つれづれなるままにWINGSFAN
Tribute Vlog for Paul McCartney & Wings
12 | 2019/01 | 02
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Yesterday  Here Today  Go Now



カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


ビートルズがいなかった世界を描いた映画が今秋公開予定
414755.jpg

今年の東宝と東宝東和のラインナップ作品です。皆さんはどれが観たいでしょうか?? 僕は正直どれもこれも観たいですが、敢えて一本選べと言われたら、「イエスタデイ」でしょうか。これは突如「ビートルズがいなかった世界」になってしまった世界で、1人だけビートルズを覚えていた青年がそのビートルズの音楽を世に出し、一躍スターになっていくという物語で、脚本が「ラブ・アクチュアリー」のリチャード・カーティスで、監督が「トレインスポッティング」「スラムドッグ$ミリオネア」のダニー・ボイルという、夢のようなコンビで紡ぎ出される夢のような映画です。もしも僕にそんなことが起きたら?と想像するだけで、鳥肌が立ってしまいそうです。きっとすぐにヤァ!ヤァ!ヤァ!と武道館に行くことでしょう。これはもう ALL YOU NEED IS JUST WATCH IT. って感じですね。

東宝
1/18  マスカレード・ホテル
2/1   七つの会議
2/15  フォルトゥナの瞳
3/1   映画ドラえもん のび太の月面探査記
3/15  君は月夜に光り輝く
3/21  PRINCE OF LEGEND
4/12  名探偵コナン 紺青の拳
4/19  映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン~失われたひろし~
4/19  キングダム
5月   名探偵ピカチュウ
5/17  コンフィデンスマンJP
5/31  ゴジラ キング・オブ・モンスターズ
6/21  きみと、波にのれたら
7/12  ミュウツーの逆襲 EVOLUTION
7/19  天気の子
7/26  アルキメデスの大戦
夏   劇場版おっさんずラブ(仮)
9/13  記憶にございません!
秋   蜜蜂と遠雷
秋   HELLO WORLD
秋   マチネの終わりに
2019年 ユーリ!!! on ICE 劇場版:ICE ADOLESCENCE
2019年 屍人荘の殺人
2020年 ヲタクに恋は難しい
2020年 Last Letter
2020年 GODZILLA VS. KONG(原題)
2020年 シン・エヴァンゲリオン劇場版
2020年 モンスターハンター

東宝東和
2/8   ファースト・マン
3/1   移動都市/モータル・エンジン
夏    ペット2
夏    ホブス&ショウ(原題)
秋    ドッグス・ジャーニー(原題)
秋    イエスタデイ(原題)
2019年  アス(原題)
2019年  ハッピー・デス・デイ(原題)
2019年  ハッピー・デス・デイ・トゥー・ユー(原題)
2019年  キャッツ(原題)
2019年  BOND 25(仮題)
2019年 ドクター・ドリトル(仮題)

今年も東宝グループだけに限らず映画を宜しくお願いします。

Thanks! cinemacafe.net

幻のライヴ映像「ブルース・マクマウス・ショー」海外劇場公開
The Bruce McMouse Show

ウイングスのライヴとネズミの一家のアニメをフィーチャーしたポール・マッカートニーの幻の映像作品「ブルース・マクマウス・ショー」の劇場公開が決定した。非公開とされてきたポール・マッカートニーの映像作品「The Bruce McMouse Show(ブルース・マクマウス・ショー)」が1月21日(現地時間)に世界4ヵ国の劇場で公開される。伝説のプロジェクトではライヴ映像と共にマッカートニーをはじめとするウイングスのメンバーとアニメーションで描かれたネズミ、ブルース・マクマウスとの交流が描かれている。作品の予告編も公開され、北米では11の劇場で上映がはじまる。上映予定の劇場の一覧や、チケット情報などの詳細は 公式サイト をチェックしよう。「ブルース・マクマウス・ショー」の目玉は1972年のヨーロッパツアーでウイングスが訪れたオランダとドイツでの4公演の映像だ。映像を観たマッカートニーは、かねてから温めていたネズミの一家というアイデアと組み合わせることを決め、アニメーターのエリック・ワイラムと共にマクマウス家に命を吹き込んだ。しかし、映像の制作には数年がかかり、1977年に「ブルース・マクマウス・ショー」が完成した頃には、ウイングスのメンバーも音楽性も変わっていたので、お蔵入りという判断が下されてしまった。「ブルース・マクマウス・ショー」は「Big Barn Bed」を演奏するウイングスの映像で始まる。さらにカメラはステージから、マクマウス家が暮らすアニメの世界へと旅をする。ブルース・マクマウスが昔の思い出を家族に語っているところに息子が駆け込み、上でウイングスがライヴをしていると伝えるのだ。バンドには自分が必要だと思ったブルースはプロデューサー役を引き受け、ライヴは続く。アニメのネズミたちが会場に押し寄せ、演奏を楽しむ、という内容だ。「ブルース・マクマウス・ショー」には声優としてポール・マッカートニー、リンダ・マッカートニー、俳優のデレク・ガイラー、パット・クームス、デレック・ニモが登場する。監督はバリー・チャティントンが務めている。



Thanks! Rolling Stone Japan

ジョン・レノンの楽曲が使用されている映画「ドント・ウォーリー」が5月公開
ドント・ウォーリー

ジョン・レノンが歌う「Isolation」が印象的なガス・ヴァン・サント監督3年ぶりの新作 ドント・ウォーリー が5月にヒューマントラストシネマ有楽町・ヒューマントラストシネマ渋谷・新宿武蔵野館他、全国順次公開することが決定した。たとえ人生最悪の困難な時にあっても、人は変わることができる力を秘めている。2010年、59歳で他界した世界で一番皮肉屋な風刺漫画家ジョン・キャラハン の半生を描いた奇跡の実話。2014年他界したロビン・ウィリアムズが製作・主演を熱望した風刺漫画家ジョン・キャラハンの自伝を元にした本作の主演を演じるホアキン・フェニックスはキャラハンについて可能な限り研究した。書籍を読み、残されたインタビュー・テープをみて、実際に彼の人生を激変させたリハビリセンターを訪ねた。そして個人的にキャラハンを知るガス・ヴァン・サント監督から話を聞き、ホアキンなりのジョン・キャラハンを創り出した。自動車事故により身体が不自由となった彼の絶望と、事故後の彼をやさしく見守る人々の姿を映し出す。特にキャラハンが生前ポートランドの通りを電気車いすに乗り猛スピードで疾走していた姿そのままに青い空の下、ホアキン演じるキャラハンとルーニー・マーラ演じる恋人アヌーとの車いすの2人乗りのシーンはジョン・レノンの歌声と相まって、観るものに強い印象を残すだろう。たとえ人生最悪の困難な時にあっても、人は変わることができる力を秘めている。ロビン・ウィリアムズが映画化を熱望し、ガス・ヴァン・サントが受け継ぎ描いたひとりの男の心の旅。2018年サンダンス映画祭、第68回ベルリン映画祭に正式出品され、「ホアキン・フェニックスの俳優人生で最高の演技」と称賛された奇跡の実話をお見逃しなく。

ドント・ウォーリー
原題 Don't Worry, He Won't Get Far on Foot
監督・脚本・編集 ガス・ヴァン・サント
出演 ホアキン・フェニックス ジョナ・ヒル ルーニー・マーラ ジャック・ブラック
原作 ジョン・キャラハン
制作 2018年 米国


Thanks! 東京テアトル

ウイングス、未公開映画「ザ・ブルース・マクマウス・ショウ」の劇場公開が決定
The Bruce McMouse Show

10日(英国時間)、これまで未公開だった映画「ザ・ブルース・マクマウス・ショウ」が世界各国の映画館で上映されることがポール・マッカートニー公式サイトで発表された。本作はライヴ映像とアニメーション映像からなる作品で、ポール・マッカートニー&ウイングスとアニメの主人公であるブルース・マクマウスとの出会いを描いたもので、これまで未公開だった1972年に行われたポール・マッカートニー&ウイングスのヨーロッパ・ツアー映像も収められており、ステージの下に住むネズミの家族を描いたアニメーションと共に構成されている。公式のあらすじには「ブルース・マクマウスが自分の過去の話をして家族を楽しませていると、息子のソイリーが興奮気味に部屋に入って来て、ウイングスが上でライヴを行ってることを伝えてきました。コンサートが進行していくにつれて、ポールやバンドには自分の助けが必要なはずだとブルースは妻のイボンヌに話し始めました」と綴られている。本作は1月21日(現地時間)にロンドンやリヴァプールの映画館で上映されるほか、米国やオーストラリア、カナダの映画館でも同日に上映されることが発表されている。上映される映画館の一覧など、映画についての詳細は 公式サイト に掲載されている。

Thanks! NME Japan

ブルース・マクマウス・ショウが1月21日に海外劇場上映
The Bruce McMouse Show

ポール・マッカートニー&ウイングスの映像作品 The Bruce McMouse Show が1月21日(現地時間)に英国、米国、カナダ、オーストラリアで劇場上映される。詳細は日中に掲載するとして、上映される劇場は以下のとおり。日本でも劇場で爆音上映して欲しい作品です。

英国
リバプール Everyman Cinema Liverpool
ロンドン Everyman Cinema Hempstead

米国
ニューヨーク IFC Center
ロサンゼルス ArcLight, Hollywood
ベセスダ ArcLight Bethesda
シカゴ ArcLight Chicago
ダラス ANGELIKA
ホノルル Kahala 8
ナッシュビル Belcourt Theatre
フェニックス FilmBar
サクラメント The Tower Theatre
サンディエゴ ANGELIKA, Carmel Mountain
サンラフェル San Rafael Film Center
シアトル SIFF Uptown

カナダ
モントリオール Cinéma Banque Scotia Montréal
トロント Scotiabank Theatre Toronto
バンクーバー Scotiabank Theatre Vancouver

オーストラリア
メルボルン Rivoli Cinemas
パース Event Cinemas Innaloo
シドニー Event Cinemas George Street


海外での劇場公開に先立ち、The Bruce McMouse Show 公式サイト が開設されています。

Thanks! Paul McCartney & Wings

エド・シーラン、ビートルズをテーマにした新作映画の撮影が終了
エド・シーラン

エド・シーランが2019年に新曲を発表することを示唆した。長期間の休みを取りたいため、2020年後半まで新作アルバムをリリースしないと口にしていたエドだが、活動休止期間に入る前に公開したい曲の数々があるのだという。ダニー・ボイル監督、リチャード・カーティス脚本によるビートルズをテーマにした新作映画で、楽曲を提供しているだけでなく本人役で出演もしているエドだが、他にも新曲があるのだそうで、The Sun 紙に次のように話している。「映画を終えたところなんだ。それに発表する曲がある。いつとかそれが何なのかはまだはっきり言えないんだけど、色々曲があって、それが1曲になるのか、5曲になるのか、15曲になるのかまだ分からない」。現在では既に極秘結婚したと思われるチェリー・シーボーンとの時間をとるため、アルバム「X」発表後の2015年にも同様に長期の活動休止期間を取っていたエドは、常に世間の期待に応えるポップアルバムを作り出さなければならないプレッシャーについても以前明かしていた。

Thanks! BANG Media International

映画 マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ! 1月5日公開
マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ!

ポップカルチャーを中心に1960年代の英国を捉えた映画 マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ! が1月5日から東京・渋谷の Bunkamura ル・シネマほか全国順次公開される。英国の名優マイケル・ケインが、プロデュースとプレゼンターを務め、1960年代のカルチャー“スウィンギング・ロンドン”にフォーカスを当てた本作はデビッド・バッティ監督がケインをはじめ、ビートルズ、ローリング・ストーンズ、ザ・フーといった大物ミュージシャン、モデルのツイッギー、ファッションデザイナーのマリー・クワントといった時代を彩るキーパーソンたちに、6年がかりで50以上のインタビューを敢行。マイケル・ケインが、本作への参加経緯や、当時の文化が今の時代に与えた影響などを語った。

マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ!

- このドキュメンタリーに深く関わった理由を教えてください。

マイケル : 一番の動機は、これは実際にわたしが経験したことであり、ここで語られていることをすべて知っていたから。きっかけは、わたしの友人であるプロデューサーのサイモン・フラーと話すうちに、ある日彼が、「60年代についてのドキュメンタリーを作らないか?」と思いついたことだった。「君が言ったことに沿って作るようなものにしたらどうだろう。デビッド・バッティという優れた監督がいるから」と。だからこの映画自体が、アクシデントによって生まれたようなものなんだ。それこそこの映画が描いている60年代みたいに仲間が集まって意気投合して、面白そうだ、やろうぜ、というノリで実現したものなんだよ。

- 1960年代といえば、あなたは「アルフィー」や「ミニミニ大作戦」など、すでにスターの階段を駆け上がっていらっしゃいました。当時のことで、最も印象的なことはなんですか。

マイケル : わたしはとてもラッキーだったんだ。パーフェクトなタイミングに恵まれたという点でね。というのも、それ以前は労働者階級のアクセントをもった俳優の役などなかった。でも戯曲家のジョン・オズボーンが「Look Back in Anger」(1956)という戯曲で初めて、労働者階級のキャラクターを主人公にした。そして今度はビル・ノートンが、やはり労働者階級のヒーロー、アルフィーを書き、わたしが映画でその役を演じることになった。そしてアカデミー賞にまでノミネートされた(作品賞、主演男優賞を含む5部門ノミネート)。まったく想像もしていなかったことだよ。英国のコックニー訛りを持った労働者階級の俳優が、突然アカデミー賞にノミネートされるなんて。だが僕らは物事を変えた。僕らが望んだからとも、変えざるをえなかったからとも言える。それ以前は何もできなかったし、どこにも行くところがなかったからね。英国のレストランは正装で行かなければいけなかったから、わたしたちはお呼びじゃなかったんだ。フィッシュアンドチップスを食べて、パブで飲むしかなかったんだ。

- ポール・マッカートニーやマリアンヌ・フェイスフル、ジョーン・コリンズ、ツィギーら、さまざまなスターにインタビューをしています。しかし、声だけの出演にした理由を教えてください。

マイケル : もちろん、今はもうみんなだいぶ年齢を経ている。わたしとデビッドは、観客を60年代の世界にとどめたかった。もし彼らに画面に出てもらったとしたら観客は、だいぶ老けたなとか、こんなに変わったなどと思って、気をそがれるだろう(笑) わたしたちは60年代の世界を保つために、画面には当時の映像を映そうと思った。でも、実はこれをTVシリーズ化しようという考えもあるんだ。だから残りはTVシリーズを観てもらいたい(笑)

- インタビューで最も印象的だったのは誰ですか。

マイケル : 全員と知り合いだが、それほど親しいわけではなかった人もいる。一番印象的だったのは、ポール(・マッカートニー)だね。彼とは以前、そんなに話したことはなくて、彼のバック・グラウンドについてもそれほどよく知っていたわけではなかった。とてもざっくばらんに語ってくれたよ。わたしはこれまで人にインタビューしたことがなかったから、どうやって進めればいいかと考えたが、自分が面白いと思うことは観客にも面白いはずだと思った。それでインタビューというよりは会話のような感じになっている。

- 今日の社会に60年代カルチャーはどんな影響を与えたと思いますか。

マイケル : すべてのベースになっていると思うし、人々はいまだに当時のカルチャーに惹かれていると思う。ビートルズ、ローリング・ストーンズ、スウィンギング・ロンドン、みんなあの時代に生まれたものだ。ワーキングクラスを描いた本や映画なども。わたしたちが、いまの世界のベースを作ったとも言える。今日のコミュニケーション手段である、コンピューターや携帯はなかったけれど、そのかわりに対話があった。さまざまな人々がいろいろなところから集まってきて、そこからアイディアが生まれ、多くのことが起こった。とくにあの時代の大きな遺産の1つは、ポピュラーカルチャーを生み出したことだ。それ以前はカルチャーというものは、上流階級のものだった。でも60年代を境に、それはみんなのものになったんだ。


Thanks! 映画.com


関連Blog
2018/7/16のBlog 映画 MY GENERATION (ビートルズ、ポール・マッカートニー出演) 来年1月公開


名古屋市公会堂リニューアル記念 ザ・ビートルズ ~ EIGHT DAYS A WEEK 3月29日上映
2017年4月から改修工事のため休館していた名古屋市公会堂が、来年4月にリニューアル・オープンを迎えます。その記念事業としてCBCテレビと名古屋市公会堂の共催で、ザ・ビートルズ ~ EIGHT DAYS A WEEK が3月29日に上映されます。

ザ・ビートルズ ~ EIGHT DAYS A WEEK

名古屋市公会堂リニューアルオープン記念 ザ・ビートルズ ~ EIGHT DAYS A WEEK ド迫力上映会+トーク
日 時 3月29日(金) 開場 18:00 , 開演 18:30
会 場 名古屋市公会堂 (愛知県名古屋市昭和区鶴舞1-1-3)
料 金 指定席 2000円、ペア・チケット 3600円 (税込)
・5歳以上は有料。4歳以下はひざ上のみ無料。但し、お席が必要な場合は有料
・車いすにてご来場のお客様は、チケットを付き添いの方の分も含めお買い求め下さい
 お買い求め後、CBCテレビ事業部 052-241-8118(平日 10:00~18:00)まで事前にお電話下さい
・録音・録画機材(携帯電話・スマートフォン含む)使用禁止
・営利目的の転売禁止
主 催 CBCテレビ、名古屋市公会堂
協 力 シンコーミュージック・エンタテイメント
出 演 星加ルミ子(元ミュージック・ライフ編集長)、藤本国彦(ビートルズ研究家)
問合せ CBCテレビ事業部 052-241-8118(平日 10:00~18:00)

チケット 12月22日(土)10:00発売
チケットぴあ 0570-02-9999 (Pコード 138-120)
ローソンチケット 0570-084-004 (Lコード 45523)
e+
CBCラヴァース 052-242-1181

2016年に公開され大きな話題を呼んだ、ビートルズのツアーを追いかけたドキュメンタリー映画「ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK」(監督:ロン・ハワード)を名古屋市公会堂大ホールに新たに導入されるデジタル映写機とサラウンドシステムを駆使し、特大画面でド迫力上映! そして、上映前には、この作品を10倍楽しむためにザ・ビートルズとはいえば、この人というスペシャルな2人を迎えたトークイベントを行います。1人は1966年の全米ツアーに同行、追っかけ取材に成功した元ミュージック・ライフ編集長の星加ルミ子さん、そしてもう1人は、ビートルズ関連の著書を数多く執筆し、映画「ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK」では字幕の監修も担当した、ビートルズ研究家の藤本国彦さん。ザ・ビートルズ現役時代の知られざる素顔と、この映画の本当の見どころを存分にお話しいただくとともに、来日公演中で、4月に名古屋公演も行うリンゴ・スターの話題にも触れます。なお、会場ではビートルズ関係の書籍やオフィシャル・グッズの販売もございます。

p_hoshika.jpg p_fujimoto.jpg

名古屋市公会堂リニューアルオープン記念イベントの詳細は以下のとおりです。

3月23日(土)~3月31日(日) MUSIC LIFE CLUB presents ミュージック・ライフ展 名古屋SPECIAL
3月23日(土) 水谷千重子歌謡ショー ジョイン 花咲かタイムズ10周年ファイナル
3月25日(月) CHIAKI ITO トークショー スペシャルエディション
3月29日(金) ザ・ビートルズ ~ EIGHT DAYS A WEEKド迫力上映会 + トーク
3月30日(土) ミュージック・ライフ スーパースター列伝 ~クイーンからデュラン・デュランまで~
3月31日(日) 吉本新喜劇ワールドツアー ~60周年 それがどうした!~ 愛知公演

Thanks! CBCテレビ

ジョン・レノン&オノ・ヨーコの伝記映画が制作決定 殺害事件直前まで描く
John Lennon & Yoko Ono - 1970 カンヌカンヌ国際映画祭

伝説的ロックバンド、ビートルズのジョン・レノンとその妻オノ・ヨーコの伝記映画(タイトル未定)を映画「ダラス・バイヤーズクラブ」やドラマ「ビッグ・リトル・ライズ」のジャン=マルク・ヴァレが監督することがわかった。米 Deadline など複数のメディアが報じている。ジョンとヨーコは1966年にヨーコが開いた個展で出会い、交際に発展した。1969年に結婚した2人は、平和運動やベトナム戦争反対運動に積極的に取り組んだことでも知られている。1980年にレノンが殺害された後、オノは平和運動を続けながらレノンの音楽や遺産を守り続けている。脚本を担当するのはクイーンのフレディ・マーキュリーを描く伝記映画「ボヘミアン・ラプソディ」を執筆したアンソニー・マクカーテン。「博士と彼女のセオリー」「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」を手がけた、今や伝記映画の第一人者。ストーリーの詳細は明らかになっていないが、ジョンとヨーコの恋愛を中心とする物語となり、ジョンの殺害事件が起こる直前で幕を閉じる予定。制作陣いわく、ビートルズの解散といった混乱の中でどのように2人が絆を深めていったかについての大きな発見があったと語っており、「チャプター27」や「ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ」といった過去のジョン・レノン伝記映画とは一味違った作品になりそうだ。本作の特徴はオノ・ヨーコ自身がプロデューサーとして参加していること。これはプロデューサー陣の説得で実現したもので、これによって、本作にはジョン・レノンの楽曲がサウンドトラックとして使用される見込みだ。2018年10月24日現在、製作陣は楽曲に関する交渉の最中だというが、実現すれば「ボヘミアン・ラプソディ」と同じく、俳優がレノンを演じつつも、歌声にはレノン本人の声が使用されるという形が採用されることになりそうだ。なおジャン=マルク・ヴァレ監督は映画「007」第25作(タイトル未定)からダニー・ボイル監督が離脱した際、監督候補の一人として名前が挙がっていたものの、本作を優先するためにこれを辞退。本作では監督とプロデューサー、編集を兼任し、マクカーテンとともに脚本のリライトにも参加する。ヴァレ監督とマクカーテン、オノ・ヨーコと共にプロデューサーを務めるのは「ソーシャル・ネットワーク」のマイケル・デ・ルカ、「フライトナイト/恐怖の夜」のジョシュ・ブラットマン、そして「ダラス・バイヤーズクラブ」などでヴァレ監督とタッグを組んだネイサン・ロス。製作の実現に向けて、最強の布陣が揃った。ブラットマンはジャン監督の起用について「ジャンは心を込めてすべての指揮を執るんです。それゆえに、耐えがたい辛さと向き合う中で思いやりの気持ちを培うこと、そして愛と平和、理解をもって逆境を乗り越えることを描くこの恋愛物語を手がけるのにふさわしいのです」と述べ、「本作のメッセージは現代にこそ突き刺さることでしょう」として自信をのぞかせた。又、ロスは「私たちは全員ビートルズの大ファンです。まさに夢が叶いました」と喜びを語り、本作の内容については以下のようにコメントしている。「ジョンには内面と外面の両方に困難を抱えていましたし、幼少期には家庭に混乱を抱えていました。オノ・ヨーコも、ジョンが悲劇的な死を迎える以前から耐えなければならないことがあったのです。この脚本の素晴らしいところは、まさしくその点に正直であることです。多くの伝記映画の脚本では、対象人物の家族との連携によって編集が必要になりますが、今回はそうではありませんでした」。ジョン・レノン&オノ・ヨーコを描く伝記映画(タイトル未定)の公開時期は未定。本作はヴァレ監督の次回作となり、2019年後半の撮影を目指して進行中とのことだ。

Thanks! THE RIVER

ポール・マッカートニーが楽曲提供した映画が来秋公開
ETHEL & ERNEST

2019年秋、「スノーマン」「風が吹くとき」などで知られるレイモンド・ブリッグズの同名絵本をアニメ化した映画「エセルとアーネスト(原題)」が東京・岩波ホール他にて順次公開される。ブリッグズ自身の両親がモデルとなっている本作は、激動の20世紀を生きた平凡な英国人夫婦の40年間を描いた物語。1928年のロンドンで牛乳配達のアーネストとメイドだったエセルは恋に落ちて結婚、ウィンブルドンに小さな家を構える。息子レイモンドも誕生し、第2次世界大戦中も2人は寄り添って笑い合い生きていく。今年9月にガンのため65歳で死去したロジャー・メインウッドが監督を手がけ、温かみのある絵がそのまま動き出したかのようなアニメーションは9年という歳月を費やし手描きで制作された。エセルに「秘密と嘘」 のブレンダ・ブレッシン、アーネストに「アイリス」のジム・ブロードベントが声を当てた。原作者のブリッグズは「彼らの声が聞こえてくると、母と父が部屋にいるようでした」と語っている。エンディング曲「Blink of An Eye」を、現在来日公演中のポール・マッカートニーが提供。元々ブリッグズの大ファンで、アルバム「マッカートニーII」に収録された「Bogey Music」はブリッグズの絵本「いたずらボギーのファンガスくん」に影響された楽曲というエピソードを知ったメインウッドが、ブリッグズの許可を得て、ポール・マッカートニーに楽曲を依頼し、実現した。


Thanks! ナタリー


関連Blog
2016/11/7のBlog CD ポール・マッカートニー他 Ethel & Ernest 11月18日英国発売




TV , ラジオ
1/24 12:00~13:15 ビートルズ VS ストーンズ スターチャンネル
1/27 21:00~21:30 Dr.竹迫のミュージック・クリニック Red Rose Speedway 特集・後編 FMゲンキ
1/27 25:45~26:50 ビートルズ VS ストーンズ スターチャンネル

本 , 雑誌 , ムック
1/29 絵本 All you need is LOVE
1/30 ルーフトップ・コンサートのビートルズ 世界を驚かせた屋上ライブの全貌
1/31 ビートルズ・ストーリー '75
2/23 ビートルズと過ごした日々: デレク・テイラー自伝
9/5 絵本 Hey Grandude!
年内 ジミー・マッカロック伝記本

イベント
2/1 19:00 ミートフリーマンデー・ナイト
2/3まで 1960s Rock n Roll Artists: A Photographic Journey -甦る奇跡の時間-
2/9 ビートルズ講座第6弾 ビートル・アローン Vol.2 【ソロ編/1970-1980】
2/17 11:30 代々木公園ビートルズフェス ~Anthology~
2/27 19:30 ジョージ・ハリスン・トリビュート「GENTLE GUITAR MELODIES」CD発売記念ライブ&トーク
3/9 ビートルズ講座第6弾 ビートル・アローン Vol.2 【ソロ編/1970-1980】
3/23~31 THE BRITISH ROCK NAGOYA MUSIC LIFE Special Shop 名古屋
3/24まで テリー・オニール写真展 Terry O’Neill : Rare and Unseen (ビートルズ、ポール・マッカートニー写真出展)
4/22まで Double Fantasy – John + Yoko 英国

CD
2/27 トミー・リピューマ・ワークス (ポール・マッカートニー楽曲収録) 3CD
年内 オノ・ヨーコ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

映画
3/29 ザ・ビートルズ ~ EIGHT DAYS A WEEK 名古屋
5月 ドント・ウォーリー (ジョン・レノン楽曲使用)
秋 エセルとアーネスト (ポール・マッカートニー楽曲使用)
秋 タイトル未定(ジョンとヨーコの伝記映画)
年内 ポール・マッカートニー Paul McCartney Live At The Cavern 2018

Blu-ray , DVD
年内 ポール・マッカートニー Paul McCartney Live At The Cavern 2018
2020年? ビートルズ レット・イット・ビー

アナログ盤
年内 オノ・ヨーコ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

Freshen Up - Paul McCartney

3/20 チリ サンティアゴ National Stadium
3/23 アルゼンチン ブエノスアイレス Polo Ground
3/26 ブラジル サンパウロ Allianz Parque
3/30 ブラジル クリチバ Estadio Couto Pereira
5/23 米国 ルイジアナ Smoothie King Arena
5/27 米国 ノースカロライナ PNC Arena
5/30 米国 サウスカロライナ Bon Secours Wellness Arena
6/1 米国 ケンタッキー Rupp Arena
6/3 米国 インディアナ Allen County War Memorial Coliseum
6/6 米国 ウィスコンシン Kohl Center
6/8 米国 グリーンベイ Lambeau Field
6/11 米国 イリノイ TaxSlayer Center
6/14 米国 アーリントン Globe Life Park
6/22 米国 サンディエゴ Petco Park
6/26 米国 アリゾナ Talking Stick Resort Arena
6/29 米国 ラスベガス T Mobile Arena
7/10 米国 サンノゼ SAP Centre
7/13 米国 ロサンゼルス Dodgers Stadium

Ringo Starr And His All Starr Band

3/27 日本 福岡 サンパレス ホテル&ホール
3/29 日本 広島 上野学園ホール
4/1 日本 仙台 東京エレクトロンホール宮城
4/2 日本 福島 けんしん郡山文化センター(郡山市民文化センター) 大ホール
4/3 日本 東京 昭和女子大学人見記念講堂
4/5 日本 東京 ドームシティホール
4/6 日本 東京 ドームシティホール
4/7 日本 東京 ドームシティホール
4/9 日本 名古屋 Zepp Nagoya
4/10 日本 大阪 あましんアルカイックホール
4/11 日本 大阪 オリックス劇場