つれづれなるままにWINGSFAN
Tribute Vlog for Wings Greatest 40th anniversary
02 | 2017/03 | 04
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Yesterday  Here Today  Go Now
本 , 雑誌 , ムック
2/24まで The Beatles 音源徹底分析(一部内容) 無料ダウンロード
2/26 麗しき70年代ロック・スター伝説 8ビートギャグ リターンズ (ビートルズ・ネタ掲載)
3/6 MUSIC LIFE ジョンとヨーコのバラッド
3/9 ジョン・レノンの流儀(仮) 1964-1980 対話録
3/12 ウェルカム! ビートルズ 1966年の武道館公演を成功させたビジネスマンたち
3/19 ヒプノシス全作品集
年内 ジョン・レノン Imagine
年内 The Beatles: Yellow Submarine

イベント
2/25 15:00 青猫書房 モノラル・レコードを聴く会 ビートルズのリアルタイムの音を聴く
2/25 18:30 レコスケと祝おう ~ ジョージ・ハリスン生誕祭 2018
2/27~3/29 本秀康展「ロックとマンガ」
3/10 13:00 ビートルズ・アルバム・ヒストリー 1966-1970 「リボルバー」から「レット・イット・ビー」まで
3/11 17:00 藤本国彦プロデュース ビートルズの世界 Around The Beatles トーク・イベント
3/11まで ジョージ・ハリスン アイ・ミー・マイン展
3/11まで ロックの殿堂ジャパンミュージアム
3/24 12:30 ビートルズ・アナログ鑑賞会 Vol.18 ピーター・バラカン出演
4/8 FOOL On The HOLIDAY
4/8まで ONTEN ~LOVE + ROCK ビートルズ × 忌野清志郎~
4/14 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
4/24~5/5 Lennon's Banjo 英国
5/12 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
6/9 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
7/14 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
8/11 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
9/8 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説

CD
2/28 ビートルズ ザ・コンプリート・スタークラブ・テープス1962
3/28 グレープフルーツ イエスタデイズ・サンシャイン ロンドン・セッションズ 67-68
4/4 ダニー・アドラー ビット・オブ・ビートルズ
年内 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

Blu-ray , DVD
3/28 演劇女子部 一枚のチケット ~ビートルズがやってくる~

グッズ
3/31 ビニールフィギュア ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター、イエロー・サブマリン

映画
春 Concert For George 米国
5月 犬ヶ島 (オノ・ヨーコ声優参加)
7/8 イエローサブマリン <新デジタル・リマスター版>
秋 ビートルズ The Beatles in India
年内 ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内 A Life In The Day

アナログ盤
年内 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム


カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


本 僕を作った66枚のレコード 4月12日発売
ロッキング・オン創刊メンバーであり、私と竹町愛策の師匠・松村雄策先生の新刊 僕を作った66枚のレコード の発売日が3月31日から4月12日に変更されました。只今、予約受付中です。

Now Printing

僕を作った66枚のレコード / 松村雄策 4月12日発売
ロックンロールが僕の人生を作った! 「ロックンロールを作ったのはエルヴィス・プレスリーである」と宣言する1枚目「エルヴィス・プレスリー登場!」に始まり、「初めてLPで聴いたのはビートルズである」と語る2枚目「プリーズ・プリーズ・ミー」、そしてディラン、ストーンズ、アニマルズ、ドアーズ、ビーチ・ボーイズ……ニール・ヤング、ジャニス・ジョプリン、デヴィッド・ボウイ、フーを経て最後はジョン・レノンの「ダブル・ファンタジー」――「1980年12月8日、僕のヒーローはいなくなってしまった。何年か前に気がついた。ここまでが、僕の第一章だったのだ。……ありがとう、ジョン・レノン」。66枚の名盤のジャケット写真+収録曲のデータも完全掲載。ロッキング・オン誌上に6年にわたって連載された人気エッセイ、待望の単行本化。

ページ 354ページ
定 価 2000円 (税抜)
ISBN  978-4-09-388516-4

Thanks! 小学館


関連Blog
3/2のBlog 本 僕を作った六十六枚のレコード 3月31日発売
2/8のBlog 本 僕を作ったレコード 僕が愛した六十六枚 3月発売


ポール・マッカートニー、チャック・ベリーを追悼
Chuck Berry & Paul McCartney

ポール・マッカートニーが18日(現地時間)に亡くなったロックンロールの父、チャック・ベリーへ追悼の言葉を寄せた。「悲しいことに、週末、チャック・ベリーが亡くなった。彼は、ロックンロールの最も偉大な詩人の1人だった。その死は惜しまれるが、彼はロックンロールを愛する全ての人々の記憶に留まるだろう。「Sweet Little Sixteen」の素晴らしいギター・イントロを聴いた瞬間、僕らは偉大なチャック・ベリーのファンになった。「Johnny B. Goode」「Maybellene」――彼のストーリーは歌詞というより詩のようだった。僕らにとって、彼はノーマルであると同時に風変りな音楽を作るマジシャンだった。僕らは彼から多くのことを学び、それは僕らをロックンロール・ミュージックのドリーム・ワールドへと導いた。チャックは世界中で最も偉大なロックンロールのレジェンドだった。永遠にそうだ。僕は、彼の故郷セントルイスでプレイした時、光栄にも彼に会うことができた。この思い出はこれからずっと大切にしていく。リバプールで育った僕ら若者にとって彼がどれだけの意味を持つか要約するのは不可能だが、試してみる。

Chuck Berry sadly passed away over the weekend. He was one of rock 'n' roll's greatest poets. He will be missed but remembered by everyone who ever loved rock 'n' roll.

From the first minute we heard the great guitar intro to ‘Sweet Little Sixteen’ we became fans of the great Chuck Berry. His stories were more like poems than lyrics – the likes of ‘Johnny B Goode’ or ‘Maybellene’. To us he was a magician making music that was exotic yet normal at the same time. We learnt so many things from him which led us into a dream world of rock ‘n’ roll music.

Chuck was and is forever more one of rock ‘n’ roll’s greatest legends all over the world. I was privileged to meet him in his home town St Louis when I played there on tour and it’s a memory I will cherish forever. It’s not really possible to sum up what he meant to all us young guys growing up in Liverpool but I can give it a try.

Long live rock ‘n’ roll!

Love you Chuck.
Paul

チャック・ベリーは自宅で意識を失い、救命措置が施されたが回復することなく、その場で死亡が確認された。TMZ.com によると、自然死で、検視は行なわれないという。

Thanks! Ako Suzuki

チャック・ベリー、正式な死因が確定
Chuck Berry

18日(現地時間)に亡くなったチャック・ベリーの死因について自然死であると報じられている。TMZ.com によれば、チャック・ベリーの死因は「自然死」とのことで、検視は行われないという。チャック・ベリーの医師は死亡証明書に書名したと報じられている。チャック・ベリーはロックンロールにおける先駆者と見なされており、ファースト・シングルの「Maybellene」はロックンロールのヒット曲として最初のものの一つとなっている。チャック・ベリーは1984年にグラミー賞の特別功労賞を受賞しており、1986年にロックの殿堂入りを果たしている。

Thanks! NME Japan