つれづれなるままにWINGSFAN
Tribute Vlog for Wings Greatest 40th anniversary
01 | 2018/02 | 03
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
Yesterday  Here Today  Go Now
イベント
2/23 19:30 本人が語るアナログ盤NIGHT vol.3 小原礼が語るアルバム“黒船 / Sadistic Mika Band”
2/25 15:00 青猫書房 モノラル・レコードを聴く会 ビートルズのリアルタイムの音を聴く
2/25 18:30 レコスケと祝おう ~ ジョージ・ハリスン生誕祭 2018
2/27~3/29 本秀康展「ロックとマンガ」
3/10 13:00 ビートルズ・アルバム・ヒストリー 1966-1970 「リボルバー」から「レット・イット・ビー」まで
3/11 17:00 藤本国彦プロデュース ビートルズの世界 Around The Beatles トーク・イベント
3/11まで ジョージ・ハリスン アイ・ミー・マイン展
3/11まで ロックの殿堂ジャパンミュージアム
3/24 12:30 ビートルズ・アナログ鑑賞会 Vol.18 ピーター・バラカン出演
4/8 FOOL On The HOLIDAY
4/8まで ONTEN ~LOVE + ROCK ビートルズ × 忌野清志郎~
4/14 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
4/24~5/5 Lennon's Banjo 英国
5/12 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
6/9 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
7/14 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
8/11 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
9/8 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説

CD
2/23 Concert For George Deluxe Box Set + Test Pressings US盤
2/23 Concert For George Exclusive Deluxe Edition US盤
2/23 コンサート・フォー・ジョージ 輸入盤・限定盤 2CD+2Blu-ray
2/23 コンサート・フォー・ジョージ 輸入盤 2CD+2DVD
2/23 コンサート・フォー・ジョージ 輸入盤 2CD
2/28 ビートルズ ザ・コンプリート・スタークラブ・テープス1962
3/28 グレープフルーツ イエスタデイズ・サンシャイン ロンドン・セッションズ 67-68
4/4 ダニー・アドラー ビット・オブ・ビートルズ
年内 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

アナログ盤
2/23 コンサート・フォー・ジョージ 輸入盤・限定盤 4LP
2/23 ラングレイ・スクール・ミュージック・プロジェクト The Langley Schools Music Project US盤
年内 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

Blu-ray , DVD
2/23 Concert For George US盤 2CD+2Blu-ray
2/23 Concert For George US盤 2CD+2DVD
3/28 演劇女子部 一枚のチケット ~ビートルズがやってくる~

本 , 雑誌 , ムック
2/24まで The Beatles 音源徹底分析(一部内容) 無料ダウンロード
2/26 麗しき70年代ロック・スター伝説 8ビートギャグ リターンズ (ビートルズ・ネタ掲載)
3/6 MUSIC LIFE ジョンとヨーコのバラッド
3/9 ジョン・レノンの流儀(仮) 1964-1980 対話録
3/12 ウェルカム! ビートルズ 1966年の武道館公演を成功させたビジネスマンたち
3/19 ヒプノシス全作品集
年内 ジョン・レノン Imagine
年内 The Beatles: Yellow Submarine

グッズ
3/31 ビニールフィギュア ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター、イエロー・サブマリン

映画
春 Concert For George 米国
5月 犬ヶ島 (オノ・ヨーコ声優参加)
7/8 イエローサブマリン <新デジタル・リマスター版>
秋 ビートルズ The Beatles in India
年内 ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内 A Life In The Day


カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


映像 ユニカビジョン 12-12-12/ニューヨーク、奇跡のライブ 本日まで放映

新宿東口ヤマダ電機ビル壁面の ユニカビジョン で放映中の「12-12-12/ニューヨーク、奇跡のライブ」のプロモ映像です。放映期間は今日(6/10)までです。お見逃しなく!

Thanks! ユニカビジョン


関連Blog
6/1のBlog 新宿東口で「12-12-12/ニューヨーク、奇跡のライブ」を大ビジョン放映 6月10日まで


新宿東口で「12-12-12/ニューヨーク、奇跡のライブ」を大ビジョン放映 6月10日まで
ユニカビジョン

本日(6/1)より6月10日(水)まで、新宿東口ヤマダ電機ビル壁面(西武新宿駅前ペペ広場向い)にある ユニカビジョン にて、映画「12-12-12/ニューヨーク、奇跡のライブ」を大特集放映します! 靖国通り沿い・西武新宿駅前・JR各線では大ガードを通過する車両内からもご覧頂けます。

■ 放映期間
6月1日(月)~ 10日(水)

■ 放映時間
11:00、13:00、15:00、17:00、19:00 から約15分間

■ 放映曲目
Blu-ray「12-12-12/ニューヨーク、奇跡のライブ」より以下の5曲。
(1) Cut Me Some Slack (ポール・マッカートニー&ニルヴァーナ)
(2) Jumpin' Jack Flash (ローリング・ストーンズ)
(3) Livin' on a Prayer(ボン・ジョヴィ)
(4) Got Get Better in a Little White (エリック・クラプトン)
(5) Empire State of Mind (アリシア・キーズ)

又、ユニカビジョンで「12-12-12/ニューヨーク、奇跡のライブ」をご覧の皆様に Amazonギフト券1000円分を50名様にプレゼント。専用アプリ「VISION α」をダウンロードしたスマートフォンを「12-12-12/ニューヨーク、奇跡のライブ」特集番組放映中のユニカビジョンにかざすと、その場でプレゼントの抽選結果が表示されます。アプリダウンロードは iPhone , Android です。


Thanks! ユニカビジョン , ゆうちゃん

映画の後はハードロックカフェ東京へ行こう!
ハードロックカフェ東京

映画「12-12-12/ニューヨーク、奇跡のライブ」の公開を記念してハードロックカフェ東京(六本木)では本日(1/16)よりオリジナルドリンクメニューを販売。ご注文の方に抽選でオリジナルグッズ(ポスター、シール)をプレゼント! チケット半券をご持参頂けると飲食・物販で1000円以上のご利用の際に10%OFFとなります! 場所はTOHOシネマズ 六本木ヒルズから徒歩5分程度。映画鑑賞後、余韻に浸りながらの一杯はいかがでしょう? ぜひともお立ち寄りくださいませ!

Thanks! ハードロックカフェ

ポール・マッカートニー出演のハリケーン被災者支援コンサート、42億円を寄付へ
12-12-12 The Concert for Sandy Relief

10月末に米国北東部を襲い、甚大な被害を与えたハリケーン Sandy 被災者支援のため、ポール・マッカートニー、ブルース・スプリングスティーン、カニエ・ウェストらが出演した大規模なチャリティ・コンサートの収益などから、早くも5000万ドル(約42億円)の寄付が見込まれているという。2012年12月12日に開催されたことから「12-12-12: The Concert for Sandy Relief」と題されたコンサートはブルース・スプリングスティーン&Eストリート・バンドで幕を開け、ロジャー・ウォーターズ、ボン・ジョヴィ、エリック・クラプトン、ローリング・ストーンズ、ザ・フー、ビリー・ジョエル、クリス・マーティン(コールドプレイ)、ポール・マッカートニーなど錚々たる面々が参加。カニエ・ウェストは「Stronger」など全13曲を力強くパフォーマンスして話題を呼んだほか、「Brand New Me」と「No One」をピアノ弾き語りで披露したアリシア・キーズは最後に再び登場し、ニューヨーク讃歌となる「Empire State of Mind (Part II) Broken Down」を歌い上げた。この豪華コンサートは150ドルから2500ドルまで用意されたチケット売り上げからの寄付額だけでも3000万ドル(約25億円)が見込まれているという。また、当日のライブ音源が Columbia Record から12月19日に米 iTunes でデジタル・リリースされており(日本では20日配信)、ひと足先にリリースされた iTunes では予約だけでチャート1位を獲得するなど人気を博している。デジタル・セールスからはデジタル配信業者や Columbia、アーティストたちの手取りの100%が寄付される予定で、年明けにはCDやDVDでのリリースも予定されているとか。Billboard 誌はこうしたチケット収益や iTunes でのセールス、またスポンサーや一般からの寄付金などを合わせ、まず第一弾として5000万ドル(約42億円)が被災者を支援する各団体に分配される予定と報じている。なお iTunes 版は披露された40曲以上から24曲を収録しており、カニエ・ウェストのパフォーマンスは全曲省かれた内容となっている。

Thanks! bmr

12-12-12 米国で1900万人以上がテレビ視聴 平均視聴者は520万人
12-12-12 The Concert for Sandy Relief

12日(現地時間)に行われたチャリティ・コンサート 12-12-12 The Concert for Sandy Relief は1900万人以上の米国人が視聴したようだ。ニールセンの調べによると調査対象としている15の局で放映された同コンサートに1930万人の視聴者がチャンネルを合わせ、少なくとも一部分を観たという。番組中の平均視聴者数は520万人だったそうだ。米国東部標準時間で19:30から夜中にかけて放送された同コンサートはニールセンが調査対象としていない小さな放送局でも放映されていた。又、主催者側はニューヨーク・タイムズ紙に、コンサート中には何百万ものWebストリーミング配信がされていたが、それらはニールセンの数字には含まれていないと語っている。ニールセンによると今回のコンサートは「史上最大範囲に配給されたLIVE音楽イベント」だったそうで、世界中のおよそ20億人がテレビ、ラジオ、インターネットを介してアクセスできたという。米ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで開催されたコンサートにはポール・マッカートニー&ニルヴァーナをはじめ、ローリング・ストーンズ、ブルース・スプリングスティーン、カニエ・ウェスト、アリシア・キーズなど沢山のトップクラスのミュージシャンたちが参加した。

Thanks! Billboard

コートニー・ラヴ、ポール・マッカートニーとデイヴ・グロールらの再結成はつまらないと語る
Courtney Love

コートニー・ラヴはポール・マッカートニーとデイヴ・グロールによるニルヴァーナ再結成はつまらないとコメントしている。12日(現地時間)に米マディソン・スクエア・ガーデンで行われたハリケーン・サンディ被害者支援チャリティ・コンサート「12-12-12 The Concert for Sandy Relief」でポールはデイヴやクリス・ノヴォセリックらとニルヴァーナ再結成を実現させたが、コートニーはこれをつまらないとゴシップ・サイトの TMZ にコメントしていて「ジョン・レノンだったら面白かったかもしれないと」語ったとか。「ていうか、ジョン・レノンが生きてたら面白かったかもしれないけど」とコートニーは語っている。12日のコンサートでポールとデイヴ、クリスとパット・スメアーは「Cut Me Some Slack」という新曲を披露したが、このトラックはデイヴが製作しているドキュメンタリー映画「Sound City」用に4人が共作してレコーディングしたものだとデイヴはその後説明している。

Thanks! NME

ポール・マッカートニー、ニルヴァーナのメンバーと共演

12日から13日にかけて(現地時間)米ニューヨークで開かれたハリケーン Sandy 被災者救済コンサートで、ポール・マッカートニーが元ニルヴァーナのデイヴ・グロール、クリス・ノヴォセリック、それにサポート・メンバーだったパット・スメアと一緒にパフォーマンスした。彼らはデイヴ・グロール制作のドキュメンタリー映画「Sound City」のためにデイヴ・グロールとポール・マッカートニーが書いた新曲「Cut Me Some Slack」をプレイした。“ニルヴァーナ・リユニオン”ともいえるこのスペシャル・パフォーマンス。ホールは共演の話が出た時のことを「彼らのことはよく知らなかった。リユニオンできるのは素晴らしいって言ってたから、“へえ? いつも一緒にプレイしてるわけじゃないんだ?”って言ったら、誰かから“ニルヴァーナだよ。あなたがカートをやるんだよ”ってささやかれたんだ。信じられなかった」と話していた。デイブ・グロールは共演後、「皆、ビートルズかニルヴァーナの曲をやるんじゃないかって予想してたと思う。でも、僕らは新しい曲をやりたかったんだ。だから1日で作ってレコーディングした」と話している。共演はポールの出番中に実現したが、舞台を暗転させ、デイヴらがステージに出て来るのを待つ間、ポールは観客に「最近ね、とある連中からジャム・セッションをやらないかって誘われてね。やっていくうちにようやく僕に判ったのは、僕はニルヴァーナ再結成の現場に居合わせていたということだったんだよ」と説明した。又、フューズTVにデイヴは今回の共演について「今夜、俺はポール・マッカートニーとクリス・ノヴォセリックとパット・スメアと演奏したんだ。曲は俺たちで一緒に書いた曲だよ。一緒に書いてレコーディングしたけど、まだ誰もその存在を知らない曲なんだ。皆、ビートルズの曲かニルヴァーナの曲をやるものだと期待してたみたいだけど、最初にポールにジャム・セッションを一緒にやってくれないかってお願いした時に誰もビートルズの曲もニルヴァーナの曲もやりたがらなかったんだよ。皆、新曲をやりたがったから、1日で曲を書いてレコーディングしたんだけど、これがまたものすごいヘヴィーなんだ」と語っている。マジソン・スクエア・ガーデンで開かれた「12-12-12: The Concert For Sandy Relief」には彼らの他にローリング・ストーンズ、エリック・クラプトン、ブルース・スプリングスティーン、ロジャー・ウォーターズ、ザ・フー、ボン・ジョヴィ、コールドプレイのクリス・マーティン、元R.E.M.のマイケル・スタイプ、ビリー・ジョエル、アリシア・キーズ、カニエ・ウェストら出演。ポール・マッカートニー&ニルヴァーナ以外にもブルース・スプリングスティーン&ボン・ジョヴィ、ロジャー・ウォーターズ&エディ・ヴェダー(パール・ジャム)、マイケル・スタイプ&クリス・マーティンらのコラボがあった。このスペシャル・コンサートにより、少なくとも3,000万ドル(約25億円)以上の寄付金が集まったという。

Thanks! Ako Suzuki, London and more

12-12-12 The Concert for Sandy Relief (ポール・マッカートニー参加) 12月19日配信
12日(現地時間)に行われたハリケーン Sandy 被災者支援チャリティ・コンサートの模様を収録したLIVEアルバム 12-12-12 The Concert For Sandy Relief が iTunes で12月19日よりダウンロード販売されます。

12-12-12 The Concert for Sandy Relief

12-12-12 The Concert for Sandy Relief / ポール・マッカートニー 他 12月19日ダウンロード販売
近年で最も大規模な災害となった米国東海岸を直撃した大型ハリケーン「Sandy」の被災者支援のため、12日(現地時間)に開催されたチャリティ・コンサートの模様を収録したLIVEアルバム。全24曲、収録予定アーティストは下記のとおり。アルバムの売上(2000円)から1枚につき、1319円が Robin Hood Foundation に寄付されます。

ブルース・スプリングスティーン
ボン・ジョヴィ
ビリー・ジョエル
アリシア・キーズ
カニエ・ウェスト
ポール・マッカートニー
ザ・フー
ロジャー・ウォーターズ
エリック・クラプトン
デイヴ・グロール
エディ・ヴェダー
ローリング・ストーンズ

Thanks! iTunes Store
ハリケーン被災者支援コンサート、デジタル配信&CD発売が決定!
12-12-12 The Concert for Sandy Relief

2012年10月に米国東海岸で発生したハリケーン Sandy の被災地救済のため、米ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンにてコンサート「12.12.12 The Concert For Sandy Relief」が開催。参加アーティストは被災地であるニュージャージー出身のブルース・スプリングスティーン、ボン・ジョヴィ、ニューヨーク出身のビリー・ジョエル、アリシア・キーズをはじめ、英国からポール・マッカートニー、ローリング・ストーンズ、ザ・フー、ロジャー・ウォーターズ(ピンク・フロイド)、エリック・クラプトンが、米国からデイヴ・グロール(フー・ファイターズ)、エディ・ヴェダー(パール・ジャム)、カニエ・ウェストが参加と今後二度とあり得ないかとも思われる夢の共演が実現! コンサートの模様は米 Columbia Records (ソニー・ミュージック・ジャパン・インターナショナル)より配信リリースが急遽決定! 既にプレオーダーはスタートしており、12月19日発売予定。またCD発売も決定しており、こちらは来年1月15日を予定している。トラックリストなどの詳細は来週発表される予定。

Thanks! CD Journal

ニルヴァーナ再結成、ポール・マッカートニーをボーカルに迎え新曲披露

12日(現地時間)、米ニューヨークでハリケーン「サンディ」復興支援チャリティコンサートが開催され、ニルヴァーナがポール・マッカートニーをボーカルに迎えて一夜限りの再結成を果たした。ポール・マッカートニーが自身のバンドと共にビートルズ時代の楽曲「ヘルター・スケルター」を皮切りに5曲をパフォーマンスした後、ニルヴァーナでドラムを担当していたデイヴ・グロール、ベースのクリス・ノヴォセリックらを呼び込み、かねてからその存在を明らかにしていた新曲を披露した。彼らが演奏したのはこの1曲のみで再びポールのパフォーマンスに戻り、束の間の再結成となった。音楽性も年齢も違うポール・マッカートニーをボーカルに迎えたのは元ニルヴァーナのドラムで現在フー・ファイターズのボーカルのデイヴ・グロール。ポールはニルヴァーナのことについて詳しく知らなかったそうだが、彼らの話を聞き、約20年ものブランクの後に再結成するということに驚いたという。「そしたら、誰かが耳打ちしてきたんだ。「カートの役をお願いします」って。信じられなかったよ」。意外度バツグンの組み合わせで行われたこのコンサート。日本では12月14日にFOXムービー プレミアム、ナショナル ジオグラフィック チャンネルにて放送される。

Thanks! Billboard and more