つれづれなるままにサージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド50周年記念盤
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Yesterday  Here Today  Go Now
BD , DVD
5/31 ポール・マッカートニー with リンゴ・スター&フレンズ Change Begins Within コンサート2009 Blu-ray
5/31 ポール・マッカートニー with リンゴ・スター&フレンズ Change Begins Within コンサート2009 DVD
7/3 It Was Fifty Years Ago Today! The Beatles: Sgt. Pepper & Beyond

イベント
6/1 19:30 サージェント・ペパーズ、50年目の真実
6/4 14:00 ワン・オン・ワン ジャパン・ツアー2017 再現ライブ Live Artist COMMA-DADA
6/9 19:00 アヅ・マッカートニー バースデーライブ2017
6/11 12:30 ビートルズ・アナログ鑑賞会 Vol.9 SGT. PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND 特集
6/16 19:30 サージェント・ペパーズ発売50周年記念トーク・イベント (4) スタジオ・レコーディングの世界
6/16まで サージェント・ペパーズ発売50周年記念イベント Sgt Peppers At 50 英国
7/5~10 Tokyo Beatles Week 2017
7/7 12:00 リンゴ・スター Love & Peace
7/15 19:00 サージェント・ペパーズ発売50周年記念トーク・イベント (5) ライブの世界
8/20 19:00 サージェント・ペパーズ発売50周年記念トーク・イベント (6) メンバーを取り巻く世界

デジタル配信
6/1 It Was Fifty Years Ago Today! The Beatles: Sgt. Pepper & Beyond

本 , 雑誌 , ムック
6/22 ロック・ビッグバンとサージェント・ペパーズ・シンドローム 1966-1968
6/24 THE BEATLES LYRICS 名作誕生
7/4 ビートルズ語辞典 : ビートルズにまつわる言葉をイラストと豆知識でヤァ!ヤァ!ヤァ!と読み解く
9/21 絵本「Imagine」(仮)

映画
7/1 ポール・マッカートニー パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊
年内? ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内? A Life In The Day

LIVE
7/5~26 ポール・マッカートニー 米国
9/11~10/2 ポール・マッカートニー 米国
10/13~20 ポール・マッカートニー ブラジル

CD
前半 ヨーコ・オノ フライ
前半 ヨーコ・オノ 無限の大宇宙
前半 ヨーコ・オノ 空間の感触
前半 ヨーコ・オノ ストーリー
7月以降 ポール・マッカートニー 全カタログ再発
後半 ヨーコ・オノ シーズン・オブ・グラス
後半 ヨーコ・オノ イッツ・オールライト
後半 ヨーコ・オノ スターピース
後半 ヨーコ・オノ 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム
年内? リンゴ・スター ニューアルバム (ポール・マッカートニー参加)

アナログ盤
前半 ヨーコ・オノ フライ
前半 ヨーコ・オノ 無限の大宇宙
前半 ヨーコ・オノ 空間の感触
前半 ヨーコ・オノ ストーリー
7月以降 ポール・マッカートニー 全カタログ再発
後半 ヨーコ・オノ シーズン・オブ・グラス
後半 ヨーコ・オノ イッツ・オールライト
後半 ヨーコ・オノ スターピース
後半 ヨーコ・オノ 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド 50周年記念エディション


カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


ポール・マッカートニー、他のアーティストとのコラボレーションについて振り返る
ポール・マッカートニーは最新インタビューでこれまでのコラボレーションについて振り返っている。アーカイヴ・コレクション第10弾「フラワーズ・イン・ザ・ダート」の発売を受けてポール・マッカートニーは英ラジオ局 BBC 6 Music の番組で、これまでに行ってきたコラボレーションについて「僕にとってコラボレーションって言うと、先ず、ジョン以上のコラボレーション相手は見つからないってことが分かってるからね。これは単に事実としてね。だから、やろうとせずに避けてきたんだ。ジョンと書く以上に良いものを書ける相手は見つからないってことを知ってしまっているわけだからね。でも、それを口に出したら、他の人と一緒にやることに興味が湧いてきたんだ。だって、皆んなそれぞれ、その人にしかないものがあるわけだからね。マイケル・ジャクソンはこの事務所の上の階でピアノをポロポロ弾いてたら、そこで曲が出来上がったんだ。最近だとカニエだけど、どうなるか分からなかったよね。だって、二人でアコースティック・ギターを持って向き合うみたいなものじゃないからね。だから、「よし、ダメ元だ」ってね。僕は皆んなに言っている条件が一つだけあって、それは「いいかい、もしうまくいかなかったら誰にも話さないでくれ。カニエって誰だ? 一緒にやったことなんてないよってね」っていうものなんだ。カニエとは単に僕自身として音楽的にインスピレーションを受けた時のいろんな話をしたんだ。そのうちの一つがどうやって「Let It Be」ができたかってものでね。あれは10年前に亡くなっていた母親が夢に出てきたことがきっかけなんだ。僕はその夢にすごくインスピレーションを受けてね、それであの曲を書いたんだ。カニエにそれを話したんだよ。なぜなら彼は母親を亡くしていたからね。だから、それで僕が気ままにエレクトロニック・ピアノを弾いていた時、彼が「Only One」という曲を書いたんだ。彼にメロディーが浮かんで、僕がコードとスタイルをつけていってね。そうやって、あの曲はできたんだよ」と語っている。


Thanks! NME Japan

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




          

          

          

Tokyo Beatles Week 2017