つれづれなるままにWINGSFAN
Tribute Vlog for Wings Greatest 40th anniversary
01 | 2018/02 | 03
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
Yesterday  Here Today  Go Now
本 , 雑誌 , ムック
2/22 ビートルズ作品読解ガイド (POD版)
2/24まで The Beatles 音源徹底分析(一部内容) 無料ダウンロード
2/26 麗しき70年代ロック・スター伝説 8ビートギャグ リターンズ (ビートルズ・ネタ掲載)
3/6 MUSIC LIFE ジョンとヨーコのバラッド
3/9 ジョン・レノンの流儀(仮) 1964-1980 対話録
3/12 ウェルカム! ビートルズ 1966年の武道館公演を成功させたビジネスマンたち
3/19 ヒプノシス全作品集
年内 ジョン・レノン Imagine
年内 The Beatles: Yellow Submarine

イベント
2/23 19:30 本人が語るアナログ盤NIGHT vol.3 小原礼が語るアルバム“黒船 / Sadistic Mika Band”
2/25 15:00 青猫書房 モノラル・レコードを聴く会 ビートルズのリアルタイムの音を聴く
2/25 18:30 レコスケと祝おう ~ ジョージ・ハリスン生誕祭 2018
2/27~3/29 本秀康展「ロックとマンガ」
3/10 13:00 ビートルズ・アルバム・ヒストリー 1966-1970 「リボルバー」から「レット・イット・ビー」まで
3/11 17:00 藤本国彦プロデュース ビートルズの世界 Around The Beatles トーク・イベント
3/11まで ジョージ・ハリスン アイ・ミー・マイン展
3/11まで ロックの殿堂ジャパンミュージアム
3/24 12:30 ビートルズ・アナログ鑑賞会 Vol.18 ピーター・バラカン出演
4/8 FOOL On The HOLIDAY
4/8まで ONTEN ~LOVE + ROCK ビートルズ × 忌野清志郎~
4/14 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
4/24~5/5 Lennon's Banjo 英国
5/12 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
6/9 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
7/14 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
8/11 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
9/8 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説

CD
2/23 Concert For George Deluxe Box Set + Test Pressings US盤
2/23 Concert For George Exclusive Deluxe Edition US盤
2/23 コンサート・フォー・ジョージ 輸入盤・限定盤 2CD+2Blu-ray
2/23 コンサート・フォー・ジョージ 輸入盤 2CD+2DVD
2/23 コンサート・フォー・ジョージ 輸入盤 2CD
2/28 ビートルズ ザ・コンプリート・スタークラブ・テープス1962
3/28 グレープフルーツ イエスタデイズ・サンシャイン ロンドン・セッションズ 67-68
4/4 ダニー・アドラー ビット・オブ・ビートルズ
年内 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

アナログ盤
2/23 コンサート・フォー・ジョージ 輸入盤・限定盤 4LP
2/23 ラングレイ・スクール・ミュージック・プロジェクト The Langley Schools Music Project US盤
年内 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

Blu-ray , DVD
2/23 Concert For George US盤 2CD+2Blu-ray
2/23 Concert For George US盤 2CD+2DVD
3/28 演劇女子部 一枚のチケット ~ビートルズがやってくる~

グッズ
3/31 ビニールフィギュア ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター、イエロー・サブマリン

映画
春 Concert For George 米国
5月 犬ヶ島 (オノ・ヨーコ声優参加)
7/8 イエローサブマリン <新デジタル・リマスター版>
秋 ビートルズ The Beatles in India
年内 ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内 A Life In The Day


カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


石坂敬一お別れの会 日本の洋楽をつくった人
石坂敬一

8日にお別れの会が営まれる元音楽ディレクターで、ユニバーサルミュージック会長などを務めた石坂敬一(享年71)。洋楽ディレクターとしてウイングス、ビートルズ、T・レックス、ピンク・フロイドといったビッグバンドを手がけ、日本の洋楽シーンを作り上げた功労者だ。その功績を音楽評論家の富澤一誠がひもといた。石坂敬一は昨年12月31日、虚血性心不全のために死去した。慶応大を卒業後、東芝音楽工業(現在はユニバーサルミュージックに合併)へ入社。その後ユニバーサルミュージックの会長をへて、ワーナーミュージック・ジャパン会長、日本レコード協会会長などを歴任。2015年には旭日中綬章を受章した。その功績は何といっても東芝EMI在籍時、ビートルズのアルバムを米国盤ではなく、英国盤ですべてリリースしたり、邦題を付けて売り出したりと、「日本の洋楽」を定着させたことだろう。ピンク・フロイドのアルバム「原子心母」の邦題も石坂の手による。富澤は「アメリカのものがそのまま入ってきた時代に日本独自のライナーノーツや年表を付けたり、横尾忠則さんを起用してポスターをつくったりして、“日本の洋楽”というジャンルを築き上げた。ネットのない時代にライナーノーツはそのアーティストを知る大切な情報で、日本のミュージシャンも大きな影響を受けている」と指摘する。さらに「1970年代に放送された「リブ・ヤング!」(フジテレビ系)に出演するなど宣伝マンがテレビに出る草分けでもあった。これも新しいスタイルだった。当時はロンドンブーツにベルボトムジーンズ、そしてロン毛というスタイルで新しいカルチャーを教えてくれた」とも。一方で経営者としてもユニバーサルを業界のリーディングカンパニーに引き上げる手腕をみせた。著書「出世の流儀-究極のビジネスマンになる方法」などでサラリーマンにも多大な影響を与えたが、「石坂さんの口癖は「勝たなくちゃ」だった。それでも、つねに「外資だけど、外資じゃねえ」という思いで本国からの防波堤になっていた。まさにジャパニーズ・サムライだった」と富澤は語る。昭和という時代を支えた一人だった。

Thanks! 富澤一誠 , 夕刊フジ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する