つれづれなるままにWINGSFAN
Tribute Vlog for Paul McCartney & Wings
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Yesterday  Here Today  Go Now
LIVE
7/26 ポール・マッカートニー 米国 ティンリーパーク Hollywood Casino Amphitheatre
7/30 ダニー・ハリスン 米国 ニューヨーク Panorama Music Festival
9/11~10/2 ポール・マッカートニー 米国
10/13~20 ポール・マッカートニー ブラジル
10/24 ポール・マッカートニー コロンビア
10/28 ポール・マッカートニー メキシコ
12/2~11 ポール・マッカートニー オーストラリア
12/16 ポール・マッカートニー ニュージーランド

イベント
7/28 19:00~20:30 トーク&サイン会 藤本国彦氏と読むビートルズ
8/5 14:00~15:00 ボブ・グルーエン トークショー
8/5 15:00~16:00 ボブ・グルーエン サイン会
8/6まで 10:00~21:00 ボブ・グルーエンと100人のロックレジェンド展 cor porate with FUJI ROCK FESTIVAL
8/6まで 11:00~23:00 ザ・ビートルズ特設コーナー2017
8/20 19:00 サージェント・ペパーズ発売50周年記念トーク・イベント (6) メンバーを取り巻く世界
9/17まで ジュリアン・レノン写真展 Cycle 東京
9/17まで ジュリアン・レノン写真展 Cycle –Life Cycle– 東京
9/17まで ジュリアン・レノン写真展 Cycle –River Life– 京都

TV , ラジオ
7/31 14:30~16:30 ザ・ビートルズ ~ EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years WOWOWシネマ
8/4 12:00~14:00 ザ・ビートルズ ~ EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years WOWOWシネマ
8/13 6:00~8:00 ザ・ビートルズ ~ EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years WOWOWライブ
8/20 12:35~14:35 ザ・ビートルズ ~ EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years WOWOWシネマ

CD
8/2 ヨーコ・オノ フライ
8/2 ヨーコ・オノ 無限の大宇宙
8/2 ヨーコ・オノ 空間の感触
8/4 ビートルズ ハリウッド・ボウル 1964
9/15 リンゴ・スター ギヴ・モア・ラヴ
10/6 ダニー・ハリスン IN///PARALLEL US盤
後半? ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム
後半? ポール・マッカートニー 全カタログ再発

BD , DVD
8/4 It Was Fifty Years Ago Today! The Beatles: Sgt. Pepper Beyond
8/23 サウンドブレイキング / ジョージ・マーティン 他
10/3 パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 海外盤

映画
8/5 俺たちポップスター (リンゴ・スター出演)
年内? ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内? A Life In The Day

アナログ盤
8/9 ヨーコ・オノ フライ
8/9 ヨーコ・オノ 無限の大宇宙
8/9 ヨーコ・オノ 空間の感触
9/22 リンゴ・スター Give More Love
後半? ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム
後半? ポール・マッカートニー 全カタログ再発

グッズ , ゲーム
8/18 ビートルズ ジャケットコースターセット
9/30 ビートルズ コラボTシャツ

本 , 雑誌 , ムック
9/8 ビートルズはどこから来たのか 大西洋を軸に考える20世紀ロック文化史
9/21 絵本「Imagine」(仮)
2018年 The Beatles: Yellow Submarine


カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


そうだったのか!ポール・マッカートニー その12
ポールが「NEW」の楽曲制作中、「10歳の娘を送り出してから曲を書いていたのは、既に知られた話。 当時、結婚前のナンシー・シェヴェルさんとは恋人同士の間柄だったので、ポールはロンドン、彼女はNYに住んでいた。 時差の関係で、ロンドン時間の午後2時、NY時間の午前7時、ナンシーが出勤前に2人はスカイプし、ポールは作曲中の曲を彼女に演奏して聴かせ、感想を聴いていたのだそう。まさに、愛に溢れたポールが作り出したアルバムと言えるのだ。

Nancy Shevell & Paul McCartney - 2013.5.15 BAFTA

Thanks! ユニバーサルミュージック‏

そうだったのか!ポール・マッカートニー その11
アルバム収録の「アーリー・デイズ」はジョン・レノンと出会った「最初のころの日々」を歌っているといくつかのインタビューで語っています。例えばイギリスの Absolute Radio で語ったという これ。歌詞には「ギターをそれぞれ背負って」「僕らが一緒に家で書いた曲を聴いてくれる人を探し」など、ジョン・レノンとの日々を思わせる表現が出てきます。歌詞の全文はアルバムのブックレットでご確認ください。


Thanks! ユニバーサルミュージック‏

そうだったのか!ポール・マッカートニー その10
アルバムの冒頭を飾る、1980年代ロック・サウンド「セイヴ・アス」。この曲は先ず、イントロからのメロディから出来、歌詞が決まっていなかったのですが、口の中でモゴモゴと歌詞無しでハミングしているうちに“Please”という言葉が出てきて、次々に歌詞が出てきたのだとか。


Thanks! ユニバーサルミュージック‏

そうだったのか!ポール・マッカートニー その9
新作『NEW』で最初に書いた曲は…「アリゲーター」


Thanks! ユニバーサルミュージック‏

そうだったのか!ポール・マッカートニー その8
アルバム収録の「ホザンナ」はポール・マッカートニーがヴォーカル、ギター、ベース、ドラムス、テープ・ループを担当。あとはプロデューサーのイーサン・ジョンズの iPad Tambora App なので、2人だけで作ったというわけです。

Paul McCartney & Ethan Johns

Thanks! ユニバーサルミュージック‏

そうだったのか!ポール・マッカートニー その7
新曲「NEW」でポール・マッカートニー自身が担当しているのはヴォーカル、ベース、ハープシコード、メロトロン、ウーリッツアー、コンガ・ドラムス、マラカス、ブッズーキ。アルバム全体なら、もっとたくさんの楽器をやってます。詳しくはアルバムのブックレットに。


Thanks! ユニバーサルミュージック‏

そうだったのか!ポール・マッカートニー その6
アウト・ゼアー・ツアーに関連する動画がポール・マッカートニーの YouTube チャンネルに多数アップされています。2013年7月9日に訪れたボストン・フェンウェイパークは MLB レッドソックスの本拠地。野球のバットを構えるポールの姿を動画で目撃できます。ヴェローナではポールの気を惹くために「アビイ・ロード」の巨大なバナーを会場に持ち込んだ男たちがステージに上げられて・・・というシーンも。日本の動画も今後登場するかも?


Thanks! ユニバーサルミュージック‏

そうだったのか!ポール・マッカートニー その5
ポール・マッカートニーのコンサートには欠かせない楽曲になっているビートルズの「イエスタデイ」は「最も多くの回数録音された楽曲」として1986年にギネスブックに登録されています。1600のカヴァー楽曲が録音されたとのこと。
(出典 en.wikipedia.org/wiki/Yesterday )


Thanks! ユニバーサルミュージック‏

そうだったのか!ポール・マッカートニー その4
(「ラヴリー・リタ 」「ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト」「オール・トゥゲザー・ナウ」を初めてライヴで演奏していることについて) 挑戦だよね。「ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト」なんて難しいよ。ベースを弾きながら歌う人ならわかるよ。独立してるんだよ。歌はこっちで、ベースはよそに向かってるわけ。集中力が必要だよ。だからショウは楽しいんだけどね。まだ努力してるよ。特に新しく演る曲をなんとかしてやろうと思ってね。次はどうなるかな、って感じだよ

rollinstone.com(2013年7月25日 Q&A : Paul McCartney Looks Back on His Latest Magical Mystery Tour by SImon Vozick-Levinson)のインタビューに答えて。


Thanks! ユニバーサルミュージック‏

そうだったのか!ポール・マッカートニー その3
彼は素晴らしい曲を書く。こっちがビビっちゃっうくらいにね。彼は好きにやらせてくれるし、理解してくれる。自由を与えてくれるんだ。けれど、こっちはその期待に応えなきゃならないわけだよ
ニューアルバム「NEW」のプロデューサーの一人、マーク・ロンソンの発言。英 NME 誌(2013年9月7日号)

NME 2013年9月7日号

Thanks! ユニバーサルミュージック‏