つれづれなるままにエジプト・ステーション
Tribute Vlog for Egypt Station
06 | 2018/07 | 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Yesterday  Here Today  Go Now

イベント
7/20 19:00 藤本国彦プロデュース ビートルズの世界 Around The Beatles トーク・イベント第4弾
8/11 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
8/17 19:00 藤本国彦プロデュース ビートルズの世界 Around The Beatles トーク・イベント第5弾
8/19 10:00 福島空港開港25周年記念 復興支援 ビートルズ・ライブ
8/25 14:00 オール・マッカートニー ~ポール・ザ・ベスト!~ Vol.6 嗚呼!ブロード・ストリート
9/8 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
10/1~8 藤本国彦と行くロンドン+リバプール・ビートルズゆかりの地めぐりの旅
11/22 19:00 ザ・ビートルズ「White Album」リリース50周年記念イベント“Back In The Beatles”
11/29 19:00 伊豆田洋之ポール・マッカートニーを歌う IZUTANEYAMA WINGS 2018
2019/4/22まで Double Fantasy – John + Yoko 英国

TV , ラジオ
7/21 9:15~11:30 パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 (字幕版、ポール・マッカートニー出演) WOWOWシネマ
7/23 27:00~28:00 MUST BE UKTV (ストーン・ザ・クロウズ出演) NHK BSプレミアム
7/25 27:00~28:00 MUST BE UKTV (ジョン・レノン、ポール・マッカートニー出演) NHK BSプレミアム
7/28 15:00~17:25 パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 (吹替版、ポール・マッカートニー出演) WOWOWプライム

本 , 雑誌 , ムック
8/1 ビートルズはここで生まれた 聖地巡礼・ビートルズの旅 from London to Liverpool
8/5 グラフィック・ノベル Yellow Submarine
10/9 イマジン ~ジョン&ヨーコ~
秋 リンゴ・スター Another Day In The Life
年内 The Beatles: Yellow Submarine

Blu-ray , DVD
8/8 抱きしめたい Blu-ray + DVD

CD
8/24 ビートルズ A HARD DAY'S NIGHT Sessions
8/24 ビートルズ ウルトラ・レア・トラックス - UK・リールズ・VOL.1
今夏? Music of the Spheres (ポール・マッカートニー参加)
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション 2SHM-CD+2LP
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション SHM-CD
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション CD Target
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション CD HMV
9/7 デニー・サイウェル・トリオ Boomerang
10/9 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
11月? ビートルズ ホワイト・アルバム (50周年盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

映画
8/25 14:00 オール・マッカートニー ~ポール・ザ・ベスト!~ Vol.6 嗚呼!ブロード・ストリート
秋 エリック・クラプトン ~12小節の人生~ (ビートルズ、ジョージ・ハリスン出演)
秋 ビートルズ The Beatles in India
年内 ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内 A Life In The Day

アナログ盤
今夏? Music of the Spheres (ポール・マッカートニー参加)
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション (デラックス盤) 2LP
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション (カラー盤) LP
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション (黒盤) LP
10/9 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
11月? ビートルズ ホワイト・アルバム (50周年盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

LIVE
9/1~29 リンゴ・スター 米国
9/17 ポール・マッカートニー カナダ ケベック・シティ the Videotron Centre
9/20 ポール・マッカートニー カナダ モントリオール Bell Centre
9/28 ポール・マッカートニー カナダ ウィニペグ Bell MTS Place
9/30 ポール・マッカートニー カナダ エドモントン Rogers Place
10/5~7、12~14のどこか一日 ポール・マッカートニー Austin City Limits Music Festival 米国
12/3 ポール・マッカートニー ポーランド クラクフ Tauron Arena
12/5 ポール・マッカートニー オーストリア ウィーン Stadthalle
12/12 ポール・マッカートニー 英国 リバプール Echo Arena
12/14 ポール・マッカートニー 英国 グラスゴー SSE Hydro
12/16 ポール・マッカートニー 英国 ロンドン The O2

デジタル配信
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション

グッズ、アイテム
9/7 ジョン・レノン 切手シート

Freshen Up - Paul McCartney

2018年
9/17 カナダ ケベック・シティ the Videotron Centre
9/20 カナダ モントリオール Bell Centre
9/28 カナダ ウィニペグ Bell MTS Place
9/30 カナダ エドモントン Rogers Place
10/ 5~ 7 米国 Austin City Limits Music Festival
10/12~14 米国 Austin City Limits Music Festival
12/3 ポーランド クラクフ Tauron Arena
12/5 オーストリア ウィーン Stadthalle
12/12 英国 リバプール Echo Arena
12/14 英国 グラスゴー SSE Hydro
12/16 英国 ロンドン The O2

2019年



カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


チケットは2100円! ザ・ビートルズ初来日の裏側〈週刊朝日〉
週刊朝日 2016年7月8日号

1966(昭和41)年4月7日、かねて噂されていたザ・ビートルズの初来日が決定したと新聞各紙が報じた。日程や会場など詳細は不明。日本中に衝撃が走った。音楽誌「ミュージック・ライフ」は、20日発売の号で異例の号外を挟み込んで特集した。主催の読売新聞社が5月3日に社告を出し、公演は6月30日、7月1、2日、日本武道館で実施すると発表。2年前の東京五輪・柔道に沸いた武道館が、今度はロックコンサートの会場として注目を集めた。ザ・タイガースの前身・ファニーズのベーシストだった岸部一徳(当時19)は当時、京都在住だった。「見たいというより、行かないといけないという気分でした。ファニーズでビートルズの曲もやっていて、ポールと同じモデルのベースギターも買いました。来日公演はトッポ(加橋かつみ)がいちばん盛り上がっていましたかね。日ごろからおとなしいジュリー(沢田研二)は静かに興奮を抑えているようでした」。テレビ中継が予定され、スポンサーはライオン歯磨、ライオン油脂に決まる。当初用意されたチケットは3日間で約3万枚。A~C席のうち、前方のA席は2100円。往復はがきによる抽選販売だった。本誌連載でおなじみの作家・桐野夏生(当時14)が言う。「小6のころから深夜ラジオでポップスを聴くのが日課だった私はビートルズに狂いました。往復はがきは家族6人分応募して、私の名前のものが1枚だけ当たりました。運命を感じました(笑)」。武道館へ ―― 岸部をはじめファニーズの面々は京都から夜行列車で東京へ向かう。当時、高2でやはり京都にいたばんばひろふみは「ビートルズを見にいった生徒は退学だと、学校側に通告された」と、後のラジオ番組で語っていた。「たぶん、ビートルズというのは、二度とこうへんぞ。そやけど、高校は他にいっぱいあるぞ」。結局、「幕末の志士のような感じで」上京したが、退学にはならなかったとか。来日時のビートルズはアルバム「ラバー・ソウル」、シングル「ペイパーバック・ライター」をリリースした時期。日本の若者に与えた影響も大きかった。後に活躍するミュージシャンたちは「コーラスワークが衝撃だった」と声をそろえる。宇崎竜童(当時20)が言う。「FENから流れてきた「抱きしめたい」。それまで聴いてきたアメリカン・ポップスともロックンロールとも違う。僕たちの世代のための音楽を歌ってくれているとはっきり感じた」。ザ・ドリフターズの高木ブー(当時33)の証言。「僕らはプレスリー世代だけど、彼らは1人でなく、4人で歌う。そのハーモニーが、ハワイアンをやってきた僕にはおもしろく感じられた。ドリフターズでも「ハード・デイズ・ナイト」とか、カバーしましたよ」。岸部もこう話す。「演奏をしながらコーラスをする。そのスタイルにタイガースも大きな影響を受けています」。

Thanks! 週刊朝日

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する