つれづれなるままにWINGSFAN
Tribute Vlog for Paul McCartney & Wings
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Yesterday  Here Today  Go Now
TV , ラジオ
8/18 19:00~20:45 ファミリーヒストリー (オノ・ヨーコ出演) NHK総合
8/20 12:35~14:35 ザ・ビートルズ ~ EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years WOWOWシネマ

グッズ , ゲーム
8/18 ビートルズ ジャケットコースターセット
9/30 ビートルズ コラボTシャツ
10/1 ビートルズ&ほぼ日手帳2018 コラボ手帳

イベント
8/20 19:00 サージェント・ペパーズ発売50周年記念トーク・イベント (6) メンバーを取り巻く世界
8/24まで MUSIC LIFE パネル展
8/25 19:30 ビートルズカフェ
8/25~11/9 センシビリティ アンド ワンダー
8/26 16:00~18:00 ジョン・ドーヴ&モーリー・ホワイト サイン会
8/27 12:30 ビートルズ・アナログ鑑賞会 Vol.11 ポール・マッカートニー「フレイミング・パイ」20周年記念特集
8/27 16:30 石引パブリック1周年記念 トークショー&ライブ もっと!ポール・マッカートニー!
9/17まで ジュリアン・レノン写真展 Cycle 東京
9/17まで ジュリアン・レノン写真展 Cycle –Life Cycle– 東京
9/17まで ジュリアン・レノン写真展 Cycle –River Life– 京都

BD , DVD
8/23 サウンドブレイキング (ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター、ジョージ・マーティン出演)
10/3 パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 海外盤

アナログ盤
8/29 ザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション アビイ・ロード
9/1 ビートルズ サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド US盤
9/12 ザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド
9/22 リンゴ・スター Give More Love
9/26 ザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション ラバー・ソウル
10/10 ザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション ザ・ビートルズ (2枚組)
10/24 ザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション ヘルプ!(4人はアイドル)
後半? ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム
後半? ポール・マッカートニー 全カタログ再発

本 , 雑誌 , ムック
8/31 ビートルズ・ストーリー Vol.9 '70
9/8 ビートルズはどこから来たのか 大西洋を軸に考える20世紀ロック文化史
9/21 絵本「Imagine」(仮)
2018年 The Beatles: Yellow Submarine

LIVE
9/11~10/2 ポール・マッカートニー 米国
10/13~20 ポール・マッカートニー ブラジル
10/24 ポール・マッカートニー コロンビア
10/28 ポール・マッカートニー メキシコ
12/2~12 ポール・マッカートニー オーストラリア
12/16 ポール・マッカートニー ニュージーランド

CD
9/13 ビートルズ ハリウッド・ボウル 1965
9/13 ビートルズ ライブ・アット・ブドウカン 1966
9/15 リンゴ・スター ギヴ・モア・ラヴ
10/6 ダニー・ハリスン IN///PARALLEL US盤
12/15 チャリティー・アルバム (ポール・マッカートニー参加) UK盤
後半? ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム
後半? ポール・マッカートニー 全カタログ再発

映画
年内? ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内? A Life In The Day

          

          


カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


ポール・マッカートニーと共作していた頃のエルヴィス・コステロ
エルヴィス・コステロの著書 アンフェイスフル・ミュージック&ディスアピアリング・インク (第29章 ザッツ・ホウェン・ア・スリル・ビカムズ・ア・ハート)より、ポール・マッカートニーと共作していた頃のエルヴィス・コステロのエピソードです。

Unfaithful Music and Disappearing Ink - Elvis Costello

ポール・マッカートニーと僕が共作に取り組んでいた1987年のある日、ポールが僕にロンドンに行き、ツアー・バンドのメンバーを募るため、仕事を切り上げなければならないと言った。彼は「一緒に行くかい?」と僕を誘った。僕たちは大型のメルセデスのバック・シートに乗り込んだ。車が走り出すとポールは「飲み物でもどうだい?」と言い、僕たちの間のシート・アームの引き出しを開け、スコッチ&コークを一杯飲んだ。そして上機嫌で、手巻きたばこを吸った。僕はこんな貴重な機会に酔うわけにはいかないと思い、丁重に断った。僕たちがリハーサル・スタジオに着くと数人のギター奏者が待機していた。その中にはニック・ロウのかつてのバンド仲間、ブリンズリー・シュウォーツと、シン・リジィの元メンバーもいた。僕は面倒なことに巻き込まれないよう、空いていたピアノの椅子にそっと腰掛けた。ドラム・キットの後ろに座っていたのはピート・トーマスだった。僕はグラストンベリーのステージを降りて以来、ピートと会っていなかった。そのステージが僕とジ・アトラクションズのラスト・パフォーマンスになり、僕たちはそれを踏まえて、「インスタント・カーマ」のエンディングで、ギターを派手にフィードバックさせて締めくくった。ピートは、僕とポールが共作していることを知っていたが、僕がスタジオに姿を見せたことに驚いたと思う。一方僕は、ポールがピートをドラマーとして起用する場合、違和感があった。その夜のジャム・セッションは、まったく荒削りなものになった。ポールは主にエディ・コクランの「トゥエンティ・フライト・ロック」やボ・ディドリーの「クラッキング・アップ」といった、ハンブルグやキャヴァーン時代から演奏していただろうロックンロールを取り上げた。彼は、そうしたセッションを数回試みた後、ツアー・バンドを編成した。ポールと僕は、彼のホッグ・ヒル・スタジオで書きあげていた数曲をレコーディングし始めた。僕たちは「マイ・ブレイヴ・フェイス」から取り掛かかり、まず僕がリード・ヴォーカルを歌い、ポールが自由にベースを弾けるよう誘導した。それは即席ヴァージョンとして納得のいくものだった。リンダは僕たちの演奏を聴き、「ホッグ・ヒルのビートルズみたい」と冷やかした。この一連のセッションの中で復活したものが、ポールのかつてのトレードマーク、ヘフナーのベースだった。僕たちがレコーディングを開始した時、彼はクリスマスにリンダからプレゼントされたスーパー・ハイテクの特注品を操っていた。だが僕はポールのプレイヤーとしての持ち味がその5弦ベースのトーンでは活きないと思った。それは実際、素晴らしい木材が使われているということ以外に褒めようのない楽器だった。僕はそもそも、5弦ベースにメリットを感じなかった。ベースの特性上、あえて5弦にする必要はないと思う。ポールは「マイ・ブレイヴ・フェイス」で、その変種の楽器を演奏した。そうしてバッキング・トラックを収録した後、僕はポールに彼のスタイルを特徴づけていたベース・フィルを挿入する意思があるか尋ねた。驚いたことに彼は「もちろんだよ」と言い、スタジオに直行すると、フィルインをオーヴァーダビングした。だが、少し詰め込みすぎていた。ポールは「効いてないと思うものは消してくれ。僕は電話に出なければいけないから」と言い残してスタジオを出た。僕はその瞬間に「ユー・ウォント・ハー・トゥー」で僕たちが描写した男のように葛藤しはじめた。心の中の天使が「イレイス・ボタンを押して、ポール・マッカートニーのベース・パートを消し去るなんて、とても信じられない」と囁く一方で、小悪魔が「バカめ、思い切ってそう言ったらどうだ?」とけしかけていた。僕は悩みに悩んだ。その翌日、僕は言葉を選びながら、ヘフナーのベースを今後弾くことがあるのかどうかポールに尋ねてみた。彼はこの数年、ビデオ・クリップで小道具としてのみ使っていたようだった。ポールはとにかく、ビートルズ後期からウイングス時代を通してリッケンバッカーを愛用していた。ところが彼はヘフナーのベースを戸棚から取り出した。ボディにはまだ、セット・リストが黄ばんだセロテープで張り付けられていた。ポールはそれを僕に点検させた。ネックに反りがあったものの、彼はプラグに差し込み、フレットボードに指を走らせた。それはまさに、あの独特のポール・マッカートニーのサウンドだった。彼はその後のセッションでヘフナーを使った。ポールはまた、僕の「ヴェロニカ」のレコーディングでベース・パートをオーバーダビングすることに同意し、ヘフナーを彼自身のギター・ケースに入れて、AIRスタジオに持ち込んだ。そして数テイクで素晴らしいベース・パートを添えた。

Thanks! dot.

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する