つれづれなるままにWINGSFAN
Tribute Vlog for Wings Greatest 40th anniversary
01 | 2018/02 | 03
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
Yesterday  Here Today  Go Now
本 , 雑誌 , ムック
2/24まで The Beatles 音源徹底分析(一部内容) 無料ダウンロード
2/26 麗しき70年代ロック・スター伝説 8ビートギャグ リターンズ (ビートルズ・ネタ掲載)
3/6 MUSIC LIFE ジョンとヨーコのバラッド
3/9 ジョン・レノンの流儀(仮) 1964-1980 対話録
3/12 ウェルカム! ビートルズ 1966年の武道館公演を成功させたビジネスマンたち
3/19 ヒプノシス全作品集
年内 ジョン・レノン Imagine
年内 The Beatles: Yellow Submarine

イベント
2/25 15:00 青猫書房 モノラル・レコードを聴く会 ビートルズのリアルタイムの音を聴く
2/25 18:30 レコスケと祝おう ~ ジョージ・ハリスン生誕祭 2018
2/27~3/29 本秀康展「ロックとマンガ」
3/10 13:00 ビートルズ・アルバム・ヒストリー 1966-1970 「リボルバー」から「レット・イット・ビー」まで
3/11 17:00 藤本国彦プロデュース ビートルズの世界 Around The Beatles トーク・イベント
3/11まで ジョージ・ハリスン アイ・ミー・マイン展
3/11まで ロックの殿堂ジャパンミュージアム
3/24 12:30 ビートルズ・アナログ鑑賞会 Vol.18 ピーター・バラカン出演
4/8 FOOL On The HOLIDAY
4/8まで ONTEN ~LOVE + ROCK ビートルズ × 忌野清志郎~
4/14 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
4/24~5/5 Lennon's Banjo 英国
5/12 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
6/9 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
7/14 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
8/11 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
9/8 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説

CD
2/28 ビートルズ ザ・コンプリート・スタークラブ・テープス1962
3/28 グレープフルーツ イエスタデイズ・サンシャイン ロンドン・セッションズ 67-68
4/4 ダニー・アドラー ビット・オブ・ビートルズ
年内 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

Blu-ray , DVD
3/28 演劇女子部 一枚のチケット ~ビートルズがやってくる~

グッズ
3/31 ビニールフィギュア ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター、イエロー・サブマリン

映画
春 Concert For George 米国
5月 犬ヶ島 (オノ・ヨーコ声優参加)
7/8 イエローサブマリン <新デジタル・リマスター版>
秋 ビートルズ The Beatles in India
年内 ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内 A Life In The Day

アナログ盤
年内 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム


カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


米国で昨年最も売れたアナログ盤ランキング アナログ盤を買うのはロック・ファン
Abbey Road - The Beatles

米国で2016年に発売された アナログ盤の売り上げトップ25 が発表された。リストは以下のとおり。

1位 Blurryface / Twenty One Pilots 4万9004枚
2位 Back to Black / Amy Winehouse 4万1087枚
3位 A Moon Shaped Pool / Radiohead 3万9861枚
4位 Abbey Road / The Beatles 3万9615枚
5位 25 / Adele 3万9334枚
6位 Blackstar / David Bowie 3万9334枚
7位 Purple Rain / Prince and the Revolution 3万5244枚
8位 Legend / Bob Marley and the Wailers 3万2899枚
9位 Vessel / Twenty One Pilots 3万1006枚
10位 King of Blue / Miles Davis 3万495枚

11位 Guardians of the Galaxy / Various Artists 3万328枚
12位 Traveller / Chris Stapleton 2万9707枚
13位 Born to Die / Lana Del Rey 2万7450枚
14位 Rumours / Fleetwood Mac 2万6644枚
15位 Thriller / Michael Jackson 2万6092枚
16位 California / Blink-182 2万5549枚
17位 Death of a Bachelor / Panic! at the Disco 2万4861枚
18位 Cleopatra / The Lumineers 2万4120枚
19位 1989 / Taylor Swift 2万3364枚
20位 21 / Adele 2万2616枚

21位 Led Zeppelin IV / Led Zeppelin 2万919枚
22位 A.M. / Arctic Monkeys 2万731枚
23位 Nirvana Nevermind / 2万255枚
24位 Coming Home / Leon Bridges 1万9631枚
25位 The Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders from Mars / David Bowie 1万9373枚

特筆すべきはトゥエンティ・ワン・パイロッツがトップ10に2枚も入っていること。もう一つは、アナログ盤全体の売り上げが急成長したこと。米国におけるアナログ盤の売り上げは、2007年から9年連続で上がり続けており、昨年、アナログ盤全体の売り上げは2015年に比べて25.9%アップ。CDやアナログといったフィジカルのアルバム売り上げはダウンロード等を含むアルバムセールス全体の51.6%を占めている。そして、そのフィジカルのアルバムセールスは2015年から11.7%下がっているにもかかわらず、アナログ盤そのものの売り上げは劇的に上昇している。ただし、フィジカルのアルバムセールスのうち、アナログの占める割合は8%である。アナログの売り上げのうち、ロック・アルバムが全体の63%を占めていて、ロック・ファンがアナログ盤を最も買う傾向がある。亡くなったこととも関係しているが、エイミー・ワインハウス、ボウイ、プリンスなどの作品、又、ビートルズ、フリートウッド・マック、マイケル・ジャクソン、レッド・ツェッペリンなどの過去の傑作が売れている。ミレニアル世代がレコード・プレイヤーを買って、とりあえず過去の名盤を掘り起こしているのではないかと思われる。昨年ニューヨークで行われたフェス、ガバナーズ・ボールの3日目がキャンセルされたので、出演予定だったプロフェッツ・オブ・レイジが代わりにサプライズ・ギグを行ったが、その時、私達の前に並んでいた13~16歳くらいの男の子達がまさにそんな感じだった。カニエ・ウェストとデヴィッド・ボウイのTシャツを着ていて、ブルックリンで買ってきたばかりというアナログ盤はボブ・ディランだった。そして、プロフェッツの列に並んでいるという。未来は明るい。恐らく彼ら世代はCDプレイヤーは持っていなくて、ストリーミングか、レコード・プレイヤーでという聴き方なのではないかと思う。アナログ盤の売り上げは当初トレンドとされてきたが、約10年も続いているのだから、全体の割合は低いとはいえ、定着したと言っていいような気もする。ちなみにアナログ盤といえば...のジャック・ホワイトはアナログ盤の製作が追いつかないので、ドイツからプレスの機械を8台も購入して、地元デトロイトに新しいアナログ盤の工場を作っている。本当は2016年の半ばにオープンと言われていたんだけど、オープンしたというニュースを聞かないので、まだ時間がかかっているのかもしれない。オープンすれば、デトロイトにアナログ盤の新しい工場ができるのは、なんと1965年以来だ。さすがジャック! 工場を開くなんてものすごい投資だし賭けだと思うけど、これがオープンすれば、アナログ盤が手元に届くのを永遠待つこともなくなるかもしれない。それから現在、フランク・オーシャンのアナログ盤を永遠に待っている人達も世界中にいると思う。フランク・オーシャンは1日だけ「ブロンド」の発売をしたが、アナログ盤を注文した人達は「予想以上の注文があったため、生産が追いついておりません」という悲しいお知らせを受け取ったはずなので。もう少し我慢しましょう。ちょっと話はそれるけど、NINが新作を発表して、デジタルで買った人達に選択肢があった。「デジタルで発売したけど、人間と同じようにフィジカルなものとして存在するべきだと思うから、フィジカルなものを送ります」と。アナログを買っても良かったんだけど、フィジカルな何が届くのか楽しみで、そちらを買ってみた。まだ届いてないけど何なんだろう? 時代は完全にデジタルに移行する中、譲れないトレント・レズナーの拘りが感じられる。

Thanks! 中村明美@ロッキング・オン

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する