つれづれなるままにWINGSFAN
Tribute Vlog for Wings Greatest 40th anniversary
01 | 2018/02 | 03
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
Yesterday  Here Today  Go Now
本 , 雑誌 , ムック
2/24まで The Beatles 音源徹底分析(一部内容) 無料ダウンロード
2/26 麗しき70年代ロック・スター伝説 8ビートギャグ リターンズ (ビートルズ・ネタ掲載)
3/6 MUSIC LIFE ジョンとヨーコのバラッド
3/9 ジョン・レノンの流儀(仮) 1964-1980 対話録
3/12 ウェルカム! ビートルズ 1966年の武道館公演を成功させたビジネスマンたち
3/19 ヒプノシス全作品集
年内 ジョン・レノン Imagine
年内 The Beatles: Yellow Submarine

イベント
2/25 15:00 青猫書房 モノラル・レコードを聴く会 ビートルズのリアルタイムの音を聴く
2/25 18:30 レコスケと祝おう ~ ジョージ・ハリスン生誕祭 2018
2/27~3/29 本秀康展「ロックとマンガ」
3/10 13:00 ビートルズ・アルバム・ヒストリー 1966-1970 「リボルバー」から「レット・イット・ビー」まで
3/11 17:00 藤本国彦プロデュース ビートルズの世界 Around The Beatles トーク・イベント
3/11まで ジョージ・ハリスン アイ・ミー・マイン展
3/11まで ロックの殿堂ジャパンミュージアム
3/24 12:30 ビートルズ・アナログ鑑賞会 Vol.18 ピーター・バラカン出演
4/8 FOOL On The HOLIDAY
4/8まで ONTEN ~LOVE + ROCK ビートルズ × 忌野清志郎~
4/14 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
4/24~5/5 Lennon's Banjo 英国
5/12 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
6/9 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
7/14 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
8/11 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
9/8 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説

CD
2/28 ビートルズ ザ・コンプリート・スタークラブ・テープス1962
3/28 グレープフルーツ イエスタデイズ・サンシャイン ロンドン・セッションズ 67-68
4/4 ダニー・アドラー ビット・オブ・ビートルズ
年内 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

Blu-ray , DVD
3/28 演劇女子部 一枚のチケット ~ビートルズがやってくる~

グッズ
3/31 ビニールフィギュア ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター、イエロー・サブマリン

映画
春 Concert For George 米国
5月 犬ヶ島 (オノ・ヨーコ声優参加)
7/8 イエローサブマリン <新デジタル・リマスター版>
秋 ビートルズ The Beatles in India
年内 ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内 A Life In The Day

アナログ盤
年内 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム


カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


第59回グラミー賞 受賞作品・受賞者一覧
59th Annual GRAMMY Awards

12日(現地時間)、米ロサンゼルスのステイプルズ・センターで第59回グラミー賞授賞式が開催され、全受賞作品・受賞者が発表された。アデルが最優秀レコード賞、最優秀アルバム賞、最優秀楽曲賞という主要部門のうち3部門を制覇した他、デヴィッド・ボウイはノミネートされた5部門すべてを受賞し、アデルと並んで最多受賞となった。9部門で最多ノミネートだったビヨンセは最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバム賞、最優秀ミュージック・ビデオ賞を受賞、最優秀音楽映画賞ではビートルズが受賞している。受賞者・受賞作品の一覧は以下のとおり。

最優秀レコード賞
アデル 「Hello」

最優秀アルバム賞
アデル 「25」

最優秀楽曲賞
アデル 「Hello」

最優秀新人賞
チャンス・ザ・ラッパー

最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス賞
アデル 「Hello」

最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス賞
トウェンティ・ワン・パイロッツ 「Stressed Out」

最優秀トラディショナル・ポップ・ヴォーカル・アルバム賞
ウィリー・ネルソン 「サマータイム:ウィリー・ネルソン・シングス・ガーシュウィン」

最優秀ポップ・ボーカル・アルバム賞
アデル 「25」

最優秀ダンス・レコーディング賞
ザ・チェインスモーカーズ feat. デイヤ 「Don't Le Me Down」

最優秀ダンス/エレクトロニック・アルバム賞
フルーム 「スキン」

最優秀コンテンポラリー・インストゥルメンタル・アルバム賞
スナーキー・パピー 「クルチャ・ヴルチャ」

最優秀ロック・パフォーマンス賞
デヴィッド・ボウイ 「Blackstar」

最優秀メタル・パフォーマンス賞
メガデス 」Dystopia」

最優秀ロック楽曲賞
デヴィッド・ボウイ 「Blackstar」

最優秀ロック・アルバム賞
ケイジ・ジ・エレファント 「テル・ミー・アイム・プリティ」

最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム賞
デヴィッド・ボウイ 「★(ブラックスター)」

最優秀R&Bパフォーマンス賞
ソランジュ 「Cranes in the Sky」

最優秀トラディショナル・R&Bヴォーカル・パフォーマンス賞
レイラ・ハサウェイ 「Angel」

最優秀R&B楽曲賞
マックスウェル 「Lake By The Ocean」

最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバム賞
ビヨンセ 「レモネード」

最優秀R&Bアルバム賞
レイラ・ハサウェイ 「レイラ・ハサウェイ・ライヴ」

最優秀ラップ・パフォーマンス賞
チャンス・ザ・ラッパー feat. リル・ウェイン & 2チェインズ 「No Problem」

最優秀ラップ/サング・パフォーマンス賞
ドレイク 「Hotline Bling」

最優秀ラップ楽曲賞
ドレイク 「Hotline Bling」

最優秀ラップ・アルバム賞
チャンス・ザ・ラッパー 「カラーリング・ブック」

最優秀カントリー・ソロ・パフォーマンス賞
マレン・モリス 「My Church」

最優秀カントリー・デュオ/グループ・パフォーマンス賞
ペンタトニックス feat. ドリー・パートン 「Jolene」

最優秀カントリー楽曲賞
ティム・マグロウ 「Humble And Kind」

最優秀カントリー・アルバム賞
スタージル・シンプソン 「ア・セイラーズ・ガイド・トゥ・アース」

最優秀ニューエイジ・アルバム賞
ホワイト・サン 「ホワイト・サンII」

最優秀ジャズ・インストゥルメンタル・ソロ賞
ジョン・スコフィールド 「I'm So Lonesome I Could Cry」

最優秀ジャズ・ヴォーカル・アルバム賞
グレゴリー・ポーター 「希望へのアレイ」

最優秀ジャズ・インストゥルメンタル・アルバム賞
ジョン・スコフィールド 「カントリー・フォー・オールド・メン」

最優秀大規模ジャズ・アンサンブル・アルバム賞
テッド・ナッシュ・ビッグ・バンド 「プレジデンシャル・スイート:エイト・ヴァリエーションズ・オン・フリーダム」

最優秀ラテン・ジャズ・アルバム賞
チューチョ・ヴァルデス 「トリビュート・トゥ・イラケレ:ライヴ・イン・マルシアック」

最優秀ゴスペル・パフォーマンス賞
タメラ・マン 「God Provides」

最優秀コンテンポラリー・クリスチャン・ミュージック楽曲賞
ヒラリー・スコット・アンド・ザ・スコット・ファミリー 「Thy Will」

最優秀ゴスペル・アルバム賞
カーク・フランクリン 「ルージング・マイ・レリジョン」

最優秀コンテンポラリー・クリスチャン・ミュージック・アルバム賞
ヒラリー・スコット・アンド・ザ・スコット・ファミリー 「ラヴ・リメインズ」

最優秀ルーツ・ゴスペル・アルバム賞
ジョーイ・アンド・ローリー 「ヒムズ・ザット・アー・インポータント・トゥ・アス」

最優秀ラテン・ポップ・アルバム賞
ジェシー・アンド・ジョイ 「ウン・ベシート・マス」

最優秀ラテン・ロック、アーバン、オルタナティヴ・アルバム賞
イレ 「イレヴィタブル」

最優秀リージョン・メキシカン・アルバム賞(テハーノ含む)
ヴィセンテ・フェルナンデス 「ウン・アステカ・エン・エル・アステカ Vol.1(エン・ヴィーノ)」

最優秀トロピカル・ラテン・アルバム賞
ホセ・ルーゴ & グアサバーラ・コンボ 「ドンデ・エスタン」

最優秀アメリカン・ルーツ・パフォーマンス賞
サラ・ジャローズ 「House of Mercy」

最優秀アメリカン・ルーツ楽曲賞
ヴィンス・ギル 「Kid Sister」

最優秀アメリカーナ・アルバム賞
ウィリアム・ベル 「ディス・イズ・ホエア・アイ・リヴ」

最優秀ブルーグラス・アルバム賞
オコナー・バンド・ウィズ・マーク・オコナー 「カミング・ホーム」

最優秀トラディショナル・ブルース・アルバム賞
ボビー・ラッシュ 「ポーキュパイン・ミート」

最優秀コンテンポラリー・ブルース・アルバム賞
ファンタスティック・ネグリート 「ザ・ラスト・デイズ・オブ・オークランド」

最優秀フォーク・アルバム賞
サラ・ジャローズ 「アンダーカレント」

最優秀リージョナル・ルーツ・ミュージック・アルバム賞
カラニ・ペア 「エ・ワレア」

最優秀レゲエ・アルバム賞
ジギー・マーリー 「ジギー・マーリー」

最優秀ワールドミュージック・アルバム賞
ヨーヨー・マ・アンド・ザ・シルクロード・アンサンブル 「シング・ミー・ホーム」

最優秀子供向けアルバム賞
シークレット・エージェント・23スキードゥ 「インフィニティ・プラス・ワン」

最優秀スポークン・ワード・アルバム賞
キャロル・バーネット 「イン・サッチ・グッド・カンパニー・イレヴン・イヤーズ・オブ・ラフター・メイヘム・アンド・ファン・イン・ザ・サンドボックス」

最優秀コメディ・アルバム賞
パットン・オズワルト 「トーキング・フォー・クラッピング」

最優秀ミュージカル・ショウ・アルバム賞
ニュー・ブロードウェイ・キャスト 「ザ・カラー・パープル」

最優秀サウンドトラック・アルバム編集賞:映画、テレビ、その他映像部門
スティーヴン・バーコウィッツ, ドン・チードル, ロバート・グラスパー 「MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間」

最優秀サウンドトラック・アルバム作曲賞:映画、テレビ、その他映像部門
ジョン・ウィリアムス 「スターウォーズ/フォースの覚醒」

最優秀楽曲賞:映画、テレビ、その他映像部門
ジャスティン・ティンバーレイク 「Can't Stop The Feeling!」 ( 「トロールズ(原題)」)

最優秀インストゥルメンタル作曲賞
テッド・ナッシュ・ビッグ・バンド 「Spoken At Midnight」

最優秀インストゥルメンタルまたはアカペラ編曲賞
ジェイコブ・コリアー 「You And I」

最優秀ヴォーカル入りインストゥルメンタル編曲賞
ジェイコブ・コリアー 「Flintstones」

最優秀レコーディング・パッケージ賞
ジョナサン・バーンブルック 「★」(デヴィッド・ボウイ)

最優秀ボックスまたはスペシャル・リミテッド・エディション・パッケージ賞
ジェラール・ロ・モナコ 「THE 100TH ANNIVERSARY / ザ・ベスト・オブ・エディット・ピアフ ~生誕100年」(エディット・ピアフ)

最優秀アルバム・ノーツ賞
ケン・ブルーム, リチャード・カーリン 「シサル & ブレイク・シング・シャッフル・アロング」(ユービー・ブレイク & ノーブル・シサル)

最優秀ヒストリカル・アルバム賞
ボブ・ディラン 「ザ・カッティング・エッジ1965~1966:ブートレッグ・シリーズ第12集」

最優秀アルバム技術賞(クラシック以外)
デヴィッド・ボウイ, トム・エルムハースト, ケヴィン・キルン, トニー・ヴィスコンティ, ジョー・ラポータ 「★」(デヴィッド・ボウイ)

最優秀プロデューサー賞(クラシック以外)
グレッグ・カースティン

最優秀リミックス・レコーディング賞
RAC 「Tearing Me Up (RAC Remix)」(ボブ・モーゼス)

最優秀サラウンド・サウンド・アルバム賞
ルドヴィク・モルロー(指揮者), シアトル交響楽団 「デュティユー:スー・ル・メーム・アコール:レ・シタシオンズ, ミステレ・ドゥ・ランサン&ティンブレス, エスパス, ムーヴマン」

最優秀アルバム技術賞(クラシック部門)
マーク・ダナヒュー, フレッド・ヴォグラー, デヴィッド・L・ウィリアムス 「歌劇:歌劇:ヴェルサイユの亡霊」(ロサンゼルス・オペラ&オーケストラ)

最優秀プロデューサー賞(クラシック部門)
デヴィッド・フロスト

最優秀オーケストラ・パフォーマンス賞
アンドリス・ネルソンス(指揮者) 「ショスタコーヴィッチ:アンダー・スターリンズ・シャドウ-交響曲第5,8,9番」 (ボストン交響楽団)

最優秀オペラ・レコーディング賞
ジェームズ・コンロン(指揮者), ブラントン・アルスポー(プロデューサー), ジョシュア・ゲレロ, クリストファー・モルトマン, ルーカス・ミーチェム, パトリシア・レーセット, ルーシー・シェーファー, ユ・ガンクン 「歌劇:ヴェルサイユの亡霊」(ロサンゼルス・オペラ&オーケストラ)

最優秀合唱パフォーマンス賞
クシシュトフ・ペンデレツキ(指揮者), ヘンリク・ウォジュナロフスキ(合唱監督) 「Penderecki Conducts Penderecki, Volume 1」 (ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団)

最優秀小規模アンサンブル・パフォーマンス賞
サード・コースト・パーカッション 「スティーヴ・ライヒ」

最優秀クラシック・インストゥルメンタル・ソロ賞
ズイル・ベイリー(チェロ), ジャンカルロ・ゲレロ(指揮者) 「ドアティ:Tales Of Hemingway」 (ナッシュビル交響楽団)

最優秀クラシック・ソロ・ヴォーカル・アルバム賞 ※ダブル受賞
ドロテア・レッシュマン、内田光子(演奏) 「シューマン:リーダークライス、女の愛と生涯/ベルク:初期の7つの歌」
イアン・ボストリッジ 、アントニオ・パッパーノ(演奏) 「シェイクスピア・ソングス」

最優秀クラシック・コンペンディアム賞
ジャンカルロ・ゲレロ(指揮者),ティム・ハンドリー(プロデューサー) 「ドアティ:ヘミングウェイの物語/アメリカン・ゴシック・ワンス・アポン・ア・キャッスル」

最優秀クラシック・コンテンポラリー作曲賞
マイケル・ドアティ 「Tales Of Hemingway」

最優秀ミュージック・ビデオ賞
ビヨンセ 「Formation」

最優秀音楽映画賞
ザ・ビートルズ 「EIGHT DAYS A WEEK-The Touring Years」


ザ・ビートルズ ~ EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years

Thanks! Grammy Awards , NME Japan


関連Blog
2/13のBlog [速報] 第59回グラミー賞 ビートルズ受賞 ウイングス、タッグ・オブ・ウォーは残念


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する