つれづれなるままにWINGSFAN
Tribute Vlog for Wings Greatest 40th anniversary
01 | 2018/02 | 03
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
Yesterday  Here Today  Go Now
本 , 雑誌 , ムック
2/24まで The Beatles 音源徹底分析(一部内容) 無料ダウンロード
2/26 麗しき70年代ロック・スター伝説 8ビートギャグ リターンズ (ビートルズ・ネタ掲載)
3/6 MUSIC LIFE ジョンとヨーコのバラッド
3/9 ジョン・レノンの流儀(仮) 1964-1980 対話録
3/12 ウェルカム! ビートルズ 1966年の武道館公演を成功させたビジネスマンたち
3/19 ヒプノシス全作品集
年内 ジョン・レノン Imagine
年内 The Beatles: Yellow Submarine

イベント
2/25 15:00 青猫書房 モノラル・レコードを聴く会 ビートルズのリアルタイムの音を聴く
2/25 18:30 レコスケと祝おう ~ ジョージ・ハリスン生誕祭 2018
2/27~3/29 本秀康展「ロックとマンガ」
3/10 13:00 ビートルズ・アルバム・ヒストリー 1966-1970 「リボルバー」から「レット・イット・ビー」まで
3/11 17:00 藤本国彦プロデュース ビートルズの世界 Around The Beatles トーク・イベント
3/11まで ジョージ・ハリスン アイ・ミー・マイン展
3/11まで ロックの殿堂ジャパンミュージアム
3/24 12:30 ビートルズ・アナログ鑑賞会 Vol.18 ピーター・バラカン出演
4/8 FOOL On The HOLIDAY
4/8まで ONTEN ~LOVE + ROCK ビートルズ × 忌野清志郎~
4/14 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
4/24~5/5 Lennon's Banjo 英国
5/12 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
6/9 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
7/14 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
8/11 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
9/8 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説

CD
2/28 ビートルズ ザ・コンプリート・スタークラブ・テープス1962
3/28 グレープフルーツ イエスタデイズ・サンシャイン ロンドン・セッションズ 67-68
4/4 ダニー・アドラー ビット・オブ・ビートルズ
年内 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

Blu-ray , DVD
3/28 演劇女子部 一枚のチケット ~ビートルズがやってくる~

グッズ
3/31 ビニールフィギュア ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター、イエロー・サブマリン

映画
春 Concert For George 米国
5月 犬ヶ島 (オノ・ヨーコ声優参加)
7/8 イエローサブマリン <新デジタル・リマスター版>
秋 ビートルズ The Beatles in India
年内 ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内 A Life In The Day

アナログ盤
年内 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム


カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


細野晴臣 書評「ポール・マッカートニー 告白」
こここ数日、ツイッターなどで話題になっている細野晴臣の ポール・マッカートニー 告白 の書評です。

ポール・マッカートニー 告白

ビートルズは僕の世代、とりわけ音楽に携わるものにとって避けて通れないランドマークである。しかし、20代の自分に、その衝撃はすぐにはやってこなかった。ラジオで聞いたヒット曲「抱きしめたい」(1963年)はいい曲で好きだったが、そのあまりにもアイドル的な人気や、失神するロンドンの女の子のニュース映像を、ぼくは横目で見ていたものだ。ところがアルバム「ラバー・ソウル」(1965年)から見方が変わった。そこには予想外の新しい音楽が詰まっていたのだ。そして「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」(1967年)とBBCのテレビ映画用に制作され、後にアルバムとして編集された「マジカル・ミステリー・ツアー」(1967年)で、ぼくは彼らの魔法にすっかりやられてしまった。音楽はマジカルな力を秘めたもの、と思うようになったのだ。その力の秘密が著者とポールのやりとりから解明されるのではないかと期待しつつ読み進むうちに、ぼく自身の音楽に対する衝動や楽観性を再認識することになった。なるほど、秘密なんてない。あるとしても人にではなく自分の中にあるのだと、ポールの言葉を通して納得できた。音楽家としてのキャリアや才能は比べようもないが、ぼく自身の音楽への接し方も、不思議なことに天才ポールとある程度共通したものがある、と確認できたのである。たとえば、ポールが自分の音楽人生の中で、特に作曲という行為を楽しんでいることに共感を覚える。本書では、大成功したビートルズやウイングスの興味深いエピソードも披露しているが、作曲という「魔法じみた実験」に携われる幸運について語ることも多い。こうした曲作りの話は本人にも説明が難しいのか、曖昧(あいまい)だ。しかし、この曖昧な表現こそがヒントであり、創造の「秘密」なのだ。そのヒントとは「曲を書くときは、いつも運まかせ」「絶対に準備運動はしない」「いきなり飛び込んで、ベストの結果が出てくれるのを願う」「最高の曲はたいてい、ひと筆書きみたいな感じでできあがる」などなど。もちろん、そう言われたからといって誰しも名曲が書けるわけではないが、ポールのバックボーンがますます気になる。本書では、ポールの子供時代の音楽体験も詳細に語られている。たとえばポールもジョンもロック以前の、1920~40年代の流行音楽を聴きかじり、家庭のパーティーで大人たちが歌う歌曲を楽しんでいた。こうしたポップスの伝統を受け継いでいるポールと仲間たちが、やがてロックという新しい音楽で世の中を変えてしまったのである。

ポール・マッカートニー 告白 / ポール・デュ・ノイヤー、奥田祐士 6月10日発売
ポールにとっても“ビートルズ以降の人生”は苦闘の連続だった! デビューから50年以上を経て振り返る、全てのこと。創作の秘密や直面する自らの老いにも踏み込んだ自伝的インタビュー集。ポールと35年以上にわたって親交を深めてきた著者がこれまでの対話の記録を一冊に集約。最も信頼する音楽ジャーナリストだけに打ち明けた、人間ポール・ マッカートニーの本音がここにある。”本気で音楽が世界を変えられると思っているのか?と訊かれるたびに「もちろん」と答えてきた” ポール・マッカートニー

イントロダクション
    しごくまっとうだけれど、たまたま天才だった男
第1部
第1章 今日の語らい
    マッカートニーをインタビューするということ
第2章 アイスキャンディを手にしたロックンローラー
    マッカートニーが語るリヴァプール、子ども時代、そして音楽への目覚め
第3章 ビートルになる法
    ぼくらは子どもだったのさ、ね? まだまだ若かった
第4章 トップのてっぺん
    つまり、歴史の現場に居合わせたってことさ
第5章 ロックがアートに
    ああ、わかったぞ。きみたちはもうキュートでいたくないんだな ― ボブ・ディラン、1967年、ポール・マッカートニーに
第6章 わが暗黒の時(マイ・ダーク・アワー)
    『レット・イット・ビー』と終わりのはじまり
第7章 孤独な闘い
    あれはぼくの人生で最悪の時代、そしてぼくらみんなの人生で最悪の時代だった
第8章 月から帰ってきた宇宙飛行士
    ビートルズ以降の人生はありうるのか?
第9章 ゼロからのスタート
    やりはじめた瞬間、簡単にはいかないことがわかった
第10章 大いなる飛翔
    クソくらえ、これしきのことで歩みを止めてたまるもんか
第11章 たたまれた翼
    あのころのぼくらはずっと怯えていた
第12章 カエルたちと消防士と
    マッカ、仕事に復帰する
第13章 最高のアイデアじゃないか、エディ!
    ビートルズはいかにしてロックンロール映画を救い、ポップ・ビデオを発明したのか
第14章 ブリティッシュ・ライト・ミュージック
    マッカートニーが復活させる忘れ去られた高貴な形式
第15章 ジョン
    みんなはぼくらのことをいちばんのライバル同士みたいに思ってる。でもそうじゃなかった
第2部
第16章 やり残した仕事
    ビートルズ以降のビートルたち
第17章 アポロ・C・ヴァーマス氏
    ぼくはかなりいい引き立て役だ。箔をつけるのがうまいんだよ(アイ・フォイル・ファイン)
第18章 夢の実現
    マッカートニー流曲づくりの秘密
第19章 魔法の実験
    ソングライターのさらなる告白
第20章 ほほ笑みの向こう側
    ポール・マッカートニーは自分のことをどう思っているのだろう?
第21章 いい服着てれば生きるのは簡単(リビング・イズ・イージー・ウィズ・ナイス・クローズ)
    マッカートニーの着こなしについて
第22章 天と地と人生、宇宙と「このすばらしき旧世界の修復」
第23章 パンクスと同時代のライバルたち
    ぼくがマイケル・ジャクソンみたいに踊れるだろうか、って悩んでどうする?
第24章 もしステージに立ってなかったら(イフ・アイ・ワー・ノット・アポン・ザ・ステージ)
    ポール・マッカートニーの語るツアー
第25章 ステージの上から見える景色
    アガらなくなったらもう、やめちまったほうがいい
第26章 カウベル奏者の孤独
    マッカートニーの語る、バンド、楽器演奏、レコーディング
第27章 D−I−N(ドゥ・イット・ナウ)
    できない? いや、ぼくはできると思うな
第28章 ヒューマンエラー
    全部に勝つってわけにはいかないんだ
第29章 リンダ
    すてきな夢がひとつ、今日、現実になったんだ
第30章 LOVE
    だれも恋をしていない時代が来ることは、絶対にないと思う
フィナーレ 50曲のお気に入り
    〈今日の誓い〉や〈マイ・ラヴ〉に感動しない世代が登場するなどということが、はたして実際にありうるのだろうか?

仕 様 並製
サイズ A5版
ページ 550ページ
価 格 3240円 (税込)
ISBN  978-4907583583

ポール・デュ・ノイヤー
音楽ジャーナリスト。英ロンドンおよびリバプール在住。英国を代表する週刊の音楽誌 NME の記者でキャリアを積んだのち、Q 誌に参加して編集者となる。その後音楽月刊誌 MOJO の創刊編集者を務め、HEAT 誌の立ち上げにも尽力。「ポール・マッカートニー 告白」は5冊目の著書となる。

Thanks! 朝日新聞

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する