つれづれなるままにワン・オン・ワン
Tribute Vlog for One On One Japan Tour 2017
03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Yesterday  Here Today  Go Now
LIVE
4/29 ポール・マッカートニー 日本 東京ドーム
4/30 ポール・マッカートニー 日本 東京ドーム

イベント
4/29 23:30~28:30 ONE ON ONE ポール・マッカートニー 来日記念 オールナイト・ライヴ!! MANY TO MANY
5/2 19:00 「ビートルズと日本」ブラウン管の記録 刊行記念 大村 亨×藤本国彦トークショー
5/10まで Bailey's Icons
5/12 19:00 出張円盤-疑似体験ビートルズ・ショック!
5/14まで パティ・ボイド写真展 George, Eric & Me ~パティが見たあの頃~
5/25~6/16 サージェント・ペパーズ発売50周年記念イベント Sgt Peppers At 50 英国
5/27 19:00 サージェント・ペパーズ発売50周年記念トーク・イベント (3) ジョージ・マーティンの世界
6/4 14:00 ワン・オン・ワン ジャパン・ツアー2017 再現ライブ Live Artist COMMA-DADA
6/16 19:30 サージェント・ペパーズ発売50周年記念トーク・イベント (4) スタジオ・レコーディングの世界
7/15 19:00 サージェント・ペパーズ発売50周年記念トーク・イベント (5) ライブの世界
8/20 19:00 サージェント・ペパーズ発売50周年記念トーク・イベント (6) メンバーを取り巻く世界

TV , ラジオ
4/30 6:14~6:25 サエキけんぞうの素晴らしき80's (ポール・マッカートニー特集) NHKラジオ第1
4/30 22:00~23:30 ポール・マッカートニー VideoSelects MTV Japan
4/30 23:30~24:30 ポール・マッカートニー・トリビュート : MusiCares MTV Japan

映画
5/1 ハード・デイズ・ナイト Zepp DiverCity
5/26 It Was Fifty Years Ago Today! The Beatles: Sgt. Pepper & Beyond
5/26 ポール・マッカートニー パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊
年内? ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内? A Life In The Day

CD
5/5 ブラック・リップス Satan's Graffiti Or God's Art? (ヨーコ・オノ、ショーン・レノン参加) US盤
5/26 ビートルズ サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド 50周年記念盤 4CD+DVD+Blu-ray
5/26 ビートルズ サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド 50周年記念盤 2CD
5/26 ビートルズ サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド 50周年記念盤 1CD
前半 ヨーコ・オノ フライ
前半 ヨーコ・オノ 無限の大宇宙
前半 ヨーコ・オノ 空間の感触
前半 ヨーコ・オノ ストーリー
7月以降 ポール・マッカートニー 全カタログ再発
後半 ヨーコ・オノ シーズン・オブ・グラス
後半 ヨーコ・オノ イッツ・オールライト
後半 ヨーコ・オノ スターピース
後半 ヨーコ・オノ 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム
年内? リンゴ・スター ニューアルバム (ポール・マッカートニー参加)

本 , 雑誌 , ムック
5/15 レコード・コレクターズ サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド特集
5/22 ザ・ビートルズ『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』完全ガイド
5/23 我がロック革命 それはビートルズから始まった
5/24 サージェント・ペパーズ・シンドローム ロックの時代 1967-1968
9/21 絵本「Imagine」(仮)

BD , DVD
5/26 イエスタデイ
7/3 It Was Fifty Years Ago Today! The Beatles: Sgt. Pepper & Beyond

アナログ盤
5/26 ビートルズ サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド 50周年記念盤 2LP
前半 ヨーコ・オノ フライ
前半 ヨーコ・オノ 無限の大宇宙
前半 ヨーコ・オノ 空間の感触
前半 ヨーコ・オノ ストーリー
7月以降 ポール・マッカートニー 全カタログ再発
後半 ヨーコ・オノ シーズン・オブ・グラス
後半 ヨーコ・オノ イッツ・オールライト
後半 ヨーコ・オノ スターピース
後半 ヨーコ・オノ 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

デジタル配信
6/1 It Was Fifty Years Ago Today! The Beatles: Sgt. Pepper & Beyond


          

          

      


カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


サウンドチェック



フレイミングパイ
ドライブマイカー

幸せのノック


地下鉄に乗ってポール・マッカートニーに会いに行こう!(リプリーズ)
今週末まで東京メトロ(28駅、30ヶ所)にて展開中の「ポール・マッカートニー ワン・オン・ワン ジャパン・ツアー 2017」の看板の設置場所は下記のとおりです。実地見聞したので確かです。1月と比べて場所が変わっている所もあります。「プレス」のミュージックビデオを見ながら地下鉄に乗ってポール・マッカートニーに会いに行こう! (^^)w

201704281814323c1.jpg

地下鉄成増駅 東武線成増駅方面改札を出て、右手
要町駅  要町方面改札を出て、右側
池袋駅 
その1 中央通路東改札を出て左側、出口35(サンシャインシティ)へ向かう通路
その2 南通路西改札から入って、階段を降り、右に回り込んだ所(4番線ホーム)
後楽園駅 後楽園方面改札から入って、右手(丸ノ内線1番線階段下)
御茶ノ水駅 東京医科歯科大学方面改札から入って左手に進み、池袋方面行きホームへの連絡通路
新御茶ノ水駅 聖橋方面改札を出て右手のスロープ
大手町駅 中央東改札を出て、出口B2b・B2cを過ぎた辺り
東京駅  改札を出て、JR線丸の内地下北口前通路(JR東京駅寄り)
霞ヶ関駅 桜田通り方面改札(千代田線)を出て、ほぼ正面
表参道駅 青山学院方面改札を出て右手の通路沿い(B2出口に向かう通路)
明治神宮前駅 代々木公園方面改札を出て右手前方(JR原宿駅に向かう通路)
恵比寿駅 JR恵比寿駅方面改札から入って直ぐ右側にある「お忘れ物取扱所」前
六本木駅 六本木交差点方面改札から入って右側にある階段を降りた所(日比谷線1番線ホーム)
日比谷駅 日比谷公園方面改札を出て左手の階段を上り、少し進む(A8出口付近)
有楽町駅 中央改札を出て左に回り、直進。D2出口手前のトイレ前
銀座駅 
その1 数寄屋橋交差点改札を出て、真っ直ぐ行った所(C6出口近く)
その2 有楽町方面改札を出て、真っ直ぐ行った所(C9出口近く)
神田駅  内神田方面改札を出て真っ直ぐ。1番出口方面、エレベーター前
日本橋駅 日本橋交差点改札から入って東西線ホームへ向かう階段を降りた所。トイレの前
虎ノ門駅 虎ノ門交差点方面改札を出て、真っ直ぐ行き、つきあたりの手前
溜池山王駅 溜池交差点方面改札から入って左手角を曲がった所
渋谷駅  ハチ公前交差点改札(新しい方)を入り、階段を登りきった所
飯田橋駅 飯田橋方面改札から入って正面右手
高田馬場駅 JR線・西武新宿線方面改札を出て左手に回り込んだ所
新宿三丁目駅 新宿方面改札を出て、B7出口向かい
新宿駅  東改札から入ってエスカレーター横
四ツ谷駅 JR四ツ谷駅方面改札から入って左手
赤坂見附駅 赤坂見附方面改札から入ってエスカレーターを降り、右に回り込んだ所
市ケ谷駅 九段方面改札から入って正面

Thanks! 東京メトロ


関連Blog
1/31のBlog 地下鉄に乗ってポール・マッカートニーに会いに行こう!

1/29のBlog ポール・マッカートニーに会いに行こう! 東京メトロ編

ポール・マッカートニー、今回の日本武道館公演の映像を正式に公開

現在、来日公演を行っているポール・マッカートニーが、4月25日に行った日本武道館での公演の模様をまとめた1分の動画を公開している。当日は「A Hard Day's Night」で幕を開け、ウイングスのシングル「Junior's Farm」を披露した他、中盤にはビートルズのデビュー曲「Love Me Do」が日本で初めて演奏され、51年前のビートルズの日本武道館でも演奏され、ポール・マッカートニーのソロ・ライヴでは日本初公開となった「I Wanna Be Your Man」も披露された。リリースから50周年を迎えるアルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」からは「Being for the Benefit of Mr. Kite!」「Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band(Reprise)」も披露された。「Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band(Reprise)」が演奏されたのは2013年以来。

Thanks! NME Japan

ポール・マッカートニー、都内を巡回中
20170428161649bcc.jpg

只今、ポール・マッカートニー日本公演2017の宣伝カーが都内を巡回しています。

Thanks! キョードー東京

今朝の新聞各紙
20170428121542a34.jpg

↑昨夜の記事が載ってるスポーツ紙

2017042812154381f.jpg

一般紙は載ってません。ざっと見ただけだけど。

Thanks! 新聞各紙

ポール・マッカートニー 東京ドームで39曲熱唱 4万8000人熱狂
ポール・マッカートニー - 2017.4.27 東京ドーム

27日、ポール・マッカートニーが東京ドーム公演を行い、4万8000人を沸かせた。機材調整のため30分遅れてのスタート。それでも登場したポールが左手を挙げただけで大歓声が起こった。同所での公演は2年ぶり19回目。25日の日本武道館ではビートルズ時代の19曲を含む全31曲だったが、この日はさらにパワフルだった。「イエスタデイ」などビートルズ時代の曲は24曲に増え、トータル39曲を披露した。「コンカイモ、ニッポンゴ、ガンバリマス。オス!!」と拳を握ったように、時に“カンペ”を見ながらもNCの半分以上は日本語。「コンバンワ、トウキョウドーム!!」「ツギハ、ジョン(・レノン)ニササゲマス」などと語りかけ、英語には字幕を用意した。29、30日も東京ドームのステージに立ち、武道館を合わせた4公演で16万人を動員。5月1日に離日予定だ。

Thanks! デイリースポーツ

セットリスト ポール・マッカートニー 4月27日 東京ドーム
20170425184000952.jpg

セットリストを知りたい方は本記事下部にある [READ MORE...] をクリックして下さい。
知りたくない方はクリックしないようにね (^^)b

[READ MORE...]
いよいよ今日、ポール・マッカートニー東京ドーム公演初日!
20170339a.jpg

Thanks! halord_lalalaさん

[業務連絡] 武道館公演フライヤーなど全て発送しました
2017041000151572c.jpg

今日までに入金された全員の方にスタンダード or デラックス・エディションのアイテムを発送しました。都内であれば本日、遠方の方でも金曜日には届くと思います。本編と合わせてオマケを封入しました。ご笑納下さいませ。発送が全て終わったので御大のコンサートに専念します (^ ^)b from wingsfan

74歳ポール・マッカートニー 世界ツアー敢行できる肉体の秘訣
Paul McCartney - One On One

25日、ポール・マッカートニーが東京・日本武道館で「ワン・オン・ワン ジャパン・ツアー2017」(全4公演)の初日公演を行った。ポールの来日は2015年4月以来2年ぶり。単独では6度目。約30分遅れてポールが姿を現すと「キャー!」と観客は総立ち。1曲目のビートルズの名曲「A Hard Day's Night」から会場は興奮のるつぼと化した。2曲目を終えるとポールは「コンバンハ~、ニッポン! コンバンハ~、トウキョウ、コンバンワ~、ブドウカン」と日本語であいさつ。その後、ソロの楽曲のほか「We Can Work It Out」「Back In The U.S.S.R.」など、ビートルズのおなじみのナンバーで、往年のファンを喜ばせた。「Live And Let Die」ではステージで炎がガンガン噴き上がる過激な演出も。その真横でピアノを弾きながら歌うポールには余裕すらうかがえた。それにしても6月には75歳。日本では“後期高齢者”入りとなるが、その声量はハンパではない。しかも、今でもワールドツアーを敢行している。いったいその体力はどうなっているのか。音楽関係者が話す。「まず、毎日1時間のワークアウトを欠かしませんね。サイクリングにもよく奥さんのナンシーさんと出かけます。2015年に来日した際は日比谷公園に行って、目撃した人がビックリしてました。食べ物にも気をつけていて基本はベジタリアン。まあ、ビートルズを愛しているのが何よりの活力源でしょう」。アンコールではポールが日の丸、他のメンバーがユニオンジャックとレインボーフラッグを持って再登場。最後の「The End」まで全31曲を歌い上げたポールは「また会いましょう!」と締めくくった。衰え知らずのレジェンドは、これからもエネルギッシュに活動しそうだ。

Thanks! 東京スポーツ



フラワーズ・イン・ザ・ダート