つれづれなるままにサージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド50周年記念盤
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Yesterday  Here Today  Go Now
イベント
5/28 15:00~18:00 Tokyo Beatles Week 2017 Vol.0 藤本国彦×真保安一郎 3時間SGTぶっ通し!
6/1 19:30 サージェント・ペパーズ、50年目の真実
6/4 14:00 ワン・オン・ワン ジャパン・ツアー2017 再現ライブ Live Artist COMMA-DADA
6/9 19:00 アヅ・マッカートニー バースデーライブ2017
6/11 12:30 ビートルズ・アナログ鑑賞会 Vol.9 SGT. PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND 特集
6/16 19:30 サージェント・ペパーズ発売50周年記念トーク・イベント (4) スタジオ・レコーディングの世界
6/16まで サージェント・ペパーズ発売50周年記念イベント Sgt Peppers At 50 英国
7/5~10 Tokyo Beatles Week 2017
7/7 12:00 リンゴ・スター Love & Peace
7/15 19:00 サージェント・ペパーズ発売50周年記念トーク・イベント (5) ライブの世界
8/20 19:00 サージェント・ペパーズ発売50周年記念トーク・イベント (6) メンバーを取り巻く世界

BD , DVD
5/31 ポール・マッカートニー with リンゴ・スター&フレンズ Change Begins Within コンサート2009 Blu-ray
5/31 ポール・マッカートニー with リンゴ・スター&フレンズ Change Begins Within コンサート2009 DVD
7/3 It Was Fifty Years Ago Today! The Beatles: Sgt. Pepper & Beyond

デジタル配信
6/1 It Was Fifty Years Ago Today! The Beatles: Sgt. Pepper & Beyond

本 , 雑誌 , ムック
6/22 ロック・ビッグバンとサージェント・ペパーズ・シンドローム 1966-1968
6/24 THE BEATLES LYRICS 名作誕生
7/4 ビートルズ語辞典 : ビートルズにまつわる言葉をイラストと豆知識でヤァ!ヤァ!ヤァ!と読み解く
9/21 絵本「Imagine」(仮)

映画
7/1 ポール・マッカートニー パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊
年内? ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内? A Life In The Day

LIVE
7/5~26 ポール・マッカートニー 米国
9/11~10/2 ポール・マッカートニー 米国
10/13~20 ポール・マッカートニー ブラジル

CD
前半 ヨーコ・オノ フライ
前半 ヨーコ・オノ 無限の大宇宙
前半 ヨーコ・オノ 空間の感触
前半 ヨーコ・オノ ストーリー
7月以降 ポール・マッカートニー 全カタログ再発
後半 ヨーコ・オノ シーズン・オブ・グラス
後半 ヨーコ・オノ イッツ・オールライト
後半 ヨーコ・オノ スターピース
後半 ヨーコ・オノ 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム
年内? リンゴ・スター ニューアルバム (ポール・マッカートニー参加)

アナログ盤
前半 ヨーコ・オノ フライ
前半 ヨーコ・オノ 無限の大宇宙
前半 ヨーコ・オノ 空間の感触
前半 ヨーコ・オノ ストーリー
7月以降 ポール・マッカートニー 全カタログ再発
後半 ヨーコ・オノ シーズン・オブ・グラス
後半 ヨーコ・オノ イッツ・オールライト
後半 ヨーコ・オノ スターピース
後半 ヨーコ・オノ 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド 50周年記念エディション


カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


2014年「アウト・ゼアー」オフィシャル・ツアー・グッズ第二弾発売スタート!
2014年「アウト・ゼアー」オフィシャル・ツアー・グッズ第二弾発売スタート!

Thanks! UNIVERSAL MUSIC JAPAN

新宿経済新聞の年間PVランキング6位は京王プラザホテルのおもてなし
ポール・マッカートニー来日公演中止 京王プラザホテルが「泣ける」おもてなし

新宿経済新聞の2014年のPV(ページビュー)ランキング6位に「ポール・マッカートニー来日公演中止-京王プラザホテルが「泣ける」おもてなし」の記事が輝いた。ランキングは今年1月1日から12月26日までに配信したヘッドラインニュースのPVを集計したもの。上位10位のランキングは以下の通り(カッコ内は掲載日)。

1位 西新宿に時間無制限日本酒飲み放題「さけくらべ」オープン (2/19)
2位 新宿三丁目周辺で「新宿・日本酒フェスティバル2014」-イベント限定の生酒を提供も (5/8)
3位 小田急百貨店新宿店に全国のうまいもの56店集合-地域ケーブルテレビ局と連携し特産品も販売 (7/23)
4位 「新宿漢方クリニック」でメンタルヘルス対策診断「舌診(zessinn)スキャン」スタート (5/21)
5位 新宿アルタで「ゴシップガール」-セリーナ達の衣装に加え、日本初なる劇中小道具の展示も (4/15)
6位 ポール・マッカートニー来日公演中止-京王プラザホテルが「泣ける」おもてなし (5/27)
7位 新宿アルタ地下に「笑っていいとも!」ラスト広告 (3/25)
8位 小田急百貨店新宿店で「全国うまいものめぐり」-約50店が一堂に (2/21)
9位 オフィスワークのカフェ難民に朗報-新宿4丁目に電源・Wi-Fi完備の「Caffice」オープン (11/5)
10位 新宿でワークショップ「チョコレートを学ぼう!作ろう!味わおう!」開催 (1/22)

1位は2月13日にオープンした日本酒の飲み放題ができる「さけくらべ」。同店のコンセプトは「日本酒一点豪華主義。毎日が日本酒利き酒会!」。入場料で日本酒60種と生ビールが時間無制限で飲み放題が楽しめる。十四代、田酒、黒龍、醸し人九平次、磯自慢、鍋島、而今など純米大吟醸、大吟醸を含む日本酒がラインナップされている。PV数のほか、ツイッターで約7000回リツイートされ、フェイスブックの「いいね!」も約1万9000件と注目を集めた。ランキングの中では今春放送を終了した新宿アルタから生放送された「いいとも!」のラスト広告もランクインしている。

Thanks! 新宿経済新聞

2014年をニュースで振り返る BARKSニュース 総合トップ10
ポール・マッカートニー アウト・ゼアー ジャパン・ツアー 2014

2014年をニュースで振り返る BARKSニュースTOP10ランキング
1位 【ライブレポート】浜崎あゆみ、ショーケースライブで魅せる。危険と隣り合わせのフライング
2位 『テラスハウス』最終回、今井洋介が撮影した仲間たちの写真を公開
3位 【ライヴレポート】L'Arc~en~Ciel、国立競技場に光と炎の一大スペクタクル「こういう素敵な光景を見ると、いいバンドだなと思います」
4位 ジョン・レノンのおしっこ手紙、オークションで900万円
5位 GACKT、大胆ヌードを披露
6位 ポール・マッカートニー、都内で入院中
7位 谷村奈南、たわわにぷるるん“推定G乳”も透けた最新写真集『7』
8位 【対談】逹瑯(MUCC) × 鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)、異種格闘技対談-Ring 番外編「偉いなと思って見てたよ」
9位 『テレ東音楽祭(初)』出演の後藤真希、Twitterで「28歳であれなのうそでしょ」と変わらぬ美しさが話題
10位 X JAPAN、世界同時ベストアルバム発売決定
11位 小野恵令奈、芸能界を引退
12位 AC/DCから、嬉しい知らせと悲しい知らせ
13位 AC/DC、マルコム・ヤングの病名が明らかに?
14位 ジョン・レノン殺害犯、仮釈放却下
15位 【ライブレポート】浜崎あゆみ、2014年の夏を締めくくる。そして<a-nation>は台湾、シンガポールへ
16位 【イベントレポート】「福田明日香を超えている。」ハロプロ研修生の公開実力診断テストは、段原瑠々がベストパフォーマンス賞
17位 Berryz工房と℃-ute、“後悔なんてしたくないから”日本武道館で「忘れたくない夏」
18位 【随時更新】国立競技場最後の音楽イベント<JAPAN NIGHT> DAY2 速報レポート
19位 【対談】逹瑯(MUCC) × 櫻井敦司(BUCK-TICK)、異種格闘技対談-Ring 番外編「歯がなくなるまで噛み付こうと思います」
20位 【コメント全文】道重さゆみ、「さゆみのファンの人たちが、ほかの誰でもない、みんなでよかった。」
21位 モーニング娘。'14がニューヨーク公演。鈴木香音に熱狂的な大歓声
22位 【随時更新】国立競技場最後の音楽イベント<JAPAN NIGHT> DAY1 速報レポート
23位 【ライヴレポート】VAMPS主宰<HALLOWEEN PARTY 2014>、幕張初日に「超吹っ切れたから」
24位 【ライブレポート】そこにあったのは覚悟とプライド。モーニング娘。'14 道重さゆみ卒業公演
25位 【BARKS編集部コラム】大事なものが抜けていた…CDサウンドのどでかい落とし穴
26位 前代未聞、西内まりやのLINE生配信番組に20万人が殺到
27位 ポール・マッカートニー、17日の公演を中止
28位 【ライブレポート】福山雅治、50万人動員 <WE'RE BROS.TOUR 2014 HUMAN>で体現した、人間が抱える深くて大きな愛
29位 【ライヴレポート】VAMPS主宰<HALLOWEEN PARTY 2014>、幕張最終日に「本来の姿、私服で登場しました」
30位 ジェニファー・ロペス「ワールドカップ開会式に出る」

あっという間に2014年もおしまい。円安も進みなかなか厳しい世の中ですが、情報だけは元気に飛び交い、いろんなバズも発生した2014年でした。BARKSが2000年にスタートしてから14年と9ヶ月が経過するわけですが、その間に音楽事情も大きく変わりました。ソーシャルで情報が拡散する今の御時世、さて、どのような記事が最も読まれたのか、2014年にアップされた1万本を軽く超える全ニュースから、最も読まれたニュースをランキングでご紹介だ。TOP10といいながら30位までどどーんと公開。人気アーティストのライブレポートはいつも大人気で、1位 15位 浜崎あゆみ、3位 L'Arc~en~Ciel、28位 福山雅治、19位 VAMPSなどは、BARKSでも普遍の人気を誇るアーティスト群だ。そしてBARKSでは特に強い人気を誇るのがハロープロジェクト関連のアイドルたち。16位 ハロプロ、17位 Berryz工房と℃-ute、20位 24位 道重さゆみ、21位 モーニング娘。'14と、2014年も多くの記事がトップにランクインしている。さて、2015年の特徴といえば、レジェンド系洋楽アーティストの話題が事欠かなかったこともある。4位のジョン・レノンのおしっこ記事も話題となったところだが、6位のポール・マッカートニーの公演中止はなかなかインパクトのある出来事だった。随分前の事のような気がするけど、2014年5月のことだったんですねぇ。秋にはAC/DCのマルコム・ヤングの病気が明らかとなり(12位、13位)、バンドの復帰が絶望的であることが報道され、その直後、今度はドラマーが殺人依頼の容疑をかけられるドタバタが発覚、今もなお進捗中。でもウィルコ・ジョンソンの癌克服は嬉しかったな。最後に滑りこんできたももクロ&KISSコラボも楽しみだ。一方で、やっぱりキュートな写真やセクスイな画像も皆さんお好きとみえて、谷村奈南の写真集ニュースが7位に堂々ランクイン、26位には西内まりやも顔を出している。肉食系女子の琴線をジャランジャラン鳴らしたのか、GACKTさまの御体を報道した記事が5位に食い込む勢いを見せたのも印象的だ。<JAPAN NIGHT>の速報レポート記事が18位と22位に登場しているのにも注目。国立競技場最後のエンターテイメントイベントとなった5月の<JAPAN NIGHT>は素晴らしいライブイベントだった。MAN WITH A MISSION、SEKAI NO OWARI、Perfume、L'Arc-en-Cielが共演なんて、マジ神すぎた。個人的には、音に関して考察した記事が長文にもかかわらず25位に顔を出してくれたのが超嬉しい。FACEBOOKでも1.8万いいね!ありがとうございますー。こうやってみると、洋楽/邦楽、ハッピーネタ/悲しいネタ、ライトなエンタメネタ/ディープなアカデミックネタ…と、とてもいいバランスで情報が飛び交っていたことが伺える。これからも面白く、チョイためになるようなアーティスト/音楽の情報を毎日頑張ってお届けします。2014年ありがとう、2015年もよろしくね。

Thanks! BARKS 烏丸編集長

NEWSポストセブンの執筆陣が厳選 2014年、俺のBESTコラム
ポール・マッカートニー - 2014.5.15 羽田空港

NEWSポストセブンは今年も多くのオリジナルコラムを提供してきた。ここではこの1年に掲載したものの中から、常連筆者たちの自薦コラムを紹介する。この1年を振り返るもよし、来年を考えるもよし、ぜひご一読をお勧めする。就活や人材問題で健筆を振るっている「就活の狼」こと、作家で人材コンサルタントの常見陽平が自ら推したのは、意外にも音楽ネタだった。

来日公演の黒歴史 M・ジャガーは直接観客に公演中止を謝罪
今年5月にポール・マッカートニーの来日公演が体調不良でキャンセルになったこと出来事から、過去の大物アーティストのキャンセル事情を紹介した。音楽にも造詣が深い常見らしいエピソード満載で話題に。「ポールの最後の国立公演中止は伝説に。直接謝罪したミックは偉いです」(常見)

お次は「NEWSポストセブンの良心」ともいうべき社会派コラムニストのオバタカズユキが推すのは

いまや「8人に1人」の浪人生 自分の道を堂々と歩けと識者
「年末年始は受験勉強の追い込み期。肩身の狭い浪人生諸君を応援したい」(オバタ)

不況もあって浪人生は減っているという。ただでさえ肩身の狭い浪人生はいまや希少種だ。オバタのコラムを読んで元気を出してほしい。今年も様々な文章芸で楽しませてくれた大人力コラムニストの石原壮一郎は兵庫県の野々村竜太郎県議の記者会見をネタに「褒めながらdisる」という曲芸を披露している。

非難集中の号泣県議 どうにかして褒めてみようと識者が提案
「非難が大好きな世の中だからこそ、無理にでも褒める心意気を持ちたいものです」(石原)

石原の「真意」は最後の一文にあると見たが、どうか。今年も食文化に関する広範な知識で我々の知の食欲を満たしてくれていたのが、編集・ライターの松浦達也。来年につながるジビエの話題を推した。

ジビエの季節が到来 野生鳥獣肉の衛生管理とそのリスクは
「害獣による農作物被害や11月に策定された。ガイドラインの運用など今後も要注目」(松浦)

ラストは今年1年、NEWSポストセブンに「エエ話」を集中投下して新境地を開拓したフリーライターの神田憲行から、再びの「エエ話」だ。

話題の伊勢丹公式PVでキレキレのダンスを見たライターの述懐
「世知辛い世の中ですから最後もエエ話で締めたい。ちなみに私も編集部も伊勢丹から1円も貰っていません」(神田)


今年もおかげさまで話題になったりYahoo!トピックスに取り上げられた一方で、図らずもプチ炎上を食らうこともあった。来年も「良くも悪くもNEWSポストセブン」の心意気で常連筆者一同、邁進したい所存とのことだった。

Thanks! NEWSポストセブン

日本の店の張り紙に中国人ビックリ! ポール・マッカートニーのお見舞いの為、お休みします
自称・日本最大の中国情報サイト Record China が日本の飲食店の臨時休業理由について記事にしています。

201412027.jpg

2014年11月26日、中国版ツイッターに日本の飲食店が臨時休業した際に張り出した“身勝手な”理由が紹介され、話題を呼んでいる。書き込みには「イタタ…イタタタ…本日けびょうのため休みます」「ももクロライブ参戦の為」「夫婦げんかのため」「ポール・マッカートニーのお見舞いの為」「愛人とデートの為」「本日そば失敗しました」「兄がいじけたので」「逃げた女房を捜すため」「サッカー日本代表敗戦を受け、店主体調不良の為」などと記された張り紙の画像が紹介されている。この書き込みに対し、中国のネットユーザーはさまざまな反応を見せている。

「身勝手すぎるだろ(笑)」
「超ウケた」
「女房が逃げた!?日本人って(笑)」
「日本人はこんなに勝手だったのか!」

「ももクロのためだと?」
「クソうまい」
「いいね。ゆるい感じがいい」

「会社に行きたくないときの理由が見つかった」
「今日は天気が良いから休みにしよう」
「自分もこういう店がやりたい」
「こんな店主になりたい」

又、「サッカー日本代表敗戦を受け、店主体調不良の為」という理由については、こんなコメントも。
「これ、ずっと臨時休業じゃね?」
「中国だったら、ちっとも店を開けられないぞ」

Thanks! Record China

ポール・マッカートニー、再々来日はあり!?

Thanks! 湯川れい子

ポール・マッカートニー、9月の再々来日は無し!?

Thanks! 湯川れい子

アウト・ゼアー・ジャパン・ツアー2014 ツアー・グッズ通信販売のお知らせ
WINGSFAN本ブログのトップページに画像で掲載しました。
詳細は上掲の画像か こちら をクリックして下さい。 from wingsfan

キョードー東京、再来日の可能性を探っている状態

ウイルス性炎症のため5月下旬に予定していた日本での全公演を中止したポール・マッカートニーが25日までに自身のホームページにビデオメッセージを掲載し「僕は元気だ。心配してくれてありがとう」とファンに呼び掛けた。公演中止以来、ポールが映像で直接メッセージを発信するのは初めてとみられる。約30秒間の映像に登場したポールはギターを弾く身ぶりも交え健在ぶりをアピール。ホームページには「元気そうでうれしい」「早く公演で会いたい」などと回復を喜ぶファンのコメントが続々とアップされた。日本公演招聘元のキョードー東京によると、映像公開にあたりポール側からの連絡はなかったという。現在は「再来日の可能性を探っている状態です」と説明した。

Thanks! スポーツニッポン

リンゴ・スター、ポール・マッカートニーの回復ぶりを語る

病気のため一連のコンサート中止に追い込まれたポール・マッカートニーの健康状態についてリンゴ・スターが発言している。ポールは日本でウイルス感染により体調を崩し、東京で入院。東京、大阪、京城、ルボック、ダラス、ニューオーリンズ、アトランタ、ジャクソンヴィル、ナッシュヴィル、ルイーズヴィルで予定されていた「アウト・ゼア・ツアー」公演は延期となっていたが、このほど10月の振替公演が発表された。退院後、ポールは自宅で順調に回復しつつあるとリンゴは Access Hollywood に「入院中も電話で話したんだ。彼は「やあ」って、ちゃんと電話に出てきたよ。大丈夫さ。もう退院したし、体調も戻ってきて、ロックする準備はできてる。調子良さそうだよ。メールすると返事もくれる」と語っている。日本公演に続いて韓国公演も中止せざるを得なかったポールだが、スポークスマンはポールが「元気」であり、「7月にはツアーを再開する」と断言。ポールは7月5日に米ニューヨーク州オールバニーで公演を行う予定。

Thanks! ロッキング・オン




          

          

          

Tokyo Beatles Week 2017