つれづれなるままにWINGSFAN
Tribute Vlog for Paul McCartney & Wings
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Yesterday  Here Today  Go Now
TV , ラジオ
8/18 19:30~20:45 ファミリーヒストリー (オノ・ヨーコ出演) NHK総合
8/20 12:35~14:35 ザ・ビートルズ ~ EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years WOWOWシネマ

グッズ , ゲーム
8/18 ビートルズ ジャケットコースターセット
9/30 ビートルズ コラボTシャツ
10/1 ビートルズ&ほぼ日手帳2018 コラボ手帳

イベント
8/20 19:00 サージェント・ペパーズ発売50周年記念トーク・イベント (6) メンバーを取り巻く世界
8/24まで MUSIC LIFE パネル展
8/25 19:30 ビートルズカフェ
8/25~11/9 センシビリティ アンド ワンダー
8/26 16:00~18:00 ジョン・ドーヴ&モーリー・ホワイト サイン会
8/27 12:30 ビートルズ・アナログ鑑賞会 Vol.11 ポール・マッカートニー「フレイミング・パイ」20周年記念特集
8/27 16:30 石引パブリック1周年記念 トークショー&ライブ もっと!ポール・マッカートニー!
9/17まで ジュリアン・レノン写真展 Cycle 東京
9/17まで ジュリアン・レノン写真展 Cycle –Life Cycle– 東京
9/17まで ジュリアン・レノン写真展 Cycle –River Life– 京都

BD , DVD
8/23 サウンドブレイキング (ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター、ジョージ・マーティン出演)
10/3 パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 海外盤

アナログ盤
8/29 ザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション アビイ・ロード
9/1 ビートルズ サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド US盤
9/12 ザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド
9/22 リンゴ・スター Give More Love
9/26 ザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション ラバー・ソウル
10/10 ザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション ザ・ビートルズ (2枚組)
10/24 ザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション ヘルプ!(4人はアイドル)
後半? ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム
後半? ポール・マッカートニー 全カタログ再発

本 , 雑誌 , ムック
8/31 ビートルズ・ストーリー Vol.9 '70
9/8 ビートルズはどこから来たのか 大西洋を軸に考える20世紀ロック文化史
9/21 絵本「Imagine」(仮)
2018年 The Beatles: Yellow Submarine

LIVE
9/11~10/2 ポール・マッカートニー 米国
10/13~20 ポール・マッカートニー ブラジル
10/24 ポール・マッカートニー コロンビア
10/28 ポール・マッカートニー メキシコ
12/2~12 ポール・マッカートニー オーストラリア
12/16 ポール・マッカートニー ニュージーランド

CD
9/13 ビートルズ ハリウッド・ボウル 1965
9/13 ビートルズ ライブ・アット・ブドウカン 1966
9/15 リンゴ・スター ギヴ・モア・ラヴ
10/6 ダニー・ハリスン IN///PARALLEL US盤
12/15 チャリティー・アルバム (ポール・マッカートニー参加) UK盤
後半? ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム
後半? ポール・マッカートニー 全カタログ再発

映画
年内? ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内? A Life In The Day

          

          


カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


CD 湯川れい子 音楽を愛して、音楽に愛されて 洋楽セレクション 6月15日発売
音楽評論家、作詞家、DJとしてお馴染みの湯川れい子の傘寿を記念したオムニバス盤 湯川れい子 音楽を愛して、音楽に愛されて 洋楽セレクション が6月15日に発売されます。ポール・マッカートニー&スティーヴィー・ワンダーの「エボニー・アンド・アイボリー」が収録されています。

湯川れい子 音楽を愛して、音楽に愛されて 洋楽セレクション

湯川れい子 音楽を愛して、音楽に愛されて 洋楽セレクション / ポール・マッカートニー 他 6月15日発売
今年生誕80年、音楽評論家生活55年、作詞家生活50年を迎える湯川れい子選曲のコンピレーション・アルバム。湯川れい子を洋楽に導いたきっかけの曲から「全米トップ40」の時代、さらに最新ヒットまで。彼女と洋楽の歩みは日本のポピュラー音楽の歴史そのもの! 伝説のラジオ番組「全米トップ40」を髣髴とさせる湯川れい子&坂井隆夫(元ラジオ関東アナウンサー)のトークを挟み、洋楽の名曲を2枚組全37曲でお届けする。湯川れい子作詞の楽曲を集めたCD「湯川れい子 音楽を愛して、音楽に愛されて 作詞コレクション」、書籍「湯川れい子 音楽を愛して、音楽に愛されて」も同時発売

Disc 1
イマジン / ジョン・レノン (1971年)
~ トーク1 ~
午後の入江 / ハリー・ジェームス楽団 (1942年)
ハートブレイク・ホテル / エルヴィス・プレスリー (1956年)
戦争の親玉 / ボブ・ディラン (1963年)
ランブリン・ローズ / ナット・キング・コール (1962年)
~ トーク2 ~
太陽はもう輝かない / ウォーカー・ブラザーズ (1965年)
マシュ・ケ・ナダ / セルジオ・メンデスとブラジル'66 (1966年)
デイドリーム / モンキーズ (1967年)
アイル・ビー・ゼア / ジャクソン5 (1970年)
明日に架ける橋 / サイモン&ガーファンクル (1970年)
愛のプレリュード / カーペンターズ (1970年)
愛のゆくえ / マーヴィン・ゲイ (Single Version) (1971年)
アメリカの祈り / エルヴィス・プレスリー (1972年)
~ トーク3 ~
ベンのテーマ / マイケル・ジャクソン (1972年)
タイム・イン・ア・ボトル / ジム・クローチ (1973年)
この道は一度だけ / シールズ&クロフツ (1973年)
悲しみのヒーロー / ヘイウッズ (1974年)
17才の頃 (Single Version) / ジャニス・イアン (1975年)
~ トーク4 ~
歌の贈りもの (Single Edit) / バリー・マニロウ (1976年)
エスケイプ / ルパート・ホームズ (1979年)

Disc 2
~ トーク5 ~
ロンガー / ダン・フォーゲルバーグ (1980年)
ベティ・デイビスの瞳 / キム・カーンズ (1981年)
フィジカル / オリビア・ニュートン・ジョン (1981年)
エボニー・アンド・アイボリー (additional vocals by スティーヴィー・ワンダー) / ポール・マッカートニー (1982年)
黒い瞳のナタリー / フリオ・イグレシアス (1982年)
~ トーク6 ~
カッツ・ライク・ア・ナイフ / ブライアン・アダムス (1983年)
レッツ・ダンス / デヴィッド・ボウイ (1983年)
ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン / シンディ・ローパー (1984年)
シスコはロック・シティ / スターシップ (1985年)
グレイテスト・ラヴ・オブ・オール / ホイットニー・ヒューストン (1986年)
~ トーク7 ~
好きにならずにいられない / コリー・ハート (1987年)
トゥー・ラヴ・ユー・モア (Radio Edit) / セリーヌ・ディオン (1998年)
ビリーヴ / シェール (1999年)
THIS IS IT / マイケル・ジャクソン (2009年)
ファイアーフライズ / アウル・シティー (2009年)
ロックド・アウト・オブ・ヘヴン / ブルーノ・マーズ (2012年)
ハイ・ホープス / ブルース・スプリングスティーン (2014年)
~ トーク8 ~

楽曲の権利関係などで思うような選曲が出来なかったと思われますが、「午後の入江」やプレスリー、バリー・マニロウ、シンディ・ローパーなど基本的な所はしっかり収録されています。「エスケイプ」「ロンガー」「ベティ・デイビスの瞳」は全米トップ40で聴いていたので「さすが、湯川れい子!」の選曲です。思い入れあるんだろうなぁ...と想いを馳せます。ただ、せっかく坂井隆夫とコンビを組むなら、テリ・デサリオ With K.C.のヒット曲「イエス・アイム・レデイ」を何としてでも収録して欲しかったです。坂井隆夫との対訳トーク付きで。次回はぜひ! (^^)

Thanks! ユニバーサル ミュージック ジャパン

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する