つれづれなるままにWINGSFAN
Tribute Vlog for Paul McCartney & Wings
12 | 2019/01 | 02
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Yesterday  Here Today  Go Now



カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


別冊tower+ ザ・ビートルズ特別号 残りわずか

Thanks! TOWER RECORDS

プロモ映像 ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル 告知映像

ビートルズのLIVEアルバム ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル の告知映像です。字幕付きです。

Thanks! UNIVERSAL MUSIC JAPAN

ビートルズ公式ライブ盤発売とドキュメンタリー映画公開 二つの伝説を徹底検証
20160910005628700.jpeg

現在発売中の ロッキング・オン 2016年10月号 にドキュメンタリー映画『ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK』のロン・ハワード監督がビートルズについて語ったインタビューが掲載されている。作品の中で、公民権運動やケネディ大統領の暗殺など、アメリカの歴史や社会問題が反映されている点について、ロン・ハワードは次のように答えている。「ビートルズは、自分たちが望んでいなかったにもかかわらず、社会的な問題について発言せざるをえない状況に追い込まれたんだよ。そしてその問題について、威厳のある回答をした。彼らは、人種差別する(白人と黒人の席が別になっている)会場でコンサートすることを拒否した。白人と黒人を分離するというのは、日常においても大きな問題だったんだ。それをビートルズは、人間の平等性の観点からシンプルに説いたんだ。この事実を記録した映像を、現在のアメリカの観客に見せることは非常に重要だと思ったんだ。60年代のアメリカの公民権運動におけるビートルズの位置を、明確に提示したかった。彼らが発言したのは、ヴェトナム戦争についてだけじゃないんだと。彼らは自らの意思にかかわらず、最終的にはヴェトナム戦争についての意見を述べる状況に追い込まれた。そして彼らは発言した。多くの観客にとって、これまで知らなかったまったく新しい事実だと思う」。その他、映画を製作するに至った経緯、アップル・レコードが発掘した未発表素材の詳細、ロン・ハワード自身が考えるビートルズがライブ活動を休止した理由についても語られたインタビューとなっている。さらに、新作ライブ盤『ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル』の魅了について語り合った、ライブ・バンドとしてのビートルズが、いかに優れていたのかを徹底検証した対談ページも同時掲載されている。

Thanks! ロッキング・オン

ビートルズ、唯一のライブ・アルバム甦る!
Live At The Hollywood Bowl - The Beatles

ビートルズが公認した唯一のライブ・アルバムで1977年に発売後、廃盤となっていた「ザ・ビートルズ/ライブ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル」が最新のデジタル技術でクリアに生まれ変わり、9日に全世界で発売される。1964、1965年に計3度行われた米ロサンゼルス公演で披露された「ア・ハード・デイズ・ナイト」「ヘルプ!」など全17曲を収録。会場を埋め尽くした1万7000人の大歓声は「ジェット機の騒音をかき消してしまう」と言われたほど。その熱狂ぶりを存分に味わえる。当時の映像を再編集した「ボーイズ」のミュージックビデオも制作され、iTunes などで公開予定。また、ドキュメンタリー映画「ザ・ビートルズ ~ EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years」(ロン・ハワード監督)が22日に公開される。

Thanks! スポーツ報知

今朝の朝日新聞
20160909075306ad5.jpeg

Thanks! 朝日新聞

宇崎竜童、ビートルズ武道館公演 ほとんど聴こえなかった

宇崎竜童(70)が8日、東京・ニッポン放送イマジン・スタジオでザ・ビートルズ(THE BEATLES )のスペシャルイベント『ミート・ザ・ビートルズ・ライブ in イマジン・スタジオ』に出演した。音楽評論家の萩原健太氏とともに50年前の来日公演の思い出や、ザ・ビートルズの音楽について語った。宇崎は来日公演について「ほとんど聴こえませんでした。周りが全部女の子で叫び方が尋常じゃなかった」と当時を振り返った。

 このイベントは9日に世界同時発売される、ザ・ビートルズのライブ・アルバム『LIVE AT THE HOLLYWOOD BOWL』と、22日に日本公開される映画『THE BEATLES~EIGHT DAYS A WEEK-The Touring Years』を記念し開催された。イベントではアルバムの音源の先行試聴と映画に収められた映像の一部を試写、抽選で選ばれた100人のビートルズ・ファンが、その音源と映像を一足先に楽しんだ。

 今回のライブ・アルバムは1977年にLP盤として発売された邦題『ザ・ビートルズ・スーパー・ライヴ!』の全13曲にボーナストラック4曲を加えた初CD化作品。映画はロン・ハワードが監督を務め、『ザ・ビートルズ・アンソロジー』より21年ぶりのアップル公式作品となる。

 イベントには、実際に1966年、東京・日本武道館での来日公演を観覧した宇崎と、小学生の頃からビートルズを聴き始めたという音楽評論家の萩原氏がゲスト出演。宇崎は「当時、尾藤イサオとザ・ドリフターズ、内田裕也、ジャッキー吉川とブルー・コメッツがザ・ビートルズの前座をやったじゃない? 実はブルー・コメッツの事務所の社長が俺の兄貴だったの」と身内に関係者がいた事を明かした。

 公演の様子について宇崎は「歓声で(演奏の音が)かき消されてね、ほとんど聴こえませんでした。周りが全部女の子で叫び方が尋常じゃなかった」と、当時の彼らの人気の凄まじさを振り返った。

 また、宇崎の妻である作詞家の阿木燿子さんとは、当時すでに付き合っていたと言い「阿木燿子はね、ザ・ビートルズにそんな興味ありませんでした。初めて会った時に歌手・城卓矢の『骨まで愛して』が好きだと言ってました」と宇崎とは音楽の趣味が異なっていたことを明かした。

 萩原氏はザ・ビートルズの魅力について「理詰めじゃないけど、才能豊かな人たちの集まりなんで素晴らしいですよね。推論ですけど、間違って入ってしまった音も、“これいいじゃん!”って採り入れてたりすると思うんですよ」と語った。

 最後に宇崎は「今ちょっと、他人の音楽にも自分の音楽にもトキメキがなくなってきているんですよね。今回、あの凄まじいザ・ビートルズ女性ファンの歓声を聴いて、映像を観て何かこう胸に迫るものがウワ―と湧いています。ここから何か産まれそうな気がしています」と再び創作意欲を掻き立てられたと語った。

Thanks! Music Voice

TOWER RECORDS で買おう!
20160908153023be4.jpeg

20160908153023675.jpeg

20160908153024b05.jpeg

Thanks! TOWER RECORDS

別冊tower+ ザ・ビートルズ特別号 9月9日配布
9日にファン待望のLIVE「ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル」が発売されるザ・ビートルズ。この度、別冊 tower+ ではザ・ビートルズ特別号の配布が決定しました! 折り畳み式の特別仕様の冊子(2つ折りの新聞型のフリーペーパー)になっており、商品紹介、映画情報、レビュー等々、今作品の情報が盛り沢山! そして、今回の目玉ポイント、何と! 裏面は特製ポスター仕様。広げてポスターとして飾ることもできちゃいます。これは確実にゲットですね。カットは「ザ・ビートルズ ~ EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years」本予告で使用されているカットです。別冊 tower+ ザ・ビートルズ特別号 は9月9日より全店配布(オンラインは除く)、無くなり次第終了になります。

20160906080555bd3.jpeg

20160906080557d27.jpeg

201609060805584b6.gif

Thanks! TOWER RECORDS

ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウルより「ボーイズ」のビデオが公開に

9月9日に発売されるビートルズ唯一の公式ライヴ・アルバム「ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル」から「ボーイズ」のビデオが公開されている。映像はポール・マッカートニーが「リンゴが歌うよ!」と曲紹介するところからスタートし、ビートルズのライヴ演奏に熱狂する観客の様子を垣間見ることができる。この映像は(今のところ) iTunes にて試聴可能。

Thanks! NME Japan

ポスター ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル
ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル - 2016年9月2日 ディスクユニオン 新宿本館

Thanks! ユニバーサル ミュージック ジャパン



TV , ラジオ
1/24 12:00~13:15 ビートルズ VS ストーンズ スターチャンネル
1/27 21:00~21:30 Dr.竹迫のミュージック・クリニック Red Rose Speedway 特集・後編 FMゲンキ
1/27 25:45~26:50 ビートルズ VS ストーンズ スターチャンネル

本 , 雑誌 , ムック
1/29 絵本 All you need is LOVE
1/30 ルーフトップ・コンサートのビートルズ 世界を驚かせた屋上ライブの全貌
1/31 ビートルズ・ストーリー '75
2/23 ビートルズと過ごした日々: デレク・テイラー自伝
9/5 絵本 Hey Grandude!
年内 ジミー・マッカロック伝記本

イベント
2/1 19:00 ミートフリーマンデー・ナイト
2/3まで 1960s Rock n Roll Artists: A Photographic Journey -甦る奇跡の時間-
2/9 ビートルズ講座第6弾 ビートル・アローン Vol.2 【ソロ編/1970-1980】
2/17 11:30 代々木公園ビートルズフェス ~Anthology~
2/27 19:30 ジョージ・ハリスン・トリビュート「GENTLE GUITAR MELODIES」CD発売記念ライブ&トーク
3/9 ビートルズ講座第6弾 ビートル・アローン Vol.2 【ソロ編/1970-1980】
3/23~31 THE BRITISH ROCK NAGOYA MUSIC LIFE Special Shop 名古屋
3/24まで テリー・オニール写真展 Terry O’Neill : Rare and Unseen (ビートルズ、ポール・マッカートニー写真出展)
4/22まで Double Fantasy – John + Yoko 英国

CD
2/27 トミー・リピューマ・ワークス (ポール・マッカートニー楽曲収録) 3CD
年内 オノ・ヨーコ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

映画
3/29 ザ・ビートルズ ~ EIGHT DAYS A WEEK 名古屋
5月 ドント・ウォーリー (ジョン・レノン楽曲使用)
秋 エセルとアーネスト (ポール・マッカートニー楽曲使用)
秋 タイトル未定(ジョンとヨーコの伝記映画)
年内 ポール・マッカートニー Paul McCartney Live At The Cavern 2018

Blu-ray , DVD
年内 ポール・マッカートニー Paul McCartney Live At The Cavern 2018
2020年? ビートルズ レット・イット・ビー

アナログ盤
年内 オノ・ヨーコ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

Freshen Up - Paul McCartney

3/20 チリ サンティアゴ National Stadium
3/23 アルゼンチン ブエノスアイレス Polo Ground
3/26 ブラジル サンパウロ Allianz Parque
3/30 ブラジル クリチバ Estadio Couto Pereira
5/23 米国 ルイジアナ Smoothie King Arena
5/27 米国 ノースカロライナ PNC Arena
5/30 米国 サウスカロライナ Bon Secours Wellness Arena
6/1 米国 ケンタッキー Rupp Arena
6/3 米国 インディアナ Allen County War Memorial Coliseum
6/6 米国 ウィスコンシン Kohl Center
6/8 米国 グリーンベイ Lambeau Field
6/11 米国 イリノイ TaxSlayer Center
6/14 米国 アーリントン Globe Life Park
6/22 米国 サンディエゴ Petco Park
6/26 米国 アリゾナ Talking Stick Resort Arena
6/29 米国 ラスベガス T Mobile Arena
7/10 米国 サンノゼ SAP Centre
7/13 米国 ロサンゼルス Dodgers Stadium

Ringo Starr And His All Starr Band

3/27 日本 福岡 サンパレス ホテル&ホール
3/29 日本 広島 上野学園ホール
4/1 日本 仙台 東京エレクトロンホール宮城
4/2 日本 福島 けんしん郡山文化センター(郡山市民文化センター) 大ホール
4/3 日本 東京 昭和女子大学人見記念講堂
4/5 日本 東京 ドームシティホール
4/6 日本 東京 ドームシティホール
4/7 日本 東京 ドームシティホール
4/9 日本 名古屋 Zepp Nagoya
4/10 日本 大阪 あましんアルカイックホール
4/11 日本 大阪 オリックス劇場