つれづれなるままにWINGSFAN
Tribute Vlog for Paul McCartney & Wings
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Yesterday  Here Today  Go Now
イベント
7/25 20:00~21:30 星加ルミ子 トークショー&サイン会
7/28 19:00~20:30 トーク&サイン会 藤本国彦氏と読むビートルズ
8/5 14:00~15:00 ボブ・グルーエン トークショー
8/5 15:00~16:00 ボブ・グルーエン サイン会
8/6まで 10:00~21:00 ボブ・グルーエンと100人のロックレジェンド展 cor porate with FUJI ROCK FESTIVAL
8/6まで 11:00~23:00 ザ・ビートルズ特設コーナー2017
8/20 19:00 サージェント・ペパーズ発売50周年記念トーク・イベント (6) メンバーを取り巻く世界
9/17まで ジュリアン・レノン写真展 Cycle 東京
9/17まで ジュリアン・レノン写真展 Cycle –Life Cycle– 東京
9/17まで ジュリアン・レノン写真展 Cycle –River Life– 京都

LIVE
7/25 ポール・マッカートニー 米国 ティンリーパーク Hollywood Casino Amphitheatre
7/26 ポール・マッカートニー 米国 ティンリーパーク Hollywood Casino Amphitheatre
7/30 ダニー・ハリスン 米国 ニューヨーク Panorama Music Festival
9/11~10/2 ポール・マッカートニー 米国
10/13~20 ポール・マッカートニー ブラジル
10/24 ポール・マッカートニー コロンビア
10/28 ポール・マッカートニー メキシコ
12/2~11 ポール・マッカートニー オーストラリア
12/16 ポール・マッカートニー ニュージーランド

TV , ラジオ
7/31 14:30~16:30 ザ・ビートルズ ~ EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years WOWOWシネマ
8/4 12:00~14:00 ザ・ビートルズ ~ EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years WOWOWシネマ
8/13 6:00~8:00 ザ・ビートルズ ~ EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years WOWOWライブ
8/20 12:35~14:35 ザ・ビートルズ ~ EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years WOWOWシネマ

CD
8/2 ヨーコ・オノ フライ
8/2 ヨーコ・オノ 無限の大宇宙
8/2 ヨーコ・オノ 空間の感触
8/4 ビートルズ ハリウッド・ボウル 1964
9/15 リンゴ・スター ギヴ・モア・ラヴ
10/6 ダニー・ハリスン IN///PARALLEL US盤
後半? ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム
後半? ポール・マッカートニー 全カタログ再発

BD , DVD
8/4 It Was Fifty Years Ago Today! The Beatles: Sgt. Pepper Beyond
8/23 サウンドブレイキング / ジョージ・マーティン 他
10/3 パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 海外盤

映画
8/5 俺たちポップスター (リンゴ・スター出演)
年内? ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内? A Life In The Day

アナログ盤
8/9 ヨーコ・オノ フライ
8/9 ヨーコ・オノ 無限の大宇宙
8/9 ヨーコ・オノ 空間の感触
9/22 リンゴ・スター Give More Love
後半? ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム
後半? ポール・マッカートニー 全カタログ再発

グッズ , ゲーム
8/18 ビートルズ ジャケットコースターセット
9/30 ビートルズ コラボTシャツ

本 , 雑誌 , ムック
9/8 ビートルズはどこから来たのか 大西洋を軸に考える20世紀ロック文化史
9/21 絵本「Imagine」(仮)
2018年 The Beatles: Yellow Submarine


カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


アル・ヤンコヴィック、40周年記念ボックスセットにパックマン+ビートルズ曲を収録
Squeeze Box : The Complete Works of “Weird Al” Yankovic

Pac-Man という新曲が公開された。1966年に発表されたビートルズのアルバム「リボルバー」オープニングを飾る「タックスマン」に、パックマンを讃える歌詞を乗せたパロディー作品。こういうことをやるのは世界で1人しか考えられない。「今夜はイート・イット」など数々の面白作品を生み出したウィアード・アル・ヤンコヴィックだ。曲のアレンジはほぼビートルズのままで、ギターのリフの部分をアル・ヤンコヴィック得意のアコーディオンで代替している。歌詞の内容は「僕はピンボールフリークだったけど、今はパックマン。ドットを飲み込むのが大好き」「手が痛くなるまでやり続け、仕事も辞めた。家も売った。今はゲーセンに住んでる」「ハイスコアを出すまではあきらめないぞ」と、ひたすらパックマンへの愛を歌う。バックにはゲームの効果音も。Nerdist のインタビュー記事によれば、タックスマンを作曲したジョージ・ハリスンの息子であるダニー・ハリスンはアル・ヤンコヴィックと仲が良く。ジョージの追悼ライブではジョージの名曲「美しき人生」を熱唱したほど。ダーニからはジョージがヤンコヴィックの曲を好きだったと聞かされたという。この「パックマン」は結構音が悪い。1980年代にTEACのカセットテープ4チャンネル・マルチ・トラック・レコーダー(MTR)である PORTASTUDIO で録音したものだからだ。背景のサウンドはアーケードゲーム実機の近くで重ねた。それをラジオで流し好評を得たのだが、ビートルズの版権管理会社から番組に停止通告書が送られてきてお蔵入りとなった経緯がある。現在予約受付中の、パロディー生活40周年を記念するボックスセット「Squeeze Box : The Complete Works of “Weird Al” Yankovic」特典としてこの曲を入れたいとヤンコヴィックは考えてダニーに連絡。今回は無事、版権者であるハリスン家から承諾を得た。さらに、バンダイナムコからも許諾を得て無事公開にこぎつけたというわけだ。現在、バンダイナムコはパックマンなど過去作品の知的財産使用を奨励する取り組みも行なっているため、うまくニーズが合致したのかもしれない。


Thanks! ITmedia

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する