つれづれなるままにWINGSFAN
Tribute Vlog for All the best!
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Yesterday  Here Today  Go Now
本 , 雑誌 , ムック
10/24 ザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション ヘルプ!(4人はアイドル)
10/26 ギター好きが絶対に観ておきたい映画150
10/27 英国レコーディング・スタジオのすべて
11/7 ザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション リボルバー
11/9 IMAGINE イマジン〈想像〉
12/8 ビートルズはどこから来たのか 大西洋を軸に考える20世紀ロック文化史
年内? ビートルズ・ストーリー Vol.10 '71
2018年 The Beatles: Yellow Submarine

アナログ盤
10/24 ザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション ヘルプ!(4人はアイドル)
11/7 ザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション リボルバー
11/17 ポール・マッカートニー 6タイトル US盤
12/13 ポール・マッカートニー・アーカイヴ・コレクション 8作品 カラーレコード
12/13 ポール・マッカートニー・アーカイヴ・コレクション 8作品 LP
後半? ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム
1/18 ジョージ・マーティン George Martin: the Film Scores and Original Orchestral Compositions US盤 2LP
1/19 ジョージ・マーティン George Martin: the Film Scores and Original Orchestral Compositions US盤 2LP+楽譜

LIVE
10/24 コロンビア メデジン Atanasio Girardot Stadium
10/28 メキシコ メキシコシティ Estadio Azteca
12/2~16 ポール・マッカートニー オーストラリア、ニュージーランド
12/8 ジョン・レノン追悼イベント Give Peace A Chance!
12/23 14:00 ウイングス祭り WINGSFAN ~Tribute Festival for All the best!~

CD
10/25 ビートルズ シェイ・スタジアム・1965
10/31 ビートルズ ライヴ・イン・フィラデルフィア
11/10 ジョージ・マーティン George Martin: the Film Scores and Original Orchestral Compositions US盤
11/17 ポール・マッカートニー 6タイトル
11/17 シャルロット・ゲンズブール レスト (ポール・マッカートニー参加)
11/22 ビートルズ アトランタ・スタジアム1965
12/6 ビートルズ 16作品 紙ジャケ/SHM-CD
12/13 ポール・マッカートニー・アーカイヴ・コレクション 8作品 紙ジャケ/SHM-CD
12/15 チャリティー・アルバム (ポール・マッカートニー参加) UK盤
後半? ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

イベント
10/25まで 「ビートルズとその世代」特設コーナー
10/26 19:00 The Soily Sounds of WINGS-Vol.2!! ~続・ウィングスをアナログで! 欧米制覇、東京拘留…別れの予感。~
10/26 19:30 ビートルズカフェ Vol.7
10/29 12:30 ビートルズ・アナログ鑑賞会 Vol.13 ウイングス特集 1971~1974
11/2 19:00 サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・ナイト
11/3 レコードの日
11/3 14:00 ビートルズ 来日機内の思い出 ~共に過ごした10時間、4人の素顔を語る~
11/9まで センシビリティ アンド ワンダー
11/11 10:00 ビートルズ・ストーリー ~ その魅力と素顔
11/11 13:00 ビートルズ・アルバム・ヒストリー 1966-1970 「リボルバー」から「レット・イット・ビー」まで
11/12 19:00 アナログ鑑賞会 ジョン・レノン『イマジン』特集
11/17 19:00 藤本国彦プロデュース ビートルズの世界 Around The Beatles トーク・イベント第3弾
11/25 14:00 オール・マッカートニー ~ポール・ザ・ベスト!~ Vol.5 オール・ザ・ベスト発売30周年記念ファン・ミーティング
12/8 19:00 藤本国彦プロデュース ビートルズの世界 Around The Beatles トーク・イベント
12/8 ジョン・レノン追悼イベント Give Peace A Chance!
12/9 13:00 ビートルズ・アルバム・ヒストリー 1966-1970 「リボルバー」から「レット・イット・ビー」まで
12/23 14:00 ウイングス祭り WINGSFAN ~Tribute Festival for All the best!~
12/24 13:00 ザ・ビートルズ・クラブ クリスマス会 & 忘年会 2017
1/13 13:00 ビートルズ・アルバム・ヒストリー 1966-1970 「リボルバー」から「レット・イット・ビー」まで
1/14 17:00 藤本国彦プロデュース ビートルズの世界 Around The Beatles トーク・イベント
2/10 13:00 ビートルズ・アルバム・ヒストリー 1966-1970 「リボルバー」から「レット・イット・ビー」まで
2/16 19:00 藤本国彦プロデュース ビートルズの世界 Around The Beatles トーク・イベント
3/10 13:00 ビートルズ・アルバム・ヒストリー 1966-1970 「リボルバー」から「レット・イット・ビー」まで
3/11 17:00 藤本国彦プロデュース ビートルズの世界 Around The Beatles トーク・イベント
3/11まで ロックの殿堂ジャパンミュージアム

TV , ラジオ
10/25 23:30~23:54 ベストヒットUSA ビートルズとビーチ・ボーイズ特集 BS朝日
11/3 21:00~21:50 ペパー軍曹の音楽革命 ~ビートルズ不朽の名盤は こうして生まれた~ NHK BS1

BD , DVD
11/8 パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

グッズ , ゲーム
11/17 ザ・ビートルズ公式カレンダー 2018年版(壁掛タイプ)
11/17 ザ・ビートルズ公式カレンダー 2018年版(卓上タイプ)

映画
年内? ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内? A Life In The Day

Web配信番組
終了日未定 ザ・ビートルズ: 50年後のサージェント・ペパーズ Netflix


カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


ポール・マッカートニー、サプライズ・ギグのドキュメンタリー映像を公開

19日(英国時間)、ポール・マッカートニーが10月13日(現地時間)に定員300人ほどの小さなクラブで行ったサプライズ・ギグの模様を追ったドキュメンタリー映像が公式 YouTube チャンネル にて公開されています。レジェンド・ロックの祭典 Desert Trip 出演のため米カリフォルニアを訪れたポールはカリフォルニア州パイオニアータウンにあるクラブ/レストラン&バー Pappy + Harriet's Pioneertown Palace でライヴを実施。このコンサートは当日になって“今晩演奏する”と公式サイトで告知して行われたサプライズなものでした。なお、当日は女優エマ・ストーンや芸術家デイヴィッド・ホックニーも訪れていたようです。又、サプライズ・ギグのドキュメンタリー映像と合わせて Desert Trip のドキュメンタリー映像 Paul McCartney at Desert Trip も同チャンネルで同時公開されています。こちらは Desert Trip のラインナップに名を連ねていたニール・ヤングがポールのステージにサプライズ出演し、ジョン・レノンの「Give Peace A Chance」をデュエットした模様や2週目のステージにリアーナがゲストとして出演した時の映像などがドキュメンタリー・タッチに編集されています。


Thanks! Paul McCartney and more


関連Blog
10/15のBlog ポール・マッカートニーがクラブでサプライズ公演
10/14のBlog ポール・マッカートニー 10月13日 米国 Pappy + Harriet's Pioneertown Palace
10/14のBlog ポール・マッカートニー、サプライズ・ギグ開催!


Desert Trip ポール・マッカートニー ダイジェスト映像

25日(現地時間)、今月8・15日に米カリフォルニア州インディオのエンパイア・ポロ・フィールズで開催されたレジェンド・ロック・フェスティバル Desert Trip のポール・マッカートニーのステージのダイジェスト映像が公開されました。

Thanks! Paul McCartney

ポール・マッカートニー、フェスの合間に300人を前にパフォーマンス
Paul McCartney

15日(現地時間)、米カリフォルニアで開かれた大物フェスティバル Desert Trip のポール・マッカートニーの2回目の公演にリアーナがゲスト出演した。2人はカニエ・ウェストとコラボしたヒット曲「FourFiveSeconds」をパフォーマンス。リアーナの登場にポールは「ようやく50歳以下の人を見つけた!」と冗談を飛ばしたそうだ。また、先週行われた1回目の公演同様、同じ日に出演したニール・ヤングが再びステージに立ち、ビートルズの「A Day In The Life」「Why Don’t We Do It In The Road?」、プラスティック・オノ・バンドの「Give Peace A Chance」を一緒にプレイしたそうだ。ポールはこの2日前(10月13日)、Desert Trip が開かれた会場近くにある、西部劇のセットとして作られた町パイオニアタウンのバーでサプライズ・ギグを開いた。7万人ほどが訪れた Desert Trip と打って変わり、たった300人を前にパフォーマンスしたそうだ。ポールはここでは「これは僕らがプレイしてきた中で最大のギグだ!」と冗談を飛ばしたという。

Thanks! Ako Suzuki


関連Blog
10/16のBlog ポール・マッカートニー 10月15日 米国 Desert Trip
10/15のBlog ポール・マッカートニーがクラブでサプライズ公演
10/14のBlog ポール・マッカートニー 10月13日 米国 Pappy + Harriet's Pioneertown Palace
10/14のBlog ポール・マッカートニー、サプライズ・ギグ開催!


Desert Trip ボブ・ディラン、ステラ・マッカートニーと楽屋でツーショット
Stella McCartney & Bob Dylan - 2015.10.14 Desert Trip

ボブ・ディランのノーベル文学賞受賞、ロック界では久々のめでたいニュースに世界中が湧き立っているが、依然として自身の受賞コメントはなし。10月13日のラスベガス公演でも、14日のデザート・トリップでも一言も何も言わなかったそう。10月14日に出演したデザート・トリップのステージではアンコールで2013年ローマ公演以来約3年ぶりに「ライク・ア・ローリングストーン」を演奏。続いて出演したローリング・ストーンズノステージではミックとキースがお祝いのコメントを述べた。そして、バックステージではポール・マッカートニーの娘ステラ・マッカートニーとの2ショットも!? ボブ・ディラン、人生絶好調!

Thanks! 井上貴子 , Sonny Boy McFitzson

ポール・マッカートニー 10月15日 米国 Desert Trip
Paul McCartney & Rihanna - 2016.10.15 Desert Trip

15日(現地時間)、米カリフォルニア州エンパイア・ポロ・クラブで行なわれているレジェンド・ロックの祭典 Desert Trip 第2週2日目、ポール・マッカートニーのコンサートのセットリストです。一つ前のニール・ヤングのコンサート時間が押したので定刻を15分過ぎてもポールのステージは始まりませんでした。今宵のゲストはにニール・ヤングとリアーナ。

ア・ハード・デイズ・ナイト
ジェット
ゴット・トゥ・ゲット・ユー・イントゥ・マイ・ライフ
ワインカラーの少女
デイ・トリッパー
レット・ミー・ロール・イット ~ フォクシー・レディ
アイヴ・ガッタ・フィーリング (+ reprise)
マイ・ヴァレンタイン
西暦1985年
恋することのもどかしさ
恋を抱きしめよう
イン・スパイト・オヴ・オール・ザ・デンジャー
夢の人
ラヴ・ミー・ドゥ
アンド・アイ・ラヴ・ハー
ブラックバード
ヒア・トゥデイ
クイーニー・アイ
レディ・マドンナ
フォー・ファイブ・セカンズ (with リアーナ)
エリナー・リグビー
ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト
ア・デイ・イン・ザ・ライフ (with ニール・ヤング) ~ 平和を我等に (with ニール・ヤング)
ホワイ・ドント・ウィ・ドゥ・イット・イン・ザ・ロード (with ニール・ヤング)
サムシング
オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ
バンド・オン・ザ・ラン
バック・イン・ザ・U.S.S.R.
レット・イット・ビー
007/死ぬのは奴らだ
ヘイ・ジュード

Encore
バースデイ
リップ・イット・アップ (リトル・リチャードの曲)
ヘルター・スケルター
ゴールデン・スランバー ~ キャリー・ザット・ウェイト ~ ジ・エンド

Stella , Paul & Mary McCartney - 2016.10.15 Desert Trip

Paul McCartney - 2016.10.15 Desert Trip

Desert Trip

Thanks! Setlist.fm


関連Blog
10/9のBlog ポール・マッカートニー 10月8日 米国 Desert Trip


ポール・マッカートニーがクラブでサプライズ公演
20161014232730cf8.jpg

13日夜(現地時間)、ポール・マッカートニーが南カリフォルニアの砂漠地帯にあるジョシュア・ツリー国立公園近くのクラブでサプライズ・コンサートを行った。米 Billboard 誌(電子版)などによると、公演については当日午後にポール・マッカートニー公式サイトで告知されたため、熱狂的ファンらが会場となったクラブ Pappy + Harriet's Pioneertown Palace に駆けつけ、1枚50ドル(約5000円)という破格のチケットを買い求めたという。計300枚のチケットはVIPやクラブ従業員らの分も含め、ソールドアウトとなった。ポールは20:15から22:00まで行われたコンサートで「ア・ハード・デイズ・ナイト」「レディ・マドンナ」「ヘイ・ジュード」「バンド・オン・ザ・ラン」などのヒット曲を次々と演奏したという。会場となったクラブは1950年代、西部劇映画の撮影で使用されていたことで知られ、ロバート・プラントやショーン・レノンなど数々のアーティストたちがコンサートを行っている。ポールは8日に米カリフォルニア州インディオで開催中の音楽フェスティバル Desert Trip でニール・ヤングと共に演奏し、話題を呼んだ。同フェステバルの第2弾が14から16日にかけて予定されており、ポールは15日に再び、およそ7万人の観衆を前に演奏する。

Thanks! 日刊スポーツ


関連Blog
10/14のBlog ポール・マッカートニー 10月13日 米国 Pappy + Harriet's Pioneertown Palace
10/14のBlog ポール・マッカートニー、サプライズ・ギグ開催!


ポール・マッカートニー 10月13日 米国 Pappy + Harriet's Pioneertown Palace
13日(現地時間)、米カリフォルニア州のライブハウス Pappy + Harriet's Pioneertown Palace で行なわれたポール・マッカートニーのサプライズ・ギグのセットリストです。

Paul McCartney Setlist Pappy & Harriet's Palace, Pioneertown, CA, USA 2016, One on One

20161014232730cf8.jpg

20161014232731090.jpg

20161014232732dfe.jpg

Thanks! Setlist.fm


関連Blog
10/14のBlog ポール・マッカートニー、サプライズ・ギグ開催!


ポール・マッカートニー、サプライズ・ギグ開催!
Paul McCartney

レジェンド・ロックの祭典 Desert Trip 出演のため米カリフォルニアに滞在中のポール・マッカートニーが地元のライブハウス Pappy + Harriet's Pioneertown Palace (300人収容)で10月13日20:30からLIVEを行うことが先ほど発表された。チケットは開演2時間前(現地時間 13日(木)18:30)より会場の窓口にて現金(50ドル)でのみ販売される。日本時間だと14日(金)12:30からLIVEってところか...

Thanks! Paul McCartney

Desert Trip ローリング・ストーンズ、ポール・マッカートニーを前にビートルズの曲をカバー

7日(現地時間)、ローリング・ストーンズが米カリフォルニア州インディオで開かれた大物フェスティバル Desert Trip の初日に出演。6万5000人以上のオーディエンスを前にヒット曲にサプライズを挟んだセットリスト、計20曲をプレイした。「Mixed Emotions」や「Little T&A」を久々にパフォーマンスしたが、この日一番のサプライズはビートルズのカバー・ソングが飛び出したことだった。ミック・ジャガーは「変かもしれないけど、あまり知られていないビート・グループの曲をカバーするよ。知っているかもしれない。彼らのカバーをやってみる。準備はいいかい?」と話し、「Come Together」をプレイし始めたという。ミックのハーモニカもフィーチャーされたそうだ。このとき、VIPエリアには2日目に出演するポール・マッカートニーがおり、ガッツポーズをして歓声を上げていたという。この日のセットリストは以下のとおり。

1.Start Me Up
2.You Got Me Rocking
3.Out of Control
4.Ride 'Em on Down (ジミー・リード・カバー、1962年7月以来初)
5.Mixed Emotions
6.Wild Horses
7.It's Only Rock'n'Roll (But I Like It)
8.Come Together (ビートルズ・カバー、ライヴ初)
9.Tumbling Dice
10.Honky Tonk Women (キース・リチャーズ・ボーカル)
11.Slipping Away (キース・リチャーズ・ボーカル)
12.Little T&A (キース・リチャーズ・ボーカル、2017年7月以来)
13.Midnight Rambler
14.Miss You
15.Gimme Shelter
16.Sympathy for the Devil
17.Brown Sugar
18.Jumpin' Jack Flash

アンコール
19.You Can't Always Get What You Want
20.(I Can't Get No) Satisfaction

ローリング・ストーンズは今週金曜日(現地時間)にもう一度、Desert Trip でパフォーマンスする。

Thanks! Ako Suzuki


関連Blog
10/8のBlog Desert Trip ローリング・ストーンズ、カム・トゥゲザーをカバー


Desert Trip ポール・マッカートニーとニール・ヤングの共演が実現
Desert Trip

8日(現地時間)、レジェンド・ロック・フェスティバル Desert Trip のヘッドライナーのステージでポール・マッカートニーがニール・ヤングと共演を果たした。同フェスはコーチェラ・フェスティバルが開催されている米カリフォルニア州インディオのエンパイア・ポロ・フィールズで開催されている。ポール・マッカートニーとニール・ヤングの他、ローリング・ストーンズとボブ・ディラン、ロジャー・ウォーターズとザ・フーが出演している。ポール・マッカートニーとニール・ヤングはローリング・ストーンズとボブ・ディランが出演した10月7日に続き、共に10月8日に出演している。ニール・ヤングのステージの後、ポール・マッカートニーはショウ半ばに「すごく良い友達」と紹介し、ニール・ヤングを自身のステージに招き、ビートルズの「A Day In The Life」からジョン・レノンの「Give Peace a Chance」になだれ込んだ他、ポール・マッカートニーが初めてライヴで演奏したビートルズの「Why Don't We Do It In The Road」も披露している。又、結婚5周年を翌日に控えたポールは「My Valentine」をナンシーに捧げ、先妻リンダのために「Maybe I'm Amazed」を演奏した。前日にはローリング・ストーンズがビートルズの「Come Together」のカバーを披露しており、「無名のビート・グループのカバー曲をやろうと思うんだ。覚えている人もいるかもしれないと思うけどね。彼らの曲の一つをカバーしてみようと思うんだよ」とフロントマンのミック・ジャガーは語り、ビートルズのアルバム「アビイ・ロード」のオープニング曲である「Come Together」を演奏したことへのお返しか、ポールは1960年代初めにストーンズに提供した「I Wanna Be Your Man」を演奏した。



Thanks! NME Japan and more



ポール・マッカートニー・アーカイヴ・シリーズ

ポール・マッカートニー / ポール・マッカートニー
日本盤 SHM-CD 紙ジャケ仕様(英国初回盤LPをミニチュア再現)、解説・歌詞・対訳付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、カラー・ヴィニール(レッド)、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、ブラック・ヴィニール、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付
輸入盤 CD デジパック仕様
輸入盤 LP カラー・ヴィニール(レッド)
輸入盤 LP ブラック・ヴィニール

ラム / ポール&リンダ・マッカートニー
日本盤 SHM-CD 紙ジャケ仕様(英国初回盤LPをミニチュア再現)、解説・歌詞・対訳付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、カラー・ヴィニール(イエロー)、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、ブラック・ヴィニール、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付
輸入盤 CD デジパック仕様
輸入盤 LP カラー・ヴィニール(イエロー)
輸入盤 LP ブラック・ヴィニール

バンド・オン・ザ・ラン / ポール・マッカートニー&ウイングス
日本盤 SHM-CD 紙ジャケ仕様(英国初回盤LPをミニチュア再現)、解説・歌詞・対訳付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、カラー・ヴィニール(ホワイト)、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、ブラック・ヴィニール、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付
輸入盤 CD デジパック仕様
輸入盤 LP カラー・ヴィニール(ホワイト)
輸入盤 LP ブラック・ヴィニール

ヴィーナス・アンド・マース / ウイングス
日本盤 SHM-CD 紙ジャケ仕様(英国初回盤LPをミニチュア再現)、解説・歌詞・対訳付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、カラー・ヴィニール(レッド&イエロー)、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、ブラック・ヴィニール、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付
輸入盤 CD デジパック仕様
輸入盤 LP カラー・ヴィニール(レッド&イエロー)
輸入盤 LP ブラック・ヴィニール

スピード・オブ・サウンド / ウイングス
日本盤 SHM-CD 紙ジャケ仕様(英国初回盤LPをミニチュア再現)、解説・歌詞・対訳付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、カラー・ヴィニール(オレンジ)、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、ブラック・ヴィニール、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付
輸入盤 CD デジパック仕様
輸入盤 LP カラー・ヴィニール(オレンジ)
輸入盤 LP ブラック・ヴィニール

マッカートニーII / ポール・マッカートニー
日本盤 SHM-CD 紙ジャケ仕様(英国初回盤LPをミニチュア再現)、解説・歌詞・対訳付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、カラー・ヴィニール(クリア)、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、ブラック・ヴィニール、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付
輸入盤 CD デジパック仕様
輸入盤 LP カラー・ヴィニール(クリア)
輸入盤 LP ブラック・ヴィニール

タッグ・オブ・ウォー / ポール・マッカートニー
日本盤 SHM-CD 紙ジャケ仕様(英国初回盤LPをミニチュア再現)、解説・歌詞・対訳付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、カラー・ヴィニール(ブルー)、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、ブラック・ヴィニール、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付
輸入盤 CD デジパック仕様
輸入盤 LP カラー・ヴィニール(ブルー)
輸入盤 LP ブラック・ヴィニール

パイプス・オブ・ピース / ポール・マッカートニー
日本盤 SHM-CD 紙ジャケ仕様(英国初回盤LPをミニチュア再現)、解説・歌詞・対訳付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、カラー・ヴィニール(シルヴァー)、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、ブラック・ヴィニール、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付
輸入盤 CD デジパック仕様
輸入盤 LP カラー・ヴィニール(シルヴァー)
輸入盤 LP ブラック・ヴィニール

上記8タイトル・セット(ユニバーサル・ミュージック・ストア限定発売) / ポール・マッカートニー&ウイングス
日本盤 SHM-CD 紙ジャケ仕様(英国初回盤LPをミニチュア再現)、解説・歌詞・対訳付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、カラー・ヴィニール(8色)、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、ブラック・ヴィニール、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付

ポール・マッカートニー/アーカイヴ・シリーズ

ザ・ビートルズ
SHM-CD 紙ジャケ プリーズ・プリーズ・ミー
SHM-CD 紙ジャケ ウィズ・ザ・ビートルズ
SHM-CD 紙ジャケ ハード・デイズ・ナイト
SHM-CD 紙ジャケ ビートルズ・フォー・セール
SHM-CD 紙ジャケ ヘルプ!
SHM-CD 紙ジャケ ラバー・ソウル
SHM-CD 紙ジャケ リボルバー
SHM-CD 紙ジャケ サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド
SHM-CD 紙ジャケ マジカル・ミステリー・ツアー
SHM-CD 紙ジャケ ザ・ビートルズ (ホワイト・アルバム)
SHM-CD 紙ジャケ イエロー・サブマリン
SHM-CD 紙ジャケ アビイ・ロード
SHM-CD 紙ジャケ レット・イット・ビー
SHM-CD 紙ジャケ パスト・マスターズ
SHM-CD 紙ジャケ ザ・ビートルズ 1962年~1966年 (赤盤)
SHM-CD 紙ジャケ ザ・ビートルズ 1967年~1970年 (青盤)

ザ・ビートルズ ステレオ盤 SHM-CD 紙ジャケット・シリーズ