つれづれなるままにエジプト・ステーション
Tribute Vlog for Egypt Station
06 | 2018/07 | 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Yesterday  Here Today  Go Now

TV , ラジオ
7/23 27:00~28:00 MUST BE UKTV (ストーン・ザ・クロウズ出演) NHK BSプレミアム
7/25 27:00~28:00 MUST BE UKTV (ジョン・レノン、ポール・マッカートニー出演) NHK BSプレミアム
7/28 15:00~17:25 パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 (吹替版、ポール・マッカートニー出演) WOWOWプライム

本 , 雑誌 , ムック
8/1 ビートルズはここで生まれた 聖地巡礼・ビートルズの旅 from London to Liverpool
8/5 グラフィック・ノベル Yellow Submarine
10/9 イマジン ~ジョン&ヨーコ~
秋 リンゴ・スター Another Day In The Life
年内 The Beatles: Yellow Submarine

Blu-ray , DVD
8/8 抱きしめたい Blu-ray + DVD

イベント
8/11 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
8/17 19:00 藤本国彦プロデュース ビートルズの世界 Around The Beatles トーク・イベント第5弾
8/19 10:00 福島空港開港25周年記念 復興支援 ビートルズ・ライブ
8/25 14:00 オール・マッカートニー ~ポール・ザ・ベスト!~ Vol.6 嗚呼!ブロード・ストリート
9/8 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
10/1~8 藤本国彦と行くロンドン+リバプール・ビートルズゆかりの地めぐりの旅
11/22 19:00 ザ・ビートルズ「White Album」リリース50周年記念イベント“Back In The Beatles”
11/29 19:00 伊豆田洋之ポール・マッカートニーを歌う IZUTANEYAMA WINGS 2018
2019/4/22まで Double Fantasy – John + Yoko 英国

CD
8/24 ビートルズ A HARD DAY'S NIGHT Sessions
8/24 ビートルズ ウルトラ・レア・トラックス - UK・リールズ・VOL.1
今夏? Music of the Spheres (ポール・マッカートニー参加)
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション 2SHM-CD+2LP
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション SHM-CD
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション CD Target
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション CD HMV
9/7 デニー・サイウェル・トリオ Boomerang
9/28 フィル・コリンズ Plays Well With Others (ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン参加) 海外盤
10/9 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
11月? ビートルズ ホワイト・アルバム (50周年盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

映画
8/25 14:00 オール・マッカートニー ~ポール・ザ・ベスト!~ Vol.6 嗚呼!ブロード・ストリート
11月 エリック・クラプトン ~12小節の人生~ (ビートルズ、ジョージ・ハリスン出演)
秋 ビートルズ The Beatles in India
年内 ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内 A Life In The Day
2019年1月 MY GENERATION (ビートルズ、ポール・マッカートニー出演)

アナログ盤
今夏? Music of the Spheres (ポール・マッカートニー参加)
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション (デラックス盤) 2LP
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション (カラー盤) LP
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション (黒盤) LP
10/9 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
11月? ビートルズ ホワイト・アルバム (50周年盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

LIVE
9/1~29 リンゴ・スター 米国
9/17 ポール・マッカートニー カナダ ケベック・シティ the Videotron Centre
9/20 ポール・マッカートニー カナダ モントリオール Bell Centre
9/28 ポール・マッカートニー カナダ ウィニペグ Bell MTS Place
9/30 ポール・マッカートニー カナダ エドモントン Rogers Place
10/5~7、12~14のどこか一日 ポール・マッカートニー Austin City Limits Music Festival 米国
12/3 ポール・マッカートニー ポーランド クラクフ Tauron Arena
12/5 ポール・マッカートニー オーストリア ウィーン Stadthalle
12/12 ポール・マッカートニー 英国 リバプール Echo Arena
12/14 ポール・マッカートニー 英国 グラスゴー SSE Hydro
12/16 ポール・マッカートニー 英国 ロンドン The O2

デジタル配信
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション

グッズ、アイテム
9/7 ジョン・レノン 切手シート

Freshen Up - Paul McCartney

2018年
9/17 カナダ ケベック・シティ the Videotron Centre
9/20 カナダ モントリオール Bell Centre
9/28 カナダ ウィニペグ Bell MTS Place
9/30 カナダ エドモントン Rogers Place
10/5~7、12~14のどこか一日 米国 Austin City Limits Music Festival
12/3 ポーランド クラクフ Tauron Arena
12/5 オーストリア ウィーン Stadthalle
12/12 英国 リバプール Echo Arena
12/14 英国 グラスゴー SSE Hydro
12/16 英国 ロンドン The O2

2019年



カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


ポール・マッカートニーとリンゴ・スター、ビートルズがライヴを辞めた経緯を明かす
MOJO No.275 October 2016

ビートルズはビートルマニア絶頂の1966年にサンフランシスコのキャンドルスティック・パークで行った記念碑的なショウを最後に永遠にツアーを止めてしまうことになったが、そうする意図は決してなかったとリンゴ・スターが明かしている。

ロン・ハワードによる映画『ザ・ビートルズ〜EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years』に関連した『モジョ』誌のインタヴューのなかで、リンゴ・スターは「ザ・ビートルズが消え去ったことなんて一度もないんだ。そして、戻ってくることだって可能だったんだよ」と語っている。

その後、ライヴに戻ってくることはなかったが、最後にもう1度だけ、1969年にサヴィル・ロウにある当時のアップル本社の屋上でライヴを行っている。

ポール・マッカートニーは、バンドがライヴを終わりにしようと決断した瞬間について説明している。「その時までには僕たちはすっかりうんざりしていて、実際にステンレスの箱のなかに戻ったんだ」と、キャンドルスティック・パークのライヴを去る際に使用した武装された車のことを振り返っている。この車は映画の中で見ることができる。

「今見れば、風変わりな2001年のSFか何かのように見えるね。実際、風変わりな場所だったんだ。僕が思い出すのは……警察がやるようなひどい扱いって分かるだろう? そんな感じで、ヴァンの後ろに乗せられるんだけど、縛られているわけじゃなくてさ。それで、誰かを殺したって非難されるわけだけど、まあ、そんな感じさ。僕たちはヴァンの後ろに乗って突然立ち去ることになって、それで『もうやめだ!』っていう感じになったんだ。ついにね。ジョン(・レノン)とジョージ(・ハリスン)はその前からツアーについてブツブツ言っていてね、そしてついに全員が『こんなことクソくらえ!』となった。それが、決定的な瞬間だよ」


キャンドルスティック・パークでライヴが行われたのは、1963年から始まった一連の大規模な世界ツアーにより盛り上がりを見せたビートルマニア現象の最盛期だった。『アポロ13』や『ラッシュ/プライドと友情』を手掛け、ドキュメンタリーの監督を務めたロン・ハワードはインタヴューの中で、ザ・ビートルズが解散する原因になったとも考えられるビートルマニア現象の「過激化」について議論している。

「少し衝突もあってね、終わりの頃はうんざりしていたんだ」と、ポール・マッカートニーは説明している。

ライヴ・パフォーマンスの最中、ファンの叫び声があまりに大きいため音がまったく聴こえず、ドラムのリンゴ・スターは他のメンバーの肩の動きを見て曲の進行を把握しなくてはならなかったという。「僕らは会場のPAを使っていてね、巨大なアンプがあったんだけど、僕はメンバーの背中を見なければならなかった。何も聴こえなかったからね。だから、みんなが(肩を小刻みに)やっていれば、『そうか、今はここだ!』と理解したんだ。僕たちはここをやっているんだってね。それから、これはあくまでも僕の意見だけど、僕たちはうまく演奏できていたとは言い難かったね」

「最初は、その叫び声にも興奮したよ。サイン会をしたり写真を撮ったり、そういうことのすべてにね」とポール・マッカートニーは付け加えている。「それで、しばらくしたら、どんどんつまらなくなっていったんだ」

そして、ポール・マッカートニーは次のように続けている。「リンゴが言ったように、何も聴こえないほどの叫び声だったんだ。だから、本当にすべての動きをやったし、それで『イエーイ!』みたいなこともやったわけだ。だって何かが起きていて、それをやらなければ小さなマッチ棒のような男たちがいるだけで何も聴こえないわけなんだから」

ザ・ビートルズで存命しているメンバーである二人は他にもインタヴューの中で、アルバム『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』のジャケットが、ザ・ビートルズの終焉を示唆しているのではないかという憶測を否定し、バンドの創作における方向性の転換のようなものだと説明している。

1966年のキャンドルスティック・パークでの公演の後、『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』は1967年にリリースしており、『アビイ・ロード』や『レット・イット・ビー』を含むさらに5枚のアルバムをリリースしている。

Thanks! NME Japan

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する