つれづれなるままにエジプト・ステーション
Tribute Vlog for Egypt Station
06 | 2018/07 | 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Yesterday  Here Today  Go Now

TV , ラジオ
7/23 27:00~28:00 MUST BE UKTV (ストーン・ザ・クロウズ出演) NHK BSプレミアム
7/25 27:00~28:00 MUST BE UKTV (ジョン・レノン、ポール・マッカートニー出演) NHK BSプレミアム
7/28 15:00~17:25 パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 (吹替版、ポール・マッカートニー出演) WOWOWプライム

イベント
7/25 22:00 ポール・マッカートニー・トーク・セッション
7/29 18:00 ミーフリ・パブ (#1 : ビートルズ雑談会)
8/11 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
8/17 19:00 藤本国彦プロデュース ビートルズの世界 Around The Beatles トーク・イベント第5弾
8/19 10:30 福島空港開港25周年記念 復興支援 ビートルズ・ライブ
8/25 14:00 オール・マッカートニー ~ポール・ザ・ベスト!~ Vol.6 嗚呼!ブロード・ストリート
9/8 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
10/1~8 藤本国彦と行くロンドン+リバプール・ビートルズゆかりの地めぐりの旅
11/22 19:00 ザ・ビートルズ「White Album」リリース50周年記念イベント“Back In The Beatles”
11/29 19:00 伊豆田洋之ポール・マッカートニーを歌う IZUTANEYAMA WINGS 2018
2019/4/22まで Double Fantasy – John + Yoko 英国

本 , 雑誌 , ムック
8/1 ビートルズはここで生まれた 聖地巡礼・ビートルズの旅 from London to Liverpool
8/28 グラフィック・ノベル Yellow Submarine
10/9 イマジン ~ジョン&ヨーコ~
10/10 グラフィック・ノベル Yellow Submarine Limited Edition Box Set
秋 リンゴ・スター Another Day In The Life
年内 The Beatles: Yellow Submarine
2019/1/29 絵本 All you need is LOVE

Blu-ray , DVD
8/8 抱きしめたい Blu-ray + DVD

CD
8/24 ビートルズ A HARD DAY'S NIGHT Sessions
8/24 ビートルズ ウルトラ・レア・トラックス - UK・リールズ・VOL.1
今夏? Music of the Spheres (ポール・マッカートニー参加)
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション 2SHM-CD+2LP
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション SHM-CD
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション CD Target
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション CD HMV
9/7 デニー・サイウェル・トリオ Boomerang
9/28 フィル・コリンズ Plays Well With Others (ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン参加) 海外盤
10/9 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
11月? ビートルズ ホワイト・アルバム (50周年盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

映画
8/25 14:00 オール・マッカートニー ~ポール・ザ・ベスト!~ Vol.6 嗚呼!ブロード・ストリート
11月 エリック・クラプトン ~12小節の人生~ (ビートルズ、ジョージ・ハリスン出演)
秋 ビートルズ The Beatles in India
年内 ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内 A Life In The Day
2019/1 MY GENERATION (ビートルズ、ポール・マッカートニー出演)

アナログ盤
今夏? Music of the Spheres (ポール・マッカートニー参加)
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション (デラックス盤) 2LP
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション (カラー盤) LP
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション (黒盤) LP
10/9 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
11月? ビートルズ ホワイト・アルバム (50周年盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

LIVE
9/1~29 リンゴ・スター 米国
9/17 ポール・マッカートニー カナダ ケベック・シティ the Videotron Centre
9/20 ポール・マッカートニー カナダ モントリオール Bell Centre
9/28 ポール・マッカートニー カナダ ウィニペグ Bell MTS Place
9/30 ポール・マッカートニー カナダ エドモントン Rogers Place
10/5~7、12~14のどこか一日 ポール・マッカートニー Austin City Limits Music Festival 米国
12/3 ポール・マッカートニー ポーランド クラクフ Tauron Arena
12/5 ポール・マッカートニー オーストリア ウィーン Stadthalle
12/6 ポール・マッカートニー オーストリア ウィーン Stadthalle
12/12 ポール・マッカートニー 英国 リバプール Echo Arena
12/14 ポール・マッカートニー 英国 グラスゴー SSE Hydro
12/16 ポール・マッカートニー 英国 ロンドン The O2

デジタル配信
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション

グッズ、アイテム
9/7 ジョン・レノン 切手シート

Freshen Up - Paul McCartney

2018年
7/22~28のどこか 英国 ロンドン ?
9/17 カナダ ケベック・シティ the Videotron Centre
9/20 カナダ モントリオール Bell Centre
9/28 カナダ ウィニペグ Bell MTS Place
9/30 カナダ エドモントン Rogers Place
10/5~7、12~14のどこか一日 米国 Austin City Limits Music Festival
12/3 ポーランド クラクフ Tauron Arena
12/5 オーストリア ウィーン Stadthalle
12/6 オーストリア ウィーン Stadthalle
12/12 英国 リバプール Echo Arena
12/14 英国 グラスゴー SSE Hydro
12/16 英国 ロンドン The O2

2019年



カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


ロジャー・ダルトリー、ビートルズ・ライヴ体験を語る
Roger Daltrey

5月30日に活動50周年を記念するザ・フー・ヒッツ・50ツアーの北アメリカ公演分を終えたザ・フーだが、ロジャー・ダルトリーはビートルズとの公演や新作を作る気にならないわけなどについて語っている。バンドは31日にはロジャーが主宰している10代のガン患者を支援する団体、ティーンエイジ・キャンサー・トラストの米ロサンゼルスでのチャリティ・ライヴにもザ・フーとして出演したが、チャリティの一環として行われるオークションではビートルズのプロデューサーとして有名なジョージ・マーティンの息子が「イエスタデイ」の直筆歌詞原稿のジョージ・マーティンとポール・マッカートニーのサインが入ったリトグラフ複製プリントを出品してくれると明かしていて、団体の資金集めにかなり寄与してくれるはずだと喜びを表している。Rolling Stone 誌の取材に応えてポールとジョン・レノンに初めて会ったのはいつのことか?という問いにロジャーは次のように振り返っている。「1964年、英国のブラックプールのブラックプール・オペラハウスでのライヴで前座を務めたんだ。日曜の晩で俺たちの出番が連中の一つ手前だったんだ。ジョン・レノンが舞台奥の幕の裏で、ピート・タウンゼントのギター・アンプのちょうど背後でずっとピートの演奏を聴いてたってローディーが言ってたのを今でも憶えてるよ。そもそも、フィードバックとかそういう効果を使い出したのはバンドとして俺たちが史上初めてだったんだけど、明らかにジョン・レノンはそれをずっと聴いてたんだよね。で、その次のシングル(アイ・フィール・ファイン)でビートルズはいきなりフィードバックを使い始めたんだよ」。この日のライヴでそれ以外のことで憶えていることはと訊かれるとロジャーは「ビートルズの演奏については音一つさえ聴こえなかったのをよく憶えてるね。ファンの絶叫がね、この世で最も意味のわからないノイズとして襲ってくるんだ。聴けたとしても音楽を聴けるのは2秒くらいで、その後はもう金切声の絨毯爆撃だよ。その後、突然、おしっこの臭いが漂ってくるんだ。ビートルズのファンっていうのは、興奮のあまり失禁しちゃうもんだったんだよね」と答えている。自分たちのファンが失禁することはなかったのかという問いにロジャーは「そんなことはなかったはずだと思うな。俺たち不細工過ぎたから」と答えている。また、ピートの手元に楽曲のストックがいくらでもあることはピート自身も明らかにしていることなので、ザ・フーとしての新作制作は考えられないのかという問いには次のように答えている。「そういう話はしてるんだけどさ、そう簡単にはいかないよね。もうレコード産業というもの自体が存在しないんだから。レコードなんかもう作る気にもならないよ。レコードを作るにはこっちが費用を出さなきゃならないんだから。おまけに印税も入って来ないんだからとても実現させられる話じゃないね。レコード業界っていう世界はもう無いんだよ。レコードの制作費をどうやって捻出してくればいいのか。俺にはわからないんだ。けれども、とりあえず自分の音楽をただでばらまくために自分の身銭を使ってまでレコードを作る気になんか絶対にならないよ。いくら俺だってそこまでの浪費はできないよ。同じ無駄遣いをするにしても他にまだましなことがあるから」。

Q : 音楽業界そのものが絶えず変化にさらされているわけですよね。
ロジャー : すべてかっぱらわれたんだよ。インターネットが幅を利かせてきたやり方は史上最悪の略奪行為だよ。ミュージシャンはもうこの先ただで働けばいいってことなんだからね。

Q : アーティストはストリーミングで収入を得られますが、アルバムやCDで受け取るほどではないですからね。
ロジャー : 君さ、それ冗談でしょ? ストリーミングで金貰ってるなんて、ふざけちゃいけないよ。もう無法地帯なんだから。ミュージシャンは毎日追剥に襲われて強奪されてるんだよ。それが今や映画やテレビやありとあらゆるものにも忍び込んできてるんだよ。よく考えればわかるはずだよ、インターネットというのは、ゆっくりではあるけれども、ありとあらゆるものを破壊してるんだから。そのおかげで人々の生活が良くなったなんて俺は少しも思わないから。ただ、仕事が増やされただけで、増やされた方が何だか前よりちょっと必要とされているのかもって思わされてるだけで、全て嘘っぱちだよ。フェイスブックでいいね!を5万ヒット獲得してなんか必要とされてるような気になってるだけで、全て見せかけだけだから。そんなもん全部ゴミだし(笑) もうちょっと空を見上げてみろっていうんだよ。もうちょっと現実の世界を生きてみろって。

Thanks! ロッキング・オン

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する