つれづれなるままにWINGSFAN
Tribute Vlog for Wings Greatest 40th anniversary
02 | 2017/03 | 04
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Yesterday  Here Today  Go Now
本 , 雑誌 , ムック
2/24まで The Beatles 音源徹底分析(一部内容) 無料ダウンロード
2/26 麗しき70年代ロック・スター伝説 8ビートギャグ リターンズ (ビートルズ・ネタ掲載)
3/6 MUSIC LIFE ジョンとヨーコのバラッド
3/9 ジョン・レノンの流儀(仮) 1964-1980 対話録
3/12 ウェルカム! ビートルズ 1966年の武道館公演を成功させたビジネスマンたち
3/19 ヒプノシス全作品集
年内 ジョン・レノン Imagine
年内 The Beatles: Yellow Submarine

イベント
2/25 15:00 青猫書房 モノラル・レコードを聴く会 ビートルズのリアルタイムの音を聴く
2/25 18:30 レコスケと祝おう ~ ジョージ・ハリスン生誕祭 2018
2/27~3/29 本秀康展「ロックとマンガ」
3/10 13:00 ビートルズ・アルバム・ヒストリー 1966-1970 「リボルバー」から「レット・イット・ビー」まで
3/11 17:00 藤本国彦プロデュース ビートルズの世界 Around The Beatles トーク・イベント
3/11まで ジョージ・ハリスン アイ・ミー・マイン展
3/11まで ロックの殿堂ジャパンミュージアム
3/24 12:30 ビートルズ・アナログ鑑賞会 Vol.18 ピーター・バラカン出演
4/8 FOOL On The HOLIDAY
4/8まで ONTEN ~LOVE + ROCK ビートルズ × 忌野清志郎~
4/14 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
4/24~5/5 Lennon's Banjo 英国
5/12 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
6/9 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
7/14 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
8/11 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
9/8 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説

CD
2/28 ビートルズ ザ・コンプリート・スタークラブ・テープス1962
3/28 グレープフルーツ イエスタデイズ・サンシャイン ロンドン・セッションズ 67-68
4/4 ダニー・アドラー ビット・オブ・ビートルズ
年内 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

Blu-ray , DVD
3/28 演劇女子部 一枚のチケット ~ビートルズがやってくる~

グッズ
3/31 ビニールフィギュア ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター、イエロー・サブマリン

映画
春 Concert For George 米国
5月 犬ヶ島 (オノ・ヨーコ声優参加)
7/8 イエローサブマリン <新デジタル・リマスター版>
秋 ビートルズ The Beatles in India
年内 ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内 A Life In The Day

アナログ盤
年内 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム


カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


スタートレックのジョージ・タケイ、オノ・ヨーコに見間違われたと告白
Yoko Ono , George Takei

どういうわけか、人は年齢を重ねて老齢になると非常に優しい顔立ちになる。「この方はオバアチャンなのか、それともオジイチャンなのか」と判断に困ってしまうほど柔和な表情になる方もおり、服装が中性的な場合には性別すらまったく判断できぬこともある。映画「スタートレック」シリーズのヒカル・スールー役などで知られた俳優ジョージ・タケイも来月に80歳を迎えるとあって、表情はこんなに優しげに。そんな彼を見かけた人は、彼をある“超有名なアジア人女性セレブ”と勘違いしてしまったという。このほどジョージ・タケイが Twitter を更新し、このように綴った。

サングラスをかけて、大きすぎる帽子をかぶって地下鉄に乗っていたんだ。
周囲の乗客に溶けこもう。そう努力していた僕に誰かが近寄り、こう言ったのさ
ハーイ、ヨーコ!って。#失敗

このつぶやきにファンは大変面白く感じたもよう。ジョージに寄せられた多くのコメントの中には、以下のようなものもあった。

その人に、こうコッソリ囁けば良かったのに。「実はまだ、ジョン・レノンは生きているの」ってね。
ジョージさん。ビートルズを解散に追い込んだのはアナタでしたか。
いやあ、これには笑った!

また中にはオノ・ヨーコの苗字にかけたベタなギャグを思いついた人も多く、「Oh no!」というコメントも想像以上に目立った。確かに輪郭や鼻の形、目元の雰囲気は似ているような気もするこの2大セレブ。しかし、よりによって女性に間違われたジョージのショックはやはり大きかったのかもしれない。

Thanks! TechinsightJapan

ビートルズ、最古に撮影された映像が発見!?
Liverpool City Police Recruitment Film, 1958 with John Lennon , Paul McCartney & George Harrison

1958年に撮影された英リバプール警察の仕事を紹介し、リバプールの警察官を募集するドキュメンタリー映像にジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスンが映っている可能性があるとポール・マッカートニーの弟マイク・マッカートニーが語っている。3人はポールの家の裏にある警察の訓練場で行なわれた騎馬隊の技能を披露するイベントを納屋の上から見学していたようで、観客席が映った映像の左側に建ち並ぶ家の1つで2階部分に数人いるのが彼らではないかと推測されている。映像は英リバプールの歴史家でビートルズ・ファンのピーター・ホジソンが発見したもので、ピーターはフェイスブックに「1958年の古い映像があるのですが、彼らが屋外トイレの屋根の上に乗って、毎年行われている警察による馬と犬の展示会を観ているのを見ることができるのです」と綴り、英 Liverpool Echo 紙に「この映像は Service と呼ばれている。僕が YouTube で見つけたものは1950年とあったが、ちょっと調べてみたら、1958年に作られたものだった。マッカートニー家はそのころフォースリン・ロードに住んでいた。警察の訓練場の裏だ。20フォースリン・ロードの裏庭のコンクリート製の納屋の上に4~5人いるのが見える。ポールとマイクが住んでいた場所だ」と話している。この主張について英 Liverpool Echo 紙が、この日一緒に現場にいたと思われるマイク・マッカートニーに確認したところ、マイクは「ワオ! 確かにこれは僕らかもしれないね。この日はリバプールでは一大イベントでね。毎夏、デッキチェアを持って、コンクリートの小屋の上に登って、無料のショウを楽しむっていうね。ジョンがこの年、ここにいた可能性は大いにあると思うよ。すごくね。ジョンの友達のピート・ショットンは警察候補生だったしさ。そして、ジョージだっていた可能性があるよ。これは本当にとんでもないね。ものすごく興味をそそられるし、信じられないよ」と語っている。ジョン・レノンとポール・マッカートニーは1957年6月にセント・ピーターズ教会のガーデン・パーティで初めて出会っており、上の画像の丸い部分にジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスンが映っている可能性があるという。もし、これが事実であれば、ビートルズの姿を捉えた最古の映像になる。全編の映像は以下のとおり。ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスンが映っている可能性があるのは34分31~34秒の部分。


Thanks! NME Japan , Ako Suzuki

トークイベント 藤本国彦プロデュース ビートルズの世界 全6回開催
藤本国彦プロデュース ビートルズの世界

ビートルズ「サージェント・ペパーズ」発売50周年記念トーク・イベント
2016年は、来日50周年やライヴ・ドキュメンタリー映画「EIGHT DAYS A WEEK」公開、さらにリンゴ・スター再来日公演など、21世紀以降、最大の盛り上がりを見せた記念すべき1年となりました。そして2017年は、20世紀のロックの金字塔と称えられる名盤「サージェント・ペパーズ」発売から半世紀。いまなお聴き継がれるビートルズの魅力はいったいどこにあるのか。2017年3月から8月までの全6回、毎回ゲストもお招きしながら、いまなお新たなファンを獲得し続けるビートルズの世界を、人・音・出来事...などのテーマ別に毎回ゲストをお迎えし、様々なエピソードもまじえながら多角的に迫るスペシャル・トーク・イベントです!

■ 開催日時
3月26日(日) 18:45 開場 , 19:00 開演 歌詞の世界
4月21日(金) 19:15 開場 , 19:30 開演 音の世界
5月27日(土) 18:45 開場 , 19:00 開演 ジョージ・マーティンの世界
6月16日(金) 19:15 開場 , 19:30 開演 公開定例会:スタジオ・レコーディングの世界
7月15日(土) 18:45 開場 , 19:00 開演 ライヴの世界
8月20日(日) 18:45 開場 , 19:00 開演 メンバーを取り巻く世界

■ 会場
アップリンク渋谷 (03-6825-5503 東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル1階)

■ 内容
3月26日(日) 19:00~20:50 歌詞の世界
ゲスト : 野口淳 (ビートルズ資料館元館長)、朝日順子 (英会話講師・翻訳家)
ビートルズの音については幅広い考察がありますが、歌詞についてはあまり伝わっていません。ビートルズは何を歌っているのか。歌詞の魅力について、英語に精通している野口淳氏と朝日順子氏のお二人をゲストに迎えて解説します。


4月21日(金) 19:30~21:10 音の世界
ゲスト : オカモトコウキ (OKAMOTO'S)
ビートルズはなぜ、21世紀の現在もなお現役グループであるかのような存在であり続けるのか。OKAMOTO'Sのギタリストであり、バンドきってのビートルズ好きでもあるオカモトコウキ氏をお招きし、曲作りと演奏の独自性について探ります。


5月27日(土) 19:00~20:40 ジョージ・マーティンの世界
ゲスト : 新田和長 (レコード・プロデューサー)
ビートルズの革新的な音作りは、プロデューサーのジョージ・マーティンがいたからこそ成しえたものです。ジョージ・マーティンに「最高の弟子」に認定されたレコード・プロデューサー新田和長氏に、数々の想い出を伺います。


6月16日(金) 19:30~21:10 公開定例会:スタジオ・レコーディングの世界
ゲスト : 川原伸司・杉真理・松尾清憲
「イエロー・サブマリン音頭」の発案者であり、作曲家「平井夏美」としても知られる川原伸司氏、ビートルズのオマージュ・バンド「BOX」も生み出した杉真理・松尾清憲の両氏を交えた、2009年・2011年に続く3度目の「公開定例会」です。

7月15日(土) 19:00~20:40 ライヴの世界
ゲスト : 島乙平 (ビートルズ・コレクター)
ライヴ・バンドだったビートルズの魅力を、ドキュメンタリー映画「EIGHT DAYS A WEEK」のエピソードをまじえ、日本有数のコレクター・島乙平氏所蔵の当時の海外の貴重なツアー・パンフレットやチケットとともに紹介します。

8月20日(日) 19:00~20:40 メンバーを取り巻く世界
ゲスト : 星加ルミ子
昨年1年間、好評のうちに幕を閉じたトーク・イベントの主役・星加ルミ子氏に「ミュージック・ライフ」の元編集長としてビートルズに1965年から1969年までの5年間、間近で接したビートルズと関係者の素顔について伺います。

■ 料金
前売 2500円 (1ドリンク付) , 当日 3000円 (1ドリンク付)

■ チケット
アップリンク公式サイト にて発売中

■ その他
予約・問合せは アップリンク渋谷 (03-6825-5503)まで。

藤本国彦
ビートルズ愛好家/ムック「ビートルズ・ストーリー」編集長。1991年音楽出版社に入社し、音楽情報誌「CDジャーナル」編集部に所属(2011年退社)。主な編著は「ビートルズ213曲全ガイド」「GET BACK...NAKED」、香月利一著「ビートルズ事典 改訂・増補新版」(監修)、「ポール・マッカートニーUK盤コンプリート・ガイド」(井上ジェイ共著)、牧野良幸著「僕のビートルズ音盤青春記」(編集)、「ビートルズを観た! 50年目のビートルズ・レポート」(編集)など。最新著作は「ビートル・アローン」と「ビートルズ・ストーリー'69」(ともに4月18日発売予定)。映画「ジョージ・ハリスン/リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド」「ザ・ビートルズ ~ EIGHT DAYS A WEEK」の字幕監修(ピーター・ホンマ共同)も手掛ける。「速水丈」名義での編著も多数。

Thanks! 藤本さん

本 ビートル・アローン 4月18日発売
ビートルズ・メンバーのソロ活動にフォーカスをあてた本 ビートル・アローン が4月18日に発売されます。

Now Printing

レコード・コレクターズ増刊 BEATLE ALONE ビートル・アローン / 藤本国彦 4月18日発売
「イエスタデイ」から始まった、ひとりぼっちのビートルズ。ビートルズ時代のソロ活動から窺える4人の軋轢と葛藤。そしてソロになった4人の音楽に内在しているビートルズ。本誌では速水丈のペン・ネームでおなじみのビートルズ研究家・藤本国彦が書き下ろす、誰も書かなかったもうひとつの物語。

メイ・パン・インタビュー
ソロ以降の交流年表

サイズ 四六判
ページ 288ページ
定 価 1800円 (税込)
表紙イラストレーション JERRY

Thanks! 藤本さん

ムック ビートルズ・ストーリー Vol.8 1969 4月18日発売
ビートルズの全活動を1年1冊にまとめたイヤー・ブック ビートルズ・ストーリー Vol.8 1969 が4月18日に発売されます。

Now Printing

CDジャーナルムック新刊 ビートルズ・ストーリー Vol.8 1969 / 藤本国彦 4月18日発売
ビートルズの全活動を1年1冊にまとめたイヤー・ブック、ビートルズ・ストーリー。今号では1969年をご紹介します。どうぞご期待ください。

サイズ A5判
ページ 136ページ
定 価 1400円 (税込)
ISBN  978-4-86171-162-6

Thanks! 藤本国彦さん