つれづれなるままにエジプト・ステーション
Tribute Vlog for Egypt Station
06 | 2018/07 | 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Yesterday  Here Today  Go Now

TV , ラジオ
7/23 27:00~28:00 MUST BE UKTV (ストーン・ザ・クロウズ出演) NHK BSプレミアム
7/25 27:00~28:00 MUST BE UKTV (ジョン・レノン、ポール・マッカートニー出演) NHK BSプレミアム
7/28 15:00~17:25 パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 (吹替版、ポール・マッカートニー出演) WOWOWプライム

本 , 雑誌 , ムック
8/1 ビートルズはここで生まれた 聖地巡礼・ビートルズの旅 from London to Liverpool
8/5 グラフィック・ノベル Yellow Submarine
10/9 イマジン ~ジョン&ヨーコ~
秋 リンゴ・スター Another Day In The Life
年内 The Beatles: Yellow Submarine

Blu-ray , DVD
8/8 抱きしめたい Blu-ray + DVD

イベント
8/11 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
8/17 19:00 藤本国彦プロデュース ビートルズの世界 Around The Beatles トーク・イベント第5弾
8/19 10:00 福島空港開港25周年記念 復興支援 ビートルズ・ライブ
8/25 14:00 オール・マッカートニー ~ポール・ザ・ベスト!~ Vol.6 嗚呼!ブロード・ストリート
9/8 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
10/1~8 藤本国彦と行くロンドン+リバプール・ビートルズゆかりの地めぐりの旅
11/22 19:00 ザ・ビートルズ「White Album」リリース50周年記念イベント“Back In The Beatles”
11/29 19:00 伊豆田洋之ポール・マッカートニーを歌う IZUTANEYAMA WINGS 2018
2019/4/22まで Double Fantasy – John + Yoko 英国

CD
8/24 ビートルズ A HARD DAY'S NIGHT Sessions
8/24 ビートルズ ウルトラ・レア・トラックス - UK・リールズ・VOL.1
今夏? Music of the Spheres (ポール・マッカートニー参加)
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション 2SHM-CD+2LP
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション SHM-CD
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション CD Target
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション CD HMV
9/7 デニー・サイウェル・トリオ Boomerang
9/28 フィル・コリンズ Plays Well With Others (ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン参加) 海外盤
10/9 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
11月? ビートルズ ホワイト・アルバム (50周年盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

映画
8/25 14:00 オール・マッカートニー ~ポール・ザ・ベスト!~ Vol.6 嗚呼!ブロード・ストリート
11月 エリック・クラプトン ~12小節の人生~ (ビートルズ、ジョージ・ハリスン出演)
秋 ビートルズ The Beatles in India
年内 ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内 A Life In The Day
2019年1月 MY GENERATION (ビートルズ、ポール・マッカートニー出演)

アナログ盤
今夏? Music of the Spheres (ポール・マッカートニー参加)
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション (デラックス盤) 2LP
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション (カラー盤) LP
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション (黒盤) LP
10/9 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
11月? ビートルズ ホワイト・アルバム (50周年盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

LIVE
9/1~29 リンゴ・スター 米国
9/17 ポール・マッカートニー カナダ ケベック・シティ the Videotron Centre
9/20 ポール・マッカートニー カナダ モントリオール Bell Centre
9/28 ポール・マッカートニー カナダ ウィニペグ Bell MTS Place
9/30 ポール・マッカートニー カナダ エドモントン Rogers Place
10/5~7、12~14のどこか一日 ポール・マッカートニー Austin City Limits Music Festival 米国
12/3 ポール・マッカートニー ポーランド クラクフ Tauron Arena
12/5 ポール・マッカートニー オーストリア ウィーン Stadthalle
12/12 ポール・マッカートニー 英国 リバプール Echo Arena
12/14 ポール・マッカートニー 英国 グラスゴー SSE Hydro
12/16 ポール・マッカートニー 英国 ロンドン The O2

デジタル配信
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション

グッズ、アイテム
9/7 ジョン・レノン 切手シート

Freshen Up - Paul McCartney

2018年
9/17 カナダ ケベック・シティ the Videotron Centre
9/20 カナダ モントリオール Bell Centre
9/28 カナダ ウィニペグ Bell MTS Place
9/30 カナダ エドモントン Rogers Place
10/5~7、12~14のどこか一日 米国 Austin City Limits Music Festival
12/3 ポーランド クラクフ Tauron Arena
12/5 オーストリア ウィーン Stadthalle
12/12 英国 リバプール Echo Arena
12/14 英国 グラスゴー SSE Hydro
12/16 英国 ロンドン The O2

2019年



カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


若者変えた熱狂、後世に 船橋出身のビートルマニア・野口さん、書籍で発信へ
野口淳さんわずか11曲でアンコールなしの30分余りのステージに日本中がシビレた。初来日したビートルズの武道館公演から、今日30日で50年。あのころの熱狂を語り継ごうと千葉県船橋市出身の“ビートルマニア”が来月、歴史に残る公演を見たファンらのインタビュー集を出版する。当時「不良」と批判された彼らの音楽は小さな島国に何をもたらしたのか、半世紀が経過した今、静かに問い掛ける。「大人たちが「長髪のワルが来る」って騒いでいて。来ないでくれ~と必死に願っていましたよ」。1966年6月29日、計5回の武道館公演のため、初めて極東の地を踏んだビートルズ。船橋市出身でマニア歴約45年の高校教諭、野口淳さん(59)はまだ彼らの存在に懐疑的だった当時9歳の自分を振り返る。ギターを持っているだけで「不良」と後ろ指さされた時代。長髪、ロックなどもってのほかだったが、公演を境に世間の評価は一変する。「まじめなバンドで“無害”であることが分かったから。そして若者は彼らに自由を見た。やりたいことをやっていいんだと、日本公演から学んだ」。音楽もファッションも夢も全てが自由。「大人の言うことが絶対だった時代に4人の生き方は若者の意識を変えたんです」。来日公演は経験していないものの、中学2年以降、音楽好きだった兄の影響ですっかりとりこに。名曲「レット・イット・ビー」をきっかけにレコード収集にのめり込む。「理由は自分でも分からない。理屈抜きにひかれるものがビートルズにはあった」「この目で見たかった。それだけが心残り」という日本公演のチケットやパンフレットはオークションを渡り歩いてゲット。自慢のビートルズコレクションは今や1万点以上に上る。今は休館中だが、数年前にはコレクションを展示した私設資料館を出身地の千葉県船橋市に開館。教鞭を執る学校でも教え子や同僚から「ビートルズの先生」と呼ばれる有名人だ。そして今は、ビートルズへの情熱を「情報発信」に注ぐ。「日本の若者を変えた、当時の熱狂ぶりを残しておきたい」と昨年、来日公演を見た当時10代のファンらのインタビュー集出版を決意。約1年かけて約30人を取材し、新聞や書籍で当時の社会情勢や風俗も調査した。集大成となるビートルズレポート ビートルズを観た! は来月12日に発売決定。私設資料館の再開も前向きに検討中という。「ビートルズを聴く教え子はほんの数人」とファンの高齢化を実感。「若者がどうやって自由を手に入れたのか。ビートルズを通して学ぶことは多いはず」と色あせることない魅力を今後も語り継いでいく。

Thanks! 千葉日報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する