つれづれなるままにエジプト・ステーション
Tribute Vlog for Egypt Station
06 | 2018/07 | 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Yesterday  Here Today  Go Now

TV , ラジオ
7/21 6:00~6:55 ビバ!合唱 ポール・マッカートニー「心の翼」を聴く NHK-FM
7/21 9:15~11:30 パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 (字幕版、ポール・マッカートニー出演) WOWOWシネマ
7/23 27:00~28:00 MUST BE UKTV (ストーン・ザ・クロウズ出演) NHK BSプレミアム
7/25 27:00~28:00 MUST BE UKTV (ジョン・レノン、ポール・マッカートニー出演) NHK BSプレミアム
7/28 15:00~17:25 パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 (吹替版、ポール・マッカートニー出演) WOWOWプライム

本 , 雑誌 , ムック
8/1 ビートルズはここで生まれた 聖地巡礼・ビートルズの旅 from London to Liverpool
8/5 グラフィック・ノベル Yellow Submarine
10/9 イマジン ~ジョン&ヨーコ~
秋 リンゴ・スター Another Day In The Life
年内 The Beatles: Yellow Submarine

Blu-ray , DVD
8/8 抱きしめたい Blu-ray + DVD

イベント
8/11 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
8/17 19:00 藤本国彦プロデュース ビートルズの世界 Around The Beatles トーク・イベント第5弾
8/19 10:00 福島空港開港25周年記念 復興支援 ビートルズ・ライブ
8/25 14:00 オール・マッカートニー ~ポール・ザ・ベスト!~ Vol.6 嗚呼!ブロード・ストリート
9/8 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
10/1~8 藤本国彦と行くロンドン+リバプール・ビートルズゆかりの地めぐりの旅
11/22 19:00 ザ・ビートルズ「White Album」リリース50周年記念イベント“Back In The Beatles”
11/29 19:00 伊豆田洋之ポール・マッカートニーを歌う IZUTANEYAMA WINGS 2018
2019/4/22まで Double Fantasy – John + Yoko 英国

CD
8/24 ビートルズ A HARD DAY'S NIGHT Sessions
8/24 ビートルズ ウルトラ・レア・トラックス - UK・リールズ・VOL.1
今夏? Music of the Spheres (ポール・マッカートニー参加)
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション 2SHM-CD+2LP
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション SHM-CD
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション CD Target
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション CD HMV
9/7 デニー・サイウェル・トリオ Boomerang
9/28 フィル・コリンズ Plays Well With Others (ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン参加) 海外盤
10/9 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
11月? ビートルズ ホワイト・アルバム (50周年盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

映画
8/25 14:00 オール・マッカートニー ~ポール・ザ・ベスト!~ Vol.6 嗚呼!ブロード・ストリート
11月 エリック・クラプトン ~12小節の人生~ (ビートルズ、ジョージ・ハリスン出演)
秋 ビートルズ The Beatles in India
年内 ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内 A Life In The Day
2019年1月 MY GENERATION (ビートルズ、ポール・マッカートニー出演)

アナログ盤
今夏? Music of the Spheres (ポール・マッカートニー参加)
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション (デラックス盤) 2LP
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション (カラー盤) LP
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション (黒盤) LP
10/9 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
11月? ビートルズ ホワイト・アルバム (50周年盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

LIVE
9/1~29 リンゴ・スター 米国
9/17 ポール・マッカートニー カナダ ケベック・シティ the Videotron Centre
9/20 ポール・マッカートニー カナダ モントリオール Bell Centre
9/28 ポール・マッカートニー カナダ ウィニペグ Bell MTS Place
9/30 ポール・マッカートニー カナダ エドモントン Rogers Place
10/5~7、12~14のどこか一日 ポール・マッカートニー Austin City Limits Music Festival 米国
12/3 ポール・マッカートニー ポーランド クラクフ Tauron Arena
12/5 ポール・マッカートニー オーストリア ウィーン Stadthalle
12/12 ポール・マッカートニー 英国 リバプール Echo Arena
12/14 ポール・マッカートニー 英国 グラスゴー SSE Hydro
12/16 ポール・マッカートニー 英国 ロンドン The O2

デジタル配信
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション

グッズ、アイテム
9/7 ジョン・レノン 切手シート

Freshen Up - Paul McCartney

2018年
9/17 カナダ ケベック・シティ the Videotron Centre
9/20 カナダ モントリオール Bell Centre
9/28 カナダ ウィニペグ Bell MTS Place
9/30 カナダ エドモントン Rogers Place
10/5~7、12~14のどこか一日 米国 Austin City Limits Music Festival
12/3 ポーランド クラクフ Tauron Arena
12/5 オーストリア ウィーン Stadthalle
12/12 英国 リバプール Echo Arena
12/14 英国 グラスゴー SSE Hydro
12/16 英国 ロンドン The O2

2019年



カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


ヘンリーさん、安らかに
今から11年前の2005年10月、東京・池袋にある中古レコード屋だるまや店長との友情からヘンリー・マッカロックが来日し、東京と京都でのLIVE演奏が行われました。プロモーターが招聘したビジネス的な日本公演ではなく、個人と個人との友情から実現した来日&演奏でした。この時がヘンリー・マッカロックの生涯唯一の日本でのLIVE演奏となりました。当時、ブログを始めていた私は雑誌記事を通して店長と知り合い、東京でのLIVE後にヘンリーさんに紹介してもらったことからインタビューをさせて頂くことが出来ました。2005年10月19日、来日実現の御礼を込めて日本のウイングス・ファン数人と一緒にウエルカム・ランチを企画し、ヘンリーさんとパートナーのジョシーさん、そしてヘンリー・マッカロック来日を実現してくれた店長を招待させて頂きました。これがまた、マニア度が濃いランチで、何せ、ウイングス初期のギターリストであり、生きるブリティッシュ・スワンプ/パブ・ロックの歴史な方なので何を話されても感激することばかりで、「ジョー・コッカーの With A Little Help From My Friend のギターはジミー・ペイジが弾いたんだ」とか、ウッドストックの話とか、「C Moon はビデオと一緒で自分がドラムを叩いているんだ。レコーディングの時、デニー・サイウェルは用事があって居なかったんだ。ビデオには参加してるけどね」などといったウイングス時代の貴重な話を当事者であるヘンリーさんが何気なく話すので聞いてる方が口をあんぐりしながら食事を忘れて聞き入ってしいました。ランチの後、場所を変えてお茶しながらヘンリーさんにインタビューさせて頂きました。

Henry McCullough

ヘンリー・マッカロックと言えば、天下のポール・マッカートニーに反旗を翻し、ケツまくってウイングスを脱退した血の気の多いアイルランド人といったイメージでしたが、実際に会うと穏やかでユーモアがある紳士でした。インタビューではウイングス加入について、ツアー中のビートルズ・ナンバー演奏について、アルバム「レッド・ローズ・スピードウェイ」のこと、アルバム「バンド・オン・ザ・ラン」レコーディング時のポールとの衝突についてなどなど、ファン丸出しの質問ばかりでしたが、どんな質問にも丁寧に答えてくれました。「シングル「アイルランドに平和を」のB面(インストゥルメンタル・バージョン)を弾くのは楽しかった」「ウイングスはポールの(ワンマン)バンドだったのでグリン・ジョンズに権限は無かった」とか、「マイ・ラヴ」のギターソロをレコーディングした時のエピソード(同席していたジョージ・マーティンの顔の表情も(笑))、リハーサル時にポールを殴った話の真相やデニー・サイウェル脱退時の話など、今思うと「聞く方も聞く方だけど、答える方も答える方だよなぁ...」といった感じですが楽しく嬉しい時間を過ごさせて頂きました。インタビュー内容はいずれウイングス本に掲載する予定なのでお楽しみに!とは言え、もう一つだけ。1973年のTVスペシャル「James Paul McCartney」のオープニングと同じく、バイオグラフィーについてヘンリーさんに伺いました。当時のものと比較すると面白いかもしれません。

1973年
Born : July 21st 1943
Country : Derry, Ireland
Hair : Fair *1
Eyes : Blue
Weight : 10 stone *2
Favorite Color: Green (naturally)
Favorite Food : Irish Stew (of course)
Comments : Hate getting up early, and filling out questionnaires

2005年
Born : 21-7-43
Country : Ireland
Hair : Fair
Eyes : Blue
Weight : 10 1/2 stone *3
Favorite Color: Green
Favorite Food : Japanese
Comments : *4

*1 黒髪と白髪のやや中間に位置する色で「金髪」と言ってもいい色
*2 約63.5kg
*3 約66.6kg
*4 未記載

インタビューが終わった後。「自分は WINGSFAN というウイングスのトリビュートLIVEイベントを開催していて今年(2005年)で5回目です」って話したところ、ヘンリーさんは「Fantastic!」と言って、「ウイングスのトリビュートLIVEなんて聞いたことないよ。日本でしかない世界初のイベントだぞ。すごいなぁ」と(英語で)言ってくれました。嬉しかった~! 嬉しさのあまり、死にかけました(笑)

Liverpool 08

時は流れて3年後の2008年6月2日。前日(6/1)英リバプールでポール・マッカートニーのコンサートを見た後、そのまま徹夜で始発の飛行機に載ってベルファストに行き、空港でヘンリーさんに会いました。実は WINGSFAN への出演OKをヘンリーさんから頂いていたので具体的な内容を詰めるため、詳細打合せのためベルフストに行ったのです。空港近くのホテルのロビーで打合せようと思ったところ、ヘンリーさんから「近いからウチにおいでよ」と言われ、目を丸くしながらヘンリーさん車に乗って自宅に伺いました。時速90km/hで1時間近く飛ばし、「どこが近くじゃ」と思いつつも窓から見える光景は北海道の牧草地帯と似ていて懐かしい感じでした。「昨日、ポールのコンサートに行き、アリーナで見ていた」と話すと「ベルファストでもTV中継していたけど見なかった」といった感じの会話をしつつ、ヘンリーさんの自宅に着くとパートナーのジョシーさんが朝食を用意しており、同行の友人と一緒に4人でブランチを頂きつつ、WINGSFAN出演の話、サインやメッセージを頂いたり、自宅や庭を案内して頂いたり、ちょうどこの頃に離婚係争中だったポール・マッカートニーから届いた手紙を見せて頂いたりして、時間が経つのも忘れ、驚きと感動に満ち溢れた時間を過ごしました。ここで長居したことがこの後、ベルファスト空港とロンドンでとんでもないことになってしまうのですが、それはまた別の機会に。この時の日本出発からの旅日記というか記録メモを今も持っているので、いずれ何かの折に書きます、たぶん。

Henry McCullough

ヘンリーさんへの追悼文を書こうとしたものの、気の利いた文章を書けず、つらつらと思い出話を書き連ねた感じになってしまいましたが、これもまた良いかな。ヘンリーさんのWINGSFAN出演は2010年開催の WINGSFAN10 で実現予定でしたが、この年に父親が入院・死去したことで受け入れ準備が十分に出来ないことから出演延期とし、2012年にスケジュールするも今度はヘンリーさん自身が心臓発作で倒れたため、実現しないまま今日に至りました。WINGSFAN出演は実現はしなかったけど、ヘンリーさんが出演を快諾してくれた、その気持ちがとても嬉しく、良い思い出として残りました。ヘンリーさん、パートナーのジョシーさん、そして、ヘンリーさんと引き合せてくれた店長に深く感謝します。 ヘンリーさん、機会があればどこかで一緒に演りましょう (^^)w

R.I.P. Henry McCullough

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する