つれづれなるままにWINGSFAN
Tribute Vlog for Wings Greatest 40th anniversary
01 | 2018/02 | 03
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
Yesterday  Here Today  Go Now
本 , 雑誌 , ムック
2/24まで The Beatles 音源徹底分析(一部内容) 無料ダウンロード
2/26 麗しき70年代ロック・スター伝説 8ビートギャグ リターンズ (ビートルズ・ネタ掲載)
3/6 MUSIC LIFE ジョンとヨーコのバラッド
3/9 ジョン・レノンの流儀(仮) 1964-1980 対話録
3/12 ウェルカム! ビートルズ 1966年の武道館公演を成功させたビジネスマンたち
3/19 ヒプノシス全作品集
年内 ジョン・レノン Imagine
年内 The Beatles: Yellow Submarine

イベント
2/25 15:00 青猫書房 モノラル・レコードを聴く会 ビートルズのリアルタイムの音を聴く
2/25 18:30 レコスケと祝おう ~ ジョージ・ハリスン生誕祭 2018
2/27~3/29 本秀康展「ロックとマンガ」
3/10 13:00 ビートルズ・アルバム・ヒストリー 1966-1970 「リボルバー」から「レット・イット・ビー」まで
3/11 17:00 藤本国彦プロデュース ビートルズの世界 Around The Beatles トーク・イベント
3/11まで ジョージ・ハリスン アイ・ミー・マイン展
3/11まで ロックの殿堂ジャパンミュージアム
3/24 12:30 ビートルズ・アナログ鑑賞会 Vol.18 ピーター・バラカン出演
4/8 FOOL On The HOLIDAY
4/8まで ONTEN ~LOVE + ROCK ビートルズ × 忌野清志郎~
4/14 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
4/24~5/5 Lennon's Banjo 英国
5/12 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
6/9 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
7/14 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
8/11 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
9/8 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説

CD
2/28 ビートルズ ザ・コンプリート・スタークラブ・テープス1962
3/28 グレープフルーツ イエスタデイズ・サンシャイン ロンドン・セッションズ 67-68
4/4 ダニー・アドラー ビット・オブ・ビートルズ
年内 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

Blu-ray , DVD
3/28 演劇女子部 一枚のチケット ~ビートルズがやってくる~

グッズ
3/31 ビニールフィギュア ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター、イエロー・サブマリン

映画
春 Concert For George 米国
5月 犬ヶ島 (オノ・ヨーコ声優参加)
7/8 イエローサブマリン <新デジタル・リマスター版>
秋 ビートルズ The Beatles in India
年内 ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内 A Life In The Day

アナログ盤
年内 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム


カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


LOVE 10周年記念 ポール、リンゴらがリニューアル版のショーを祝う

「まだあと1世紀くらいは続くんじゃないかしら」。ビートルズの色あせない人気について、オノ・ヨーコはローリングストーン誌にほほえみみながら語った。オノは7月14日(現地時間)にラスベガスで行われたビートルズ近親者の集まりに顔を出し、ファブ・フォーをテーマにした音とサイケデリック文化と曲芸満載のシルク・ド・ソレイユ公演「LOVE」の10周年記念を祝っていたのだ。「ビートルズの音楽は広がりをみせている。本当にすばらしい」。

公演はミラージュ・ホテル・アンド・カジノの特設ステージで行われ、高評価だった2006年のオリジナル公演で見られた洗練された演出の多くを残しつつも、パフォーマンス、意匠、効果のいくつかの点で意義深いリニューアルが施されていた。音楽も、ビートルズのプロデューサーだった故ジョージ・マーティンの息子、ジャイルズ・マーティン音楽監督の手によるリミックスと再編集を行われている。「LOVE」のオリジナル版の音楽も、この親子のコラボレーションだった。

オリジナル公演の評判は上々だったが、脚本兼舞台監督のドミニック・シャンパーニュにとっては、「本来の力の40%しか発揮できていなかった」と語っている。「ポールとリンゴは、公演初日の10年も前に、"オレたちってかなりいけてるよな、そう思わないか"と感じていたんだ。僕らもそのレベルに達したかった。今回ようやく、自分にできるベストの作品に仕上がったと思う。やっとある程度の満足を得ることができた」。

木曜日にマッカートニーとリンゴ・スターが会場に姿をみせた時、彼らはレッドカーペットを足早に歩き去った。雷のようなカメラのフラッシュを受けたスターは、「みんな、僕にも写真を送ってくれよ」とカメラマンに冗談を飛ばしていた。

ビートルズのギフトショップにいたファンは、とても良い場所に陣取っていたこととなり、生存するビートルズが歩き去っていく様子を窓にへばりつくように眺めていた。レッドカーペットではロン・ハワードの姿もみられた。ハワード監督がビートルズのツアーを描いたドキュメンタリー作品「The Beatles: Eight Days A Week」は日本では9月22日公開予定だ。

ハワードはこの作品を通じて、「ビートルズが経験してきた旅、ビートルズが文化に与えた影響、そしてこの時代をかけ抜けたことのメンバーにとっての意味」について、新しい発見があったという。

今年90歳で亡くなったビートルズのプロデューサー、ジョージ・マーティンを悼み、この記念公演には"大いなる敬意と称賛"が込められている。山高帽をかぶった浮浪者風情の舞台監督が、この日フランスのニースで起きていた暴力事件を示唆して次のように語った。「最近の事件に即して、お伝えしたいことがあります。我々は、このご時世にあって、ビートルズが広く世界に届けてくれている平和と愛をシェアできることに感謝しております」。

客電が落ちるとビートルズのメンバーのおしゃべりが会場全体に流れる。「本番だよ」とジョン・レノンの声がする。「準備はいいかい、ハニーちゃん」とマッカートニーの声が尋ねる。こうした効果音の直後に、「ビコーズ」の幽霊のようなアカペラが流れる。純粋でソウルフルなハーモニーにあわせて、男性の曲芸師がゆっくりと天井に向かってロープを登っていく。

次いで「ア・ハード・デイズ・ナイト」のオープニングがジャーンと鳴り響き、そこに「ジ・エンド」から取られたスターのドラムソロがマッシュアップされている。「ゲット・バック」を歌うマッカートニーの声も聞こえる。ステージには赤いレンガの煙突が立っていて、まるで古い屋根の上のように見える。するとすぐに煙突が爆発する。ビートルズのメンバーが生まれた頃、第二次世界大戦中のイギリスを想起させる光景だ。「エリナー・リグビー」のストリングスが伴奏されている。

これが、ファブ・フォー、蛍光色(デイグロー)のダンサー、エッグマン、ブルー・ミーニーなほほえみを浮かべる警察官などのイメージが錯綜する2時間にわたるビートルズの音楽の、鮮烈なオープニングである。

こうした記念公演があるということは、つまりその週は幅広いビートルズ関係者の同窓会が行われたということでもある。ショーン・レノン、ダーニ・ハリスン、スターの親戚ジョー・ウォルシュらが前夜の夕食に集まった。「楽しい時間を過ごせたわ」と語るのはジョージ・ハリスン未亡人、オリヴィア・ハリソンだ。「これまでにないくらい、家族的なものだった。みんな優しくて親切な人たち。本当にお互いを支え合っている。心のこもったハグを交わし合って、とてもすばらしかった」。

「LOVE」は3月からリニューアルされており、その後数か月のプレビューを経て、今週の公式なお披露目に至った。ジョージ・マーティンは変更点について了解はしていたが、体調が優れず実際には参加できなかった。「父が亡くなったことは大きな哀しみだった」とジャイルズは語っている。「ただ救いは、今もこれからも、音楽は残るということだ」。

公演の終わりには、出演した曲芸師や演者がステージに戻り、スタンディング・オベーションに答えてお別れの手を振っているところに、マッカートニーとスターが登場した。「来てくれてありがとう」とスターは観客に語りかけた。「皆さんがいなければ、彼らが寂しがる」。

マッカートニーは演者に感謝の言葉を述べた。「僕にも曲芸はできるんだけどね、そういうことをばらしたくないからさ」。そして彼は、この夜にふさわしい、自分の出身バンド永遠のメッセージを繰り返したのだった。「皆さんのことを愛しています。愛こそはすべて(オール・ユー・ニード・イズ・ラヴ)」。

<訳注>
ファブ・フォー : ビートルズのニックネーム
デイグロー : 「サージェント・ペッパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」のアルバムジャケットでビートルズメンバーが着用している軍服の色のこと
エッグマン : 「アイ・アム・ザ・ウォラス」の歌詞に登場する空想の生物
ブルー・ミーニー : 映画「イエロー・サブマリン」に登場する空想の生物

Thanks! ローリングストーン

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する