つれづれなるままにWINGSFAN
Tribute Vlog for Wings Greatest 40th anniversary
01 | 2018/02 | 03
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
Yesterday  Here Today  Go Now
本 , 雑誌 , ムック
2/22 ビートルズ作品読解ガイド (POD版)
2/24まで The Beatles 音源徹底分析(一部内容) 無料ダウンロード
2/26 麗しき70年代ロック・スター伝説 8ビートギャグ リターンズ (ビートルズ・ネタ掲載)
3/6 MUSIC LIFE ジョンとヨーコのバラッド
3/9 ジョン・レノンの流儀(仮) 1964-1980 対話録
3/12 ウェルカム! ビートルズ 1966年の武道館公演を成功させたビジネスマンたち
3/19 ヒプノシス全作品集
年内 ジョン・レノン Imagine
年内 The Beatles: Yellow Submarine

イベント
2/23 19:30 本人が語るアナログ盤NIGHT vol.3 小原礼が語るアルバム“黒船 / Sadistic Mika Band”
2/25 15:00 青猫書房 モノラル・レコードを聴く会 ビートルズのリアルタイムの音を聴く
2/25 18:30 レコスケと祝おう ~ ジョージ・ハリスン生誕祭 2018
2/27~3/29 本秀康展「ロックとマンガ」
3/10 13:00 ビートルズ・アルバム・ヒストリー 1966-1970 「リボルバー」から「レット・イット・ビー」まで
3/11 17:00 藤本国彦プロデュース ビートルズの世界 Around The Beatles トーク・イベント
3/11まで ジョージ・ハリスン アイ・ミー・マイン展
3/11まで ロックの殿堂ジャパンミュージアム
3/24 12:30 ビートルズ・アナログ鑑賞会 Vol.18 スペシャル企画
4/8 FOOL On The HOLIDAY
4/8まで ONTEN ~LOVE + ROCK ビートルズ × 忌野清志郎~
4/14 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
4/24~5/5 Lennon's Banjo 英国
5/12 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
6/9 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
7/14 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
8/11 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
9/8 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説

CD
2/23 Concert For George Deluxe Box Set + Test Pressings US盤
2/23 Concert For George Exclusive Deluxe Edition US盤
2/23 コンサート・フォー・ジョージ 輸入盤・限定盤 2CD+2Blu-ray
2/23 コンサート・フォー・ジョージ 輸入盤 2CD+2DVD
2/23 コンサート・フォー・ジョージ 輸入盤 2CD
2/28 ビートルズ ザ・コンプリート・スタークラブ・テープス1962
3/28 グレープフルーツ イエスタデイズ・サンシャイン ロンドン・セッションズ 67-68
4/4 ダニー・アドラー ビット・オブ・ビートルズ
年内 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

アナログ盤
2/23 コンサート・フォー・ジョージ 輸入盤・限定盤 4LP
2/23 ラングレイ・スクール・ミュージック・プロジェクト The Langley Schools Music Project US盤
年内 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

Blu-ray , DVD
2/23 Concert For George US盤 2CD+2Blu-ray
2/23 Concert For George US盤 2CD+2DVD
3/28 演劇女子部 一枚のチケット ~ビートルズがやってくる~

グッズ
3/31 ビニールフィギュア ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター、イエロー・サブマリン

映画
春 Concert For George 米国
5月 犬ヶ島 (オノ・ヨーコ声優参加)
7/8 イエローサブマリン <新デジタル・リマスター版>
秋 ビートルズ The Beatles in India
年内 ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内 A Life In The Day


カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


Mike's Boogie Station ジョンの「 One To One 」からポールの「 One On One 」へ
20170123080744d71.jpg

ポール・マッカートニー来日公演決定! ジョンの「 One To One 」からポールの「 One On One 」へ
ポール・マッカートニーが2016年大晦日のNHK紅白歌合戦にビデオ出演という形でサプライズ登場。新ツアーでの2017年来日公演が電撃発表された。大拍手だ!

「One On One」このツアー・タイトルにすぐにピンとくればかなりのディープなビートルズ・ファンだ。何せ故ジョン・レノンのソロ・キャリア唯一のコンサート・タイトルが「One To One」なのだから…。特別な思いを込めてつけたであろうツアー・タイトルからして興味津々なところ。まさかこれが最後のワールド・ツアーになるとは誰もが思ってないし、思いたくはないが、例え最後になっても悔いはない特別な想いがツアー・タイトルに込められているのは間違いない。それだけに今度の来日は見逃せない。

これまでも新旧織り交ぜたバラエティ豊かなセットリストで楽しませてくれたポールだが、今回のツアーではさらにサプライズな選曲でファンを喜ばせてくれている。花道を駆け回ってドーム会場を沸かせるローリング・ストーンズのノリとは全く異なり、ポールは珠玉の名曲オン・パレードでファンを楽しませてくれる。熱いファンの為に特別公開されるサウンド・チェック・ショーとあわせて、毎回50曲以上もの楽曲を惜しげもなく披露してくれるのだ。内外問わずポールの公演前のサウンド・チェックではこんな曲をやったんですよ、と友人が興奮気味に教えてくれる。いつも肩慣らしとして50'sのロック・ナンバーに始まり、「ドライヴ・マイ・カー」「カミング・アップ」「ラム・オン」「ブルーバード」等の数万人のオーディエンスが歓喜する主力級の楽曲がサウンド・チェックのみで、本編には使用されず温存される。我々は今か今かと期待しながら次の機会を待っている。

さて、16年4月から開始した今回のツアーの目玉といえるメイン・ステージでの新レパートリーをピックアップしてみる。まずはオープニングの「ハード・デイズ・ナイト」(僕らにはやっぱり旧邦題『ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!』のほうが…)。ビートルズの公演で披露されて以来のライヴ・バージョン。

ワイルドなギターサウンドがカッコいいウイングスの「ワインカラーの少女」。ファンに人気のテクノ・サウンドをフィーチャーした「テンポラリー・セクレタリー」。日本のファンにとっては曰く付きのアルバム『マッカートニーⅡ 』から。

「アイヴ・ガッタ・フィーリング」ではポールのギター・ソロに注目。映画 『レット・イット・ビー』でのルーフトップ・ライヴやポールとジョージの重苦しい場面を思い出す。終焉に突き進む4人を克明に記録した名作ドキュメンタリーのリマスター上映を期待したい。

「ヒア・ゼア・・アンド・エヴリホエア」はポールがピアノをプレイ。アルバム『リボルバー』からで、同作品集はここ10年間で最も高く再評価されたアルバムだ。

アコースティック・コーナーではビートルズの前身バンド、クオリーメンのデモ楽曲 「イン・スパイト・オブ・オール・ザ・デンジャー」。ザ・キング、エルヴィス・プレスリーを彷彿とさせるヴォーカル&決めポーズに(生エルヴィス3回体験者としては)大々拍手!!

「ユー・ウォント・シー・ミー」(日替わりの可能性あり)に続いて、オリジナル・バージョンで初披露のB4デビュー曲「ラヴ・ミー・ドゥ」は昨年に亡くなったサー・ジョージ・マーティンへのトリビュート。この60年代初期の楽曲は是非とも日本でも披露して欲しいところだ。

最近作の「フォー・ファイヴ・セカンズ」ではスクリーンに歌詞が写し出され、観客との合唱をポールが求める。日本のファンも歌詞を覚えて大合唱でポールを喜ばせたいところだ。16年レグの最終公演となった今や伝説のフェス、デザート・トリップWEEKEND TWOではリアーナが登場し、花を添えた。

ポールのコンサート会場には多くの親子連れ(3世代も少なくない!デザート・トリップWEEKEND ONEを一緒に楽しんだ中学同期のN氏は娘さん、高校1年のお孫さん3人とポール・コンサートを楽しむと今から大張りきりだ)が参加しているが、若い音楽ファンにとってはこのリアーナ、カニエ・ウエストとの共作楽曲やスクリーンに映し出されるジョニー・デップやナタリー・ポートマン、ケイト・モス(ちょっとセクシーなダンスを披露してくれる)のオリジナル映像は興味深いに違いない。

ポールのツアーは、ビートルズからウイングス、ソロ、現在とあらゆる世代を楽しませてくれる。お馴染みの演奏曲でもスクリーン演出による視覚効果が加わり、加えてツアー毎に色々とアップグレードされている。ここでのネタばらしは遠慮しておこう。

僕が堪能した昨年10月のデザート・トリップWEEKEND ONEではニール・ヤングとの共演やストーンズとのエール交換という超サプライズがあった訳だが、そんな特別演出がなくても充分に楽しめるコンサートになる事は間違いない。
ジョンの「One To One」からポールの「One On One」へ、これは見逃せない。

20170123080746a07.jpg

Thanks! BARKS

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する