つれづれなるままにWINGSFAN
Tribute Vlog for Wings Greatest 40th anniversary
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Yesterday  Here Today  Go Now
本 , 雑誌 , ムック
2/22 ビートルズ作品読解ガイド (POD版)
2/24まで The Beatles 音源徹底分析(一部内容) 無料ダウンロード
2/26 麗しき70年代ロック・スター伝説 8ビートギャグ リターンズ (ビートルズ・ネタ掲載)
3/6 MUSIC LIFE ジョンとヨーコのバラッド
3/9 ジョン・レノンの流儀(仮) 1964-1980 対話録
3/12 ウェルカム! ビートルズ 1966年の武道館公演を成功させたビジネスマンたち
3/19 ヒプノシス全作品集
年内 ジョン・レノン Imagine
年内 The Beatles: Yellow Submarine

イベント
2/23 19:30 本人が語るアナログ盤NIGHT vol.3 小原礼が語るアルバム“黒船 / Sadistic Mika Band”
2/25 15:00 青猫書房 モノラル・レコードを聴く会 ビートルズのリアルタイムの音を聴く
2/25 18:30 レコスケと祝おう ~ ジョージ・ハリスン生誕祭 2018
2/27~3/29 本秀康展「ロックとマンガ」
3/10 13:00 ビートルズ・アルバム・ヒストリー 1966-1970 「リボルバー」から「レット・イット・ビー」まで
3/11 17:00 藤本国彦プロデュース ビートルズの世界 Around The Beatles トーク・イベント
3/11まで ジョージ・ハリスン アイ・ミー・マイン展
3/11まで ロックの殿堂ジャパンミュージアム
3/24 12:30 ビートルズ・アナログ鑑賞会 Vol.18 ピーター・バラカン出演
4/8 FOOL On The HOLIDAY
4/8まで ONTEN ~LOVE + ROCK ビートルズ × 忌野清志郎~
4/14 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
4/24~5/5 Lennon's Banjo 英国
5/12 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
6/9 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
7/14 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
8/11 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
9/8 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説

CD
2/23 Concert For George Deluxe Box Set + Test Pressings US盤
2/23 Concert For George Exclusive Deluxe Edition US盤
2/23 コンサート・フォー・ジョージ 輸入盤・限定盤 2CD+2Blu-ray
2/23 コンサート・フォー・ジョージ 輸入盤 2CD+2DVD
2/23 コンサート・フォー・ジョージ 輸入盤 2CD
2/28 ビートルズ ザ・コンプリート・スタークラブ・テープス1962
3/28 グレープフルーツ イエスタデイズ・サンシャイン ロンドン・セッションズ 67-68
4/4 ダニー・アドラー ビット・オブ・ビートルズ
年内 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

アナログ盤
2/23 コンサート・フォー・ジョージ 輸入盤・限定盤 4LP
2/23 ラングレイ・スクール・ミュージック・プロジェクト The Langley Schools Music Project US盤
年内 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

Blu-ray , DVD
2/23 Concert For George US盤 2CD+2Blu-ray
2/23 Concert For George US盤 2CD+2DVD
3/28 演劇女子部 一枚のチケット ~ビートルズがやってくる~

グッズ
3/31 ビニールフィギュア ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター、イエロー・サブマリン

映画
春 Concert For George 米国
5月 犬ヶ島 (オノ・ヨーコ声優参加)
7/8 イエローサブマリン <新デジタル・リマスター版>
秋 ビートルズ The Beatles in India
年内 ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内 A Life In The Day


カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


ポール・マッカートニー、帰国の途に
湯川れい子

Thanks! 湯川れい子

マタ・アイマショー!
Paul McCartney

Thanks! Paul McCartney

ポール・マッカートニー、離日 英国へ
take-san

Thanks! take-san

ポール・マッカートニー ワン・オン・ワン ジャパン・ツアー2017 遂に終幕
ポール・マッカートニー ワン・オン・ワン ジャパン・ツアー2017

ポール・マッカートニーの最新ツアーの一環として、4月25日よりおこなわれていた ワン・オン・ワン・ジャパン・ツアー2017 が4月30日の東京ドーム公演をもってフィナーレを迎えた。一夜限りの日本武道館公演、そして2日間の東京ドーム公演を大盛況に終え、迎えた最終日。この日もやはりビートルズの「A Hard Day's Night」でショーは幕を開けた。前回同様、ポールのMC時にはサイドのモニターに同時通訳が映し出されるスタイルだが、積極的に日本語を話そうとしてくれるポールの心意気が嬉しい。今回も「コンバンハ!」「サイコー!」などはもちろん「ゴールデンウィーク」「トーキョードーム」さらには「ビートルズ」まで、きっちり日本風のカタカナ発音で披露してくれたポール。さらに、今回の来日ツアーで日本のファンへのサプライズとなったのが、ポール自ら「ニホンハツコウカイ」と紹介した「I Wanna Be Your Man」のソロ・パフォーマンスだ。同曲は1963年にレノン&マッカートニーがローリング・ストーンズに提供したナンバーで、ビートルズにおいてはリンゴがリード・ボーカルを担当したライブの定番曲。1966年の日本武道館公演で披露されたこともあり、ポールはこの曲を日本のファンへの“プレゼント”に選んでくれたのだろうか。また、ビートルズにとって初のレコーディング曲だと語り、前身クオリーメン時代の楽曲「In Spite Of All The Danger」披露も、今回のツアーのひとつの目玉となった。ビートルズ、ウイングス時代のヒット・シングルはもちろん「Blackbird」の弾き語り、ジョンとジョージのトリビュート、最新アルバム「NEW」からの楽曲披露など、基本的には前回の来日ツアー(アウト・ゼア・ジャパン・ツアー2015)を踏襲した構成となったが、そこに新入りを果たしたのが、2015年に音楽シーンの話題をさらったリアーナ、カニエ・ウェストとの異例のコラボ曲「FourFiveSeconds」だ。これをポールの歌声で聴けるのは非常に貴重であり、最新ツアーならでは。そして、ショー終盤にはお約束のステージ大爆発「Live and Let Die」、そして本編のフィナーレには、観客のサイリウムが一斉に揺らめき「ヘイ・ジュード」の大合唱、アンコールは「Golden Slumbers ~ Carry That Weight ~ The End」のアビイ・ロードB面メドレーという近年おなじみの展開で締めくくられた。前回の来日公演時より、ポールとオーディエンスとの一体感が何倍にも増しているように感じたのは、公演最終日だからか、あるいはここ数年の間に何度かポールを体験しているオーディエンスが増えたからか。老若男女、誰もがみなリラックスして、自由にショーを楽しんでいるように見えた。そして、もちろん今回も盤石のバンド陣を従え、一切衰えのないパワフル&チャーミングなステージを披露してくれたポール。アンコールの際、ドームの屋根に大きく映し出された「ARIGATO PAUL」「PLEASE COME BACK!!」は、そこにいた5万人の総意であることは言うまでもない。ポールもまた「マタアイマショウ!」という最高の言葉をファンに残し、紙吹雪の舞うステージを去っていった。

ポール・マッカートニー ワン・オン・ワン ジャパン・ツアー2017
4月25日(火) 日本武道館
4月27日(木)、29日(土・祝)、30日(日) 東京ドーム


Thanks! Billboard Japan

ポール、ありがとう!
ポール・マッカートニー - 2017.4.29 東京ドーム

Thanks! Paul McCartney