つれづれなるままにサージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド50周年記念盤
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Yesterday  Here Today  Go Now
イベント
5/28 15:00~18:00 Tokyo Beatles Week 2017 Vol.0 藤本国彦×真保安一郎 3時間SGTぶっ通し!
6/1 19:30 サージェント・ペパーズ、50年目の真実
6/4 14:00 ワン・オン・ワン ジャパン・ツアー2017 再現ライブ Live Artist COMMA-DADA
6/9 19:00 アヅ・マッカートニー バースデーライブ2017
6/11 12:30 ビートルズ・アナログ鑑賞会 Vol.9 SGT. PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND 特集
6/16 19:30 サージェント・ペパーズ発売50周年記念トーク・イベント (4) スタジオ・レコーディングの世界
6/16まで サージェント・ペパーズ発売50周年記念イベント Sgt Peppers At 50 英国
7/5~10 Tokyo Beatles Week 2017
7/7 12:00 リンゴ・スター Love & Peace
7/15 19:00 サージェント・ペパーズ発売50周年記念トーク・イベント (5) ライブの世界
8/20 19:00 サージェント・ペパーズ発売50周年記念トーク・イベント (6) メンバーを取り巻く世界

BD , DVD
5/31 ポール・マッカートニー with リンゴ・スター&フレンズ Change Begins Within コンサート2009 Blu-ray
5/31 ポール・マッカートニー with リンゴ・スター&フレンズ Change Begins Within コンサート2009 DVD
7/3 It Was Fifty Years Ago Today! The Beatles: Sgt. Pepper & Beyond

デジタル配信
6/1 It Was Fifty Years Ago Today! The Beatles: Sgt. Pepper & Beyond

本 , 雑誌 , ムック
6/22 ロック・ビッグバンとサージェント・ペパーズ・シンドローム 1966-1968
6/24 THE BEATLES LYRICS 名作誕生
7/4 ビートルズ語辞典 : ビートルズにまつわる言葉をイラストと豆知識でヤァ!ヤァ!ヤァ!と読み解く
9/21 絵本「Imagine」(仮)

映画
7/1 ポール・マッカートニー パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊
年内? ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内? A Life In The Day

LIVE
7/5~26 ポール・マッカートニー 米国
9/11~10/2 ポール・マッカートニー 米国
10/13~20 ポール・マッカートニー ブラジル

CD
前半 ヨーコ・オノ フライ
前半 ヨーコ・オノ 無限の大宇宙
前半 ヨーコ・オノ 空間の感触
前半 ヨーコ・オノ ストーリー
7月以降 ポール・マッカートニー 全カタログ再発
後半 ヨーコ・オノ シーズン・オブ・グラス
後半 ヨーコ・オノ イッツ・オールライト
後半 ヨーコ・オノ スターピース
後半 ヨーコ・オノ 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム
年内? リンゴ・スター ニューアルバム (ポール・マッカートニー参加)

アナログ盤
前半 ヨーコ・オノ フライ
前半 ヨーコ・オノ 無限の大宇宙
前半 ヨーコ・オノ 空間の感触
前半 ヨーコ・オノ ストーリー
7月以降 ポール・マッカートニー 全カタログ再発
後半 ヨーコ・オノ シーズン・オブ・グラス
後半 ヨーコ・オノ イッツ・オールライト
後半 ヨーコ・オノ スターピース
後半 ヨーコ・オノ 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド 50周年記念エディション


カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


また来日か? ポール・マッカートニー73歳でも衰えぬ“現役力”
Paul McCartney

往年のポップスターであると同時にシニアの星である。ポール・マッカートニーが今月13日、米カリフォルニア州で「ワン・オン・ワン」ツアーをスタートするほか、ビートルズ解散からソロになって45周年を記念したベストアルバム「ピュア・マッカートニー~オール・タイム・ベスト」を6月10日に発売。ワールドツアーでこの夏か秋にも、またまた来日公演を行う予定もあるのではないかと一部で報じられ、とにかく意気軒高なのだ。「ポールは2年前に来日した際、ウイルス性炎症で公演をキャンセルしましたが、実はこのとき腸捻転と診断され、日本で緊急手術を受けていたことが明らかになっています。あわや腸閉塞という危険な状況で、そのまま引退なんていう見方もごく一部にありました」と音楽ライターは振り返る。ところが、ポールは手術を乗り越え見事に回復、昨年も来日し、東京ドームや日本武道館などでコンサートを開いて、往年のファンを喜ばせたが、またまたツアー、さらに2年連続で公演というのであれば体力的にもすごい。ベストアルバム発売に際し、ポールはコメントを発表した。その中で「キャリアという言葉はちょっとふさわしくないかな。なぜなら僕としては“仕事”をしてきたというよりも、音楽の冒険を続けてきたという感じだから」と語っている。シニアにとっては、長く現役を続けるヒントにもなるかもしれない。

Thanks! 日刊ゲンダイ

東京ドームが50億円リニューアル ポール・マッカートニーのコンサートがさらに楽しくなる
東京ドーム

22日、ポール・マッカートニーのコンサート会場としてお馴染みの東京ドームが1988年の開業以来初となるリニューアル工事を3年にわたって実施することが発表された。運営する東京ドーム(旧後楽園スタヂアム)が今年12月に創立80周年を迎えることを記念した事業で、総事業費は約50億円。主な計画は以下の6点。

(1) 付加価値の高い2種類のシートを新設
(2) 内野観客席を全席改良
(3) アリーナ照明のLED化
(4) 最新の音響システムを導入
(5) 全てのトイレに温水洗浄機能付き便座を装備
(6) 東京ドーム建物外構部緑化等の周辺環境の整備

音楽ファンにとって気になるのが (4) の音響システム。スタジアム常設は世界初となる最新ラインアレイスピーカーが22台設置される。又、観客席のシートはスタジアムでは日本初となるレザークロス(人工皮革)仕様のシートがバックネット裏にダイヤモンドボックス席(160席)、チャンピオンシート(321席)として設置される(2016年3月に更新)。又、内野席(1階 約2万席、2階 約1万4000席)は背もたれと座面にパットを装着し、膝前スペースも拡張される(2017年3月までに更新予定)。プロ野球などライブ以外でもドームに行く楽しみが増えそうだ。

東京ドーム リニューアル予想図

Thanks! スポーツ報知

ポール・マッカートニー、今夏も来日説 武道館公演決定か
週刊女性 2016年1月26号

2015年4月、「マタ、アイマショウ」と言って日本を去ったポール・マッカートニーが今年もやって来る!? 「夏ごろに、また来るのではという話が出ています。場所は昨年と同じ大阪と東京。会場には日本武道館も含まれています」(音楽業界関係者) ポールといえば、これまでに5回ほど来日公演が実現している。近年は2013年と2015年にコンサートを開催。「2014年にも公演を予定して来日しましたが、急きょ中止に。後日、ポールは海外メディアの取材で、その原因は胃腸関連のウイルス性炎症だったと明かしています」(前出・音楽業界関係者) またその際に日本の病院と医師の対応に感動したとも。「実は日本の医師がポールの自家用ジェットに同乗し、自宅まで同行したそうです。そういった経験も日本への思いを強くさせているみたいですよ」(前出・音楽業界関係者) 音楽評論家の富澤一誠は来日の可能性について、昨年11月6日に世界同時発売された「ザ・ビートルズ1」をもとに、こう予測する。「このCDがもともと予想されていたよりも、かなり売れているんです。これによって、あらためて日本のビートルズ人気がすごいとわかりました。その機運があるので、今年また来てもおかしくないなと思いますよ。それこそ、次は本当に最後かもしれませんね」。「ザ・ビートルズ1」は2000年に発売された同名のベスト盤の音源に最新のステレオミックスが施されたCD。各種限定盤にはビートルズ初となるミュージックビデオ集がついている。発売されるとオリコン・アルバム総合チャートで首位を獲得した。ポールが今年も来た場合、2年連続の来日公演となるが、気になるのはチケットの値段。「前回と同額、もしくはそれ以上という声があります。前回は最低ランクの席で1万4000円。武道館公演では最高10万円の席が用意されました」(前出・音楽業界関係者) チケット代は出演者のギャラと切っても切り離せない。富澤はこう解説する。「ギャラは基本的にチケット代と人がどれだけ呼べるかで決まってきます。ポールは世界最高ランクの歌手という位置づけ。1回の来日公演のトータルのギャラは3億~6億円の間くらいと言われています。ちなみに2月にはマドンナが来日しますがSS席が5万円。これも1級クラスの歌手と言える値段ですね。日本はマーケットの大きさとしては米国に次いで2番目なので、稼ぐにはちょうどいい側面があるかと」。それに加え、グッズの売り上げも乗ってくるのだ。LINEの公式アカウントで、こんな新年のあいさつを送ってきたポール。《今、新しいツアーのスケジュールを組んでいる最中なので、もしかしたらあなたの近くに行くことになるかも?》

Thanks! 週刊女性

週刊女性 本日発売
週刊女性 2016年1月26号

今日発売の 週刊女性 にポール・マッカートニー来日に関する記事が掲載されています。真偽は定かではありませんが面白い記事内容です。しかしまぁ、「最後の出稼ぎ」ですか、言えてる(笑)

Thanks! 週刊女性

新春放談 今年もポール・マッカートニー来日か?
「今年もポール・マッカートニー来日か?」というお題で竹町愛策と新春放談をしようかと思っていた矢先、本家本元から意味深なメッセージが...一応、全世界のファン宛のメッセージなので日本公演を示唆しているワケじゃないけど、諸々鑑みて今年も来るでしょうね、たぶん。あ~、サイフが~~~!

Paul McCartney - 2016.1.1 Facebook


Paul McCartney - 2016.1.1 LINE

Thanks! Paul McCartney




          

          

          

Tokyo Beatles Week 2017