つれづれなるままにWINGSFAN
Tribute Vlog for Wings Greatest 40th anniversary
01 | 2018/02 | 03
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
Yesterday  Here Today  Go Now
本 , 雑誌 , ムック
2/24まで The Beatles 音源徹底分析(一部内容) 無料ダウンロード
2/26 麗しき70年代ロック・スター伝説 8ビートギャグ リターンズ (ビートルズ・ネタ掲載)
3/6 MUSIC LIFE ジョンとヨーコのバラッド
3/9 ジョン・レノンの流儀(仮) 1964-1980 対話録
3/12 ウェルカム! ビートルズ 1966年の武道館公演を成功させたビジネスマンたち
3/19 ヒプノシス全作品集
年内 ジョン・レノン Imagine
年内 The Beatles: Yellow Submarine

イベント
2/25 15:00 青猫書房 モノラル・レコードを聴く会 ビートルズのリアルタイムの音を聴く
2/25 18:30 レコスケと祝おう ~ ジョージ・ハリスン生誕祭 2018
2/27~3/29 本秀康展「ロックとマンガ」
3/10 13:00 ビートルズ・アルバム・ヒストリー 1966-1970 「リボルバー」から「レット・イット・ビー」まで
3/11 17:00 藤本国彦プロデュース ビートルズの世界 Around The Beatles トーク・イベント
3/11まで ジョージ・ハリスン アイ・ミー・マイン展
3/11まで ロックの殿堂ジャパンミュージアム
3/24 12:30 ビートルズ・アナログ鑑賞会 Vol.18 ピーター・バラカン出演
4/8 FOOL On The HOLIDAY
4/8まで ONTEN ~LOVE + ROCK ビートルズ × 忌野清志郎~
4/14 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
4/24~5/5 Lennon's Banjo 英国
5/12 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
6/9 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
7/14 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
8/11 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
9/8 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説

CD
2/28 ビートルズ ザ・コンプリート・スタークラブ・テープス1962
3/28 グレープフルーツ イエスタデイズ・サンシャイン ロンドン・セッションズ 67-68
4/4 ダニー・アドラー ビット・オブ・ビートルズ
年内 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

Blu-ray , DVD
3/28 演劇女子部 一枚のチケット ~ビートルズがやってくる~

グッズ
3/31 ビニールフィギュア ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター、イエロー・サブマリン

映画
春 Concert For George 米国
5月 犬ヶ島 (オノ・ヨーコ声優参加)
7/8 イエローサブマリン <新デジタル・リマスター版>
秋 ビートルズ The Beatles in India
年内 ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内 A Life In The Day

アナログ盤
年内 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム


カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


チケットは2100円! ザ・ビートルズ初来日の裏側〈週刊朝日〉
週刊朝日 2016年7月8日号

1966(昭和41)年4月7日、かねて噂されていたザ・ビートルズの初来日が決定したと新聞各紙が報じた。日程や会場など詳細は不明。日本中に衝撃が走った。音楽誌「ミュージック・ライフ」は、20日発売の号で異例の号外を挟み込んで特集した。主催の読売新聞社が5月3日に社告を出し、公演は6月30日、7月1、2日、日本武道館で実施すると発表。2年前の東京五輪・柔道に沸いた武道館が、今度はロックコンサートの会場として注目を集めた。ザ・タイガースの前身・ファニーズのベーシストだった岸部一徳(当時19)は当時、京都在住だった。「見たいというより、行かないといけないという気分でした。ファニーズでビートルズの曲もやっていて、ポールと同じモデルのベースギターも買いました。来日公演はトッポ(加橋かつみ)がいちばん盛り上がっていましたかね。日ごろからおとなしいジュリー(沢田研二)は静かに興奮を抑えているようでした」。テレビ中継が予定され、スポンサーはライオン歯磨、ライオン油脂に決まる。当初用意されたチケットは3日間で約3万枚。A~C席のうち、前方のA席は2100円。往復はがきによる抽選販売だった。本誌連載でおなじみの作家・桐野夏生(当時14)が言う。「小6のころから深夜ラジオでポップスを聴くのが日課だった私はビートルズに狂いました。往復はがきは家族6人分応募して、私の名前のものが1枚だけ当たりました。運命を感じました(笑)」。武道館へ ―― 岸部をはじめファニーズの面々は京都から夜行列車で東京へ向かう。当時、高2でやはり京都にいたばんばひろふみは「ビートルズを見にいった生徒は退学だと、学校側に通告された」と、後のラジオ番組で語っていた。「たぶん、ビートルズというのは、二度とこうへんぞ。そやけど、高校は他にいっぱいあるぞ」。結局、「幕末の志士のような感じで」上京したが、退学にはならなかったとか。来日時のビートルズはアルバム「ラバー・ソウル」、シングル「ペイパーバック・ライター」をリリースした時期。日本の若者に与えた影響も大きかった。後に活躍するミュージシャンたちは「コーラスワークが衝撃だった」と声をそろえる。宇崎竜童(当時20)が言う。「FENから流れてきた「抱きしめたい」。それまで聴いてきたアメリカン・ポップスともロックンロールとも違う。僕たちの世代のための音楽を歌ってくれているとはっきり感じた」。ザ・ドリフターズの高木ブー(当時33)の証言。「僕らはプレスリー世代だけど、彼らは1人でなく、4人で歌う。そのハーモニーが、ハワイアンをやってきた僕にはおもしろく感じられた。ドリフターズでも「ハード・デイズ・ナイト」とか、カバーしましたよ」。岸部もこう話す。「演奏をしながらコーラスをする。そのスタイルにタイガースも大きな影響を受けています」。

Thanks! 週刊朝日

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する