つれづれなるままにWINGSFAN
Tribute Vlog for Wings Greatest 40th anniversary
01 | 2018/02 | 03
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
Yesterday  Here Today  Go Now
本 , 雑誌 , ムック
2/24まで The Beatles 音源徹底分析(一部内容) 無料ダウンロード
2/26 麗しき70年代ロック・スター伝説 8ビートギャグ リターンズ (ビートルズ・ネタ掲載)
3/6 MUSIC LIFE ジョンとヨーコのバラッド
3/9 ジョン・レノンの流儀(仮) 1964-1980 対話録
3/12 ウェルカム! ビートルズ 1966年の武道館公演を成功させたビジネスマンたち
3/19 ヒプノシス全作品集
年内 ジョン・レノン Imagine
年内 The Beatles: Yellow Submarine

イベント
2/25 15:00 青猫書房 モノラル・レコードを聴く会 ビートルズのリアルタイムの音を聴く
2/25 18:30 レコスケと祝おう ~ ジョージ・ハリスン生誕祭 2018
2/27~3/29 本秀康展「ロックとマンガ」
3/10 13:00 ビートルズ・アルバム・ヒストリー 1966-1970 「リボルバー」から「レット・イット・ビー」まで
3/11 17:00 藤本国彦プロデュース ビートルズの世界 Around The Beatles トーク・イベント
3/11まで ジョージ・ハリスン アイ・ミー・マイン展
3/11まで ロックの殿堂ジャパンミュージアム
3/24 12:30 ビートルズ・アナログ鑑賞会 Vol.18 ピーター・バラカン出演
4/8 FOOL On The HOLIDAY
4/8まで ONTEN ~LOVE + ROCK ビートルズ × 忌野清志郎~
4/14 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
4/24~5/5 Lennon's Banjo 英国
5/12 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
6/9 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
7/14 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
8/11 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
9/8 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説

CD
2/28 ビートルズ ザ・コンプリート・スタークラブ・テープス1962
3/28 グレープフルーツ イエスタデイズ・サンシャイン ロンドン・セッションズ 67-68
4/4 ダニー・アドラー ビット・オブ・ビートルズ
年内 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

Blu-ray , DVD
3/28 演劇女子部 一枚のチケット ~ビートルズがやってくる~

グッズ
3/31 ビニールフィギュア ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター、イエロー・サブマリン

映画
春 Concert For George 米国
5月 犬ヶ島 (オノ・ヨーコ声優参加)
7/8 イエローサブマリン <新デジタル・リマスター版>
秋 ビートルズ The Beatles in India
年内 ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内 A Life In The Day

アナログ盤
年内 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム


カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


Concert For George 北米で劇場上映決定! 他国については近々発表予定
コンサート・フォー・ジョージ

ジョージ・ハリスンのために捧げられ2002年11月29日、ロイヤル・アルバート・ホールで開催された Concert For George がジョージ・ハリスンの75歳の誕生日を祝い、全米の劇場で限定上映されることが決定した。北米の劇場からの予想を上回る反応を受け、この映画はすでに、米国とカナダの75を越える劇場で上映が決定しており、日々その数は伸びている。全世界的な公開予定は来週発表される予定だ。映画配給会社アブラモラマと発売元のコンコード・ミュージックは5.1chステレオ・サラウンドにリマスターされた Concert For George を2月23日に発売される。2日後の2月25日はジョージ・ハリスンの75歳の誕生日だ。2002年11月29日、ジョージ・ハリスンの死去から1年後、オリヴィア・ハリスン、そして彼の長年の友人エリック・クラプトンが、彼を称えたトリビュート公演を主催した。ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで行なわれ、ジョージ自身の曲、そして彼が愛した曲が、エリック・クラプトン、ジョー・ブラウン、ダニー・ハリスン、 ジュールズ・ホランド、ジェフ・リン、ポール・マッカートニー、モンティ・パイソン、トム・ペティ、ビリー・プレストン、ラヴィ&アヌーシュカ・シャンカール、リンゴ・スター等のアーティストによって披露された。映画「あなたがいたら/少女リンダ」、HBO制作のドラマ「バンド・オブ・ブラザーズ」、トラヴェリング・ウィルベリーズのビデオ「Handle With Care」を手掛けたデイヴィッド・リーランドが監督した Concert For George は20世紀の音楽シーンにおいて最も重要な瞬間のいくつかを捉えている。「While My Guitar Gently Weeps」はポール・マッカートニーがピアノ、リンゴ・スターがドラム、エリック・クラプトンがギターを演奏したり、「Taxman」をトム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズが披露したり、「The Inner Light」をジェフ・リンとアヌーシュカ・シャンカールがカヴァー。 ジェフ・リンは、ジョージ・ハリスンの長年の友人であり、コラボレーターであり、このコンサートの音響部分をプロデュースしている。一方、エリック・クラプトンはショウの全体的な演出をミュージック・ディレクターとしてクレジットされている。Concert For George は最初にこの作品がリリースされて以来、RIAAによって、8×プラチナム(800万枚セールス)に認定されており、2004年にはグラミー賞で Best Long Form Music Video を受賞している。

Thanks! uDiscover Music


関連Blog
1/19のBlog プレスリリース コンサート・フォー・ジョージ 2月23日世界同時発売


ビートルズの新しいドキュメンタリー映画の制作が決定!
The Beatles in India in 1968

インドのリシュケシュをビートルズが訪問してから50年を迎えたことにあわせて新たなドキュメンタリー映画 The Beatles in India の制作が決定した。映画サイト Screen Daily によると、監督はエミー賞の受賞歴もあるプロデューサー/ディレクターで、当時バンドと一緒にインドに同行したポール・サルツマンが務める模様。当時、サルツマンはカナダ国立映画制作庁のサウンド・エンジニアであり、ビートルズの滞在の模様を写真に収めていたことでも知られており、後にインド滞在時の写真をまとめたビートルズの写真集もリリースしている。映画ではレアな写真や映像、そしてインドや英国、米国で撮影されたインタビューなどをフィーチャー。このインド旅行がビートルズのクリエイティブな部分にどのような影響を与えたのかが描かれるとのこと。リリースについての詳細は明らかにされていないが、リリース時期は今秋を予定している模様。本作が映画として劇場公開されるのか、テレビドキュメンタリーなのか、Blu-ray/DVD作品としてリリースされるかは不明。

Thanks! Screen Daily and more

ヨーコ・オノ、声優として参加した映画「犬ヶ島」5月公開
201801220800554a0.jpeg

ウェス・アンダーソンの新作 犬ヶ島 は日本が舞台のストップモーション・アニメーション。日本への尊敬の念と称賛を込めて作っているという本作、ウェスから見た日本がどのように描かれているのか、もはや期待しかない!

犬ヶ島
少年アタリの住むメガサキシティは、ある日町のペットの犬たちを「ゴミの島」に捨て追放してしまう。アタリは犬らとともに愛犬を探すことに。エドワード・ノートン、ヨーコ・オノ、渡辺謙など声優陣がとにかく豪華! 2018年春公開予定。

Thanks! SPUR

映画「イエロー・サブマリン」公開50周年を記念して英国で再上映されることに
20180116001113b93.jpeg

15日(英国時間)、1968年にイギリスで初めて映画『イエロー・サブマリン』が公開されてから今年で50周年を迎えることを記念して、イギリス国内の映画館で再上映されることが発表された。

1968年に公開された象徴的な映画『イエロー・サブマリン』は、イエロー・サブマリンに乗ったザ・ビートルズの4人が海の底へと向かい、そこで音楽を憎むブルー・ミーニーズと対峙するという物語で、ザ・ビートルズは“Eleanor Rigby”や“All You Need Is Love”を含む名曲をサウンドトラックとして提供している。

今回、『イエロー・サブマリン』は輝かしい4Kアニメーションとして復元され、現地時間7月8日の一晩限定で、公開50周年を記念してイギリス国内にある「ピクチャーハウス・シネマズ」で公開されるという。

ピクチャーハウス・シネマズで取締役社長を務めるクレア・ビンズは次のように語っている。「私は50年前に『イエロー・サブマリン』を大好きになり、映画は今なお世界中で絶賛されています。今年の夏に、ピクチャーハウス・シネマズが心臓を高鳴らせる映画と共にザ・ビートルズを巨大なスクリーンに復活させることができることを、とても楽しみにしています」

「50周年の節目に映画を復活させられることは、公開された当時にファンになった人たちにとっても、これからこのクラシックな音楽とアニメーションを目撃することになる、歌い踊る新たなオーディエンスの双方にとって素晴らしいことだと思っています。7月8日に、イギリスとアイルランド中で満面の笑顔が見られることを楽しみにしています。ザ・ビートルズも言っていたように『愛こそすべて』なのです!」

Thanks! NME Japan

映画「イエローサブマリン」新デジタル・リマスター版が7月8日英国上映

そうだった、こっちも50周年だった。英国公開50周年を記念して映画「イエローサブマリン」の新デジタル・リマスター版が7月8日に英国とアイルランドで上映される。チケットは4月17日より英国とアイルランドで前売り開始。いずれ Blu-ray , DVD でリリースでしょうな、きっと。なお、12日(英国時間)より映画公式 Facebook ページが公開中です。プレスリリース(英語版)は以下のとおり。

The Beatles’ legendary animated hit film YELLOW SUBMARINE is returning to cinemas across the UK and Ireland on 8 July 2018. An unmissable cinema event, this momentous big-screen revival will give generations of audiences the golden opportunity to revisit Pepperland for the 50th anniversary of the film’s original release.
The visionary feature film can now be experienced back on the big screen in glorious surround sound with the groundbreaking animation presented in stunningly-remastered 4k. Looking and sounding better than ever before.

Tickets on sale Tuesday 17 April.

Once upon a time … or maybe twice, there was an unearthly paradise called Pepperland.
80,000 leagues beneath the sea it lay, or lie, I’m not too sure.
The Beatles’ classic 1968 animated feature film, Yellow Submarine
Directed by George Dunning, and written by Lee Minoff, Al Brodax, Jack Mendelsohn and Erich Segal, Yellow Submarine began its voyage to the screen when Brodax, who had previously produced nearly 40 episodes of ABC’s animated Beatles TV series, approached The Beatles’ manager Brian Epstein with a unique vision for a full-length animated feature.

Yellow Submarine, based upon a song by John Lennon and Paul McCartney, is a fantastic tale brimming with peace, love, and hope, propelled by Beatles songs, including "Eleanor Rigby," "When I’m Sixty-Four," "Lucy in the Sky With Diamonds," "All You Need Is Love," and "It’s All Too Much." When the film debuted in 1968, it was instantly recognised as a landmark achievement, revolutionising a genre by integrating the freestyle approach of the era with innovative animation techniques.

Inspired by the generation’s new trends in art, the film resides with the dazzling Pop Art styles of Andy Warhol, Martin Sharp, Alan Aldridge and Peter Blake. With art direction and production design by Heinz Edelmann, Yellow Submarine is a classic of animated cinema, featuring the creative work of animation directors Robert Balser and Jack Stokes with a team of animators and technical artists.

"I thought from the very beginning that the film should be a series of interconnected shorts" remembers Edelmann. "The style should vary every five minutes or so to keep the interest going until the end." These styles included melding live-action photography with animation, 3-dimensional sequences and kaleidoscopic "rotoscoping" where film is traced frame by frame into drawings. The entire process took nearly two years, 14 different scripts, 40 animators and 140 technical artists, ultimately producing a groundbreaking triumph of animation.


Thanks! udiscover music

映画「早春」公開記念 イエジー・スコリモフスキ監督 最新インタビュー
20180112191451ec3.jpeg

ポーランド出身の鬼才、イエジー・スコリモフスキ監督の青春映画で、カルト的人気を誇る「早春」のデジタルリマスター版が13日から劇場公開される。スコリモフスキが1970年に英国と当時の西ドイツで撮影した作品で、15歳の少年の不器用な初恋を美しい映像でつづるドラマだ。来日したスコリモフスキ監督が作品を語った。

- キャスティングについて教えてください。

ジェーン・アッシャーはスムーズに決まりました。当時彼女はポール・マッカートニーのフィアンセでしたし、主に舞台に出演している大変ポピュラーな女優でした。ただ、マイク役はオーディションが大変で、100人くらいに会いました。そして、ジョン・モルダー=ブラウンが扉を開けて入ってきて、一目見た瞬間に、この若者がマイクを演じるべきだと直感したのです。

- ヌードや性的にきわどいシーンもありますが。ジェーン・アッシャーからの抵抗はありませんでしたか?

彼女は非常に意識の高い知的な女性でしたから、全く問題はありませんでした。

- 英国と西ドイツの2カ国で撮影されています。当時の様子を教えてください。

その頃の私は東の鉄のカーテンの側にいて、ようやく西側に出たばかり。両方の国の区別はないも同然でした。米国の映画会社で、ロンドンに支社を持っていた会社と西ドイツのスタジオとの共同製作で、その条件が両国で撮ることでした。予算は50パーセントずつだったと思います。英国人の俳優がたくさん出ていますが、同時に英国人の振りをしているドイツ人俳優も参加しています。皆んな良い俳優たちで、私の演出も良かったので、全く区別がつかないでしょう(笑) また、ドイツの素晴らしい美術監督と仕事をすることができました。舞台となる公衆浴場はドイツ的な内装の白い壁だったのですが、赤と緑に塗り替えて英国風に作り変えてくれました。

- 主人公は、年上の女性に憧れる少年です。監督にもこのような経験がありましたか?

初恋ではありませんが、私は20代前半で当時ポーランドで一番有名な女優と婚約しました。ポーランド中の男性が夢見るような女性でしたが、私はまだ映画大学の1年生。それぞれの仕事の量や、財政状況も大きな格差がありましたから、彼女が私の上に立とうとしたのです。そういった状況が、私に彼女と競ってみようという気にさせたのです。その後、どこかの瞬間で彼女と対等になったし、世界的な名声という点でも彼女を超えたと思っています。そのような経験も映画に反映しています。

- デジタルリマスター版で、色彩や陰影といった映像美が見事によみがりました。監督にとって「早春」はどのような作品ですか?

この映画は古びていないと感じています。今作るとしても、全く同じように作ると思います。つまり、私はこの映画に満足しているのです。私は過去の何本かの作品については、非常に批判的なことを言いますが、そういう人間がこの作品について、このような最上級の言葉で語るということは、この映画を自分のフィルモグラフィーで最も重要な作品だと思っていることの証です。

早春 デジタルリマスター版
英ロンドンの公衆浴場に就職した15歳のマイクは、そこで働く年上の女性スーザンに恋心を抱く。だが、婚約者がいながら別の年上男性とも付き合う彼女の奔放な性生活を知るうち、マイクの彼女への執着は徐々にエスカレートしていく。当時、ポール・マッカートニーの婚約者としても知られていた女優ジェーン・アッシャーが主演、ジョン・モルダー=ブラウンが初めての恋と性的欲望のはざまで逡巡するマイクをリアルかつユーモラスに演じる。1月13日から YEBISU GARDEN CINEMA 他で公開。


Thanks! 映画.com

ポール・マッカートニー、アニメ映画「High in the Clouds」の新しい脚本家が決定!?
HIGH in the CLOUDS

ポール・マッカートニーが2005年に出版した絵本「あの雲の向こうに(原題:High In The Clouds)」のアニメ映画化プロジェクトに進展があったようだ。絵本はポール・マッカートニーが人気アニメーターのジェフ・ダンバー、児童文学作家のフィリップ・アーダーと共同で執筆した児童書で、リスのウィラルとカエルのフロッゴが「アニマリア」と呼ばれる動物たちの聖域を探す冒険ファンタジー作品。2009年頃からアニメ化に向けての動きが始まっており、当初、「シュレック フォーエバー」のジョシュ・クラウスナーが脚本を担当するはずだったが今回、「ハリー・ポッター」シリーズや「パディントン」の製作に携わっていたジョン・クローカーが脚本家として契約したことを米ハリウッド情報サイト Deadline などが伝えている。制作は「レオン」「シェフ! ~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~」などでお馴染みのフランスの大手映画製作会社 Gaumont が担当し、「ロード・オブ・ザ・リング」3部作で製作総指揮を務めたマイケル・リンとロバート・シェイ、そしてポール・マッカートニーの会社 MPL Communications がプロデュースを担当している。ポール・マッカートニーは声優としても参加予定で、あるキャラクターの声を担当するであろうとのこと。又、ポールは映画のためにオリジナル曲を数曲書いており、レディー・ガガやマイク・マクレディ(パール・ジャム)らも楽曲を提供・参加し、サウンド・トラックに携わる予定であると報じられているが、製作会社側からの公式な発表はまだされていない。

Thanks! Deadline , ロッキング・オン and more

映画「早春」 ジェーン・アッシャーの場面写真とトレーラーが公開
イエジー・スコリモフスキ監督の青春映画 早春 のデジタル・リマスター版の公開を記念し、ポール・マッカートニーの元婚約者としても知られる、ヒロインのスーザンを演じたジェーン・アッシャーの場面写真が公開された。同作はポーランド出身の鬼才、イエジー・スコリモフスキが1970年に英国で撮りあげ、1972年の初公開以来、⻑きに渡って⽇本での上映がなく、幻の映画とも⾔われていた作品で、15歳の少年の不器用な初恋を色鮮やかな映像でつづるドラマ。公衆浴場で働きはじめたマイク(ジョン・モルダー=ブラウン)は年上の女性スーザンに出会う。女性経験のないマイクは、すぐにスーザンに惹かれるが、婚約者がいながらも他の男とデートをしたりとスーザンの奔放な男性関係を知る。実らぬ思いを募らせたマイクの行動は次第にエスカレートし、悲劇的な結末へと突き進んでいく。1952年に子役として映画デビューしたアッシャーは「アルフィー」をはじめ数多くの映画、テレビ、舞台に出演する女優として活躍し、1963年から1968年までポール・マッカートニーと交際していた。「早春」出演当時は20代半ばで、小悪魔的な魅力のスーザンを演じ、劇中ではヌードも披露している。「早春」デジタルリマスター版は1月13日から恵比寿ガーデンシネマ他で公開される。

早春

早春

早春

早春


Thanks! 映画.com and more


関連Blog
2017/12/12のBlog ジェーン・アッシャー出演映画が来月公開


ビートルズとジョージ・ハリスンのドキュメンタリーをオールナイト上映
ザ・ビートルズ・ナイト

「ザ・ビートルズ・ナイト」と題されたオールナイト上映が、12月22日と23日に東京・飯田橋ギンレイホールにて開催。整理番号付き前売り券が、劇場窓口にて販売されている。このイベントでは、ザ・ビートルズに関連するドキュメンタリー2本を上映。ロン・ハワードが監督を務め、ビートルズのライブパフォーマンスに焦点を当てた「ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years」、マーティン・スコセッシがビートルズのギタリストであるジョージ・ハリスンの生涯に迫る「ジョージ・ハリスン/リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド」がラインナップされた。

ザ・ビートルズ・ナイト
12月22日(金)、23日(土)東京都 飯田橋ギンレイホール
開映 23:00 / 終映 28:45(予定)
<上映作品>
「ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years」
「ジョージ・ハリスン/リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド」
料金:前売り券 1800円 / 当日券 2000円 / 学生、会員同伴 1000円 / 会員 800円
※18歳未満は入場不可
※前売り券完売の場合は当日券なし

Thanks! ナタリー

映画 ザ・ビートルズ・ナイト  12月22日~23日 オールナイト上映
ザ・ビートルズ・ナイト

新ギンレイ・オールナイト「名画座主義で行こう」“ザ・ビートルズ・ナイト”
12月22日(金)・23日(土)の2夜。各日とも23時開演 終了予定 4:45頃


「ザ・ビートルズ ~ EIGHT DAYS A WEEK - THE TOURING YEARS」
「ジョージ・ハリスン/リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド」の2本立て。
※シェイ・スタジアムのライブ映像の上映はありません

前売り券は劇場窓口にて販売中です。
前売りで完売の際は当日券はございませんのでご注意ください。

料金
一般 前売券1800円、当日券2000円
会員同伴・学生 1000円
シネマクラブ会員 割引価格 800円

Thanks! 飯田橋ギンレイホール