つれづれなるままにWINGSFAN
Tribute Vlog for Wings Greatest 40th anniversary
01 | 2018/02 | 03
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
Yesterday  Here Today  Go Now
本 , 雑誌 , ムック
2/22 ビートルズ作品読解ガイド (POD版)
2/24まで The Beatles 音源徹底分析(一部内容) 無料ダウンロード
2/26 麗しき70年代ロック・スター伝説 8ビートギャグ リターンズ (ビートルズ・ネタ掲載)
3/6 MUSIC LIFE ジョンとヨーコのバラッド
3/9 ジョン・レノンの流儀(仮) 1964-1980 対話録
3/12 ウェルカム! ビートルズ 1966年の武道館公演を成功させたビジネスマンたち
3/19 ヒプノシス全作品集
年内 ジョン・レノン Imagine
年内 The Beatles: Yellow Submarine

イベント
2/23 19:30 本人が語るアナログ盤NIGHT vol.3 小原礼が語るアルバム“黒船 / Sadistic Mika Band”
2/25 15:00 青猫書房 モノラル・レコードを聴く会 ビートルズのリアルタイムの音を聴く
2/25 18:30 レコスケと祝おう ~ ジョージ・ハリスン生誕祭 2018
2/27~3/29 本秀康展「ロックとマンガ」
3/10 13:00 ビートルズ・アルバム・ヒストリー 1966-1970 「リボルバー」から「レット・イット・ビー」まで
3/11 17:00 藤本国彦プロデュース ビートルズの世界 Around The Beatles トーク・イベント
3/11まで ジョージ・ハリスン アイ・ミー・マイン展
3/11まで ロックの殿堂ジャパンミュージアム
3/24 12:30 ビートルズ・アナログ鑑賞会 Vol.18 スペシャル企画
4/8 FOOL On The HOLIDAY
4/8まで ONTEN ~LOVE + ROCK ビートルズ × 忌野清志郎~
4/14 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
4/24~5/5 Lennon's Banjo 英国
5/12 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
6/9 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
7/14 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
8/11 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
9/8 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説

CD
2/23 Concert For George Deluxe Box Set + Test Pressings US盤
2/23 Concert For George Exclusive Deluxe Edition US盤
2/23 コンサート・フォー・ジョージ 輸入盤・限定盤 2CD+2Blu-ray
2/23 コンサート・フォー・ジョージ 輸入盤 2CD+2DVD
2/23 コンサート・フォー・ジョージ 輸入盤 2CD
2/28 ビートルズ ザ・コンプリート・スタークラブ・テープス1962
3/28 グレープフルーツ イエスタデイズ・サンシャイン ロンドン・セッションズ 67-68
4/4 ダニー・アドラー ビット・オブ・ビートルズ
年内 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

アナログ盤
2/23 コンサート・フォー・ジョージ 輸入盤・限定盤 4LP
2/23 ラングレイ・スクール・ミュージック・プロジェクト The Langley Schools Music Project US盤
年内 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

Blu-ray , DVD
2/23 Concert For George US盤 2CD+2Blu-ray
2/23 Concert For George US盤 2CD+2DVD
3/28 演劇女子部 一枚のチケット ~ビートルズがやってくる~

グッズ
3/31 ビニールフィギュア ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター、イエロー・サブマリン

映画
春 Concert For George 米国
5月 犬ヶ島 (オノ・ヨーコ声優参加)
7/8 イエローサブマリン <新デジタル・リマスター版>
秋 ビートルズ The Beatles in India
年内 ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内 A Life In The Day


カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


ビートルズ来日50年 熱狂イエスタデイのよう
The Beatles

ビートルズの来日から今年で50年を迎えた。9月には当時の活動を追ったドキュメンタリー映画「ザ・ビートルズ ~ EIGHT DAYS A WEEK」が公開され、時代を超えた人気は不動のままだ。大人は「不良の音楽」と呼び、若者は熱狂した。来日公演を会場で見た人は何を感じ、何を思ったのか、半世紀を超えて聞いた。

ばんばひろふみ 涙の乗車券握りしめ
ビートルズが来日したのは1966年6月29日午前3時40分。台風の影響で11時間遅れて羽田空港に到着した。公演は日本武道館で30日から3日間、計5回行われた。京都市東山区出身の歌手ばんばひろふみは7月1日夜の公演にいた。高校2年だった同級生のつてでチケットを入手。学校を早退し、2人で新幹線に乗って会場に向かった。「当時の世間の認識ではロックは不良の音楽。コンサートに行ったら退学という学校もあった。でも、これを逃したらビートルズを見る機会は絶対にないし、何があっても行くべきだと思った」と振り返る。会場は警察の機動隊や警備員が並び、通路にも控えた。ステージに近いアリーナに客席は設けられず、座席から見たビートルズは遠かった。それでも4人が登場すると、わめくような歓声が上がり、ばんばも「とりあえず叫んでいた」。今と比べて音響システムが未熟だったこともあり、音は聞こえにくかった。ビートルズの演奏は30分ほどだったが、観客はずっと興奮状態にあった。ばんばは隣に座っていた女性を思い出す。「ジョン・レノンがこっちを向くと、興奮して「ジョンだー」と言って僕の右肩にかみつくんですよ。僕も興奮してるから、かまれているのは分かるけど、ビートルズを一瞬たりとも見逃すかという気持ちが強くて」。帰り際に見ると、服には歯形がつき、血がにじんでいた。「それくらい彼女も興奮していた。僕も痛さなんて忘れてました」。西京区の主婦、日下美智子は神奈川県出身で、当時中学2年だった。ライオンの歯磨き製品を買ってチケットプレゼントに応募し、はがき50通を出して当選した。校則が厳しかった学校には卒業するまで内緒にした。2階席で周りは若い女性ばかりだった。立つと注意され、通路に陣取る警備員に興ざめした記憶がある。ただ演奏が始まると「うれしくてぼーっとしていた。ビートルズと同じ地面に立っているということが夢のようだった」。夢うつつのステップを踏みながら、会場を出た記憶がある。小学6年だった堀井晋次は「子どもにも衝撃を与えた。アウトローであることがかっこいいと思った。ビートルズと同じ場所にいたことは今でも誇り」と話す。ビートルズは全公演を終えた翌日の7月3日、すぐに羽田空港から次のツアー先のフィリピンへ旅立った。あの日、日本武道館を出て、帰りの地下鉄に向かって歩いていたばんば。ぞろぞろと歩く群集の中で思った。「ほんまにビートルズ見てたんかな」。直前までの光景は現実離れし、リアルさはなかった。

名曲人生をヘルプ!
ビートルズは1962年のレコードデビュー以降、世界中で人気を博し、1970年に事実上解散した。活動が人々に与えた影響は音楽やファッションなどの分野だけにとどまらない。ビートルズの力は、多くの人生の歩みに届いている。ばんばひろふみは中学2年の時、クラシックのレコードを買いに行った店でビートルズの曲に出会った。「これなんですか?」と驚き、思わずアルバムを買った。家に帰り、聴けば聴くほど「バイオリンをやってる場合ではないと思った。それでギターに持ち替えた」。ビートルズが1968年にインドを訪れたことにも影響を受けた。「インドから帰ったビートルズは歌詞が哲学的になったり、楽器も変わった。この天才たちを変えた国にすごく興味が湧いた」。ばんばも33歳で初めてインドを訪れ、人生観が変わった。貧しい現地の生活に触れ、「自分たちはいかに無駄な物をいっぱい持ってるか。シンプルに生きたらいいじゃないか」とインドという国を見て学んだという。

魂継ぐコピーバンド
ビートルズに憧れ、コピーバンドとして魂を受け継ぐ人たちがいる。京都で活躍するビートリップスはビートルズの曲が聴ける名店、京都キャバンクラブ(閉店)の専属バンドだったメンバーが中心となり、2000年ごろに結成された。リーダーでポール・マッカートニー役の川畑貴生はミュージシャンとして30年近くビートルズを追究してきた。少しでも近づきたいと、原曲に忠実に演奏し、手の動きやコードの押さえ方にこだわる。「ビートルズは体の一部。間違った形でファンに伝えたくない」と熱く語る。ジョン・レノン役の松本清一は中学時代にビートルズの曲を聴いて「ぶっ飛ばされた」という。「4人が一緒に歌うことで生まれるパワー」を大切にしている。

Thanks! 京都新聞

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する