つれづれなるままにWINGSFAN
Tribute Vlog for Paul McCartney & Wings
01 | 2017/02 | 03
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
Yesterday  Here Today  Go Now
TV , ラジオ
8/20 12:35~14:35 ザ・ビートルズ ~ EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years WOWOWシネマ

イベント
8/20 19:00 サージェント・ペパーズ発売50周年記念トーク・イベント (6) メンバーを取り巻く世界
8/24まで MUSIC LIFE パネル展
8/25 19:30 ビートルズカフェ
8/25~11/9 センシビリティ アンド ワンダー
8/26 16:00~18:00 ジョン・ドーヴ&モーリー・ホワイト サイン会
8/27 12:30 ビートルズ・アナログ鑑賞会 Vol.11 ポール・マッカートニー「フレイミング・パイ」20周年記念特集
8/27 16:30 石引パブリック1周年記念 トークショー&ライブ もっと!ポール・マッカートニー!
9/17まで ジュリアン・レノン写真展 Cycle 東京
9/17まで ジュリアン・レノン写真展 Cycle –Life Cycle– 東京
9/17まで ジュリアン・レノン写真展 Cycle –River Life– 京都

BD , DVD
8/23 サウンドブレイキング (ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター、ジョージ・マーティン出演)
10/3 パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 海外盤

アナログ盤
8/29 ザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション アビイ・ロード
9/1 ビートルズ サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド US盤
9/12 ザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド
9/22 リンゴ・スター Give More Love
9/26 ザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション ラバー・ソウル
10/10 ザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション ザ・ビートルズ (2枚組)
10/24 ザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション ヘルプ!(4人はアイドル)
後半? ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム
後半? ポール・マッカートニー 全カタログ再発

本 , 雑誌 , ムック
8/31 ビートルズ・ストーリー Vol.9 '70
9/7 悪魔のジョン・レノン
9/8 ビートルズはどこから来たのか 大西洋を軸に考える20世紀ロック文化史
9/12 隔週刊CD付きマガジン JAZZ VOCAL COLLECTION 36号 ビートルズ・ジャズ・ヴォーカル
9/21 絵本「Imagine」
2018年 The Beatles: Yellow Submarine

LIVE
9/11~10/2 ポール・マッカートニー 米国
10/13~20 ポール・マッカートニー ブラジル
10/24 ポール・マッカートニー コロンビア
10/28 ポール・マッカートニー メキシコ
12/2~12 ポール・マッカートニー オーストラリア
12/16 ポール・マッカートニー ニュージーランド

CD
9/12 隔週刊CD付きマガジン JAZZ VOCAL COLLECTION 36号 ビートルズ・ジャズ・ヴォーカル
9/13 ビートルズ ハリウッド・ボウル 1965
9/13 ビートルズ ライブ・アット・ブドウカン 1966
9/15 リンゴ・スター ギヴ・モア・ラヴ
10/6 ダニー・ハリスン IN///PARALLEL US盤
12/15 チャリティー・アルバム (ポール・マッカートニー参加) UK盤
後半? ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム
後半? ポール・マッカートニー 全カタログ再発

グッズ , ゲーム
9/30 ビートルズ コラボTシャツ
10/1 ビートルズ&ほぼ日手帳2018 コラボ手帳

映画
年内? ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内? A Life In The Day

          

          


カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


サウジアラビアのポール・マッカートニー、厳格な同国でレアライブ
Mohammed Abdu

30日(現地時間)、サウジアラビアで同国第2の都市ジッダでは7年ぶりとなる大規模コンサートを「サウジアラビアのポール・マッカートニー」とアラブ世界で呼ばれる有名歌手モハメド・アブドゥが行った。サウジの英字紙 Arab News が報じた。AFPのカメラマンによると、会場となった屋内スポーツ競技場に集まったファン約8000人は全員男性で大半は若者だったという。エジプトの交響楽団をバックに、アブドゥは恋愛ソングや愛国的な歌を披露。同じサウジのアーティストのラバー・サグルやイラク系サウジ人の歌手マジド・ムハンディスも登場した。厳格なイスラム教国のサウジアラビアでは飲酒や公共の映画館・劇場などが禁止されており、また通常、公共の場では男女が隔離される。首都リヤドでは昨年9月、同市で24年ぶりとなるコンサートとしてアブドゥのライブが予定されていたが、説明なく中止された。昨年から始まった経済・社会改革の一環として、これまでに数人の外国人がサウジでショーを行ったが、観客は限られていた。こうした改革を率いているムハンマド・ビン・サルマン第2副首相(副皇太子)は宗教的保守派からの抵抗に遭っている。

Thanks! AFP

HMV、カナダの全店舗を閉鎖へ CD販売不振で約50億円の負債

HMV


CDやレコード等の小売り大手HMVが今後数ヶ月でカナダの全店舗を閉鎖するとフィナンシャルポストが報じた。裁判所への提出書類によるとカナダで100店舗以上を展開中のHMVは、8月30日までに全店舗を閉鎖する。HMVカナダは総額5600万カナダドル(約49億円)以上の負債を抱えており、数年にわたり損失を出し続けた結果、事業の継続は難しいと判断したようだ。2010年のHMVカナダの売上は3億1000万ドルだったが、2016年度の売上(今年4月まで)は2億ドルを大幅に下回ると見られ、損失はさらに膨らむ見込みだ。HMVは1921年にロンドンで設立。世界的にCD販売が減少を続ける中、現在は英国、香港、シンガポール、日本といった国で事業を展開中だ。同社は米国、オーストラリア、インドや欧州の数か国にも進出したが、現在は撤退している。HMVは英国企業だが、カナダでの事業は数年前に別会社に売却され、事業の立て直しにあたっていた。しかし、その試みは失敗に終わった。カナダでの全店舗閉鎖はHMVの他の諸国での事業に直接的影響は与えないという。しかし、同社の事業は世界的に見ても決して良い状況とは言えない。大手CDチェーンの閉鎖は音楽業界にとって悲しいニュースではあるが、近年の音楽業界のトレンドを考えると当然の流れにも見える。ここ10年でCDの売上は多くの国で二桁代の低下となり、近年はアナログレコードの人気が高まっているとは言うものの、売上の低下を補うほどのものではない。iTunes 等のデジタルダウンロード販売やスポティファイやパンドラ等のストリーミングサービスの台頭により、CDを買い求める人口は減少が続いている。さらに、CDを買う場合でもオンラインストアやコンサート会場を選ぶ傾向が強くなり、伝統的なCD販売店は苦境に立たされている。HMVカナダの閉鎖は伝統的なレコード販売店のビジネスモデルがもはや立ち行かなくなった事の一つの現れともみられる。

Thanks! Forbes Japan

ポール・マッカートニー、本日より先着先行販売 A席・B席の販売が開始に
201702011146477e8.jpg

4月に来日公演を行うポール・マッカートニーだが、本日(2月1日)よりチケットの先着先行販売とA席・B席のチケットの販売が開始されている。これまでチケットは抽選先行でS席のみの販売だった。今回の来日公演は前回の来日公演「アウト・ゼアー」ツアーに代わって新たなツアー One On One での来日となる。今回の来日公演についてポール・マッカートニーは「One On One ツアーで日本に行くことになって、すごくワクワクしている。これまで日本に来るたびに素晴らしい時間を過ごし、最高の観客に巡り合うことができた。僕たちにとって前回の公演は特に心に残るものだったから、さらに多くの思い出を作れるかと思うと今から待ち遠しい。日本で一緒にロックしよう!」といったコメントを寄せている。同ツアーは2016年4月に米国でスタートし、12カ国の41公演で約120万人を動員、ローリング・ストーンズ、ボブ・ディラン、ニール・ヤング、ロジャー・ウォーターズ、ザ・フーが出演したデザート・トリップ・フェスティバルにて2016年10月で一旦ツアーを締めくくっている。ポール・マッカートニーのソロでの来日公演は今回で6度目となる。来日公演の詳細は以下のとおり。

4月27日(木) 開場 16:30 , 開演 18:30 (予定)
東京ドーム
S席 1万8000円、A席 1万6000円、B 席 1万4000円 (税込・全席指定)

4月29日(土) 開場 16:30 , 開演 18:30 (予定)
東京ドーム
S席 1万8000円、A席 1万6000円、B 席 1万4000円 (税込・全席指定)

4月30日(日) 開場 16:30 , 開演 18:30 (予定)
東京ドーム
S席 1万8000円、A席 1万6000円、B 席 1万4000円 (税込・全席指定)

更なる公演の詳細は 公式サイト で御確認下さい。

Thanks! NME Japan

史上38番目に素晴しいミュージカル映画は A Hard Day's Night

米映画サイト The Playlist が2017年1月10日までに公開されたミュージカル映画のベスト50を発表した。往年の名作が上位にランクインする中、ビートルズ主演映画「ビートルズがやって来る ヤア!ヤア!ヤア!」が歴代38位にランクされた。又、第74回ゴールデングローブ賞では同賞映画部門史上初の7部門制覇を達成し、アカデミー賞史上最多タイとなる14ノミネートを果たすなど賞レースの大本命に名乗りをあげている「ラ・ラ・ランド」が歴代14位に食い込んだ。同サイトは「ラ・ラ・ランド」を「輝かしくもほろ苦く、独創的で、魅力的で、現代的なミュージカル映画」であるとし、ブロードウェイミュージカル原作ではなく映画として構築されている点や、オリジナル楽曲を使用している点を高く評価。さらに、「ゴズリングとストーンのパフォーマンスの完全な勝利」と主演の2人の演技を称えている。又、選出した50作品うち、第3位の「シェルブールの雨傘(フランス・ドイツ合作)、第35位の「ダウンタウン物語(英国。舞台は米国)、第43位の「ONCE ダブリンの街角で(アイルランド)、第45位の「オリバー!(英国)、第48位の「チキ・チキ・バン・バン(英国)以外の45作品が米国映画であることにふれ、ミュージカル映画は非常に米国的なものであると分析している。ベスト50は以下のとおり。

1位 雨に唄えば (1952年)
2位 オール・ザット・ジャズ (1979年)
3位 シェルブールの雨傘 (1964年)
4位 ウエスト・サイド物語 (1961年)
5位 キャバレー (1971年)
6位 オズの魔法使 (1939年)
7位 美女と野獣 (1991年)
8位 マイ・フェア・レディ (1964年)
9位 ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ (2001年)
10位 サウンド・オブ・ミュージック (1965年)

11位 有頂天時代 (1936年)
12位 巴里の米国人 (1951年)
13位 メリー・ポピンズ (1964年)
14位 ラ・ラ・ランド (2016年)
15位 ファニー・ガール (1968年)
16位 トップ・ハット (1935年)
17位 ショウ・ボート (1951年)
18位 ジャングル・ブック (1967年)
19位 ダンサー・イン・ザ・ダーク (2000年)
20位 スタア誕生 (1954年)

21位 夢のチョコレート工場 (1971年)
22位 グリース (1978年)
23位 カラミティ・ジェーン (1953年)
24位 踊る大紐育 (1949年)
25位 Cabin in the Sky (1943年)
26位 魔法にかけられて (2007年)
27位 ファントム・オブ・パラダイス (1974年)
28位 紳士は金髪がお好き (1952年)
29位 若草の頃 (1944年)
30位 上流社会 (1956年)

31位 カルメン (1954年)
32位 四十二番街 (1933年)
33位 世界中がアイ・ラヴ・ユー (1996年)
34位 シカゴ (2002年)
35位 ダウンタウン物語 (1976年)
36位 ヤンキー・ドゥードゥル・ダンディ (1942年)
37位 The Music Man (1962年)
38位 ビートルズがやって来る ヤア!ヤア!ヤア! (1964年)
39位 恋の手ほどき (1958年)
40位 サウスパーク/無修正映画版 (1999年)

41位 リトル・ショップ・オブ・ホラーズ (1986年)
42位 王様と私 (1956年)
43位 ONCE ダブリンの街角で (2006年)
44位 ザ・マペッツ (2011年)
45位 オリバー! (1968年)
46位 野郎どもと女たち (1955年)
47位 ストーミー・ウェザー (1944年)
48位 チキ・チキ・バン・バン (1968年)
49位 Pennies from Heaven (1981年)
50位 バンド・ワゴン (1953年)

Thanks! 映画.com

フラワーズ・イン・ザ・ダート再発盤より、Twenty Fine Fingers のデモ音源が公開

3月24日にポール・マッカートニーのアーカイヴ・コレクションの第10弾として「フラワーズ・イン・ザ・ダート」がリリースされるが、同作より Twenty Fine Fingers のオリジナル・デモ音源が公開されている。「フラワーズ・イン・ザ・ダート」のアーカイヴ・コレクションは、CD3枚組+DVDのデラックス・エディションのボックス・セットをはじめ、スペシャル・エディションのCD2枚組、LP2枚組、そしてデジタルという計4形態でリリースされる。ボックスセットには未発表のデモ音源、未発表の記録映像が収録され、ポールの手書きの歌詞とメモが書かれたノートブック、リンダ・マッカートニーの「フラワーズ・イン・ザ・ダート」展覧会のカタログ、アルバムの制作過程が書かれた112ページのハードカバー・ブックなどが同梱される。「フラワーズ・イン・ザ・ダート」はポール・マッカートニーによる1989年発表の作品で、アルバムの3分の1はポール・マッカートニーとエルヴィス・コステロの共作となっている。プロデューサーとしてミッチェル・フルーム、トレヴァー・ホーン、デヴィッド・フォスター、スティーヴ・リプソンも参加しており、「We Got Married」ではギターにピンク・フロイドのデイヴ・ギルモアが、「Put It There」では弦楽器のアレンジでジョージ・マーティンが参加している。「フラワーズ・イン・ザ・ダート」のレコーディング・セッションは1987年に始まり、アルバムのほとんどの曲がイースト・サセックス州にあるポールのホッグ・ヒル・ミル・スタジオで録音されている。このセッション中にエルヴィス・コステロはポールの代名詞とも言えるヘフナーのベースを久しぶりに弾いてみるようにと説得したという。その時の様子をポール・マッカートニーは次のように振り返っている。「ビックリしたよ。僕としてはもうあの楽器は卒業したと思って放置していたから。またプレイしてみて、あれ以来ずっと使っている。エルヴィスが、また使うようにと提案してくれて本当に良かったんだ」。今回収録されるデモ音源についてポール・マッカートニーは「デモは、まさに鍋から盛りつけたばかりの出来立てホヤホヤだったから、このボックス・セットに入れたかった。これらの曲は、まさに書かれたばかりの曲だった。これ以上、新鮮なものはないって感じだったから、そういう即興的なところが最高なんだ。もう何年も聴いた事がなかったけれど、再び聴いてみて、絶対にリリースしたいと思った。当時、テープにしてエルヴィスにも渡して、彼も気に入ったって言っていた。EPか何かの形にしたいねと話していたけれど、やっとのことで発売出来る運びになったわけだ」と語っている。

Thanks! NME Japan