つれづれなるままにWINGSFAN
Tribute Vlog for Paul McCartney & Wings
03 | 2018/04 | 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Yesterday  Here Today  Go Now
アナログ盤
4/21 ジョージ・マーティン Beatles to Bond and Bach
5/18 スリリントン ~ ポール・マッカートニー「RAM」オーケストラ・ヴァージョン
5/18 ウイングス・グレイテスト・ヒッツ
5/18 ポール・マッカートニー ケイオス・アンド・クリエイション・イン・ザ・バックヤード ~ 裏庭の混沌と創造
5/18 ポール・マッカートニー NEW
6/8 Life In 12 Bars (ビートルズ、ジョージ・ハリスン曲収録)
年内 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

TV , ラジオ
4/22 12:20~14:15 ザ・ビートルズ ~ EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years WOWOWライブ

本 , 雑誌 , ムック
4/23 ビートルズ・ストーリー '72 + '73
4/26 名盤レコーディングから読み解くロックのウラ教科書 The Stories behind The Great Recordings
6/20 ウェルカム! ビートルズ (電子書籍版)
年内 ジョン・レノン Imagine
年内 The Beatles: Yellow Submarine

イベント
4/24~5/5 Lennon's Banjo 英国
4/27 ビートルズ全曲、ほぼ完全分析 <春編> ビートルズを読むためのコード進行の基礎 Please Please Me
4/27 ビートルズ全曲、ほぼ完全分析 <春編> Please Please Me
5/18 ビートルズ全曲、ほぼ完全分析 <春編> With the Beatles
5/18 19:00 藤本国彦プロデュース ビートルズの世界 Around The Beatles トーク・イベント第4弾 永沼忠明(永沼ッカートニー)
5/18~2019/4/22 Double Fantasy – John + Yoko 英国
5/25 ビートルズ全曲、ほぼ完全分析 <春編> With the Beatles
5/25 19:30 Mike's Garage Vol.1 激突 Beatles vs Stones そして、祝ピーター・アッシャー来日!
6/1 ビートルズ全曲、ほぼ完全分析 <春編> A Hard Day's Night
6/8 ビートルズ全曲、ほぼ完全分析 <春編> A Hard Day's Night
6/9 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
6/15 ビートルズ全曲、ほぼ完全分析 <春編> Beatles for Sale
6/22 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
6/23 19:30 Mike's Garage Vol.2 ザ・フー
6/30 19:30 Mike's Garage Vol.3 ザ・ベンチャーズ
7/14 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
7/14 19:30 Mike's Garage Vol.4 ビートルズ (松村雄策)
8/11 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
9/8 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
10/1~8 藤本国彦と行くロンドン+リバプール・ビートルズゆかりの地めぐりの旅

Blu-ray , DVD
4/24 Rock and Roll Hall of Fame : In Concert (ポール・マッカートニー、リンゴ・スター参加) US盤 Blu-ray
4/24 Rock and Roll Hall of Fame : In Concert (ポール・マッカートニー、リンゴ・スター参加) US盤 DVD 4枚組
4/24 Rock and Roll Hall of Fame : In Concert (ポール・マッカートニー、リンゴ・スター参加) US盤 DVD 2枚組
7/11 アンナチュラル Blu-ray Box
7/11 アンナチュラル DVD Box

映画
4/28 13:00~ 地球はお祭り騒ぎ
春 Concert For George 米国
5月 犬ヶ島 (オノ・ヨーコ声優参加)
5/23 ライヴ映画 ウイングス ”ロックショウ” 本当に最後のライヴ絶響上映@Zepp東阪
7/8 イエローサブマリン <新デジタル・リマスター版> 英国、アイルランド
7/8 イエローサブマリン <新デジタル・リマスター版> 米国
秋 ビートルズ The Beatles in India
年内 ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内 A Life In The Day

CD
5/15 ザ・ビートルズ① プリーズ・プリーズ・ミー
5/15 ザ・ビートルズ② ウィズ・ザ・ビートルズ
5/15 ザ・ビートルズ③ ハード・デイズ・ナイト
5/15 ザ・ビートルズ④ ビートルズ・フォー・セール
5/15 ザ・ビートルズ⑤ ヘルプ!
5/15 ザ・ビートルズ⑥ ラバー・ソウル
5/15 ザ・ビートルズ⑦ リボルバー
5/15 ザ・ビートルズ⑧ サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド
5/18 紙ジャケ スリリントン ~ ポール・マッカートニー「RAM」オーケストラ・ヴァージョン
5/18 紙ジャケ ウイングス・グレイテスト・ヒッツ
5/18 紙ジャケ ポール・マッカートニー ケイオス・アンド・クリエイション・イン・ザ・バックヤード ~ 裏庭の混沌と創造
5/18 紙ジャケ ポール・マッカートニー NEW
6/8 Life In 12 Bars (ビートルズ、ジョージ・ハリスン曲収録)
年内 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

LIVE
6/2~7/11 リンゴ・スター&オール・スター・バンド 米国、欧州
6/2 LET IT BE ~レット・イット・ビー~ 神奈川
6/3 LET IT BE ~レット・イット・ビー~ 愛知
6/6~7 LET IT BE ~レット・イット・ビー~ 大阪
6/9 LET IT BE ~レット・イット・ビー~ 高知
6/15~17 LET IT BE ~レット・イット・ビー~ 東京
6/27~29 ピーター・アッシャー 東京
9/1~29 リンゴ・スター&オール・スター・バンド 米国

ビートルズ・ストーリー '72 & '73



カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


ポール・マッカートニー、フォーブス誌の今年最も稼ぐグラミー賞候補ランキングの3位に
Paul McCartney

米経済誌フォーブス誌の「2017年最も稼ぐグラミー賞候補」ランキングの第3位にポール・マッカートニーが輝いた。1位はアデルで、同賞で年間最優秀アルバムにノミネートされている2016年作アルバム「25」の売上や各都市の公演ごとの収入が380万ドル(約4億3000万円)といわれる「アデル・ライブ・ツアー」から総額8050万ドル(約90億4000万円)を稼ぎ出し、12日(現地時間)に開催される第59回グラミー賞の候補を対象とした長者番付でトップの座を獲得した。続いて2位はグラミー賞8ノミネートのリアーナとなり、公演1回の推定収入160万ドル(約1億8000万円)といわれるツアーや、アルバム「アンチ」の売上、そしてプーマ、サムスン電子、ディオールなどとの広告契約などから推定収入7500万ドル(約84億円)を得たとされている。3位は5650万ドル(約63億5000円)のポール・マッカートニー、4位は5600万ドル(約63億円)でケニー・チェズニーとジャスティン・ビーバーとなり、ジャスティンはアルバム「パーパス」の年間最優秀アルバム、「ラブ・ユアセルフ」の年間最優秀楽曲と主要部門を含む4つのノミネートを受けている。一方、グラミー賞で9部門最多ノミネートを果たしているビヨンセは5400万ドル(約60億7000万円)で7位に留まり、年間最優秀アルバムや年間最優秀楽曲を含む8ノミネートのドレイクは3850万ドル(約43億2500万円)で10位となった。「2017年最も稼ぐグラミー賞候補」ランキングは2015年6月から2016年6月の経費を差し引く前の収入を対象にした「世界で最も稼いだミュージシャン」ランキングのデータを基にしている。「世界で最も稼いだミュージシャン」ランキングで1位に輝いたテイラー・スウィフトは今年のグラミー賞にはノミネートされていない。フォーブス誌による「2017年最も稼ぐグラミー賞候補ランキング」は以下のとおり。

1位 アデル 8050万ドル (約90億4000万円)/5ノミネート
2位 リアーナ 7500万ドル (約84億円)/8ノミネート
3位 ポール・マッカートニー 5650万ドル (約63億5000円)/2ノミネート
4位 ケニー・チェズニー 5600万ドル (約63億円)/1ノミネート
4位 ジャスティン・ビーバー 5600万ドル (約63億円)/4ノミネート
6位 ザ・ウィークエンド 5500万ドル (約61億8000円)/1ノミネート
7位 ビヨンセ 5400万ドル (約60億7000万円)/9ノミネート
8位 ジェイ・Z 5350万ドル (約60億1000万円)/1ノミネート
9位 ドクター・ドレ 4100万ドル (約46億円)/1ノミネート
10位 ドレイク 3850万ドル (約43億2500万円)/8ノミネート

Thanks! T-SITEニュース

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



ポール・マッカートニー・アーカイヴ・シリーズ #2

ウイングス・グレイテスト・ヒッツ / ウイングス
日本盤 SHM-CD 紙ジャケ仕様(英国初回盤LPをミニチュア再現)、解説・歌詞・対訳付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、カラー・ヴィニール(ブルー)、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、ブラック・ヴィニール、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付
輸入盤 CD デジパック仕様
輸入盤 LP カラー・ヴィニール(ブルー)
輸入盤 LP ブラック・ヴィニール

スリリントン ~ ポール・マッカートニー「RAM」オーケストラ・ヴァージョン / パーシー”スリルズ”スリリントン
日本盤 SHM-CD 紙ジャケ仕様(英国初回盤LPをミニチュア再現)、解説・英文ライナー翻訳付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、カラー・ヴィニール(マーブルド)、解説・英文ライナー翻訳付、日本初回盤CD帯の意匠を再現した巻き帯付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、ブラック・ヴィニール、解説・英文ライナー翻訳付、日本初回盤CD帯の意匠を再現した巻き帯付
輸入盤 CD デジパック仕様
輸入盤 LP カラー・ヴィニール(マーブルド)
輸入盤 LP ブラック・ヴィニール

ケイオス・アンド・クリエイション・イン・ザ・バックヤード ~ 裏庭の混沌と創造 / ポール・マッカートニー
日本盤 SHM-CD 紙ジャケ仕様(EU初回盤LPをミニチュア再現)、解説・歌詞・対訳付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、カラー・ヴィニール(ゴールド)、解説・歌詞・対訳付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、ブラック・ヴィニール、解説・歌詞・対訳付
輸入盤 CD デジパック仕様
輸入盤 LP カラー・ヴィニール(ゴールド)
輸入盤 LP ブラック・ヴィニール

NEW / ポール・マッカートニー
日本盤 SHM-CD 紙ジャケ仕様(EU初回盤LPをミニチュア再現)、英文ライナー翻訳・歌詞・対訳付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、カラー・ヴィニール(ピンク)、英文ライナー翻訳・歌詞・対訳付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、ブラック・ヴィニール、英文ライナー翻訳・歌詞・対訳付
輸入盤 CD デジパック仕様
輸入盤 LP カラー・ヴィニール(ピンク)
輸入盤 LP ブラック・ヴィニール

上記4タイトル SHM-CD セット
日本盤 SHM-CD 紙ジャケ仕様 ユニバーサル・ミュージック・ストア
日本盤 SHM-CD 紙ジャケ仕様 ディスクユニオン
日本盤 SHM-CD 紙ジャケ仕様 タワーレコード<オンライン限定>

上記4タイトル LP セット
日本盤 LP 直輸入盤仕様、カラー・ヴィニール(4色)、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯/日本初回盤CD帯の意匠を可能な限り再現した巻き帯付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、ブラック・ヴィニール、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯/日本初回盤CD帯の意匠を可能な限り再現した巻き帯付
輸入盤 LP カラー・ヴィニール(4色)
輸入盤 LP ブラック・ヴィニール

ポール・マッカートニー・アーカイヴ・シリーズ #2

ウイングス・グレイテスト・ヒッツ

スリリントン

ケイオス・アンド・クリエイション・イン・ザ・バックヤード

NEW