弾いていた。着飾った女性たちがピアノの周りを囲んでいた。そこで父が歌い始めたんだ。僕はそうした雰囲気や家族と過ごす楽しい時間が好きだった。それからもう一つ、僕が自分で曲を書くようになってから、そうした曲が持っている構造の素晴らしさに気がついた。だからそういう曲からいろいろなことを学んだんだ。

── このアルバムを作ろうと決めたのはどういう理由から?

ポール・マッカートニー : いつも作りたいとは思っていた。それでニューヨークでトミー(・リピューマ)と会って、話し合いを始めたんだ。こういう作品を前から作りたいと思っていたという話をね。でも、すでに多くの人が似たようなアルバムを作っていた。ロッド・スチュアートも「グレイト・アメリカン・ソングブック」のシリーズを出していたし、その他にもいろんな人が既にやっていた。ロビー・ウィリアムスも作っていたし。だから、無理かなとも思ったけれど、今回のような作品を作ることが出来れば大丈夫とも思った。これまでに誰もやっていない曲を歌うとかね。僕たちにとってこれは大きなチャレンジにもなるとも思った。それで、とにかくトミーとはいろいろな話をした。これまでとは違うミュージシャンを選ぶとか、自分でもいくつかの曲を書くとか。それで他とはちょっと違う内容になったと思うけれど、そういうアイデアについて話し合った。完成した今になって考えてみると、こういう作品は二度と作れないかもしれないね。

── 取りあげたスタンダードのことですが、あなたのアイデアもあったんですか?

トミー・リピューマ : 話し合いはいろいろしたけれど、曲はポールが選んだ。私は選曲については何もしていない。私は彼に従っただけだ。その方が良いと思ったからね。

ポール・マッカートニー : 最初の頃はいろいろな曲がアイデアとしてあった。皆が喜ぶような曲をやろうとかね。でも、やがてそういうことは考えなくなった。自分が書いた古い曲、たとえば「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」を4ビートで歌ってみるとかね。それはすぐに却下したけれど、そういうことも含めて僕たちはディスカッションを重ねた。

── プロデューサーにトミー・リピューマを選んで正解だったと思うのはどんな点ですか?

ポール・マッカートニー : お互いに好ましい人物と思っていたからね。それで彼と話し合いを始めたら古い曲のことを実によく知っていたんだ。僕が書いた2曲についても彼は重要なサジェスチョンをしてくれた。話せば話すほど彼がこのプロジェクトに最適な人物だと実感した。彼は長いことプロデューサーの仕事をしているからね。僕たちには共通する点もたくさんあるし。

── 最初にこのアルバムを作ろうという考えが浮かんだ時、既に発表されていた他のアーティストのスタンダード・アルバムを聴いたり、そこからの影響を受けそうになったりしたことは無かったのでしょうか?

トミー・リピューマ : 私はポールがこれまでに残してきた曲を知っているし、いつも特別なものをそれらの中に感じていた。それと、彼には伝統に対する素晴らしい感覚がある。曲の構成なんかの点でね。それが作曲にも活かされている。それで彼のバックグラウンドを知って、なるほどと思った。彼は自分なりのやり方でスタンダード・ソングの発展をさせていたんだ。その点について私も同感だったし、そういうことが望ましいと思っていた。それで、私たちがするべきことはなにかを考えた。重要なのはいかに個性的なスタイルを表現するかだ。どうやればいいのか、そのアプローチについて考えた。これまでに誰もやったことがないようなやり方でやれないかと。それと、自然に体がスウィングしてくるようなサウンドも必要だ。

ポール・マッカートニー : トミーがダイアナ・クラールを推薦してくれた。彼女がピアノを弾くんだ。これが素晴らしい結果をもたらした。それで、僕たち3人が会うことになった。そこで彼女がピアノを弾いてくれた。彼女はまるで僕の父親を知っているかのように彼のような感じでピアノを弾くんだ。彼が好きだったやり方でね。それで、アルバムには「ホーム」という曲が収録されている。この曲は父親がよく弾いていたんで、彼女に頼んで吹き込むことにした。ずっと昔、自分が子供だった頃によく聴いた曲だ。僕もこの曲をギターで弾いて覚えたし。それで、これを歌いたくてダイアナにリクエストした。彼女は「こんな曲を知っている人は誰もいないと思うけど」とか言いながらもやってくれたんだ。彼女は素晴らしいチーム・プレイヤーだよ。そのことはすぐにわかった。彼女もこのプロジェクトを楽しんでくれたみたいだし。

── このアルバムからはジャズ特有のセンス、それも最高のものが聴きとれます。またジャズが持つ自由も認められます。どうやったらそういう要素が獲得できるんでしょうか? ダイアナの存在も大きいですか?

トミー・リピューマ : ミュージシャンの選択、それともちろんどんな曲を取りあげるか、そういう要素を慎重に考え、方向性をはっきりとさせる。スタンダード集を作る場合はスタンダード・ソングを熟知していないといけない。でも、そういうことだけにとらわれてもダメなんだ。大切なのはご機嫌にスウィングすること。4ビートでどれだけいい気分になれるかだ。フランク・シナトラがやったようにね。

ポール・マッカートニー : トミーもダイアナも僕も、そして友人たちも、曲についてはいろいろな意見を出してくれた。それらを全部吟味してからこのスタジオに来て、僕はヴォーカル・ブースに入った。いつもならヘッドフォンをつけて、ギターとかピアノとかも弾く。そういうのが僕の気分を落ち着かせてくれるんだ。だけど、今回は何もない。マイクの前に立って歌うだけ。ちょっとナーヴァスになったよね。それからエンジニアがこんなことも教えてくれた。今回使うのはナット・キング・コールが使っていたマイクだよって。ワーオ。それでますますプレッシャーを感じた。吹き込む曲を見ていたらダイアナが「何から始める?」って聞いてきた。トミーにも同じことを言われた。それで並べてあった譜面の中から一つを選び、それをやってみることにした。事前の打ち合わせはなし。皆でやりながら方向性を決めていく。ダイアナも自分のパートをどうやればいいのか試し、それからイントロも考える。ギターもそういう感じ。ピアノでストライド風のタッチを弾いて「これでどうかしら? もうちょっと静かにしたほうがいい?」とかね。

トミー・リピューマ : まったく自由にやってたね。

ポール・マッカートニー : そう、本当に自由だった。あるいは自然なままって言えばいいかな? このやり方はビートルズ時代を思い出させてくれた。曲を持ち寄り、それをいじくり、そうやってどうやるかを考える。そのあとに「OK、それじゃあ録音しよう」となる。そうなるまでその曲をどうやるかはわからない。こういうやり方で僕たちは曲を仕上げていった。トミーともそういうやり方ができたのはよかった。彼はスタジオからブースにいる僕に話しかけてくる。彼はもう一人のバンド・メンバーのような存在だった。それで「ここはもう少し速く」とか「ゆっくりやってみたら」とか言ってくれた。たいていは僕の考えに同意してくれたけれど、たまにはダメ出しもされたね。彼とは良い仕事ができたと思うよ。彼との仕事は楽しかったし。

トミー・リピューマ : 本当の意味でのターニング・ポイントは「もう望めない」を録音した時だ。これはフランク・レッサーが書いた美しい曲でね。ミュージカルの「ガイズ・アンド・ドールズ(野郎どもと女たち)」の中の1曲だ。ブロードウェイのステージでは使われたんだが、後に映画化されたときにこの曲は使われなかった。そういう曲なんだけれど、ポールの解釈が見事だった。歌い方にセンスのよさを感じた。例をあげるなら、とりわけ歌い始めが見事だ。トーンとかメロディに対するアプローチの仕方がね。このことは聴けばわかると思う。

ポール・マッカートニー : スタジオに入った初日から自由な雰囲気が漂っていた。ジャズ・ミュージシャンと一緒だからね。ダイアナとか。皆にはこういう曲に馴染みがあってどう演奏したらいいのかわかっているとしても、僕には違う世界の曲だ。だから自分なりのやり方を見つけ出さなければならない。大きな声でスウィングしながら、「ヘヴン、アイム・イン・ヘヴン~」みたいに歌って、まずは自分なりの準備をした。それで気分を盛りあげたんだ。その後にナット・キング・コールが使ったマイクが用意されていることを知らされた。だから、実際にそのマイクを前にして歌うときには声を落としたんだ。そのマイクを使ってレコーディング・エンジニアが最高の仕事をしてくれるだろうって考えたからさ。大きな声で歌うと声が割れちゃうからね。だからマイクに口を近づけて穏やかに歌うことにした。エンジニアのアル・シュミットが最高の仕事をしてくれたよ。おかげで素晴らしいサウンドになった。とてもピュアなサウンドで録音することができた。だから、その後も基本的にシンプルで自然なサウンドをキープしようと決めた。ビッグ・バンドにありがちな大げさなサウンドにするのはやめて、僕と曲の関係を大切にした音作りをするように心がけたのさ。

── レコーディングでの苦労は? ポールは参加したミュージシャンについて知らないでしょうが、彼らはポールについて知っています。そういう点で何か苦労はしましたか?

トミー・リピューマ : ミュージシャンはポールのことをとても尊敬している。スタジオでのポールは素晴らしい態度で皆と接していた。誰もが気持ち良く仕事に向かうことができた。だから、皆が自分の仕事をすればいいだけだった。

ポール・マッカートニー : トミーは最初の1週間で僕にこう言ったんだ。僕たちはとても楽しい時間を過ごしていた。「私に君の作品をプロデュースさせてほしい」。もちろんそのつもりだったし、彼は偉大なプロデューサーだ。「だから何でも言ってほしい、僕も言うから」って話した。ダイアナのことで覚えているのは二人で何かを試しているときだったけれど、彼女がピアノのところからヴォーカル・ブースにいる僕を見ているのが目に入った。そのときの彼女はどうやったらいいのかわからなくなっていたんだ。その時はこんな話をした。「僕は今、ロサンゼルスにいる。キャピトルのAスタジオだ。マイクはナット・キング・コールが使っていたもの。天気は最高。それに僕は旅行者。僕は休暇を楽しんでいるんだよ」。彼女は微笑み、頷いて、それでおしまい。

トミー・リピューマ : 「グローリー・オブ・ラヴ」の話をしよう。これは録音に苦労した唯一の曲だ。いろいろ試してみたがうまくいかない。それで、そろそろこの曲は諦めようと思っていた。ところがダイアナがこう提案したんだ。「ベース・プレイヤーのジョン・クレイトンとポールの二人だけで最初のパートをやってみたらどうかしら?」。ヴォーカルとベースだけだ。

ポール・マッカートニー : そのアイデアを聴いたときは焦ったね。でも結果は最高。ジョンは素晴らしいプレイヤーだし。

── 「もう望めない」は父親が娘のために歌っていた曲と聞きましたが、この曲に興味を持ったのはいつのことですか?

ポール・マッカートニー : 最初にこの曲を聴いたのは「ガールズ&ドールズ(野郎どもと女たち)」の出演者が吹き込んだレコードだった。とにかく美しい曲だった。「モア・アイ・キャント・ウィッシュ・ユー~」。ラヴ・ソングとして魅力的な曲だ。恋を探す歌だから、父は娘にいつか君にもわかるだろうと思って歌ってみせたんだろう。とにかく好きな曲だった。とても感動した。恋を探す歌だけれど僕は素敵な曲を探す歌としてこの曲をとらえていた。僕の娘が8歳のときだから、歌の内容を理解できるには早かったし。いくつかの曲はジョニー・マンデルにアレンジをしてもらった。ビューティフルでとてもシンプルなアレンジだ。僕が「アイ・キャント・ウィッシュ・ユー」って歌うと、ストリングスが入ってくる。まさにマンデル・ストリングスの極みだ。最高に感激したね。

── ダイアナとデュエットすることは考えなかった?

ポール・マッカートニー : 面白いと思うし、頭の中にはそういう考えもあった。ダイナアもシンガーだからね。でも今回は彼女がバンドを用意してくれた。彼女は伴奏者でピアニストなんだ。だから今回の彼女も幸せな時間が持てたと思うよ。

トミー・リピューマ : 彼女はサイドマンでいるのが好きなんだよ。

ポール・マッカートニー : 彼女と歌うことは興味深いし、考えたこともある。たしかに彼女は歌うべきだ。でも、彼女はいつも音楽のアイデアを出すことを楽しんでいた。ご機嫌なソロを弾くことや伴奏をすること、イントロを作ることなんかをね。だから、いつもとは違うダイアナの姿がこのレコーディングでは発見できる。

── 続編を作る気持ちは?

ポール・マッカートニー : もちろん。そういう機会があれば、また良いものが作れるかもしれないね。でも、この作品には満足しているよ。

Thanks! Paul McCartney & ユニバーサルミュージック

EPK ビデオ映像 キス・オン・ザ・ボトム その1
ポール・マッカートニー公式 YouTube で公開された EPK ビデオ映像です。

Paul At The Photoshoot For Kisses On The Bottom

Kisses On The Bottom - Out 6th/7th Feb 2012

Kisses On The Bottom EPK

Thanks! Paul McCartney