つれづれなるままにエジプト・ステーション
Tribute Vlog for Egypt Station
06 | 2018/07 | 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Yesterday  Here Today  Go Now

TV , ラジオ
7/23 27:00~28:00 MUST BE UKTV (ストーン・ザ・クロウズ出演) NHK BSプレミアム
7/25 27:00~28:00 MUST BE UKTV (ジョン・レノン、ポール・マッカートニー出演) NHK BSプレミアム
7/28 15:00~17:25 パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 (吹替版、ポール・マッカートニー出演) WOWOWプライム

本 , 雑誌 , ムック
8/1 ビートルズはここで生まれた 聖地巡礼・ビートルズの旅 from London to Liverpool
8/5 グラフィック・ノベル Yellow Submarine
10/9 イマジン ~ジョン&ヨーコ~
秋 リンゴ・スター Another Day In The Life
年内 The Beatles: Yellow Submarine

Blu-ray , DVD
8/8 抱きしめたい Blu-ray + DVD

イベント
8/11 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
8/17 19:00 藤本国彦プロデュース ビートルズの世界 Around The Beatles トーク・イベント第5弾
8/19 10:00 福島空港開港25周年記念 復興支援 ビートルズ・ライブ
8/25 14:00 オール・マッカートニー ~ポール・ザ・ベスト!~ Vol.6 嗚呼!ブロード・ストリート
9/8 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
10/1~8 藤本国彦と行くロンドン+リバプール・ビートルズゆかりの地めぐりの旅
11/22 19:00 ザ・ビートルズ「White Album」リリース50周年記念イベント“Back In The Beatles”
11/29 19:00 伊豆田洋之ポール・マッカートニーを歌う IZUTANEYAMA WINGS 2018
2019/4/22まで Double Fantasy – John + Yoko 英国

CD
8/24 ビートルズ A HARD DAY'S NIGHT Sessions
8/24 ビートルズ ウルトラ・レア・トラックス - UK・リールズ・VOL.1
今夏? Music of the Spheres (ポール・マッカートニー参加)
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション 2SHM-CD+2LP
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション SHM-CD
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション CD Target
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション CD HMV
9/7 デニー・サイウェル・トリオ Boomerang
9/28 フィル・コリンズ Plays Well With Others (ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン参加) 海外盤
10/9 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
11月? ビートルズ ホワイト・アルバム (50周年盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

映画
8/25 14:00 オール・マッカートニー ~ポール・ザ・ベスト!~ Vol.6 嗚呼!ブロード・ストリート
11月 エリック・クラプトン ~12小節の人生~ (ビートルズ、ジョージ・ハリスン出演)
秋 ビートルズ The Beatles in India
年内 ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内 A Life In The Day
2019年1月 MY GENERATION (ビートルズ、ポール・マッカートニー出演)

アナログ盤
今夏? Music of the Spheres (ポール・マッカートニー参加)
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション (デラックス盤) 2LP
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション (カラー盤) LP
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション (黒盤) LP
10/9 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
11月? ビートルズ ホワイト・アルバム (50周年盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

LIVE
9/1~29 リンゴ・スター 米国
9/17 ポール・マッカートニー カナダ ケベック・シティ the Videotron Centre
9/20 ポール・マッカートニー カナダ モントリオール Bell Centre
9/28 ポール・マッカートニー カナダ ウィニペグ Bell MTS Place
9/30 ポール・マッカートニー カナダ エドモントン Rogers Place
10/5~7、12~14のどこか一日 ポール・マッカートニー Austin City Limits Music Festival 米国
12/3 ポール・マッカートニー ポーランド クラクフ Tauron Arena
12/5 ポール・マッカートニー オーストリア ウィーン Stadthalle
12/12 ポール・マッカートニー 英国 リバプール Echo Arena
12/14 ポール・マッカートニー 英国 グラスゴー SSE Hydro
12/16 ポール・マッカートニー 英国 ロンドン The O2

デジタル配信
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション

グッズ、アイテム
9/7 ジョン・レノン 切手シート

Freshen Up - Paul McCartney

2018年
9/17 カナダ ケベック・シティ the Videotron Centre
9/20 カナダ モントリオール Bell Centre
9/28 カナダ ウィニペグ Bell MTS Place
9/30 カナダ エドモントン Rogers Place
10/5~7、12~14のどこか一日 米国 Austin City Limits Music Festival
12/3 ポーランド クラクフ Tauron Arena
12/5 オーストリア ウィーン Stadthalle
12/12 英国 リバプール Echo Arena
12/14 英国 グラスゴー SSE Hydro
12/16 英国 ロンドン The O2

2019年



カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


ポール・マッカートニー、ビートルズ解散後にジョン・レノンとハグした体験を語る
20160811155730254.jpeg

ポール・マッカートニーは、ジョン・レノンとの関係やオノ・ヨーコのことをどう思っているのか、さらにはリンゴ・スターと一緒にいつかまたツアーをするのか、といったことについて打ち明けている。

今年は1966年8月にザ・ビートルズが最後のツアーを米サンフランシスコのキャンドルスティック・パークで締めくくってから50周年にあたる。

ポール・マッカートニーは、ロンドンとフィラデルフィアそれぞれのコンサートの前に、米『ローリング・ストーン』誌のインタヴューに答えており、ジョン・レノンとの関係について「何ものにも代えがたい」とコメントしている。「ジョンとは幼い頃から同じ環境の中で、同じ影響を受けて一緒に成長してきたんだ。僕が知っているレコードは彼も知っているし、彼が知っているレコードは僕も知っている。最初に可愛らしくて純粋な曲を書いた時も一緒だった」と語っている。

また、ポール・マッカートニーは、ザ・ビートルズが解散した数年後に、ジョン・レノンと再会した時のことについて次のように振り返っている。「彼は僕にハグをしたんだよね。普段はそんなことしないから嬉しかったよ。彼は『触れ合うことはいいだろ』と言ったんだよね。『触れ合うことはいい』、その言葉をずっと忘れられずにいるんだ」

ポール・マッカートニーはオノ・ヨーコとの関係についても語っており、レコーディング中に「アンプに腰掛けている」彼女を見て、「脅されている」ような印象をバンドのメンバーは受けていたという。「ほとんどのバンドはそういったことを対処できなかったんだ。でも、僕らはその状況になんとか対応していたけど、でも、すごくうまかったわけではないからね。なんせ余裕がなかったからさ」

さらにこのように続けている。「僕らは性差別主義者ではなかったけど、でも、女の子たちがスタジオにくることもなかったからね。ほっといてくれたんだよ。ジョンとヨーコが一緒にいるようになっても、ヨーコがスタジオのコントロール・ルームに入ったり脇にいることもなかった。4人がそこにいる最中はね」

ポール・マッカートニーはオノ・ヨーコと今の関係について「友達のよう」と答えている。「抵抗感のようなものがあれば、それは乗り越えないといけないと気付いたからね」

リンゴ・スターとまたいつかツアーをすることがあるかという質問に対して、ポール・マッカートニーは次にように答えている。「するとか、しないとか、僕も彼も1度も考えたことはないと思ってるけどね。僕らの道は並行していて、そこには、交差点や迂回路があったりする。ただ、それだけのことなんだよ。彼は偉大なドラマーで、それこそがリンゴ・スターだからね。誰も持っていないような感性を彼は持っているんだ。だから、その道を出て行くのは、難しいかもしれないね」

Thanks! NME

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する