つれづれなるままにWINGSFAN
Tribute Vlog for Wings Greatest 40th anniversary
01 | 2018/02 | 03
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
Yesterday  Here Today  Go Now
本 , 雑誌 , ムック
2/24まで The Beatles 音源徹底分析(一部内容) 無料ダウンロード
2/26 麗しき70年代ロック・スター伝説 8ビートギャグ リターンズ (ビートルズ・ネタ掲載)
3/6 MUSIC LIFE ジョンとヨーコのバラッド
3/9 ジョン・レノンの流儀(仮) 1964-1980 対話録
3/12 ウェルカム! ビートルズ 1966年の武道館公演を成功させたビジネスマンたち
3/19 ヒプノシス全作品集
年内 ジョン・レノン Imagine
年内 The Beatles: Yellow Submarine

イベント
2/25 15:00 青猫書房 モノラル・レコードを聴く会 ビートルズのリアルタイムの音を聴く
2/25 18:30 レコスケと祝おう ~ ジョージ・ハリスン生誕祭 2018
2/27~3/29 本秀康展「ロックとマンガ」
3/10 13:00 ビートルズ・アルバム・ヒストリー 1966-1970 「リボルバー」から「レット・イット・ビー」まで
3/11 17:00 藤本国彦プロデュース ビートルズの世界 Around The Beatles トーク・イベント
3/11まで ジョージ・ハリスン アイ・ミー・マイン展
3/11まで ロックの殿堂ジャパンミュージアム
3/24 12:30 ビートルズ・アナログ鑑賞会 Vol.18 ピーター・バラカン出演
4/8 FOOL On The HOLIDAY
4/8まで ONTEN ~LOVE + ROCK ビートルズ × 忌野清志郎~
4/14 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
4/24~5/5 Lennon's Banjo 英国
5/12 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
6/9 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
7/14 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
8/11 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
9/8 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説

CD
2/28 ビートルズ ザ・コンプリート・スタークラブ・テープス1962
3/28 グレープフルーツ イエスタデイズ・サンシャイン ロンドン・セッションズ 67-68
4/4 ダニー・アドラー ビット・オブ・ビートルズ
年内 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

Blu-ray , DVD
3/28 演劇女子部 一枚のチケット ~ビートルズがやってくる~

グッズ
3/31 ビニールフィギュア ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター、イエロー・サブマリン

映画
春 Concert For George 米国
5月 犬ヶ島 (オノ・ヨーコ声優参加)
7/8 イエローサブマリン <新デジタル・リマスター版>
秋 ビートルズ The Beatles in India
年内 ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内 A Life In The Day

アナログ盤
年内 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム


カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


リンゴ・スターも観戦したゾウに乗ったポロ競技が人気 ネパールで国際大会
Ringo Starr & Barbara Bach

ネパールでは1982年以降、ある珍しいスポーツの国際大会が毎年行われ、選手から著名人、冒険好きの人々、そして時には初めて目にする人にも、大きな人気を呼んでいる。ゾウに乗ってプレーするポロ競技「エレファントポロ」だ。ルールは馬に乗って行われるポロが基になっているが、違いはゾウ1頭の背中に2人ずつ騎乗するところ。1人はゾウ使いでゾウを操り、選手は得点を上げることに専念する。選手らが使用するマレットと呼ばれるスティックの長さはゾウの背中から地面の球を追えるように2.5メートルもある。「スピードが遅くて簡単に見えるかもしれないが、かなりハードだ」とネパールを拠点とするチーム、タイガー・トップス・タスカーズのキャプテン、ビム・バハドゥル・タマンは言う。同チームは2日に行われた今年の大会で優勝した。今年は英国、米国、オーストラリア、アイスランド、オランダ、スリランカなど10か国から選手が集まり、4人1組で8チームが参加した。ゾウでポロをするというアイデアが生まれたのはスイスのリゾート地。ネパールで初めてサファリツアー会社を起業した一人、A・V・ジム・エドワーズが30年以上前に友人のポロ選手ジェームズ・マンクラークと酒の席で思い付いたとされる。以来、エレファントポロのトーナメント戦はスリランカ、タイ、ネパールで行われてきた。エドワーズが創業した旅行会社タイガー・トップスが主催する毎年恒例の試合の招待客には著名人も多く、リンゴ・スターやコメディアンのビリー・コノリーも名を連ねている。だが、主催者側はネパールで大規模な大会を行うのは今年で最後かもしれないと言う。タイガー・トップスの現代表でエドワーズの息子のクリスチャンはエレファントポロによってゾウの保護活動への関心が高まったが、来年は実施する予定はないとコメントしている。「ゾウの扱い方について、我が社は先頭を走ってきた。そして、私たちのゾウにはゾウのままでいてほしいと思っている。エレファントポロではそれが難しいのです」。

Thanks! AFP

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する