つれづれなるままにWINGSFAN
Tribute Vlog for Wings Greatest 40th anniversary
01 | 2018/02 | 03
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
Yesterday  Here Today  Go Now
イベント
2/23 19:30 本人が語るアナログ盤NIGHT vol.3 小原礼が語るアルバム“黒船 / Sadistic Mika Band”
2/25 15:00 青猫書房 モノラル・レコードを聴く会 ビートルズのリアルタイムの音を聴く
2/25 18:30 レコスケと祝おう ~ ジョージ・ハリスン生誕祭 2018
2/27~3/29 本秀康展「ロックとマンガ」
3/10 13:00 ビートルズ・アルバム・ヒストリー 1966-1970 「リボルバー」から「レット・イット・ビー」まで
3/11 17:00 藤本国彦プロデュース ビートルズの世界 Around The Beatles トーク・イベント
3/11まで ジョージ・ハリスン アイ・ミー・マイン展
3/11まで ロックの殿堂ジャパンミュージアム
3/24 12:30 ビートルズ・アナログ鑑賞会 Vol.18 ピーター・バラカン出演
4/8 FOOL On The HOLIDAY
4/8まで ONTEN ~LOVE + ROCK ビートルズ × 忌野清志郎~
4/14 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
4/24~5/5 Lennon's Banjo 英国
5/12 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
6/9 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
7/14 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
8/11 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
9/8 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説

CD
2/23 Concert For George Deluxe Box Set + Test Pressings US盤
2/23 Concert For George Exclusive Deluxe Edition US盤
2/23 コンサート・フォー・ジョージ 輸入盤・限定盤 2CD+2Blu-ray
2/23 コンサート・フォー・ジョージ 輸入盤 2CD+2DVD
2/23 コンサート・フォー・ジョージ 輸入盤 2CD
2/28 ビートルズ ザ・コンプリート・スタークラブ・テープス1962
3/28 グレープフルーツ イエスタデイズ・サンシャイン ロンドン・セッションズ 67-68
4/4 ダニー・アドラー ビット・オブ・ビートルズ
年内 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

アナログ盤
2/23 コンサート・フォー・ジョージ 輸入盤・限定盤 4LP
2/23 ラングレイ・スクール・ミュージック・プロジェクト The Langley Schools Music Project US盤
年内 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

Blu-ray , DVD
2/23 Concert For George US盤 2CD+2Blu-ray
2/23 Concert For George US盤 2CD+2DVD
3/28 演劇女子部 一枚のチケット ~ビートルズがやってくる~

本 , 雑誌 , ムック
2/24まで The Beatles 音源徹底分析(一部内容) 無料ダウンロード
2/26 麗しき70年代ロック・スター伝説 8ビートギャグ リターンズ (ビートルズ・ネタ掲載)
3/6 MUSIC LIFE ジョンとヨーコのバラッド
3/9 ジョン・レノンの流儀(仮) 1964-1980 対話録
3/12 ウェルカム! ビートルズ 1966年の武道館公演を成功させたビジネスマンたち
3/19 ヒプノシス全作品集
年内 ジョン・レノン Imagine
年内 The Beatles: Yellow Submarine

グッズ
3/31 ビニールフィギュア ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター、イエロー・サブマリン

映画
春 Concert For George 米国
5月 犬ヶ島 (オノ・ヨーコ声優参加)
7/8 イエローサブマリン <新デジタル・リマスター版>
秋 ビートルズ The Beatles in India
年内 ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内 A Life In The Day


カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


プリンス逝去 詳細について
Prince

21日(現地時間)、プリンスが米ミネソタ州ミネアポリス近郊チャナッセンにあるペイズリー・パークと呼ばれる自宅で死亡しているのが見つかった。享年57歳。プリンスの死についてプリンスの広報担当者イベット・ノエル・シュレーは「今朝、ペイズリー・パークの敷地内で、本名プリンス・ロジャー・ネルソンが57歳で亡くなったことについて深い悲しみを表明します。現時点で死因については更なる詳細はありません」といった声明を出している。米ミネソタ州カーバー郡保安官事務所のジム・オルソンが出した声明によると、カーバー郡副保安官がチャナッセンのペイズリー・パーク・スタジオからの緊急通報(911通報)を受けて副保安官と医療スタッフが午前9時43分に現場に駆け付けると、エレベーターの中で意識を失っているプリンスを発見したという。蘇生処置を施したが、その甲斐なく同日午前10時7分(日本時間翌22日午前0時7分)に死亡が確認された。詳しい死因は現在も調査中で、カーバー郡保安官事務所はヘネピン郡保安官事務所とミッドウェスト検視局と協力して詳しい死因の解明を続けるとしており、プリンスの遺体は既に移されていることが明らかになっている。プリンスの検視は4月22日(現地時間)に行われる。プリンスは4月14日(現地時間)に米アトランタでのコンサート中に体調を崩して残りのツアー日程をキャンセル。15日にはプライベート・ジェットに乗っている途中で脱水症とインフルエンザが悪化し、イリノイ州モリーンの空港に緊急着陸して州内の病院に救急搬送されていた。米ゴシップ・サイト TMZ によるとプリンスは救急搬送された病院でアヘン剤の効果を和らげるために使われる「セーブショット」を投与されたという。その後、医師からは24時間は病院にとどまることを助言されていたが、個室が確保できなかったため3時間後に退院を決め、自宅に帰った後、翌16日にはペイズリー・スタジオにファンを招いて行われたパーティに登場し、新しく購入したピアノとギターを演奏し、元気だとアピールしていた。「ライヴ・アルバムのリリースを考えている」と語っていたが、この時、プリンスは「祈りを無駄にしないよう、2~3日待っていてほしい」と呼びかけていた模様。プリンスは1958年米ミネソタ州ミネアポリス生まれ。本名プリンス・ロジャー・ネルソン。ワーナー・ブラザーズと契約し、10代だった1978年にデビューアルバム「For You」をリリースした。1980年の「Dirty Mind」、1981年の「Controversy」(邦題「戦慄の貴公子」)を経て、1982年にリリースした「1999」がプラチナ・アルバムに輝く大ヒットに。「Little Red Corvette」「Delirious」「1999」の全米トップ10ヒットを生んだ。1984年に自身が主演する自伝的映画「Purple Rain」のサウンドトラックとしてリリースした同名のアルバムは1300万枚が売れる大ヒットとなり、全米アルバムチャート24週連続1位の記録を打ち立てた。「When Doves Cry」(邦題「ビートに抱かれて」)「Let's Go Crazy」「Purple Rain」など数多くのヒット曲が生まれ、プリンス自身もこのアルバムでアカデミー賞歌曲・編曲賞を受賞した。その後も1986年の「Under The Cherry Moon」、1989年の「Batman」などヒットアルバムを連発し、スーパースターの仲間入りを果たした。1993年から2000年までは発音できないシンボルマークに「改名」し、「the artist formerly known as Prince」(かつてプリンスとして知られていたアーティスト。日本では「元プリンス」)と呼ばれるなど、ファンやメディアを混乱させる行動でも知られた。

R.I.P. Prince

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する