つれづれなるままにサージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド50周年記念盤
02 | 2017/03 | 04
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Yesterday  Here Today  Go Now
イベント
5/28 15:00~18:00 Tokyo Beatles Week 2017 Vol.0 藤本国彦×真保安一郎 3時間SGTぶっ通し!
6/1 19:30 サージェント・ペパーズ、50年目の真実
6/4 14:00 ワン・オン・ワン ジャパン・ツアー2017 再現ライブ Live Artist COMMA-DADA
6/9 19:00 アヅ・マッカートニー バースデーライブ2017
6/11 12:30 ビートルズ・アナログ鑑賞会 Vol.9 SGT. PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND 特集
6/16 19:30 サージェント・ペパーズ発売50周年記念トーク・イベント (4) スタジオ・レコーディングの世界
6/16まで サージェント・ペパーズ発売50周年記念イベント Sgt Peppers At 50 英国
7/5~10 Tokyo Beatles Week 2017
7/7 12:00 リンゴ・スター Love & Peace
7/15 19:00 サージェント・ペパーズ発売50周年記念トーク・イベント (5) ライブの世界
8/20 19:00 サージェント・ペパーズ発売50周年記念トーク・イベント (6) メンバーを取り巻く世界

BD , DVD
5/31 ポール・マッカートニー with リンゴ・スター&フレンズ Change Begins Within コンサート2009 Blu-ray
5/31 ポール・マッカートニー with リンゴ・スター&フレンズ Change Begins Within コンサート2009 DVD
7/3 It Was Fifty Years Ago Today! The Beatles: Sgt. Pepper & Beyond

デジタル配信
6/1 It Was Fifty Years Ago Today! The Beatles: Sgt. Pepper & Beyond

本 , 雑誌 , ムック
6/22 ロック・ビッグバンとサージェント・ペパーズ・シンドローム 1966-1968
6/24 THE BEATLES LYRICS 名作誕生
7/4 ビートルズ語辞典 : ビートルズにまつわる言葉をイラストと豆知識でヤァ!ヤァ!ヤァ!と読み解く
9/21 絵本「Imagine」(仮)

映画
7/1 ポール・マッカートニー パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊
年内? ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内? A Life In The Day

LIVE
7/5~26 ポール・マッカートニー 米国
9/11~10/2 ポール・マッカートニー 米国
10/13~20 ポール・マッカートニー ブラジル

CD
前半 ヨーコ・オノ フライ
前半 ヨーコ・オノ 無限の大宇宙
前半 ヨーコ・オノ 空間の感触
前半 ヨーコ・オノ ストーリー
7月以降 ポール・マッカートニー 全カタログ再発
後半 ヨーコ・オノ シーズン・オブ・グラス
後半 ヨーコ・オノ イッツ・オールライト
後半 ヨーコ・オノ スターピース
後半 ヨーコ・オノ 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム
年内? リンゴ・スター ニューアルバム (ポール・マッカートニー参加)

アナログ盤
前半 ヨーコ・オノ フライ
前半 ヨーコ・オノ 無限の大宇宙
前半 ヨーコ・オノ 空間の感触
前半 ヨーコ・オノ ストーリー
7月以降 ポール・マッカートニー 全カタログ再発
後半 ヨーコ・オノ シーズン・オブ・グラス
後半 ヨーコ・オノ イッツ・オールライト
後半 ヨーコ・オノ スターピース
後半 ヨーコ・オノ 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド 50周年記念エディション


カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


ディストラクションズ(デモ音源)がダウンロード出来ます

15日(英国時間)、ポール・マッカートニー公式サイトにて、アルバム「フラワーズ・イン・ザ・ダート」の収録曲「ディストラクションズ」のデモ音源(未公開・未収録)が公開され、公式ダウンロード・ページ よりフリーダウンロード出来ます。

この曲のインスピレーションについてポールは「僕は素晴らしいラヴソングが好きだからさ」と語っている。「いつだってバラードを書く時のムードというのは良いものでね。この曲を腰を下ろして書いた時もそうだった。もし誰かを愛してるとして、問題の一つはその人とずっと一緒に過ごす十分な時間がないってことで、僕もそういう状態だったんだ。だって、やらなきゃいけないことがあったり、働かなくちゃならなかったり、他の人のためにやらなくちゃいけないことがあったりするからね。それで、そうしたことから気がそれちゃうことについて書いてみたんだよ。基本的にそういうことなんだよね」と語り、次のように続けている。「曲のテーマについて説明すると、愛する人ともっと多くの時間を過ごしたいと思ってる人についてなんだよ。そして、当時の僕にとってそれはリンダだった。でも、たまに「これは誰について書いたの?」と訊かれるんだよね。だから、僕の愛する人だったリンダのことを思って書いたとしても、ある種架空のロマンスになり得ることが気に入ってるんだ。空想上の物語になりえるんだよ。僕らはみな誰かを愛し、その人と一緒に過ごしたいと思うわけだからね。ロマンチックな空想上の物語なんだ! 若いカップルはこの曲を僕とリンダのことだと思って聴かないのは分かる。男性は自分と彼女のことと思って聴くだろうし、女性は彼氏とのことと思って聴く。それが良いんだよね。僕の曲のそういうところが気に入ってるんだ。みんな、自分のことに曲をあてはめるっていうね。それってすごくロマンティックなことだと思うんだよ」。

Thanks! Paul McCartney

文庫本 ビートルズを呼んだ男 本日発売
キョードー東京の創立者、永島達司について書かれた ビートルズを呼んだ男 が文庫本化され、4月6日に発売されます。

ビートルズを呼んだ男

ビートルズを呼んだ男 / 野地秩嘉 4月6日発売
ビートルズを日本に呼んだ伝説の男とは...「彼みたいな男が本当の日本人だ」とポール・マッカートニーが評価した伝説のプロモーター、永島達司。1966年に武道館で熱狂のコンサートを行ったビートルズを日本に呼んだ男が彼だった。米軍回りのバンドのマネージメントから始め、ナット・キングコール、ルイ・アームストロング、ボブディラン、カーペンターズ、イーグルス、マドンナ、マイケル・ジャクソンまで。世界の最高峰のミュージシャンの来日を成功させた男の人生を追って、ノンフィクション作家野地秩嘉が国内外を徹底取材。ポール・マッカートニーの独占取材も収録。ビートルズ来日51年目記念刊行の傑作ノンフィクション。

定 価 670円 (税抜)
サイズ 文庫判
ページ 400ページ
ISBN  978-4094064131

Thanks! 小学館文庫

ロックショウ上映イベントで特製パス・ステッカーをプレゼント!
20170316181658b1e.jpg

幻となった全盛期のポール・マッカートニー&ウイングス来日公演。4月11日(火)は、ライヴ絶響上映で40年前のあの時に、タイムスリップ!!音楽評論家の萩原健太さんらが、絶響上映登壇ゲストに決定!

全盛期のポール・マッカートニー&ウイングスのライヴを上映イベントで、疑似体験!![PAUL McCARTNEY AND WINGS“ROCKSHOW”]イベント特製パス・ステッカーをプレゼント!!

Zepp DiverCity(TOKYO)のセンターエリア・シートは完売!

前回の公演から2年ぶり、5回目の来日公演が発表になったポール・マッカートニー(74)。ワールド・ツアー『ワン・オン・ワン ジャパン・ツアー2017』の一環で4月27日(木)、29日(土)、30日(日)と東京ドームで来日公演が行われる。その来日公演を記念して1980年に全世界で公開されたポール・マッカートニー&ウイングスのライヴ映画『ロックショウ』を4月11日(火)にライヴ絶響上映@Zepp東阪を特別に上映することになりました。今回で第6回を迎えるライヴ絶響上映は、『まるでライヴを観てるみたいだ!』等々、過去に本イベントにご来場頂きましたお客さまの感想通り、ライヴを疑似体験できる上映イベントとなっている。

1960年代に数々の金字塔を打ち立てた英国の4人組、ビートルズ。そのビートルズ解散後2枚のソロ・アルバム発表したポール・マッカートニーが1971年に結成したポール・マッカートニー&ウイングス。アルバム『ワイルド・ライフ』『レッド・ローズ・スピードウェイ』で着実にバンドの基礎を固めっていった後『バンド・オン・ザ・ラン』が全米、全英ともに1位となる。さらにライヴ・ステージを意識したアルバム『ヴィーナス・アンド・マース』も全米、全英ともにナンバーワンを獲得。そして翌年『スピード・オブ・サウンド』を引っ提げ1976年5月から6月にかけて行われた全米ツアーでは31回の公演で60万人もの観客動員数を記録。ツアータイトルを題名にしたライヴ盤『ウイングス・オーヴァー・アメリカ』は当時常識外れの3枚組LPとして発表された。本作はその1976年の全米ツアー"ウイングス・オーヴァー・アメリカ"から、ウイングスの絶頂期のステージを捉えたコンサート・フィルム。当時屋内コンサートの世界記録となった67,100人を集めた6月10日のシアトル・キングドーム公演を中心に5月25日、6月22日、6月23日のステージを収録、1980年(日本では1981年)に映画『ロックショウ』としても公開された。1975年暮れと1980年1月の来日公演中止によりウイングス未体験だった日本のファンのために、日本だけは特別に7曲多い完全版として上映された。

アルバム『ヴィーナス・アンド・マース』のオープニング同様、「ヴィーナス・アンド・マース~ロックショウ」さらに「ジェット」と続く圧巻のメドレーから始まり、「007/死ぬのは奴らだ」「あの娘におせっかい」「バンド・オン・ザ・ラン」「心のラヴ・ソング」「幸せのノック」「ハイ・ハイ・ハイ」「マイ・ラヴ」などウイングス数々のヒット曲に加えビートルズ・ナンバー「レディ・マドンナ」「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」「夢の人」「ブラック・バード」「イエスタデイ」5曲も披露。1981年日本での劇場公開時と同じ全30曲/130分(メドレー含む)となる「完全版」作品となっている。そのポール・マッカートニー&ウイングスの歴史的なライヴ・フィルム『ロックショウ』(全30曲収録の完全版)を35mmオリジナルフィルムからのレストア&リマスターし、日本屈指のライヴハウスZepp DiverCityとZepp Nambaにて一夜限りの特別上映(ライヴ絶響上映)を行う。※Zepp DiverCity(TOKYO)のセンターエリア・シートは完売いたしました。

この上映イベントに音楽評論家の萩原健太さんが、ご登壇いただけることになりました(本編上映前にご登壇/Zepp DiverCityのみ)。ビートルズの中では、断然ポール派の萩原健太さん。ビートルズ時代からポールを長年追っかけてきた氏なだけに、来日公演が実現することがなく解散したウイングスのライヴを40数年経過した今Zeppで爆音鑑賞する意義とそして4月に来日公演を行うポールの今までの歩みを氏ならではの視点でディープに語っていただきます。司会進行で、対談のお相手として元CDジャーナルの編集長で日本を代表するビートルズ愛好家の一人としても知られている藤本国彦さんにもご登壇いだきます。本編のポイントを押さえた上で上映会を200%楽しもう!

また、当日ご来場いただいた方に配布される入場者特典が、“映画タイトルが入ったイベント・ステッカー”と“耳栓”の2in1特典であることが発表された。“映画タイトルが入ったイベント・ステッカー”は、映画の原題である[PAUL McCARTNEY AND WINGS“ROCKSHOW”]と上映日/上映会場名が入ったメモラブルな代物で、材質は、布地(サテン地)である。これはライヴ等で関係者に配られる貼りパスをモチーフにした質感のある凝った仕様となっている。また、“耳栓”は、“ダイナミックな音圧”と“ライヴ級の大音量”を売りにした本イベントにふさわしい、趣向を凝らしたプレゼントとなっている。(先着での配布となっております。入場者プレゼントは数に限りがございます。配布は無くなり次第配布終了とさせていただきます)
4/7(金)より池袋パルコ本館M2Fの特設大会場にて行われる英国ロック・アイテムの祭典「THE BRITISH ROCK 2017」が、ビートルズ公式商品を持ってZEPP DiverCity[東京]にて特別出店することになりました。グッズ販売も含めポールの来日公演に向けて、一層の盛り上がりが期待されます。

ポール・マッカートニー&ウイングス来日公演は、75年と80年の2回予定してましたが、遂に実現することなく本当に幻となってしまっただけに、フィルム・コンサートではありますがビートルズ/ウイングス・ファン42年越しの願いを叶えるべくZepp DiverCityとZepp Nambaの『ダイナミックな音圧』『ライヴ級の大音量』『迫力の大画面』で、ポール・マッカートニー&ウイングスのライヴを疑似体験いただければと思います。ライヴが収録された76年にタイムスリップ!!このまたとない機会を絶対お見逃しなく!!

■萩原健太(はぎわら・けんた)|
音楽評論家のほか、『タモリ倶楽部』の「空耳アワード」の審査員をはじめ、TV やラジオ番組への出演も多数。’15年に大滝詠一や山下達郎たちについて書いた『70年代シティ・ポップ・クロニクル』を出版。

■藤本国彦(ふじもと・くにひこ)|
ビートルズ愛好家。『ビートルズ・ストーリー』編集長。主な著作に『ビートルズ213曲全ガイド』『GET BACK...NAKED』などがある。最新著作は『ビートル・アローン』。ビートルズの映画『EIGHT DAYS A WEEK - Touring Years』の字幕監修も手がける。

Thanks! ロックショウ
フラワーズ・イン・ザ・ダート [デラックス・エディション] 発売日変更のお知らせ
フラワーズ・イン・ザ・ダート [デラックス・エディション]

3月24日(金)に発売を予定しておりましたポール・マッカートニーの フラワーズ・イン・ザ・ダート[デラックス・エディション] (UICY-78247)は輸入資材の関係で、発売延期とさせていただくことになりました。新発売日は近日中にご案内できる見込みですが、現時点ではいったん発売延期未定とさせていただけますようお願い申し上げます。お客様ならびに関係各所の皆様にはご迷惑をお掛けすることとなり、誠に申し訳ありません。何卒ご理解をいただきますよう宜しくお願い申し上げます。なお、スペシャル・エディション(UICY-78242/3)は通常通り発売されます。

from ユニバーサル ミュージック




          

          

          

Tokyo Beatles Week 2017