つれづれなるままにエジプト・ステーション
Tribute Vlog for Egypt Station
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Yesterday  Here Today  Go Now

TV , ラジオ
7/21 6:00~6:55 ビバ!合唱 ポール・マッカートニー「心の翼」を聴く NHK-FM
7/21 9:15~11:30 パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 (字幕版、ポール・マッカートニー出演) WOWOWシネマ
7/23 27:00~28:00 MUST BE UKTV (ストーン・ザ・クロウズ出演) NHK BSプレミアム
7/25 27:00~28:00 MUST BE UKTV (ジョン・レノン、ポール・マッカートニー出演) NHK BSプレミアム
7/28 15:00~17:25 パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 (吹替版、ポール・マッカートニー出演) WOWOWプライム

本 , 雑誌 , ムック
8/1 ビートルズはここで生まれた 聖地巡礼・ビートルズの旅 from London to Liverpool
8/5 グラフィック・ノベル Yellow Submarine
10/9 イマジン ~ジョン&ヨーコ~
秋 リンゴ・スター Another Day In The Life
年内 The Beatles: Yellow Submarine

Blu-ray , DVD
8/8 抱きしめたい Blu-ray + DVD

イベント
8/11 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
8/17 19:00 藤本国彦プロデュース ビートルズの世界 Around The Beatles トーク・イベント第5弾
8/19 10:00 福島空港開港25周年記念 復興支援 ビートルズ・ライブ
8/25 14:00 オール・マッカートニー ~ポール・ザ・ベスト!~ Vol.6 嗚呼!ブロード・ストリート
9/8 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
10/1~8 藤本国彦と行くロンドン+リバプール・ビートルズゆかりの地めぐりの旅
11/22 19:00 ザ・ビートルズ「White Album」リリース50周年記念イベント“Back In The Beatles”
11/29 19:00 伊豆田洋之ポール・マッカートニーを歌う IZUTANEYAMA WINGS 2018
2019/4/22まで Double Fantasy – John + Yoko 英国

CD
8/24 ビートルズ A HARD DAY'S NIGHT Sessions
8/24 ビートルズ ウルトラ・レア・トラックス - UK・リールズ・VOL.1
今夏? Music of the Spheres (ポール・マッカートニー参加)
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション 2SHM-CD+2LP
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション SHM-CD
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション CD Target
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション CD HMV
9/7 デニー・サイウェル・トリオ Boomerang
9/28 フィル・コリンズ Plays Well With Others (ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン参加) 海外盤
10/9 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
11月? ビートルズ ホワイト・アルバム (50周年盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

映画
8/25 14:00 オール・マッカートニー ~ポール・ザ・ベスト!~ Vol.6 嗚呼!ブロード・ストリート
11月 エリック・クラプトン ~12小節の人生~ (ビートルズ、ジョージ・ハリスン出演)
秋 ビートルズ The Beatles in India
年内 ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内 A Life In The Day
2019年1月 MY GENERATION (ビートルズ、ポール・マッカートニー出演)

アナログ盤
今夏? Music of the Spheres (ポール・マッカートニー参加)
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション (デラックス盤) 2LP
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション (カラー盤) LP
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション (黒盤) LP
10/9 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
11月? ビートルズ ホワイト・アルバム (50周年盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

LIVE
9/1~29 リンゴ・スター 米国
9/17 ポール・マッカートニー カナダ ケベック・シティ the Videotron Centre
9/20 ポール・マッカートニー カナダ モントリオール Bell Centre
9/28 ポール・マッカートニー カナダ ウィニペグ Bell MTS Place
9/30 ポール・マッカートニー カナダ エドモントン Rogers Place
10/5~7、12~14のどこか一日 ポール・マッカートニー Austin City Limits Music Festival 米国
12/3 ポール・マッカートニー ポーランド クラクフ Tauron Arena
12/5 ポール・マッカートニー オーストリア ウィーン Stadthalle
12/12 ポール・マッカートニー 英国 リバプール Echo Arena
12/14 ポール・マッカートニー 英国 グラスゴー SSE Hydro
12/16 ポール・マッカートニー 英国 ロンドン The O2

デジタル配信
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション

グッズ、アイテム
9/7 ジョン・レノン 切手シート

Freshen Up - Paul McCartney

2018年
9/17 カナダ ケベック・シティ the Videotron Centre
9/20 カナダ モントリオール Bell Centre
9/28 カナダ ウィニペグ Bell MTS Place
9/30 カナダ エドモントン Rogers Place
10/5~7、12~14のどこか一日 米国 Austin City Limits Music Festival
12/3 ポーランド クラクフ Tauron Arena
12/5 オーストリア ウィーン Stadthalle
12/12 英国 リバプール Echo Arena
12/14 英国 グラスゴー SSE Hydro
12/16 英国 ロンドン The O2

2019年



カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


リンゴ・スターの誕生日に、皆んなで交そうピース&ラブ
Ringo Starr

リンゴ・スターの誕生日である7月7日、全世界に開催を呼びかけるイベント リンゴ・スター ピース&ラブ・サリュート (平和と愛のイベント) が、ここ日本でも開催される、7月7日(金)12:00、場所は六本木ヒルズアリーナ。このイベントはいたってシンプルで、7月7日正午に「ピース&ラブ」と声を掛け合い、平和と愛を考えようというもの。家族や友人はもちろん、見ず知らずの人でも挨拶の代わりに「ピース&ラブ」を交わそうじゃないか、というわけだ。リンゴが2008年から提唱しているイベントだが、2008年の誕生日に「何か欲しいものはあるか」と訊かれたリンゴが「(欲しいものは)さらなるピース&ラブ」と答えたことをきっかけに始まっている。リンゴ自身が参加するイベントは米ロサンゼルスで開催されるが、7月7日77歳となる2017年は世界規模で展開したいと願い、世界各国の7月7日12:00(現地時間)に皆で集まって「ピース&ラブ」と声を掛け合うこととなった。ニュージーランド、日本を皮切りに、南極点、アジア、ヨーロッパ、アフリカ、米国と「ピース&ラブ」が地域を巡ってハワイで終わることになる。まさに「ピース&ラブ」の波が世界を一周するわけだ。リンゴは日本でのイベントの開催を「ザ・ビートルズ・クラブ」とそのメンバーが中心となって行うことを希望し、「ピース・アンド・ラブ・アンバサダー」として任命、日本ではファンクラブ主催でイベントは開催される。もちろんファンクラブ・メンバーでなくてもイベントに参加可能で、7月7日の昼に六本木ヒルズ内の「六本木ヒルズアリーナ」に集まり、正午を迎えるタイミングで特別に撮影されたリンゴのカウントダウン映像と共に「ピース&ラブ」と声を掛け合い「平和と愛」を願う。イベント終了後、参加者にはリンゴから贈られた開催日が刻まれたホワイト・ピース&ラブ・ブレスレット(ホワイト・バンド)が無償配布される。なお、会場に集まれない方々に対しては facebook 上でライブ配信を行う予定で、7月7日の正午に「ピース&ラブ」を考えたり、家族や友人などと「ピース&ラブ」と声を掛け合ったり、インターネット上で「ピース&ラブ」と投稿することでイベントへ参加することを呼びかけている状況だ。


リンゴ・スター ピース&ラブ・サリュート (平和と愛のイベント)
日時 7月7日(金) リンゴ・スターの77歳の誕生日
※11時30分頃から12時10分頃を予定。「ピース&ラブ」と声を掛け合うのは正午から
※開催時間の詳細はおって、ザ・ビートルズ・クラブのfacebookページやオフィシャル・サイトで告知
場所 六本木ヒルズ内「六本木ヒルズアリーナ」(東京・港区)
料金 入場無料:どなたでも参加可。チケットや事前登録は不要。ただし、定員になり次第入場を規制させて頂く場合がございます。
[問]ザ・ビートルズ・クラブ 03-5453-2700(平日10時~18時)
主催 ザ・ビートルズ・クラブ(リンゴ・スター ピース&ラブ・アンバサダー)
特別協力 六本木ヒルズ テレビ朝日 J-WAVE(81.3FM)

今年の主な開催都市
ジュバ(南スーダン)、南極点(南極大陸)、ブエノスアイレス(アルゼンチン)、リオデジャネイロ(ブラジル)、サンパウロ(ブラジル)、サンホセ(コスタリカ)、サンサルバドル(エルサルバドル)、ポルトープランス(ハイチ)、ビジャウリ(インド)、マスターソン(ニュージーランド)、パナマシティ(パナマ)、リマ(ペルー)、モスクワ(ロシア)、東京(日本)、ロンドン(イギリス)、リバプール(イギリス)、フェアフィード(米アイオワ州)、ラスベガス(米ネバダ州)、ロサンゼルス(米カリフォルニア州 リンゴ・スターが出演)

リンゴが参加した過去の「ピース&ラブ・サリュート」
2008年 シカゴ(米イリノイ州)
2009年 インターネット上で開催、世界の主要都市のハード・ロック・カフェで開催
2010年 ニューヨーク(米ニューヨーク州)
2011年 ハンブルク(ドイツ)
2012年 ナッシュビル(米テネシー州)
2013年 リンゴからのビデオメッセージでインターネット上で開催
2014年 ロサンゼルス(米カリフォルニア州)
2015年 ロサンゼルス(米カリフォルニア州)
2016年 ロサンゼルス(米カリフォルニア州)

Thanks! BARKS

ヨーコ・オノ再発記念イベント RESPECT YOKO ONO 8月10日開催
RESPECT YOKO ONO

Thanks! 和久井光司

全英チャート The Official UK Charts サージェント15位
サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド -50周年記念エディション-

ビートルズのアルバム Sgt Pepper's Lonely Hearts Club Band 発売5週目の全英アルバム・チャートです。

Official Albums Chart Top 100 (2017/6/30付)
This Last
Week Week Title / Artist
1 (2) Divide / Ed Sheeran
2 (new) OK Computer / Radiohead
3 (new) Evolve / Imagine Dragons
4 (1) How Did We Get So Dark / Royal Blood
5 (4) Human / Rag'n'Bone Man
15 (8) Sgt Pepper's Lonely Hearts Club Band / Beatles
99 (95) 1 / Beatles

今週の全英アルバム・チャートは、先週末(6月25日)グラストンベリー・フェスティバルでヘッドラインを飾ったエド・シーランの「÷」が先週の2位から1位に再浮上した。これで、非連続12週目の全英1位となった。アルバム「÷」は3月中旬に初登場で1位を飾って以来、計5週間1位を逃しているが、2位から下に落ちたことはまだない。2位には、レディオヘッドの「OK Computer」の20周年記念リイッシュー盤「OK Computer OKNOTOK 1997 2017」が初登場。3位にはイマジン・ドラゴンズの3rdアルバム「Evolve」がチャート・インした。今週はこの他、同じくグラストンベリーでヘッドライナーを務めたフー・ファイターズのベスト・アルバム「Greatest Hits」(2009年)が45位から6位へ急上昇、グラストンベリーのレジェンド・スロットでプレイしたバリー・ギブのビージーズのベスト盤「Timeless: The All-Time Greatest Hits」が9位に、DJキャレドの10枚目のスタジオ・アルバム「Grateful」が10位に初登場した。また、リイッシューされたプリンス&ザ・レヴォリューションの「Purple Rain」が7位に再エントリーしている。

Official Albums Chart Update Top 100 (2017/6/26付)
This Last
Week Week Title / Artist
1 (new) OK Computer / Radiohead
2 (new) Evolve / Imagine Dragons
3 (2) Divide / Ed Sheeran
4 (1) How Did We Get So Dark / Royal Blood
5 (re) Purple Rain - OST / Prince & The Revolution
13 (9) Sgt Pepper's Lonely Hearts Club Band / Beatles
※先週98位だった 1 / Beatles はチャート圏(100位)外

Official Albums Downloads Chart Top 100 (2017/6/30付)
This Last
Week Week Title / Artist
1 (new) Evolve / Imagine Dragons
2 (new) Now That's What I Call A Summer Party 17 / Various Artists
3 (7) Divide / Ed Sheeran
4 (47) Greatest Hits / Foo Fighters
5 (new) Festival Anthems / Various Artists
74 (39) Sgt Pepper's Lonely Hearts Club Band / Beatles

Official Albums Sales Chart Top 100 (2017/6/30付)
This Last
Week Week Title / Artist
1 (new) OK Computer / Radiohead
2 (2) Divide / Ed Sheeran
3 (new) Evolve / Imagine Dragons
4 (1) How Did We Get So Dark / Royal Blood
5 (5) Human / Rag'n'Bone Man
11 (8) Sgt Pepper's Lonely Hearts Club Band / Beatles

Official Albums Streaming Chart Top 100 (2017/6/30付)
This Last
Week Week Title / Artist
1 (1) Divide / Ed Sheeran
2 (new) Grateful / DJ Khaled
3 (new) Evolve / Imagine Dragons
4 (3) More Life / Drake
5 (2) Melodrama / Lorde
99 (79) 1 / Beatles
※先週92位だった 1967-1970 / Beatles はチャート圏(100位)外

Official Physical Albums Chart Top 100 (2017/6/30付)
This Last
Week Week Title / Artist
1 (new) OK Computer / Radiohead
2 (4) Divide / Ed Sheeran
3 (1) How Did We Get So Dark / Royal Blood
4 (3) Human / Rag'n'Bone Man
5 (re) Purple Rain - OST / Prince & The Revolution
11 (6) Sgt Pepper's Lonely Hearts Club Band / Beatles

Official Vinyl Albums Chart Top 40 (2017/6/30付)
This Last
Week Week Title / Artist
1 (re) OK Computer / Radiohead
2 (re) Purple Rain - OST / Prince & The Revolution
3 (1) How Did We Get So Dark / Royal Blood
4 (2) The Rise And Fall Of Ziggy Stardust / David Bowie
5 (new) Murder Of The Universe / King Gizzard & Lizard Wizard
7 (7) Sgt Pepper's Lonely Hearts Club Band / Beatles

Official Scottish Albums Chart Top 100 (2017/6/30付)
This Last
Week Week Title / Artist
1 (new) OK Computer / Radiohead
2 (4) Divide / Ed Sheeran
3 (new) Evolve / Imagine Dragons
4 (1) How Did We Get So Dark / Royal Blood
5 (6) Human / Rag'n'Bone Man
12 (8) Sgt Pepper's Lonely Hearts Club Band / Beatles

Official Irish Albums Chart Top 50 (2017/6/30付)
This Last
Week Week Title / Artist
1 (2) Divide / Ed Sheeran
2 (new) OK Computer / Radiohead
3 (new) Evolve / Imagine Dragons
4 (6) Trust The Wire / Coronas
5 (3) Melodrama / Lorde
33 (9) Sgt Pepper's Lonely Hearts Club Band / Beatles

Thanks! The Official Charts Company , Ako Suzuki

ポール・マッカートニー、著作権変換訴訟でソニーATVと和解成立
Paul McCartney

30日(現地時間)、ビートルズの曲をめぐり、ポール・マッカートニーがソニーの音楽出版子会社ソニーATVミュージック・パブリッシングに対し、著作権の返還を求めていた訴訟で和解が成立したことが明らかになった。米メディアによると、ポールは今年1月に米ニューヨークの裁判所に提訴。自身とジョン・レノンが制作した「イエスタデイ」や「ヘイ・ジュード」などの曲を含む260件以上の著作権返還を要求した。和解内容は不明。著作権は1985年にマイケル・ジャクソンが買い取り、マイケルの死後はソニーATVが保有していた。

Thanks! 時事通信

Tokyo Beatles Week 2017 Vol.4 SGT. Pepper's 音像徹底解析 [追加公演] 7月9日開催
申込多数につき急遽、 Vol.4 SGT. Pepper's 音像徹底解析 [追加公演] が7月9日に開催されます。再び受付終了となる前にぜひお申込み下さい!

Tokyo Beatles Week 2017 Vol.4 SGT. Pepper's 音像徹底解析

Tokyo Beatles Week 2017 Vol.4 SGT. Pepper's 音像徹底解析 [追加公演]
現役プログラマにしてビートルズ音源解析の第一人者であり「ザ・ビートルズ全曲バイブル」でもおなじみ、米村幸雄さん初登場! 初期からサージェントの最新リミックス音源まで、実際の音を聞きながらその解析テクニックをじっくり解説していただきます。「逆回転の逆回転は、どう聞こえるの?」といった初歩的なところから、目からウロコならぬ、耳からウロコのサウンド体験をたっぷりとお楽しみください! ご本人曰く、「7/9は時間が半分なので、サージェント・ペパーズ中心の抜粋になるが、無駄話を減らして紹介する曲を増やしたいところ。優先順位のリクエストがあればどうぞ」とのことです。

日時 7月9日(日) 13:00~15:00
会場 楽器カフェ (東京メトロ 神保町駅 A7出口より徒歩2分 ガスト上)
出演 米村幸雄
料金 1500円

参加方法
(1) beayakata212@gmail.com 宛に希望のイベント・参加人数をメール
(2) Facebookページ ビートルズ追憶の日々 各イベントの「参加予定」をクリック
(3) Facebookページ ビートルズ追憶の日々 へメッセージ
いずれかでお申し込みください。

米村幸雄
汎用大型コンピュータから組み込み制御までこなす現役プログラマ。楽譜ソフト「MID2PRN」他を作成して公開中。1998年に音楽同期ソフトを開発するにいたり、泥沼のビートルズ研究家の道へ。主な活動として「大人のロック」「THE DIG」への執筆、そして「ザ・ビートルズ全曲バイブル」での公式213曲全曲解析などがある。公式サイトは mid2prn.com

Thanks! Tokyo Beatles Week 2017


関連Blog
6/25のBlog 写真展&イベント Tokyo Beatles Week 2017 7月5日から17日まで開催