つれづれなるままにWINGSFAN
Tribute Vlog for Wings Greatest 40th anniversary
01 | 2018/02 | 03
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
Yesterday  Here Today  Go Now
本 , 雑誌 , ムック
2/24まで The Beatles 音源徹底分析(一部内容) 無料ダウンロード
2/26 麗しき70年代ロック・スター伝説 8ビートギャグ リターンズ (ビートルズ・ネタ掲載)
3/6 MUSIC LIFE ジョンとヨーコのバラッド
3/9 ジョン・レノンの流儀(仮) 1964-1980 対話録
3/12 ウェルカム! ビートルズ 1966年の武道館公演を成功させたビジネスマンたち
3/19 ヒプノシス全作品集
年内 ジョン・レノン Imagine
年内 The Beatles: Yellow Submarine

イベント
2/25 15:00 青猫書房 モノラル・レコードを聴く会 ビートルズのリアルタイムの音を聴く
2/25 18:30 レコスケと祝おう ~ ジョージ・ハリスン生誕祭 2018
2/27~3/29 本秀康展「ロックとマンガ」
3/10 13:00 ビートルズ・アルバム・ヒストリー 1966-1970 「リボルバー」から「レット・イット・ビー」まで
3/11 17:00 藤本国彦プロデュース ビートルズの世界 Around The Beatles トーク・イベント
3/11まで ジョージ・ハリスン アイ・ミー・マイン展
3/11まで ロックの殿堂ジャパンミュージアム
3/24 12:30 ビートルズ・アナログ鑑賞会 Vol.18 ピーター・バラカン出演
4/8 FOOL On The HOLIDAY
4/8まで ONTEN ~LOVE + ROCK ビートルズ × 忌野清志郎~
4/14 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
4/24~5/5 Lennon's Banjo 英国
5/12 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
6/9 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
7/14 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
8/11 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
9/8 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説

CD
2/28 ビートルズ ザ・コンプリート・スタークラブ・テープス1962
3/28 グレープフルーツ イエスタデイズ・サンシャイン ロンドン・セッションズ 67-68
4/4 ダニー・アドラー ビット・オブ・ビートルズ
年内 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

Blu-ray , DVD
3/28 演劇女子部 一枚のチケット ~ビートルズがやってくる~

グッズ
3/31 ビニールフィギュア ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター、イエロー・サブマリン

映画
春 Concert For George 米国
5月 犬ヶ島 (オノ・ヨーコ声優参加)
7/8 イエローサブマリン <新デジタル・リマスター版>
秋 ビートルズ The Beatles in India
年内 ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内 A Life In The Day

アナログ盤
年内 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム


カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


クインシー・ジョーンズ、ビートルズやポール・マッカートニーをメッタ斬り
Quincy Jones & Paul McCartney - 2012.2.2

先月末、GQ 誌でテイラー・スウィフトの楽曲を批判して話題になっていたクインシー・ジョーンズが今度は Vulture で言いたい放題の毒舌を振るっている。このインタビューでクインシー・ジョーンズは現代の社会問題や政治、そしてケネディ大統領暗殺まで様々な話題について歯に衣着せぬ意見を述べているが、伝説的プロデューサーとして約70年間米音楽業界の内情を見てきただけあり、ミュージシャンや音楽に関するぶっちゃけ話が特に興味深い。ビートルズ、マイケル・ジャクソン、そしてヒップホップについてなど、音楽関連の彼の発言をピックアップした。

ジョーンズが「オフ・ザ・ウォール」「スリラー」「バッド」を共同製作したマイケル・ジャクソンについて
あまり公に言いたくないけど、マイケルは盗作が多かった。たくさん歌を盗んだ。(ドナ・サマーの)「ステイト・オブ・インディペンデンス」と「ビリー・ジーン」とかね。(注 : 1982年の“ステイト・オブ・インディペンデンス”にマイケルはバックコーラスで参加しており、ベースラインが「ビリー・ジーン」に似ている) 音符は嘘をつかないよ。あと、彼はこの上なくマキャベリ的(策略家)だった。貪欲、すごく貪欲。大ヒット曲「今夜はドント・ストップ」なんかは(キーボーディストの)グレッグ・フィリンゲインズがCセクションを書いたんだ。マイケルは彼に曲の権利を10%はあげるべきだったね。でもそうしなかった。

ジョーンズはマイケルの度重なる整形手術についても言及しており、当時咎めたものの、マイケルは取り合おうとせず、「何かの病気をのせいにしてた。デタラメだ」と一蹴している。

ロックンロールを初めて聴いた時、特に新人だった頃のビートルズに全く感動しなかったことについて
ロックなんてのはリズム・アンド・ブルースの白人バージョンでしかないよ、motherf*cker。ところで俺はポール・マッカートニーが21歳の頃に出会った。(ビートルズの最初の印象は)世界一下手くそなミュージシャン連中だったな。演奏ができない motherf*ckers だった。ポールは俺がそれまで聴いた中で最悪のベース・プレイヤーだった。そしてリンゴ? 話したくもない。ジョージ・マーティンとスタジオ作業をしていたある時、リンゴが3時間もかけて何かの曲を4小節ほど直そうとしてた。でも、出来なかった。「俺たちが「君さ、ちょっとラガー&ライムでも飲んで、シェパーズ・パイでも食ってさ、1時間半程休憩してリラックスしてくれば」って勧めたら彼は言われた通りにした。(その間に)俺たちはジャズ・ドラマーのロニー・ベレルを呼んだら、彼は15分ほどでバッチリ決めてくれた。リンゴが帰ってきて「ジョージ、もう一度再生してくれる?」って言って、ジョージがそうすると「それほど悪く聴こえなかったな」って言ったんだ。だから俺が「そうだよ motherf*cker、お前じゃねーからな」って言ってやった。良い奴だけどな。

以前“4小節のループの束”とディスったこともあるヒップホップに感銘を受けない理由
ラップのことは本当だよ、同じフレーズが何度も何度も何度も繰り返されるって意味ではね。耳ってのは手入れされたメロディが必要なんだよ。音楽に変化がないと頭がオフってしまうから、耳に心地よい曲を聴き続けなければならない。そういう意味で音楽は不思議なものだ。耳はいつも使ってないとダメなんだ。

現代のポップスで好きなアーティストについて
ブルーノ・マーズ。チャンス・ザ・ラッパー。ケンドリック・ラマー。ケンドリックは考え方が好きだ。地に足がついてる。チャンスもそうだ。あと、エド・シーランのレコードも最高だ。サム・スミスはゲイであることをすごくオープンにしてて、そこが大好きだ。マーク・ロンソンはプロデュースの仕方が分かってる。

自身が音楽にもたらした革新とは
俺がしてきたこと全部だな。

Thanks! Billboard Japan

プロモ映像 Concert For George 4枚組LP

Thanks! George Harrison

ビートルズ、シリアで拘束
リビア・シルトの市街を行進するイスラム過激派組織イスラム国(IS)の戦闘員らを写したとされる写真

イスラム過激派組織イスラム国(IS)に所属する英国人戦闘員で、英国訛りを持つことから「ビートルズ」と呼ばれていたグループのメンバー2人が、シリアで身柄を拘束されていたことが分かった。8日(現地時間)、米国防当局者が明らかにした。いずれも英国出身のアレクサンダ・アモン・コーティとシャフィ・シェイクの2容疑者は今年1月にシリア東部で米国が支援する反体制派組織シリア民主軍(SDF)に身柄を拘束された。米国防当局者は声明で「2人はISIS(ISの別称)による欧米人の人質の違法拘束に見張り役や通訳者として関わり、「ジハーディ(聖戦士)・ジョン」と呼ばれた英国人テロリストとのつながりがあったとみられる」と説明している。米当局は2人の詳しい状況などについては明らかにしていない。「ビートルズ」と呼ばれていたグループのリーダーで「ジハーディ・ジョン」と呼ばれていたモハメド・エムワジ容疑者は2015年に米主導の連合軍のドローンを使った攻撃で殺害された。もう1人のメンバー、エイネ・デイビス容疑者はトルコで拘束されている。

Thanks! AFP

スペインのアーティストがビートルズのアニメーション・ビデオを公開 その6

8日(現地時間)、ビートルズやウイングスをはじめとする英国音楽をテーマにした様々なアニメーション・ビデオを YouTube で公開しているスペインのアーティスト、イラストレーター、ミュージシャンのアルヴァロ・オルテガによるファンメイド・アニメーション The Beatoons 第6弾として「トゥ・オブ・アス」をテーマにしたアニメーションが公開されました。「サタデー・ナイト・ライブ」を代表する人気コント/スケッチ「More Cowbell」のパロディが盛り込まれた内容です。

Thanks! Alvaro Ortega and more


関連Blog
1/25のBlog スペインのアーティストがビートルズのアニメーション・ビデオを公開 その5
1/19のBlog スペインのアーティストがビートルズのアニメーション・ビデオを公開 その4
1/8のBlog スペインのアーティストがビートルズのアニメーション・ビデオを公開 その3
1/7のBlog スペインのアーティストがビートルズのアニメーション・ビデオを公開 その2
1/7のBlog スペインのアーティストがビートルズのアニメーション・ビデオを公開 その1