つれづれなるままにエジプト・ステーション
Tribute Vlog for Egypt Station
06 | 2018/07 | 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Yesterday  Here Today  Go Now

TV , ラジオ
7/23 27:00~28:00 MUST BE UKTV (ストーン・ザ・クロウズ出演) NHK BSプレミアム
7/25 27:00~28:00 MUST BE UKTV (ジョン・レノン、ポール・マッカートニー出演) NHK BSプレミアム
7/28 15:00~17:25 パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 (吹替版、ポール・マッカートニー出演) WOWOWプライム

本 , 雑誌 , ムック
8/1 ビートルズはここで生まれた 聖地巡礼・ビートルズの旅 from London to Liverpool
8/5 グラフィック・ノベル Yellow Submarine
10/9 イマジン ~ジョン&ヨーコ~
秋 リンゴ・スター Another Day In The Life
年内 The Beatles: Yellow Submarine

Blu-ray , DVD
8/8 抱きしめたい Blu-ray + DVD

イベント
8/11 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
8/17 19:00 藤本国彦プロデュース ビートルズの世界 Around The Beatles トーク・イベント第5弾
8/19 10:00 福島空港開港25周年記念 復興支援 ビートルズ・ライブ
8/25 14:00 オール・マッカートニー ~ポール・ザ・ベスト!~ Vol.6 嗚呼!ブロード・ストリート
9/8 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
10/1~8 藤本国彦と行くロンドン+リバプール・ビートルズゆかりの地めぐりの旅
11/22 19:00 ザ・ビートルズ「White Album」リリース50周年記念イベント“Back In The Beatles”
11/29 19:00 伊豆田洋之ポール・マッカートニーを歌う IZUTANEYAMA WINGS 2018
2019/4/22まで Double Fantasy – John + Yoko 英国

CD
8/24 ビートルズ A HARD DAY'S NIGHT Sessions
8/24 ビートルズ ウルトラ・レア・トラックス - UK・リールズ・VOL.1
今夏? Music of the Spheres (ポール・マッカートニー参加)
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション 2SHM-CD+2LP
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション SHM-CD
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション CD Target
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション CD HMV
9/7 デニー・サイウェル・トリオ Boomerang
9/28 フィル・コリンズ Plays Well With Others (ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン参加) 海外盤
10/9 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
11月? ビートルズ ホワイト・アルバム (50周年盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

映画
8/25 14:00 オール・マッカートニー ~ポール・ザ・ベスト!~ Vol.6 嗚呼!ブロード・ストリート
11月 エリック・クラプトン ~12小節の人生~ (ビートルズ、ジョージ・ハリスン出演)
秋 ビートルズ The Beatles in India
年内 ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内 A Life In The Day
2019年1月 MY GENERATION (ビートルズ、ポール・マッカートニー出演)

アナログ盤
今夏? Music of the Spheres (ポール・マッカートニー参加)
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション (デラックス盤) 2LP
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション (カラー盤) LP
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション (黒盤) LP
10/9 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
11月? ビートルズ ホワイト・アルバム (50周年盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

LIVE
9/1~29 リンゴ・スター 米国
9/17 ポール・マッカートニー カナダ ケベック・シティ the Videotron Centre
9/20 ポール・マッカートニー カナダ モントリオール Bell Centre
9/28 ポール・マッカートニー カナダ ウィニペグ Bell MTS Place
9/30 ポール・マッカートニー カナダ エドモントン Rogers Place
10/5~7、12~14のどこか一日 ポール・マッカートニー Austin City Limits Music Festival 米国
12/3 ポール・マッカートニー ポーランド クラクフ Tauron Arena
12/5 ポール・マッカートニー オーストリア ウィーン Stadthalle
12/12 ポール・マッカートニー 英国 リバプール Echo Arena
12/14 ポール・マッカートニー 英国 グラスゴー SSE Hydro
12/16 ポール・マッカートニー 英国 ロンドン The O2

デジタル配信
9/7 ポール・マッカートニー エジプト・ステーション

グッズ、アイテム
9/7 ジョン・レノン 切手シート

Freshen Up - Paul McCartney

2018年
9/17 カナダ ケベック・シティ the Videotron Centre
9/20 カナダ モントリオール Bell Centre
9/28 カナダ ウィニペグ Bell MTS Place
9/30 カナダ エドモントン Rogers Place
10/5~7、12~14のどこか一日 米国 Austin City Limits Music Festival
12/3 ポーランド クラクフ Tauron Arena
12/5 オーストリア ウィーン Stadthalle
12/12 英国 リバプール Echo Arena
12/14 英国 グラスゴー SSE Hydro
12/16 英国 ロンドン The O2

2019年



カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


石坂敬一さんお別れの会に2300人参列 最期まで歌に囲まれる
石坂敬一

8日、ユニバーサルミュージック元会長でビートルズや矢沢永吉らを手掛け、昨年12月31日に虚血性心不全のため亡くなった音楽ディレクターの石坂敬一さんのお別れの会が日本レコード協会、ユニバーサルミュージック、ワーナーミュージック・ジャパン、オリコンの共同主催で東京・青山葬儀所で営まれた。富士山の裾野に広がる四季をイメージし、バラやスイートピー、トルコキキョウなど計約6000本の花で彩られた祭壇中央には、故人の遺影が入った直径3.2メートルのレコード盤が飾られた。1970年代からレコードビジネスマンとして第一線で活躍した故人のイメージそのままのデザインに、参列した作曲家の平尾昌晃は「今でも信じられない」と突然の別れに戸惑いながらも「あんな祭壇見たことない。石坂さんしかできないし、すごい。この祭壇を見れただけできょう来てよかったとみんな思ってると思う」と話した。石坂敬一は1968年に慶応大学卒業後、東芝音楽工業、のちの東芝EMIに入社。洋楽ディレクターとしてビートルズ、Tレックス、エルトン・ジョン、ピンクフロイドなど名だたるロックスターを担当。1981年からは邦楽本部長としても、松任谷由実、矢沢永吉、BOOWYなどそうそうたるアーティストを育てた。新人時代から目をかけてきた長渕もその一人で、東芝EMI時代のヒット曲を多数手がけるなど長渕と親交が深かった。長渕の名曲「乾杯」と「巡恋歌」を再録音してリリース。1988年にヒットした「乾杯」は初期の「乾杯」(1980年)よりも売れてミリオンヒット。1978年に発売した「巡恋歌」も1992年に再リリースした「巡恋歌 '92」でミリオンと手腕を発揮した。この日は音楽評論家の湯川れい子、宮澤一誠に続いて弔辞を読んだ。祭壇に向かって深々と一礼した長渕は「石坂さん、お別れの会で弔辞を読むなんて思ってもみなかった。すごく悲しいけど、しっかり読めるかどうか...やりますね」と語りかけた上で、石坂さんとのエピソードを披露した。駆け出しのころの思い出や長渕の自宅でノンフィクション作家の高山文彦と朝まで飲み明かしたこと、又、音楽会社の重鎮に気さくに会わせてくれた話などを明かし、故人を偲んだ。「8年前、僕はユニバーサルレコードへ繋いでくれたのも石坂さん、あなたでした。移籍したその日、総勢で出迎えてくれて、こうおっしゃってくれた。「おかえり」。おかえり、もうそんな人どこにもいません」と故人の人柄を思い返した。そして、スタンドマイクを外し、手に持つと、ピアノの生演奏で自身のバラード曲「12色のクレパス」を熱唱。ハーモニカも奏でながら、多くの著名人、業界関係者ら約2300人の弔問客を“長渕ワールド”に引き込んだ。同曲は2012年に死去した二谷英明の告別式でも披露した思い入れのある曲だ。最後に長渕は「長年、私たち音楽人のために、命ある限り大切なことを教えていただきありがとうございました。そしてたくさんの愛情をありがとうございました。さらに歌を書き続けていきます。どうか、どうか見守っていてください。長渕剛」と語り、深々とおじぎをしながら、約13分に及ぶ弔辞を締めくくった。その他、佐野元春、吉川晃司、SUGIZO、AI、青山テルマら多くの音楽人が参列し、斎場では青春時代に影響を受けたエルヴィス・プレスリーをはじめ、ビートルズ、ローリング・ストーンズ、ジョンレノンなどディレクターとして関わったヒット曲がBGMとして流されるなど石坂敬一の生涯同様、“音色”の絶えない会となった。

Thanks! ORICON NEWS and more

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する