つれづれなるままにワン・オン・ワン
Tribute Vlog for One On One Japan Tour 2017
02 | 2017/03 | 03
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Yesterday  Here Today  Go Now
イベント
3/31まで It's a Sony 展
4/9 12:30~15:30 ビートルズ・アナログ爆音鑑賞会 Vol.7 ポール・マッカートニー特集2 (1980年代から現在まで)
4/11 ポール・マッカートニー&ウイングス ロックショウ 一夜限りのライヴ絶響上映@Zepp東阪
4/14 19:30 Beatlesongs 213 ~ ビートルズの曲はここが面白い! ビートルズ・イベント パート1 全213曲を楽しむ
4/15 12:00~20:00 青山レコード祭り
4/16 10:00~18:00 青山レコード祭り
4/21 19:30 サージェント・ペパーズ発売50周年記念トーク・イベント (2) 音の世界
4/22 レコード・ストア・デイ
4/28まで パティ・ボイド写真展 George, Eric & Me ~パティが見たあの頃~ モノクローム版
5/10まで Bailey's Icons
5/14まで パティ・ボイド写真展 George, Eric & Me ~パティが見たあの頃~
5/25~6/16 サージェント・ペパーズ発売50周年記念イベント Sgt Peppers At 50 英国
5/27 19:00 サージェント・ペパーズ発売50周年記念トーク・イベント (3) ジョージ・マーティンの世界
6/16 19:30 サージェント・ペパーズ発売50周年記念トーク・イベント (4) スタジオ・レコーディングの世界
7/15 19:00 サージェント・ペパーズ発売50周年記念トーク・イベント (5) ライブの世界
8/20 19:00 サージェント・ペパーズ発売50周年記念トーク・イベント (6) メンバーを取り巻く世界

グッズ
3月下旬 ホットウィール HW ポップカルチャー THE BEATLES

本 , 雑誌 , ムック
4/1 ロッキング・オン 2017年5月号 (ポール・マッカートニー特集記事)
4/6 ビートルズを呼んだ男
4/12 僕を作った66枚のレコード
4/12 ビートルズの英語タイトルをめぐる213の冒険 ~〈Please Please Me〉の本当の意味知っていますか?
4/12 POWERS OF TWO 二人で一人の天才
4/13 真実のビートルズ・サウンド完全版 全213曲の音楽的マジックを解明
4/14 CROSSBEAT Special Edition ポール・マッカートニー ソロ・ワークス
4/18 ビートル・アローン
4/18 ビートルズ・ストーリー Vol.8 1969
4/22 「ビートルズと日本」ブラウン管の記録~出演から関連番組まで、日本のテレビが伝えたビートルズのすべて
4/27 サージェント・ペパーズ・シンドローム ロックの時代 1967-1968
5/22 ザ・ビートルズ『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』完全ガイド
9/21 絵本「Imagine」(仮)

TV , ラジオ
4/2 6:14~6:25 サエキけんぞうの素晴らしき80's (ポール・マッカートニー特集) NHKラジオ第1
4/2 21:00~21:30 Dr.竹迫のミュージック・クリニック ポール・マッカートニー Flowers In The Dirt 特集 Part 1 FMゲンキ
4/2 22:00~23:00 緊急特番!ポール・マッカートニー日本武道館公演決定スペシャル! InterFM897
4/2 27:00~28:00 BS洋楽グラフィティー70's Vol.2 (ウイングス出演) NHK BSプレミアム
4/9 21:00~21:30 Dr.竹迫のミュージック・クリニック ポール・マッカートニー Flowers In The Dirt 特集 Part 2 FMゲンキ
4/20 22:30~23:00 藤原さくらが選ぶ! ベスト・オブ・ポール・マッカートニー MTV Japan
4/25 21:00~22:30 ポール・マッカートニー VideoSelects MTV Japan
4/28 19:30~20:00 藤原さくらが選ぶ! ベスト・オブ・ポール・マッカートニー MTV Japan
4/30 22:00~23:30 ポール・マッカートニー VideoSelects MTV Japan
4/30 23:30~24:30 ポール・マッカートニー・トリビュート : MusiCares MTV Japan

CD
4/7 マイク・マクギア Woman : Remastered Edition
4/17 ローレンス・ジューバ プレイズ・ザ・ビートルズ第3集: LJ Can't Stop Playing The Beatles!
5/5 ブラック・リップス Satan's Graffiti Or God's Art? (ヨーコ・オノ、ショーン・レノン参加) US盤
6月? ビートルズ サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド発売50周年盤
前半 ヨーコ・オノ フライ
前半 ヨーコ・オノ 無限の大宇宙
前半 ヨーコ・オノ 空間の感触
前半 ヨーコ・オノ ストーリー
7月以降 ポール・マッカートニー 全カタログ再発
後半 ヨーコ・オノ シーズン・オブ・グラス
後半 ヨーコ・オノ イッツ・オールライト
後半 ヨーコ・オノ スターピース
後半 ヨーコ・オノ 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム
年内? リンゴ・スター ニューアルバム (ポール・マッカートニー参加)
未定 ポール・マッカートニー フラワーズ・イン・ザ・ダート [デラックス・エディション] 3CD+DVD

映画
4/8~ マイ ビューティフル ガーデン
4/11 ポール・マッカートニー&ウイングス ロックショウ 一夜限りのライヴ絶響上映@Zepp東阪
4/28 ハード・デイズ・ナイト Zeppなんば大阪
5/1 ハード・デイズ・ナイト Zepp DiverCity
5/26 ポール・マッカートニー パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊
年内? ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内? A Life In The Day

アナログ盤
4/22 ポール・マッカートニー レコード・ストア・デイ限定 3曲入りカセットテープ
前半 ヨーコ・オノ フライ
前半 ヨーコ・オノ 無限の大宇宙
前半 ヨーコ・オノ 空間の感触
前半 ヨーコ・オノ ストーリー
7月以降 ポール・マッカートニー 全カタログ再発
後半 ヨーコ・オノ シーズン・オブ・グラス
後半 ヨーコ・オノ イッツ・オールライト
後半 ヨーコ・オノ スターピース
後半 ヨーコ・オノ 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

LIVE
4/25 ポール・マッカートニー 日本 武道館
4/27 ポール・マッカートニー 日本 東京ドーム
4/29 ポール・マッカートニー 日本 東京ドーム
4/30 ポール・マッカートニー 日本 東京ドーム

ユニクロ UT特集 - キャピトル 75th

          

          


カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


ロックショウ上映イベントで特製パス・ステッカーをプレゼント!
20170316181658b1e.jpg

幻となった全盛期のポール・マッカートニー&ウイングス来日公演。4月11日(火)は、ライヴ絶響上映で40年前のあの時に、タイムスリップ!!音楽評論家の萩原健太さんらが、絶響上映登壇ゲストに決定!

全盛期のポール・マッカートニー&ウイングスのライヴを上映イベントで、疑似体験!![PAUL McCARTNEY AND WINGS“ROCKSHOW”]イベント特製パス・ステッカーをプレゼント!!

Zepp DiverCity(TOKYO)のセンターエリア・シートは完売!

前回の公演から2年ぶり、5回目の来日公演が発表になったポール・マッカートニー(74)。ワールド・ツアー『ワン・オン・ワン ジャパン・ツアー2017』の一環で4月27日(木)、29日(土)、30日(日)と東京ドームで来日公演が行われる。その来日公演を記念して1980年に全世界で公開されたポール・マッカートニー&ウイングスのライヴ映画『ロックショウ』を4月11日(火)にライヴ絶響上映@Zepp東阪を特別に上映することになりました。今回で第6回を迎えるライヴ絶響上映は、『まるでライヴを観てるみたいだ!』等々、過去に本イベントにご来場頂きましたお客さまの感想通り、ライヴを疑似体験できる上映イベントとなっている。

1960年代に数々の金字塔を打ち立てた英国の4人組、ビートルズ。そのビートルズ解散後2枚のソロ・アルバム発表したポール・マッカートニーが1971年に結成したポール・マッカートニー&ウイングス。アルバム『ワイルド・ライフ』『レッド・ローズ・スピードウェイ』で着実にバンドの基礎を固めっていった後『バンド・オン・ザ・ラン』が全米、全英ともに1位となる。さらにライヴ・ステージを意識したアルバム『ヴィーナス・アンド・マース』も全米、全英ともにナンバーワンを獲得。そして翌年『スピード・オブ・サウンド』を引っ提げ1976年5月から6月にかけて行われた全米ツアーでは31回の公演で60万人もの観客動員数を記録。ツアータイトルを題名にしたライヴ盤『ウイングス・オーヴァー・アメリカ』は当時常識外れの3枚組LPとして発表された。本作はその1976年の全米ツアー"ウイングス・オーヴァー・アメリカ"から、ウイングスの絶頂期のステージを捉えたコンサート・フィルム。当時屋内コンサートの世界記録となった67,100人を集めた6月10日のシアトル・キングドーム公演を中心に5月25日、6月22日、6月23日のステージを収録、1980年(日本では1981年)に映画『ロックショウ』としても公開された。1975年暮れと1980年1月の来日公演中止によりウイングス未体験だった日本のファンのために、日本だけは特別に7曲多い完全版として上映された。

アルバム『ヴィーナス・アンド・マース』のオープニング同様、「ヴィーナス・アンド・マース~ロックショウ」さらに「ジェット」と続く圧巻のメドレーから始まり、「007/死ぬのは奴らだ」「あの娘におせっかい」「バンド・オン・ザ・ラン」「心のラヴ・ソング」「幸せのノック」「ハイ・ハイ・ハイ」「マイ・ラヴ」などウイングス数々のヒット曲に加えビートルズ・ナンバー「レディ・マドンナ」「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」「夢の人」「ブラック・バード」「イエスタデイ」5曲も披露。1981年日本での劇場公開時と同じ全30曲/130分(メドレー含む)となる「完全版」作品となっている。そのポール・マッカートニー&ウイングスの歴史的なライヴ・フィルム『ロックショウ』(全30曲収録の完全版)を35mmオリジナルフィルムからのレストア&リマスターし、日本屈指のライヴハウスZepp DiverCityとZepp Nambaにて一夜限りの特別上映(ライヴ絶響上映)を行う。※Zepp DiverCity(TOKYO)のセンターエリア・シートは完売いたしました。

この上映イベントに音楽評論家の萩原健太さんが、ご登壇いただけることになりました(本編上映前にご登壇/Zepp DiverCityのみ)。ビートルズの中では、断然ポール派の萩原健太さん。ビートルズ時代からポールを長年追っかけてきた氏なだけに、来日公演が実現することがなく解散したウイングスのライヴを40数年経過した今Zeppで爆音鑑賞する意義とそして4月に来日公演を行うポールの今までの歩みを氏ならではの視点でディープに語っていただきます。司会進行で、対談のお相手として元CDジャーナルの編集長で日本を代表するビートルズ愛好家の一人としても知られている藤本国彦さんにもご登壇いだきます。本編のポイントを押さえた上で上映会を200%楽しもう!

また、当日ご来場いただいた方に配布される入場者特典が、“映画タイトルが入ったイベント・ステッカー”と“耳栓”の2in1特典であることが発表された。“映画タイトルが入ったイベント・ステッカー”は、映画の原題である[PAUL McCARTNEY AND WINGS“ROCKSHOW”]と上映日/上映会場名が入ったメモラブルな代物で、材質は、布地(サテン地)である。これはライヴ等で関係者に配られる貼りパスをモチーフにした質感のある凝った仕様となっている。また、“耳栓”は、“ダイナミックな音圧”と“ライヴ級の大音量”を売りにした本イベントにふさわしい、趣向を凝らしたプレゼントとなっている。(先着での配布となっております。入場者プレゼントは数に限りがございます。配布は無くなり次第配布終了とさせていただきます)
4/7(金)より池袋パルコ本館M2Fの特設大会場にて行われる英国ロック・アイテムの祭典「THE BRITISH ROCK 2017」が、ビートルズ公式商品を持ってZEPP DiverCity[東京]にて特別出店することになりました。グッズ販売も含めポールの来日公演に向けて、一層の盛り上がりが期待されます。

ポール・マッカートニー&ウイングス来日公演は、75年と80年の2回予定してましたが、遂に実現することなく本当に幻となってしまっただけに、フィルム・コンサートではありますがビートルズ/ウイングス・ファン42年越しの願いを叶えるべくZepp DiverCityとZepp Nambaの『ダイナミックな音圧』『ライヴ級の大音量』『迫力の大画面』で、ポール・マッカートニー&ウイングスのライヴを疑似体験いただければと思います。ライヴが収録された76年にタイムスリップ!!このまたとない機会を絶対お見逃しなく!!

■萩原健太(はぎわら・けんた)|
音楽評論家のほか、『タモリ倶楽部』の「空耳アワード」の審査員をはじめ、TV やラジオ番組への出演も多数。’15年に大滝詠一や山下達郎たちについて書いた『70年代シティ・ポップ・クロニクル』を出版。

■藤本国彦(ふじもと・くにひこ)|
ビートルズ愛好家。『ビートルズ・ストーリー』編集長。主な著作に『ビートルズ213曲全ガイド』『GET BACK...NAKED』などがある。最新著作は『ビートル・アローン』。ビートルズの映画『EIGHT DAYS A WEEK - Touring Years』の字幕監修も手がける。

Thanks! ロックショウ
ロックショウは終わらない 4月11日に東京/大阪でライヴ絶響上映決定!!!
ポール・マッカートニー&ウイングス/ロックショウ

4月に来日公演を行うことが決定しているポール・マッカートニーだが、その来日公演を記念して、1976年に収録されたライヴ映像作品『ロックショウ』がZepp DiverCity、Zepp Nambaの2会場で4月11日に上映されることが決定している。ライヴ映像作品『ロックショウ』は、当時屋内コンサートの世界記録となった67,100人を集めた1976年のシアトル・キングドーム公演を中心に収録されたもので、ポール・マッカートニーは1975年と1980年に来日公演が予定されていたものの、中止となっている。今回上映されるのは35mmのオリジナル・フィルムからのレストア&リマスターしたもので、1981年の日本での劇場公開時と同じ全30曲/130分(メドレーを含む)を収録した「完全版」作品となる。上映の詳細は以下の通り。チケット申込は こちら

祝!ポール・マッカートニー来日記念、ライヴ映画『ポール・マッカートニー&ウイングス ”ロックショウ”』一夜限りのライヴ絶響上映@Zepp東阪
原題:PAUL McCARTNEY AND WINGS ”ROCKSHOW”
日程:2017年4月11日(火)
開場:18:30 開演:19:30
会場:Zepp DiverCity(TOKYO)、Zepp Namba(OSAKA)
券種:①センターエリア・シート:②一般自由席:③スタンディング (いづれも1Fのみの販売になります)
2013年/アメリカ/130分/16:9/BD/2ch/日本語字幕
ヴィーナス・アンド・マース/ロック・ショー/ジェット Venus And Mars / Rock Show / Jet
レット・ミー・ロール・イット Let Me Roll It
遥か昔のエジプト精神 Spirits Of Ancient Egypt
メディシン・ジャー Medicine Jar
メイビー・アイム・アメイズド Maybe I’m Amazed
コール・ミー・バック・アゲイン Call Me Back Again
レディ・マドンナ Lady Madonna
ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード The Long And Winding Road
007死ぬのは奴らだ Live And Let Die
ピカソの遺言 Picasso’s Last Words
リチャード・コーリー Richard Cory
ブルーバード Bluebird
夢の人 I’ve Just Seen A Face
ブラック・バード Blackbird
イエスタデイ Yesterday
幸せのアンサー You Gave Me The Answer
磁石屋とチタン男 Magneto And Titanium Man
ゴー・ナウ Go Now
マイ・ラヴ My Love
あの娘におせっかい Listen To What The Man Said
幸せのノック Let ‘Em In
やすらぎの時 Time To Hide
心のラヴ・ソング Silly Love Songs
愛の証し Beware My Love
ワインカラーの少女 Letting Go
バンド・オン・ザ・ラン Band on the Run
ハイ・ハイ・ハイ Hi Hi Hi
ソイリー

チケット
2月9日(木)15時より、販売受付開始
価格:前売券|センターエリア・シート(全席指定):4,000円(税込) /一般自由席(全席自由):3,000円(税込)/スタンディング:2,000円(税込)   
価格:当日窓口料金|センターエリア・シート(全席指定):4,500円(税込) /一般自由席(全席自由):3,500円(税込)/スタンディング:2,500円(税込)

2月 9日(木)15:00 ~ 2/26(日)23:59 プレオーダー受付
3月 2日(木)15:00 ~ 4/10(月)23:59 一般発売
4月11日(火)00:00 ~ 20:30 当日券受付

※ 当日、絶響上映会のイベント会場に、ポール・マッカートニーが出演する予定はございません。
※ Blu-ray 2ch での上映となります。
※ 入場者特典付(先着での配布になります。配布はなくなり次第終了とさせていただきます)
※ ご入場時に、別途ワンドリンク+500円をいただきます。
※ 1Fの座席のみの販売になります。 
※ センターエリア・シート|会場中・後方の座席で、より快適に作品をご鑑賞いただけるエリアになります。

Thanks! NME Japan

ポール・マッカートニーの音楽フィルム3作品上映 ビートルズ映画公開記念に
Wings

おめでたいことなので再掲載します (^^)w ビートルズの公式ドキュメンタリー「ザ・ビートルズ ~ EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years」が9月22日に公開されることを記念し、ザ・ビートルズ/ポール・マッカートニー特集映画祭 が9月3日より23日まで東京・角川シネマ新宿にて実施される。この特集ではポール・マッカートニーを中心とした音楽ドキュメンタリーやライブ映画3作品を3週にわたって週替わりで上映。1976年に行われたポール・マッカートニー&ウイングスの全米ツアーの模様を収めた「ポール・マッカートニー&ウイングス/ロックショウ」、米国同時多発テロ事件の1カ月後にポール・マッカートニーが行ったコンサートの舞台裏を追う「THE LOVE WE MAKE ~ 9.11からコンサート・フォー・ニューヨーク・シティへの軌跡」、アルバム「キス・オン・ザ・ボトム」の楽曲をエリック・クラプトン、スティーヴィー・ワンダーらそうそうたるミュージシャンとともに披露した「LIVE KISSES」がラインナップに並んだ。チケット購入方法は劇場公式サイトで確認しよう。

ポール・マッカートニー&ウイングス/ロックショウ
9月3日(土)~9日(金) 19:25~21:40

THE LOVE WE MAKE ~ 9.11からコンサート・フォー・ニューヨーク・シティへの軌跡
9月10日(土)~16日(金) 19:25~21:00

LIVE KISSES
9月17日(土)~23日(金) 19:25~21:15


Thanks! ナタリー


関連Blog
8/29のBlog ザ・ビートルズ/ポール・マッカートニー特集映画祭 9月開催決定!!


ザ・ビートルズ/ポール・マッカートニー特集映画祭 9月開催決定!!
ポール・マッカートニー&ウイングス/ロックショウ

映画「THE BEATLES EIGHT DAYS A WEEK The Touring Years」公開記念、ザ・ビートルズ/ポール・マッカートニー特集映画祭の開催決定!! 「ザ・ビートルズ・アンソロジー」以来21年ぶりのビートルズの新作映画「THE BEATLES EIGHT DAYS A WEEK The Touring Years」が公開されることを記念して、今も現役で活動しているポール・マッカートニーを中心とした音楽ドキュメンタリー/ライブ映画3作品を3週に渡って限定上映する事が決定しました!

ポール・マッカートニー&ウイングス/ロックショウ
上映期間:9月3日(土)~9日(金) 左記の期間中 19:25 より上映開始(~終21:40)
ポール・マッカートニーが1971年に結成したポール・マッカートニー&ウイングス。全米・全英ナンバー1アルバムを何枚も出し、1976年の絶頂期に行われた全米ツアーの様子を収録したコンサート・フィルムの完全版。 本作品の上映に際し収録されたポール本人のインタビュー映像もあり。
上映時間:134分

THE LOVE WE MAKE ~ 9.11からコンサート・フォー・ニューヨーク・シティへの軌跡
上映期間:9月10日(土)~16日(金)   ※上映時間は決定次第、掲載いたします。
ポール・マッカートニーが、アメリカ同時多発テロの1ヵ月後の2001年10月に行った「コンサート・フォー・ニューヨーク・シティ」の舞台裏を追ったドキュメンタリー。この大事件をニューヨークで実際に目撃したポール・マッカートニーが、自身の提唱で約1ケ月後に実現させた一大ベネフィット・ライヴ・イベント。コンサートに向けたリハーサル風景やインタビュー、市民や消防士たちとの会話の様子などを、ポールのナレーションと共に収録。
上映時間:90分

LIVE KISSES
上映期間:9月17日(土)~23日(金)   ※上映時間は決定次第、掲載いたします。
ポール・マッカートニーがハリウッドのキャピトルスタジオでアルバム「Kisses On The Bottom」のレコーディングを行った際のライブ映像。このレコーディングには、エリック・クラプトン、スティービー・ワンダー、ダイアナ・クラール、イーグルスのジョー・ウォルシュとそうそうたるミュージシャンが参加しており、インタビューやリハーサル風景も盛りだくさんに収録されている。
上映時間:110分

※各作品予告編なし、本編より上映致します。

【 会場 】
 角川シネマ新宿シネマ2 (56席)

【 料金 】
 特別料金
 一般1,500円、大高生1,300円(要学生証)、小中学生1,000円、シニア(60歳以上)1,100円
※シニア・夫婦50割引や、TCGメンバーズ・エムアイカード割引などもご利用いただけます(一部オンライン不可)
※学生料金の方は学生証をご提示下さい。
※金額は全て税込です。

【 チケット購入方法 】
[1]劇場オンラインチケット
【オンライン販売期間】  鑑賞日の4日前 AM0:00 ~ 各日上映開始30分前まで
 例) 9月3日(土)分を購入の場合 ⇒ 8月30日(火) AM0:00 ~ 9月3日(土)上映開始30分前まで
オンラインチケットの購入は コチラ

※販売当日は、アクセスが集中しつながりにくい場合がございます。予めご了承下さい。
※オンラインチケットは、ご購入後から劇場4Fロビーの自動発券機で、窓口チケット販売時間中に発券できます。開演間際は大変混雑致しますので、お早めにご発券いただきますようお願い致します。
☆オンラインチケットの購入間違い・二重購入にご注意下さい☆
※完了画面が表示されない、若しくは確認メールが届かない場合でも購入手続きが完了している場合がございますので、ご不明な場合は購入の有無を劇場までお問い合わせ下さい。
※オンラインチケットの詳細は コチラ

[2]劇場窓口
【 窓口販売期間 】 鑑賞日の4日前 朝オープン時 ~ 各日上映開始時間まで
 例) 9月3日(土)分を購入の場合 ⇒ 8月30日(火) 朝オープン時 ~ 9月3日(土)上映開始時間まで
角川シネマ新宿4Fチケットカウンターにて受付。

※オンライン販売後、残席があった場合のみ窓口販売致します。
※混雑状況により、販売時間は前後する可能性がございます。
※営業時間・チケット販売時間は コチラ
※発売日より前もって徹夜で敷地内にお並びいただく行為は、防犯上、お客様の安全上、及び近隣のご迷惑となりますので固くお断り致します。

【 注意事項 】
※全席指定席。
※全座席がオンライン販売対象となります。完売した場合、劇場窓口での販売はございませんので予めご了承下さい。
※チケット販売期間内でも、満席になり次第販売を終了致します。
※チケット購入(オンライン決済完了)後はいかなる事情が生じましても、チケット内容の変更や払戻しは致しかねます。
※転売目的での購入は固くお断り致します。

Thanks! ヤマハミュージックメディア

ロックショウは終わらない
Wings

Thanks! Paul McCartney & Wings

シネ・ロック・フェスの缶バッジをもらっちゃおう!
201607281947137a3.jpeg

♪♪♪ 東京近郊の HMV にて、シネロックリツイートキャンペーン実施中 ♪♪♪
下記HMV店舗のシネ・ロック・フェスコーナーの写真を投稿して、缶バッジをもらっちゃおう♪
①HMV店内にあるシネ・ロック・フェスの特集コーナーを撮影
② ‪#‎cinerockfes‬ をつけてSNS(Twitter、facebook 等、何でもOK)に投稿
③投稿した画面をレジスタッフに見せると先着でシネ・ロック・フェスの缶バッジをプレゼント。
 数量限定のため、無くなり次第終了となります。

キャンペーン実施店舗
エソラ池袋
ルミネエスト新宿
ららぽーと豊洲
立川
イオンモールむさし村山
ラゾーナ川崎
横浜ワールドポーターズ
ららぽーと横浜
イオンモール与野
イオンモール浦和美園
大宮アルシェ
イオンモール川口前川
イオンモール春日部
イオンモール千葉ニュータウン
ららぽーと柏の葉
イオンモール成田
イオンモール八千代緑が丘
イオンモール船橋
ららぽーと富士見
SPOT 表参道
record shop 渋谷
HMV & BOOKS TOKYO

HMV店舗の場所などは こちら をご覧下さい。

201607281947123dd.jpeg

Thanks! シネ・ロック・フェスティバル 2016

シネ・ロック・フェスティバル 2016 本日開幕! ロックショウ本日上映!!
ロック映画フェス シネ・ロック・フェスティバル 2016 が本日より8月5日まで東京・丸の内ピカデリー3で開催されます。ポール・マッカートニー&ウイングスの「ロックショウ」など不朽の名作が目白押しです。ポール・マッカートニー&ウイングスやリンゴ・スター関連映画の上映スケジュールは下記のとおりです。 ↓画像をクリックすると上映スケジュール(拡大版 PDFデータ)が表示されます。

シネ・ロック・フェスティバル 2016

ポール・マッカートニー&ウイングス ロックショウ
7月23日(土) 16:10~18:40
7月25日(月) 12:00~14:30
7月28日(木) 16:45~19:15
7月31日(日) 13:25~15:55 爆音上映!
8月 1日(月) 14:25~16:55



12-12-12/ニューヨーク、奇跡のライブ
7月23日(土) 21:35~23:35
8月 1日(月) 12:00~14:00



T.レックス ボーン・トゥ・ブギー
7月29日(金) 13:10~14:20 爆音上映!



Thanks! シネ・ロック・フェスティバル 2016

映画 ロックショウ 7月31日爆音上映
シネ・ロック・フェスティバル2016でロックショウ上映 7月23日~8月5日
20160629090104d16.jpeg

ポールが!クイーンが!プリンスが!デヴィット・ボウイが!清志郎が!一挙集結する驚愕のフェスティバル! 夏と言えば野外で楽しむ夏フェスが有名だが、 “ロックの殿堂入り”アーティストによる選りすぐりのライヴ映像、ドキュメンタリー映画そしてロックな映画が映画館で上映される「シネ・ロック・フェスティバル2016」の開催が今年も決定!名だたるスーパースターたちの20本以上の超貴重映像を2週間にわたって一挙上映!ファンにとっては<魂を揺さぶる>うれしいラインナップ。じっくり聴くもよし、ビール片手に浮かれるもよし、涼しい映画館で、ロックフェスを熱く楽しめるうれしい企画!最新のデジタル技術を駆使してリマスターされた映像や音で構成されるスーパースターの幻のライヴの数々を、あたかもライヴ会場最前列にいるかのような臨場感、そして溢れる感動を映画館で体感せよ!今年は“爆音映画祭”とのコラボイベント“爆音DAY”が7月29日(金)、30日(土)、31日(日)に!もう夏フェスは野外だけじゃない。

≪MOVIE≫
●アイ・ソー・ザ・ライト ●ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト ●ストレイト・アウタ・コンプトン
●セッション ●ピンク・フロイド/ザ・ウォール ●プリンス/パープル・レイン
≪LIVE DOCUMENTARY/DOCUMENTARY≫
●12-12-12/ニューヨーク、奇跡のライヴ
●エリック・クラプトン/プレーンズ・トレインズ・アンド・エリック~ジャパン・ツアー2014
●スコーピオンズ フォーエヴァー・アンド・ア・デイ ●T.レックス/ボーン・トゥ・ブギー
●デヴィッド・ボウイ・イズ ●ニール・ヤング ジャーニーズ ●ポール・マッカートニー&ウイングス/ロックショウ
●忌野清志郎 ナニワ・サリバン・ショー~感度サイコー!!!~
●ブランキー・ジェット・シティ/VANISHIG POINT
●ミッシェル・ガン・エレファント “THEE MOVIE” -LAST HEAVEN 031011-
●矢沢永吉/E.YAZAWA ROCK
≪LIVE≫
●KISS ロックス・ヴェガス ●クイーン・ロック・モントリオール 1981 ●シガー・ロス インニイ
●トーキング・ヘッズ/ストップ・メイキング・センス


●シネ・ロック・フェスティバル2016について
◇タイトル :シネ・ロック・フェスティバル2016
◇会場 :丸の内ピカデリー3 (東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン新館5F TEL:03-3201-2881)
◇期間 :2016年7月23日(土)~8月5日(金)
※7月29日(金)、30日(土)、31日(日)は爆音DAYとなり、全作品爆音上映となります
◇内容 :名だたるスーパースターたちの20本以上の超貴重映像を一挙上映 ※詳細は公式サイトにて
◇料金 :各作品によって異なる ※詳細は公式サイトにて
◇企画 :松竹マルチプレックスシアターズ、ローソンHMVエンタテイメント、カルチャヴィル
◇公式サイト :http://www.cinerockfes.com/
●シネ・ロック・フェスティバル2016 オープニング作品及び、記念イベントについて
【オープニング作品】 「アイ・ソー・ザ・ライト」
【STORY】1944 年米アラバマ州、ハンク・ウィリアムスは愛する女性オードリーと結婚し幸せな生活を送っていた。ハンクは
シンガーとして成功するが、オードリーもまた、シンガーとしての夢を諦められずにいた。そんな想いが家庭に不穏な雰囲気
を漂わせていたが、二人の間に息子が生まれ彼らの人生は再び希望に満ち溢れる。しかしハンクは、音楽活動が順調に進むに
つれ家族との溝が深まり、その淋しさを紛らわせるために他の女性やアルコールに逃げてしまう日々を送っていた。シンガー
として優等生であることを求めるレコード会社と父親が必要な家族。翻弄されながらも、ありのままの自分であろうとするハ
ンクは、その想いを歌に込めた――
■監督・脚本:マーク・エイブラハム ■音楽プロデューサー:ロドニー・クロウェル
■出演:トム・ヒドルストン、エリザベス・オルセン ■アメリカ/123 分/原題:I Saw The Light
■公式サイト:isawthelight-movie.com ©2016 I Saw The Light Movie, LLC and RatPac ISTL LLC. All Rights Reserved.
●“爆音DAY”について
あの伝説の“爆音映画祭”徹底監修による豪華ラインナップの15本!
7月29日(金)~31(日)は“爆音DAY”となり、選ばれた豪華ラインナップ15作品全てを、
boid 樋口 泰人氏が爆音調整。銀座のど真ん中で“爆音上映”を楽しめるという、
このまたとない貴重なチャンスに、こぞってご参加下さい!
~15本の豪華爆音上映ラインナップは公式サイトcinerockfes.comにて発表!~
■爆音映画祭とは
今はなき吉祥寺バウスシアターを拠点に、爆音上映が産声を上げたのが2004年。
ライヴ用の音響システムを使い大音量かつ繊細なチューニングで映画を蘇らせる、
その画期的な面白さが広がり、2008年からは映画祭として始動。バウスなき後も全国で展開中。
爆音入場券は7/1(金)18時より、丸の内ピカデリー、ローソンチケットにて発売開始!
◆丸の内ピカデリー公式サイト:http://www.smt-cinema.com/site/marunouchi/
◆ローソンチケット:http://l-tike.com/cinerock-fes/
※全席座席指定/売り切れ次第終了 ※丸の内ピカデリー劇場窓口、全国Loppi端末でもご購入頂けます
協力:boid

◇日 時
2016年7月23日(土) 12:30開始 (15:40頃終了予定)
◇内 容
・ピーター・バラカン×萩原健太 トークショー
・「アイ・ソー・ザ・ライト」 上映 <当日来場者全員に『アイ・ソー・ザ・ライト』US版ポスターをプレゼント!>
◇料 金
2,300円(税込)

Thanks! シネ・ロック・フェスティバル2016

ロックショウは終わらない
Wings

Thanks! Paul McCartney & Wings



フラワーズ・イン・ザ・ダート

ポール・マッカートニー at 日本武道館