つれづれなるままにサージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド50周年記念盤
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Yesterday  Here Today  Go Now
TV , ラジオ
6/27~7/1 7:30~7:45 ひよっこ ビートルズがやって来る NHK BSプレミアム
6/27~7/1 8:00~8:15 ひよっこ ビートルズがやって来る NHK 総合
6/27~7/1 12:45~13:00 ひよっこ ビートルズがやって来る NHK 総合
6/27 15:10~15:55 ごごラジ! ビートルズってすごい! NHKラジオ第1
6/27~7/1 23:30~23:45 ひよっこ ビートルズがやって来る NHK BSプレミアム
6/29 19:00~20:00 ポール・マッカートニー・トリビュート : MusiCares MTV JAPAN
6/29 20:00~21:30 ポール・マッカートニー VideoSelects MTV JAPAN
6/30 19:00~21:00 Imagine : ジョン・レノン 75th Birthday Concert MTV JAPAN
6/30 24:30~26:00 ウイングス・オーヴァー・ザ・ワールド スペースシャワーTV
6/30 26:00~28:00 洋楽最強伝説 特別編 ポール・マッカートニー特集 Part 1~2 スペースシャワーTV
7/1 9:30~11:00 ひよっこ ビートルズがやって来る NHK BSプレミアム
7/1 14:50~14:55 5分で『ひよっこ』 NHK 総合
7/2 5:45~5:50 5分で『ひよっこ』 NHK 総合
7/2 11:00~11:20 ひよっこ一週間 NHK 総合
7/2 17:55~18:00 5分で『ひよっこ』 NHK 総合
7/3 21:00~22:00 ポール・マッカートニー・トリビュート : MusiCares MTV JAPAN
7/9 23:00~25:00 Imagine : ジョン・レノン 75th Birthday Concert MTV JAPAN
7/15 18:00~19:30 ポール・マッカートニー VideoSelects MTV JAPAN
7/21 13:00~15:05 あの頃ペニー・レインと NHK BSプレミアム
7/21 21:00~23:00 ザ・ビートルズ ~ EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years WOWOWシネマ
7/21 24:15~25:45 ハード・デイズ・ナイト NHK BSプレミアム
7/23 24:00~25:00 ポール・マッカートニー・トリビュート : MusiCares MTV JAPAN
7/31 14:30~16:30 ザ・ビートルズ ~ EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years WOWOWシネマ

グッズ , ゲーム
6/28 Essential III サージェント・ペパーズ・ドラム・レコード・プレーヤー
8/18 ビートルズ ジャケットコースターセット

映画
7/1 ポール・マッカートニー パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊
年内? ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内? A Life In The Day

イベント
7/1 15:00 BEATLES を楽しもうゼミ chapter-1
7/1 18:00 ザ・ビートルズ『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』完全ガイド発売記念 ロック落語会 authorized by 株式会社シンコーミュージック・エンタテイメント
7/5~10 Tokyo Beatles Week 2017
7/7 12:00 リンゴ・スター バースデー・イベント
7/15 19:00 サージェント・ペパーズ発売50周年記念トーク・イベント (5) ライブの世界
7/16まで 蔦屋書店 ビートルズ巨大パネル設置
7/20~8/6 10:00~21:00 ボブ・グルーエンと100人のロックレジェンド展 cor porate with FUJI ROCK FESTIVAL
8/20 19:00 サージェント・ペパーズ発売50周年記念トーク・イベント (6) メンバーを取り巻く世界
9/17まで ジュリアン・レノン写真展 Cycle 東京
9/17まで ジュリアン・レノン写真展 Cycle –Life Cycle– 東京
9/17まで ジュリアン・レノン写真展 Cycle –River Life– 京都

BD , DVD
7/3 It Was Fifty Years Ago Today! The Beatles: Sgt. Pepper Beyond

本 , 雑誌 , ムック
7/4 ビートルズ語辞典 : ビートルズにまつわる言葉をイラストと豆知識でヤァ!ヤァ!ヤァ!と読み解く
7/12 MUSIC LIFE サージェント・ペパー・エディション
9/8 ビートルズはどこから来たのか 大西洋を軸に考える20世紀ロック文化史
9/21 絵本「Imagine」(仮)

LIVE
7/5~26 ポール・マッカートニー 米国
9/11~10/2 ポール・マッカートニー 米国
10/13~20 ポール・マッカートニー ブラジル
10/24 ポール・マッカートニー コロンビア
12/2~11 ポール・マッカートニー オーストラリア
12/16 ポール・マッカートニー ニュージーランド

CD
7/26 ヨーコ・オノ フライ
7/26 ヨーコ・オノ 無限の大宇宙
7/26 ヨーコ・オノ 空間の感触
後半? ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム
後半? ポール・マッカートニー 全カタログ再発
年内? リンゴ・スター ニューアルバム (ポール・マッカートニー参加)

アナログ盤
8/9 ヨーコ・オノ フライ
8/9 ヨーコ・オノ 無限の大宇宙
8/9 ヨーコ・オノ 空間の感触
後半? ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム
後半? ポール・マッカートニー 全カタログ再発
年内? リンゴ・スター ニューアルバム (ポール・マッカートニー参加)

Tokyo Beatles Week 2017


カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


宇崎竜童、サージェント・ペパーズに感激 新しい曲が作りたくなる
20170625234022b34.jpg

24日、宇崎竜童が東京・有楽町のニッポン放送イマジンスタジオで行われたビートルズのアルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」の発売50周年記念盤視聴イベントに出席。名盤を爆音で聴き、「こんなにビートが強いのに心が癒された。明日からまた、新しい曲が作りたくなる」と感激した。

Thanks! サンケイスポーツ

本 サージェント・ペパー50年 6月26日発売
アルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」完全ガイド本 サージェント・ペパー50年 が6月26日に発売されます。お奨めします。

サージェント・ペパー50年

サージェント・ペパー50年 / ビル・ドゥマン、マイク・マキナニー、ポール・マイヤーズ 6月26日発売
アルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」発売50周年記念刊行。ザ・ビートルズの不滅のアルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」完全ガイド。この伝説的アルバムを多角的に語る最高の1冊。写真・図版225点収録。オール4色。

サイズ A3変形
ページ 176ページ
ISBN  978-4-309-27853-7
予 価 3456円 (税込)

昨年9月に井上ジェイさんに声をかけていただいた書籍『サージェント・ペパー50年』が無事に完成しました。洋書と並行してほぼ同時発売を目指すという異例の作業で、井上さんと一緒に監修を務め、「叩き文」も書かせていただきました。とはいえ、実際の全作業は5月後半から6月前半の約2週間という超特急でしたが、細かいところは洋書を精査した内容になっています。昨年、話を伺った時はあまりピンときませんでしたが、今は書名どおり「サージェント・ペパー50年」を日々実感しています。井上さん、翻訳の野間けい子さんほか、関わった皆様お世話になりました。アルバム『サージェント・ペパーズ』のことは、時代背景も含めてこれ1冊あれば事足ります。「あるようでない本」と「叩き」に書いたとおりです。ぜひ記念盤を聴きながら眺めてください。よろしくお願いします。 from 藤本国彦

サージェント・ペパー50年

Thanks! 河出書房新社 , 藤本国彦さん


関連Blog
6/2のBlog 本 サージェント・ペパー50年 6月27日発売


TV 国際報道2017 サージェント・ペパーズ 今晩放送
6/19(月)22時00分~ NHK BS1「国際報道2017」でアルバム『サージェント・ペパーズ』のジャケットをデザインしたジャン・ハワースのインタビュー紹介!作品に込めた思いと、50年たった現代の世相について語ります。

20170619182801422.png

Thanks! NHK

サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド 絶賛発売中!
サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド -50周年記念エディション-

Thanks! ユニバーサル ミュージック

ロック落語会 サージェント・ペパーズ完全ガイド発売記念 7月1日開催
ザ・ビートルズ 『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』完全ガイド 発売記念 ロック落語会

ザ・ビートルズ『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』完全ガイド発売記念 ロック落語会 authorized by 株式会社シンコーミュージック・エンタテイメント
日 時 7月1日(土) 17:30 開場 , 18:00 開演 , 19:30 終演(予定)
会 場 楽器カフェ (地下鉄神保町駅A7出口より徒歩2分ガスト上 千代田区神田神保町1-15 杉山ビル2F)
出 演 川柳つくし
木戸銭 2500円+500円(1ドリンクオーダー) ただし、ビートルズ・グッズ持参で500円引き
予 約 予約サイト にて受付中。予約特典(数量限定)あり

Thanks! 楽器カフェ

トークイベント 藤本国彦プロデュース ビートルズの世界 7月15日開催
藤本国彦プロデュース ビートルズの世界

ビートルズ「サージェント・ペパーズ」発売50周年記念トーク・イベント
2016年は、来日50周年やライヴ・ドキュメンタリー映画「EIGHT DAYS A WEEK」公開、さらにリンゴ・スター再来日公演など、21世紀以降、最大の盛り上がりを見せた記念すべき1年となりました。そして2017年は、20世紀のロックの金字塔と称えられる名盤「サージェント・ペパーズ」発売から半世紀。いまなお聴き継がれるビートルズの魅力はいったいどこにあるのか。2017年3月から8月までの全6回、毎回ゲストもお招きしながら、いまなお新たなファンを獲得し続けるビートルズの世界を、人・音・出来事...などのテーマ別に毎回ゲストをお迎えし、様々なエピソードもまじえながら多角的に迫るスペシャル・トーク・イベントです!

■ 開催日時
7月15日(土) 18:45 開場 , 19:00 開演 ライヴの世界
8月20日(日) 18:45 開場 , 19:00 開演 メンバーを取り巻く世界

■ 会場
アップリンク渋谷 (03-6825-5503 東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル1階)

■ 内容
7月15日(土) 19:00~20:40 ライヴの世界
ゲスト : 島乙平 (ビートルズ・コレクター)
ライヴ・バンドだったビートルズの魅力を、ドキュメンタリー映画「EIGHT DAYS A WEEK」のエピソードをまじえ、日本有数のコレクター・島乙平氏所蔵の当時の海外の貴重なツアー・パンフレットやチケットとともに紹介します。


8月20日(日) 19:00~20:40 メンバーを取り巻く世界
ゲスト : 星加ルミ子
昨年1年間、好評のうちに幕を閉じたトーク・イベントの主役・星加ルミ子氏に「ミュージック・ライフ」の元編集長としてビートルズに1965年から1969年までの5年間、間近で接したビートルズと関係者の素顔について伺います。


■ 料金
前売 2500円 (1ドリンク付) , 当日 3000円 (1ドリンク付)

■ チケット
アップリンク公式サイト にて発売中

■ その他
予約・問合せは アップリンク渋谷 (03-6825-5503)まで。

藤本国彦
ビートルズ愛好家/ムック「ビートルズ・ストーリー」編集長。1991年音楽出版社に入社し、音楽情報誌「CDジャーナル」編集部に所属(2011年退社)。主な編著は「ビートルズ213曲全ガイド」「GET BACK...NAKED」、香月利一著「ビートルズ事典 改訂・増補新版」(監修)、「ポール・マッカートニーUK盤コンプリート・ガイド」(井上ジェイ共著)、牧野良幸著「僕のビートルズ音盤青春記」(編集)、「ビートルズを観た! 50年目のビートルズ・レポート」(編集)など。最新著作は「ビートル・アローン」と「ビートルズ・ストーリー'69」(ともに4月18日発売予定)。映画「ジョージ・ハリスン/リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド」「ザ・ビートルズ ~ EIGHT DAYS A WEEK」の字幕監修(ピーター・ホンマ共同)も手掛ける。「速水丈」名義での編著も多数。

Thanks! 藤本国彦さん


関連Blog
3/12のBlog トークイベント 藤本国彦プロデュース ビートルズの世界 全6回開催


デヴィッド・ボウイとビートルズ 「サージェント・ペパーズ」によせて
David Bowie

「サージェント・ペパーズ」50周年記念盤の話題はつきないが、今年ついに日本上陸し話題となったボウイの大回顧展「DAVID BOWIE is」でも「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」が「イギリスの音楽に大変革をもたらした作品」として、最初の展示室で紹介されていた。イギリスのみならず、ロック・アルバムの概念を変えたことは、今さら言うまでもない。時代を超えた著名人たちをコラージュしたジャケットは、過去から材料を集め新しいものに作り変えるというボウイ表現のイマジネーションともなっているが、最も大きな影響は〝架空のバンド〟という発想だ。「「いや、それはやっちゃまずいだろう」と思うたび、「なぜ? いいじゃないか、これは別のグループなんだ、僕たちじゃないんだから」って、すごく自由になったのさ」と、ポール・マッカート二ーは当時を振り返って語っている。ボウイがスパイダース・フロム・マーズという架空のバンドでジギー・スターダストとして一世を風靡するのは、その5年後のことだった。そして、「DAVID BOWIE is」には、ザ・ビートルズの等身大パネルと並ぶデヴィッド・ボウイの写真も展示されていた! ボウイとマネージャーのケネス・ピットは、1968年当時計画していたキャバレー作品のためにイエロー・サブマリンのキャラクターのパネルを制作したそうで、写真はピットのアパートで撮影されたという。ロッキング・オン7月号では、今回の50周年盤を編集したジャイルズ・マーティンのインタビューを掲載しているが、次号8月号でもポールが「サージェント・ペパーズ」当時を振り返った貴重なインタビューを掲載します。こちらもお楽しみに!

Thanks! ロッキング・オン

楽曲解説 ストロベリー・フィールズ・フォーエバー / ペニー・レイン
ザ・ビートルズ / ストロベリー・フィールズ・フォーエバー / ペニー・レイン

ストロベリー・フィールズ・フォーエバー
録音日 : 1966年12月8~9日、15日、21日
ジョンの幼少時代の遊び場だった“ストロベリー・フィールド”を一つの理想郷として捉え、サイケデリックな香りをまぶして仕上げた傑作。アレンジの全くことなる2曲 ― 前半の叙情的なサウンドと、後半の攻撃的なサウンドをジョンの要望でジョージ・マーティンが繋ぎ合わせたのは、ファンではなくてもよく知られているエピソードだ。今回のリミックス版は2016年11月に発売された映像集「1+」用に作られたもので、出だしのメロトロンによるフルートの音色が鮮明で、従来のステレオミックスとは異なり、中央寄りに移されたヴォーカルも鮮明で力強い。

ペニー・レイン
録音日 : 1966年12月29~30日、1967年1月4~6日、9~10日、12日、17日
1965年11月に「詩的な名前が気に入っているので Penny Lane についての曲を書こうと思っている」と既に語っていたポールが、ジョンとは異なるアプローチで書き上げた“リヴァプール賛歌”である。ペニー・レイン周辺で生活を営む床屋、銀行員、消防士、看護士などの日常を情景豊かに浮かび上がらせている。サウンドも、ジョンの「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」とは対照的に、これぞポールという陰りの全くない明快な仕上がりとなっている。「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」とのカップリングで、1966年8月のライヴ活動停止後に発売された最初のシングルとなった。今回のリミックス版は2017年にジャイルズ・マーティンが新たに手掛けたもの。アルバム収録曲と同じく、これを聴くと、2009年のリマスター盤でさえ、幕が一枚掛かっていたかのように思わせるほど各楽器 ― 特にベースとドラムスが鮮明で、主張も強い。そのため、躍動感もさらにアップしている。

Thanks! ユニバーサル ミュージック

イベント The Beatles Sgt.Peppers 展トークショー 6月26日開催
The Beatles

The Beatles Sgt.Peppers 展トークショー
日時 6月26日(月) 19:00~22:00
会場 Coolie's Creek (03-6459-3313 東京都港区白金1-2-6)
出演者
藤本国彦 (ビートルズ研究家「ビートルズ・ストーリー」編集長/編集者/ライター)
野口 淳 (ビートルズ資料館学芸員)
朝日順子 (翻訳家)
DJ選曲 梅田武志 (THAT'S ALL RIGHT)
料金 2000円+お食事ブッフェ形式2000円
展示 6月26日~9月2日

サージェントペパーズ 50周年記念盤発売、THE BEATLES LYRICS(TAC出版)を記念して、THE BEATLES Sgt.Pepper's 展とトークショーを開催します。今も知名度世界一のバンド、常に感動を与え続けているTHE BEATLES。どれ程当時の世界の若者に衝撃を与えたか、どうしてここまでTHE BEATLESが浸透したのか、音源、フレーズ、録音技法、ジャケットデザインなど、お客様と楽しく談話して頂く時間です。

Thanks! Keiko Nasu

楽曲解説 ア・デイ・イン・ザ・ライフ
A Day In The Life

ア・デイ・イン・ザ・ライフ
録音日 : 1967年1月19~20日、2月3日、2月10日、2月22日
ライヴ仕立てのコンセプト・アルバムの最後は、ビートルズはやらなかったアンコールに応えてペパー軍曹のバンドが披露するという大盤振る舞い(?)である。「恋を抱きしめよう」とは逆に中間部にポールの小品を挟み込んで完成させたジョン主導の曲。ポールの指揮による徐々に不均衡に上がっていくストリングスから、延々と続くピアノの残響音。「サージェント・ペパーズ」がロックの金字塔と言われるのは、コンセプトもさることながら、この曲が最後に収められているからでもある。今回のリミックス版は、出だしのピアノの最初のアタックが強く、ベースもでかい。ストリングスが盛り上がる手前の左チャンネルのドラムも鮮明である。エンディングのピアノの残響の時のスタジオの空気すら感じられそうな緊張感のあるリミックスとなっている。

Thanks! ユニバーサル ミュージック



サージェント・ペパー・インナー・グルーヴ
録音日 : 1967年4月21日
名盤はまだ終わらない。LPの回転溝に、犬にしか聴こえない15キロサイクルの高周波音による犬笛の音と、テープを切り刻んで逆回転にした4人の声を挿入するという、ビートルズならではの遊び心である。しかも「4人の声」はLPのレコード・プレーヤーでは針が持ち上がるまで永遠に繰り返されるという仕掛けである。今回のリミックス版は、同じフレーズが12回、CDと同じように徐々にフェイド・アウトしながら繰り返されるという仕上がりである。



つれづれなるままにサージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド50周年記念盤

          

            

Yoko Ono Reissue Project