つれづれなるままにサージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド50周年記念盤
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Yesterday  Here Today  Go Now
イベント
5/28 15:00~18:00 Tokyo Beatles Week 2017 Vol.0 藤本国彦×真保安一郎 3時間SGTぶっ通し!
6/1 19:30 サージェント・ペパーズ、50年目の真実
6/4 14:00 ワン・オン・ワン ジャパン・ツアー2017 再現ライブ Live Artist COMMA-DADA
6/9 19:00 アヅ・マッカートニー バースデーライブ2017
6/11 12:30 ビートルズ・アナログ鑑賞会 Vol.9 SGT. PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND 特集
6/16 19:30 サージェント・ペパーズ発売50周年記念トーク・イベント (4) スタジオ・レコーディングの世界
6/16まで サージェント・ペパーズ発売50周年記念イベント Sgt Peppers At 50 英国
7/5~10 Tokyo Beatles Week 2017
7/7 12:00 リンゴ・スター Love & Peace
7/15 19:00 サージェント・ペパーズ発売50周年記念トーク・イベント (5) ライブの世界
8/20 19:00 サージェント・ペパーズ発売50周年記念トーク・イベント (6) メンバーを取り巻く世界

BD , DVD
5/31 ポール・マッカートニー with リンゴ・スター&フレンズ Change Begins Within コンサート2009 Blu-ray
5/31 ポール・マッカートニー with リンゴ・スター&フレンズ Change Begins Within コンサート2009 DVD
7/3 It Was Fifty Years Ago Today! The Beatles: Sgt. Pepper & Beyond

デジタル配信
6/1 It Was Fifty Years Ago Today! The Beatles: Sgt. Pepper & Beyond

本 , 雑誌 , ムック
6/22 ロック・ビッグバンとサージェント・ペパーズ・シンドローム 1966-1968
6/24 THE BEATLES LYRICS 名作誕生
7/4 ビートルズ語辞典 : ビートルズにまつわる言葉をイラストと豆知識でヤァ!ヤァ!ヤァ!と読み解く
9/21 絵本「Imagine」(仮)

映画
7/1 ポール・マッカートニー パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊
年内? ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内? A Life In The Day

LIVE
7/5~26 ポール・マッカートニー 米国
9/11~10/2 ポール・マッカートニー 米国
10/13~20 ポール・マッカートニー ブラジル

CD
前半 ヨーコ・オノ フライ
前半 ヨーコ・オノ 無限の大宇宙
前半 ヨーコ・オノ 空間の感触
前半 ヨーコ・オノ ストーリー
7月以降 ポール・マッカートニー 全カタログ再発
後半 ヨーコ・オノ シーズン・オブ・グラス
後半 ヨーコ・オノ イッツ・オールライト
後半 ヨーコ・オノ スターピース
後半 ヨーコ・オノ 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム
年内? リンゴ・スター ニューアルバム (ポール・マッカートニー参加)

アナログ盤
前半 ヨーコ・オノ フライ
前半 ヨーコ・オノ 無限の大宇宙
前半 ヨーコ・オノ 空間の感触
前半 ヨーコ・オノ ストーリー
7月以降 ポール・マッカートニー 全カタログ再発
後半 ヨーコ・オノ シーズン・オブ・グラス
後半 ヨーコ・オノ イッツ・オールライト
後半 ヨーコ・オノ スターピース
後半 ヨーコ・オノ 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド 50周年記念エディション


カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


そうだったのか!ポール・マッカートニー その12
ポールが「NEW」の楽曲制作中、「10歳の娘を送り出してから曲を書いていたのは、既に知られた話。 当時、結婚前のナンシー・シェヴェルさんとは恋人同士の間柄だったので、ポールはロンドン、彼女はNYに住んでいた。 時差の関係で、ロンドン時間の午後2時、NY時間の午前7時、ナンシーが出勤前に2人はスカイプし、ポールは作曲中の曲を彼女に演奏して聴かせ、感想を聴いていたのだそう。まさに、愛に溢れたポールが作り出したアルバムと言えるのだ。

Nancy Shevell & Paul McCartney - 2013.5.15 BAFTA

Thanks! ユニバーサルミュージック‏

そうだったのか!ポール・マッカートニー その11
アルバム収録の「アーリー・デイズ」はジョン・レノンと出会った「最初のころの日々」を歌っているといくつかのインタビューで語っています。例えばイギリスの Absolute Radio で語ったという これ。歌詞には「ギターをそれぞれ背負って」「僕らが一緒に家で書いた曲を聴いてくれる人を探し」など、ジョン・レノンとの日々を思わせる表現が出てきます。歌詞の全文はアルバムのブックレットでご確認ください。


Thanks! ユニバーサルミュージック‏

そうだったのか!ポール・マッカートニー その10
アルバムの冒頭を飾る、1980年代ロック・サウンド「セイヴ・アス」。この曲は先ず、イントロからのメロディから出来、歌詞が決まっていなかったのですが、口の中でモゴモゴと歌詞無しでハミングしているうちに“Please”という言葉が出てきて、次々に歌詞が出てきたのだとか。


Thanks! ユニバーサルミュージック‏

そうだったのか!ポール・マッカートニー その9
新作『NEW』で最初に書いた曲は…「アリゲーター」


Thanks! ユニバーサルミュージック‏

そうだったのか!ポール・マッカートニー その8
アルバム収録の「ホザンナ」はポール・マッカートニーがヴォーカル、ギター、ベース、ドラムス、テープ・ループを担当。あとはプロデューサーのイーサン・ジョンズの iPad Tambora App なので、2人だけで作ったというわけです。

Paul McCartney & Ethan Johns

Thanks! ユニバーサルミュージック‏

そうだったのか!ポール・マッカートニー その7
新曲「NEW」でポール・マッカートニー自身が担当しているのはヴォーカル、ベース、ハープシコード、メロトロン、ウーリッツアー、コンガ・ドラムス、マラカス、ブッズーキ。アルバム全体なら、もっとたくさんの楽器をやってます。詳しくはアルバムのブックレットに。


Thanks! ユニバーサルミュージック‏

そうだったのか!ポール・マッカートニー その6
アウト・ゼアー・ツアーに関連する動画がポール・マッカートニーの YouTube チャンネルに多数アップされています。2013年7月9日に訪れたボストン・フェンウェイパークは MLB レッドソックスの本拠地。野球のバットを構えるポールの姿を動画で目撃できます。ヴェローナではポールの気を惹くために「アビイ・ロード」の巨大なバナーを会場に持ち込んだ男たちがステージに上げられて・・・というシーンも。日本の動画も今後登場するかも?


Thanks! ユニバーサルミュージック‏

そうだったのか!ポール・マッカートニー その5
ポール・マッカートニーのコンサートには欠かせない楽曲になっているビートルズの「イエスタデイ」は「最も多くの回数録音された楽曲」として1986年にギネスブックに登録されています。1600のカヴァー楽曲が録音されたとのこと。
(出典 en.wikipedia.org/wiki/Yesterday )


Thanks! ユニバーサルミュージック‏

そうだったのか!ポール・マッカートニー その4
(「ラヴリー・リタ 」「ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト」「オール・トゥゲザー・ナウ」を初めてライヴで演奏していることについて) 挑戦だよね。「ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト」なんて難しいよ。ベースを弾きながら歌う人ならわかるよ。独立してるんだよ。歌はこっちで、ベースはよそに向かってるわけ。集中力が必要だよ。だからショウは楽しいんだけどね。まだ努力してるよ。特に新しく演る曲をなんとかしてやろうと思ってね。次はどうなるかな、って感じだよ

rollinstone.com(2013年7月25日 Q&A : Paul McCartney Looks Back on His Latest Magical Mystery Tour by SImon Vozick-Levinson)のインタビューに答えて。


Thanks! ユニバーサルミュージック‏

そうだったのか!ポール・マッカートニー その3
彼は素晴らしい曲を書く。こっちがビビっちゃっうくらいにね。彼は好きにやらせてくれるし、理解してくれる。自由を与えてくれるんだ。けれど、こっちはその期待に応えなきゃならないわけだよ
ニューアルバム「NEW」のプロデューサーの一人、マーク・ロンソンの発言。英 NME 誌(2013年9月7日号)

NME 2013年9月7日号

Thanks! ユニバーサルミュージック‏




          

          

          

Tokyo Beatles Week 2017