つれづれなるままにWINGSFAN
Tribute Vlog for Wings Greatest 40th anniversary
01 | 2018/02 | 03
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
Yesterday  Here Today  Go Now
本 , 雑誌 , ムック
2/24まで The Beatles 音源徹底分析(一部内容) 無料ダウンロード
2/26 麗しき70年代ロック・スター伝説 8ビートギャグ リターンズ (ビートルズ・ネタ掲載)
3/6 MUSIC LIFE ジョンとヨーコのバラッド
3/9 ジョン・レノンの流儀(仮) 1964-1980 対話録
3/12 ウェルカム! ビートルズ 1966年の武道館公演を成功させたビジネスマンたち
3/19 ヒプノシス全作品集
年内 ジョン・レノン Imagine
年内 The Beatles: Yellow Submarine

イベント
2/25 15:00 青猫書房 モノラル・レコードを聴く会 ビートルズのリアルタイムの音を聴く
2/25 18:30 レコスケと祝おう ~ ジョージ・ハリスン生誕祭 2018
2/27~3/29 本秀康展「ロックとマンガ」
3/10 13:00 ビートルズ・アルバム・ヒストリー 1966-1970 「リボルバー」から「レット・イット・ビー」まで
3/11 17:00 藤本国彦プロデュース ビートルズの世界 Around The Beatles トーク・イベント
3/11まで ジョージ・ハリスン アイ・ミー・マイン展
3/11まで ロックの殿堂ジャパンミュージアム
3/24 12:30 ビートルズ・アナログ鑑賞会 Vol.18 ピーター・バラカン出演
4/8 FOOL On The HOLIDAY
4/8まで ONTEN ~LOVE + ROCK ビートルズ × 忌野清志郎~
4/14 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
4/24~5/5 Lennon's Banjo 英国
5/12 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
6/9 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
7/14 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
8/11 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
9/8 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説

CD
2/28 ビートルズ ザ・コンプリート・スタークラブ・テープス1962
3/28 グレープフルーツ イエスタデイズ・サンシャイン ロンドン・セッションズ 67-68
4/4 ダニー・アドラー ビット・オブ・ビートルズ
年内 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

Blu-ray , DVD
3/28 演劇女子部 一枚のチケット ~ビートルズがやってくる~

グッズ
3/31 ビニールフィギュア ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター、イエロー・サブマリン

映画
春 Concert For George 米国
5月 犬ヶ島 (オノ・ヨーコ声優参加)
7/8 イエローサブマリン <新デジタル・リマスター版>
秋 ビートルズ The Beatles in India
年内 ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内 A Life In The Day

アナログ盤
年内 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム


カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


ビートルズ来日50周年記念写真展 ジョン・レノン着用法被などゆかりの品も多数展示
ロバート・ウィテカー写真展

25日、ビートルズ来日50周年を記念した ロバート・ウィテカー写真展 が東京都中野区の中野区温暖化対策推進オフィスで始まった(大人500円、学生300円(要学生証)、小学生100円。午前11時~午後7時、9月4日まで。ビートルズの公式カメラマンとして東京公演を“内側”から記録したウィテカーの写真60点と羽田空港に降り立った時にジョン・レノンが着ていた法被など、ゆかりの品々が多数展示されている。“外側”のカメラマンの写真とは異なり、ウィテカーの写真にはチャーミングな4人の屈託のない素顔が記録されており、改めて4人の若者に魅了されてしまう。この日行われたオープニング・イベントには、ビートルズがデビュー前に演奏をしていたリバプールのキャバーン・クラブの音楽プロデューサー兼アーティストであるジョン・キーツが登場し、ギターの弾き語りで「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」や「イマジン」などジョン・レノンゆかりの9曲を歌い、会場を大いに盛り上げた。次いでジョン・レノンの妹ジュリア・ベアードが登壇し、芸術的才能豊かな母ジュリアの影響で音楽に目覚め、バンジョーと出会いスキッフル・バンドを組んで音楽活動を始めたジョンが、ポール、そしてジョージと出会い、「キッチンから世界へ」羽ばたいていった姿を愛情をこめて語った。展示会場には10代から80代まで幅広い年代の人々が訪れ、初めて目にすることも多いであろう写真と、そこに付された丁寧なキャプションにじっと目をこらしていた。都内から夫婦で訪れた月本正は「ビートルズが来日したときには生まれていませんでしたが、兄の影響で聴き始め、いまも聴いています。これからも聴き続けると思います。彼らの音楽はシンプルに心に飛び込んでくるところが素晴らしい」と話した。特に好きな曲はと質問すると、しばらく考え込んで「プリーズ・プリーズ・ミー」と答えた。ビートルズが羽田空港に到着したのは1966年6月29日午前3時39分のこと。こんな時刻になったのは台風の影響でアラスカのアンカレジ空港で日航機が12時間も待機するはめになったためだ。公演は日本武道館で6月30日、7月1日、7月2日の3日間、計5回行われた。司会はE.H.エリックが務め、前座として尾藤イサオ、内田裕也、望月浩、桜井五郎、ジャッキー吉川とブルーコメッツ、ブルージーンズ、ザ・ドリフターズ(6月30日・7月1日のみ)が舞台に上がった。披露されたのは「ロック・アンド・ロール・ミュージック」「シーズ・ア・ウーマン」「恋をするなら」「デイ・トリッパー」「ベイビーズ・イン・ブラック」「アイ・フィール・ファイン」「イエスタデイ」「彼氏になりたい」「ひとりぼっちのあいつ」「ペイパーバック・ライター」「アイム・ダウン」。7月3日には次の公演地であるフィリピンのマニラに向かって飛び立っていった。とんでもない事件に巻き込まれるのも知らず... 事件は当時の大統領夫人イメルダ・マルコス主催のパーティーをビートルズがすっぽかしたというデマが原因で起こった。マネジャーのブライアン・エプスタインは事前に断っていたが、現地のプロモーターがメンツのためにイメルダ夫人サイドに伝えなかったのだ。翌日の新聞は「ビートルズ、大統領一家を侮辱!」と報じ、テレビではイメルダ夫人が「裏切られた!」と叫ぶシーンが放映された。ビートルズは空港で怒ったフィリピン国民にもみくちゃにされ、飛行機の離陸許可も出ない状態に追い込まれるのだ。さらに8月に予定していた全米ツアーの直前、ジョンがその年の3月にジョークで口にした言葉が米国で大問題となり、全米でビートルズボイコット運動が起こる。ジョンのジョークとはこうだ。「キリスト教はいずれ衰退して駄目になるだろう。これはあきらかなことで、僕の言うことは間違っていない。歴史が証明してくれるはずだ。ビートルズは今やイエス・キリストよりも人気がある。キリスト教とロックとどちらが先に駄目になるか何とも言えないけどね」。結局、ビートルズは8月29日のサンフランシスコ公演を最後にコンサート活動を中止し、スタジオにこもってしまうのである。今にして思えば、50年前の日本公演こそ、4人にとって無邪気な青春の輝きを放った最後の舞台だったのかもしれない。ウィテカーの写真を見ながらこんなことを思うのであった。

Thanks! 産経新聞

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する