つれづれなるままにWINGSFAN
Tribute Vlog for Wings Greatest 40th anniversary
01 | 2018/02 | 03
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
Yesterday  Here Today  Go Now
本 , 雑誌 , ムック
2/24まで The Beatles 音源徹底分析(一部内容) 無料ダウンロード
2/26 麗しき70年代ロック・スター伝説 8ビートギャグ リターンズ (ビートルズ・ネタ掲載)
3/6 MUSIC LIFE ジョンとヨーコのバラッド
3/9 ジョン・レノンの流儀(仮) 1964-1980 対話録
3/12 ウェルカム! ビートルズ 1966年の武道館公演を成功させたビジネスマンたち
3/19 ヒプノシス全作品集
年内 ジョン・レノン Imagine
年内 The Beatles: Yellow Submarine

イベント
2/25 15:00 青猫書房 モノラル・レコードを聴く会 ビートルズのリアルタイムの音を聴く
2/25 18:30 レコスケと祝おう ~ ジョージ・ハリスン生誕祭 2018
2/27~3/29 本秀康展「ロックとマンガ」
3/10 13:00 ビートルズ・アルバム・ヒストリー 1966-1970 「リボルバー」から「レット・イット・ビー」まで
3/11 17:00 藤本国彦プロデュース ビートルズの世界 Around The Beatles トーク・イベント
3/11まで ジョージ・ハリスン アイ・ミー・マイン展
3/11まで ロックの殿堂ジャパンミュージアム
3/24 12:30 ビートルズ・アナログ鑑賞会 Vol.18 ピーター・バラカン出演
4/8 FOOL On The HOLIDAY
4/8まで ONTEN ~LOVE + ROCK ビートルズ × 忌野清志郎~
4/14 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
4/24~5/5 Lennon's Banjo 英国
5/12 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
6/9 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
7/14 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
8/11 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
9/8 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説

CD
2/28 ビートルズ ザ・コンプリート・スタークラブ・テープス1962
3/28 グレープフルーツ イエスタデイズ・サンシャイン ロンドン・セッションズ 67-68
4/4 ダニー・アドラー ビット・オブ・ビートルズ
年内 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

Blu-ray , DVD
3/28 演劇女子部 一枚のチケット ~ビートルズがやってくる~

グッズ
3/31 ビニールフィギュア ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター、イエロー・サブマリン

映画
春 Concert For George 米国
5月 犬ヶ島 (オノ・ヨーコ声優参加)
7/8 イエローサブマリン <新デジタル・リマスター版>
秋 ビートルズ The Beatles in India
年内 ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内 A Life In The Day

アナログ盤
年内 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム


カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


ロック界の、最後の、生きるレジェンドたち
ここに登場する12人のミュージシャンを見よ。2月に営ロンドン、メイフェア地区のマドックス・ギャラリーで開かれる写真展 The Adoration Trilogy ? Searching For Apollo のために写真家アリステア・モリソンが撮り下ろした、生き残る最後のロック・レジェンドたちである。英版 GQ から転載する。各人に対するコメントはアリステア・モリソンが自ら書いている。

20180212224020b33.jpeg

ポール・マッカートニー
今回はビートルズの2人を撮影したかったから、ポールとリンゴを誘ったんだ。ザ・フーがカリフォルニアの音楽フェス Desert Trip でプレイしていて、私のために舞台裏に専用のスタジオを用意してくれた。ポールもそのフェスに出演していたから、事が簡単に進んだよ。彼と楽屋の外で会って、僕のスタジオまで歩いていったんだ。ポールには1960年代を想起させるような陽気さがあるんだ。常にユーモアに溢れている。本番直前だったから僕は少し心配していたんだけどね。ただ一つ困ったのは、彼が撮影中ずっとのど飴を舐めていたこと。もちろん本番前だからしようがないのだけど。「ねぇ、ポール、本番1分前だけど、のど飴を口から出してくれる?」なんて言えないだろう?


スラッシュ
スラッシュには色々なイメージがついているから、今回はソフトなイメージをとらえてみたかった。サングラスにTシャツ、ジュエリー、そしてハットは、正にスラッシュというイメージなんだけれど、ひときわ目を引いたのはヴェールのような彼の髪の毛。そこに僕は柔らかさを見出したんだ。他の人から見たら”ワイルドなスラッシュ”に見えるかもしれないけれど、僕にとっては”ソフトなスラッシュ”。怒れる男といった印象もあるかもしれないけれど、じつは驚くほどシャイなんだ。

ブルース・スプリングスティーン
この撮影はニュージャージーにあるブルースの自宅で行ったんだ。移動に5時間もかかった。うだるような暑さだったけれど、彼に厚着をしてもらいたかった。だから必ずTシャツを着て来るように彼のスタッフには忠告したんだ。彼自身とても感覚が鋭くて、良い写真が撮れる方法を分かっている。自分の見せ方をちゃんと知っている素晴らしいステージ・アーティスト。とても穏やかで、正真正銘のプロフェッショナルだよ。

デヴィッド・ギルモア
デヴィッドはミュージシャンという肩書に対して気負わない、とても思慮深く、真面目な人だ。他のミュージシャンたちといっしょに製作する人もいるけれど、彼は我が道を行く孤高の人という感じ。僕にとってデヴィッドは自分にできることをよく分かっていて、感情を露わにせず自分を表現できる人。だからこの写真には感情よりも、強さが溢れていると思う。

スモーキー・ロビンソン
今回の撮影スポットが、世界の中でも一番苦手な場所であるアトランティックシティのホテルシアターだったこともあって、僕は心のなかで「スモーキーのような伝説的存在─アメリカの黒人音楽と彼らの声から生まれた偉大なミュージシャン─がこんな小さな会場でプレイするなんてもったいない...」と思った。だけどスモーキーはこう言っていた。2000人の熱狂したファンを前にプレイするのは、大きなスタジアムでプレイするのと同じくらい楽しいものなのだと。これくらいの規模の会場でプレイするのは、もう忘れ去られたアーティストたちだけだと思っていたけれど、彼は完全に例外だったよ。

ロバート・プラント
今回のエキシビション名「Searching For Apollo(アポロを探して)」はギリシャ神話に登場する音楽の神アポローンと、大道芸や路上パフォーマンスを意味するバスキング(スペイン語のブスカールが語源─探し求めるの意)がテーマ。そのアイデアをもとに、アーティストたちのルーツを見つめ直せたら良いなと思って路上で撮影したんだ。ハーモニカを手にした佇まいには誇りが感じられるだろう。彼はロック界の生徒会長といった感じで、背筋の伸びたポーズは「俺は音楽界のマーロン・ブランドだ」って言っているみたいだ。

ヴァン・モリソン
ヴァンを撮影するのは今回がはじめて。彼が気難しいという噂はよく聞いていた。だからこの撮影がどうなるのかまったく予測不可能だった。だが予想に反して彼は僕が頼んだことすべてを喜んでやってくれた。ホテルの部屋で撮影したんだけど、ヴァンを不機嫌にせずに準備時間を確保するため、彼のアシスタントの部屋を撮影スポットに使ったんだ。彼が部屋に入ってきた瞬間「あれ、あなたがヴァン・モリソン?」と思ったよ。なぜなら彼は定番の服装に身を包んでいなかったから。だけどシャツにジャケット、チェルシーブーツとハット、サングラスを身に着けた瞬間、そこにはヴァン・モリソンがいたんだ。皆がもっているヴァン・モリソン像は彼が作り上げたものだったんだ。

ポール・ウェラー
多くのミュージシャンは過去の作品にしがみついているけれど、ウェラーは良い音楽を必死に作り出そうとしている印象だ。彼には「まだ俺は終わってない。作り続けてやるぞ」っていう意気込みを感じる。ウェラーの下の世代は彼を尊敬しているけれど、ウェラー自身は自分の上の世代のミュージシャンを尊敬している。だからマッカートニーとも、他のミュージシャンともコラボレートできるし、みんなウェラーとコラボレートがしたいんだ。今も相変わらずエッジーな男だよ。

ロジャー・ダルトリー
ダルトリーが後援している10代のがん患者のための支援団体 Teenage Cancer Trust から連絡が来たんだ。彼は僕が以前13人の役者を撮った作品「The Last Supper」を観てくれていて、役者の代わりにミュージシャンで同じことをするというアイディアに乗り気だった。わがままにも僕は「写真を撮りたいミュージシャンなんて13人を優に超えるほどいるから別のアイデアで行こう」と思った。そこでロジャーにバスキングのアイデアを話したら、とても気に入ってくれたんだ。この企画のホストは彼だった。他のミュージシャンのなかでも先導者的な役割だったね。

20180212224021c42.jpeg

リンゴ・スター
リンゴはメンバーの中でも昔からひょうきん者だった。誰が会っても1960年代を思い起こさせるほど、彼は包容力のある寛大な男なんだ。情熱をまだもち続けているし、誰の悪口も言わない。リンゴのまわりにいると人生が豊かになるんだ。ラブ&ピース! 撮影は米ロサンゼルスにある彼のガレージで行われたんだけど、僕たちが撮影スポットを探していたら言ってくれたんだ。「ここを使いなよ」って。彼の素晴らしいところだよね。


ピート・タウンゼント
もし、同じグループのメンバーが2人いても、別々で撮影したかったんだ。だって一人ひとりがまったく別の性格をもっているからね。ロジャーとピートはともにThe Whoのレジェンドだ。だけど、他のミュージシャンにとってピートは作家のような存在と言える。ある写真家を知っているか僕にたずねた以外、ひと言も口を利かなかった。ピート・タウンゼントらしいよね。究極的な意味で自分自身の空間と時間をもっていることを意味している。

ロッド・スチュワート
ロッドは最高におもしろい男だ。ロッドをはじめて撮影したのは、彼が少し羽目を外しすぎていた大昔まで遡るよ。ロッドのまわりはつねにポジティブなエネルギーで溢れている。彼はいつまでも少年のままだ。そして僕たちにも少年のままでいてほしいと思わせる存在なんだ。ロッドを撮影したときのエピソードだけど、撮影前に彼はカプチーノを注文して、カメラが回るまでカップを隠していたんだ。撮影がはじまるとカメラのほうを向いたんだ。鼻にカプチーノの泡をつけながらね。それがロッドだ。ホントにユーモラスで素晴らしいミュージシャンなんだ。仲間にも愛されている男だよ。

Thanks! GQ

講座 ビートルズ・アローン 1962~1970 4月14日開講
ビートルズの魅力を「人」区切りでマニアックな話や貴重な音源を交えながら紹介するビートルズ講座第5弾 ビートルズ・アローン 1962~1970 が4月14日より9月まで全6回、毎月第2土曜日に名古屋・栄で開催されます。

ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説

ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
講 師 藤本国彦 (ビートルズ・ストーリー編集長)
日 時 毎月第2土曜(4/14、5/12、6/9、7/14、8/11、9/8) 13:00~14:30
会 場 栄中日文化センター (愛知県名古屋市中区栄4-1-1中日ビル4F 栄駅下車 徒歩3分)
持ち物 筆記用具
受講料 1万6800円 (税抜 全6回分)
申込み 0120-53-8164 (10:00~19:00 日曜日は17:00まで)
※ 既に講座の聴講生優先申込始まっていますが、現聴講生でない方(一般の方)は来月より申込できるようです。

Thanks! 栄中日文化センター

ポール・マッカートニー、今年のウルフ賞の音楽部門を受賞
20180213222150041.jpeg

12日(現地時間)、イスラエルのウルフ財団は今年のウルフ賞芸術部門(音楽)の受賞者の一人にポール・マッカートニーを選出したと発表した。ウルフ賞はイスラエルの外交官リカード・ウルフが1978年に設立した賞で、農業、化学、数学、医学、物理学、芸術の6部門で目覚ましい功績を残した人物を毎年表彰しており、過去の受賞者がその後にノーベル賞を受賞しているケースが多いことからノーベル賞の前哨戦とも呼ばれている。ウルフ賞を主催するウルフ財団はポール・マッカートニーについて「歴代で最も偉大なソングライターの1人」と評し、「近代音楽に大きな影響力を及ぼした貢献」を受賞理由として挙げている。もう一人の受賞者はハンガリー出身の指揮者アダム・フィッシャーで、「影響力のある指揮者であり、雄弁な人権保護活動家」であると財団は述べている。芸術部門は毎年音楽、建築、絵画、彫刻の順に選定される。又、今年の化学部門では米カリフォルニア大学のオマー・ヤギー教授との共同研究で、東京大学の藤田誠教授がウルフ賞を受賞したことも明らかになっている。受賞理由としては「大きな空孔をもつ錯体の創出につながる金属駆動集合の原理解明」が挙げられている。ウルフ財団は、受賞者にそれぞれ10万ドル(約1080万円)の賞金を授与するが、主催者によると、財団は既にポール・マッカートニー側に受賞の一報を知らせているという。現時点では、5月にイスラエルで行われる授賞式にポール・マッカートニーが出席するかは明らかになっていない。

Thanks! NME Japan and more