つれづれなるままにWINGSFAN
Tribute Vlog for Wings Greatest 40th anniversary
01 | 2018/02 | 03
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
Yesterday  Here Today  Go Now
イベント
2/23 19:30 本人が語るアナログ盤NIGHT vol.3 小原礼が語るアルバム“黒船 / Sadistic Mika Band”
2/25 15:00 青猫書房 モノラル・レコードを聴く会 ビートルズのリアルタイムの音を聴く
2/25 18:30 レコスケと祝おう ~ ジョージ・ハリスン生誕祭 2018
2/27~3/29 本秀康展「ロックとマンガ」
3/10 13:00 ビートルズ・アルバム・ヒストリー 1966-1970 「リボルバー」から「レット・イット・ビー」まで
3/11 17:00 藤本国彦プロデュース ビートルズの世界 Around The Beatles トーク・イベント
3/11まで ジョージ・ハリスン アイ・ミー・マイン展
3/11まで ロックの殿堂ジャパンミュージアム
3/24 12:30 ビートルズ・アナログ鑑賞会 Vol.18 ピーター・バラカン出演
4/8 FOOL On The HOLIDAY
4/8まで ONTEN ~LOVE + ROCK ビートルズ × 忌野清志郎~
4/14 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
4/24~5/5 Lennon's Banjo 英国
5/12 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
6/9 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
7/14 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
8/11 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
9/8 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説

CD
2/23 Concert For George Deluxe Box Set + Test Pressings US盤
2/23 Concert For George Exclusive Deluxe Edition US盤
2/23 コンサート・フォー・ジョージ 輸入盤・限定盤 2CD+2Blu-ray
2/23 コンサート・フォー・ジョージ 輸入盤 2CD+2DVD
2/23 コンサート・フォー・ジョージ 輸入盤 2CD
2/28 ビートルズ ザ・コンプリート・スタークラブ・テープス1962
3/28 グレープフルーツ イエスタデイズ・サンシャイン ロンドン・セッションズ 67-68
4/4 ダニー・アドラー ビット・オブ・ビートルズ
年内 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

アナログ盤
2/23 コンサート・フォー・ジョージ 輸入盤・限定盤 4LP
2/23 ラングレイ・スクール・ミュージック・プロジェクト The Langley Schools Music Project US盤
年内 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

Blu-ray , DVD
2/23 Concert For George US盤 2CD+2Blu-ray
2/23 Concert For George US盤 2CD+2DVD
3/28 演劇女子部 一枚のチケット ~ビートルズがやってくる~

本 , 雑誌 , ムック
2/24まで The Beatles 音源徹底分析(一部内容) 無料ダウンロード
2/26 麗しき70年代ロック・スター伝説 8ビートギャグ リターンズ (ビートルズ・ネタ掲載)
3/6 MUSIC LIFE ジョンとヨーコのバラッド
3/9 ジョン・レノンの流儀(仮) 1964-1980 対話録
3/12 ウェルカム! ビートルズ 1966年の武道館公演を成功させたビジネスマンたち
3/19 ヒプノシス全作品集
年内 ジョン・レノン Imagine
年内 The Beatles: Yellow Submarine

グッズ
3/31 ビニールフィギュア ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター、イエロー・サブマリン

映画
春 Concert For George 米国
5月 犬ヶ島 (オノ・ヨーコ声優参加)
7/8 イエローサブマリン <新デジタル・リマスター版>
秋 ビートルズ The Beatles in India
年内 ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内 A Life In The Day


カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


ポール・マッカートニー、著作権争いが米で再燃
週刊新潮 2017年4月13日号

今月末にまた来日するポール・マッカートニー。驚異的な元気さを支えるのはもしかして執念か... ポールが米ニューヨークの連邦地裁にソニー子会社で世界最大の音楽出版会社 Sony/ATV が所有するビートルズの著作権の返還を求める訴訟を起こしたのが今年1月。だが3月になって、ソニーは突っぱねたという。「音楽業界では通常、作曲者は音楽出版社に著作権を譲渡し、著作権管理団体を通じて出版社が楽曲使用料を徴収しているのです」とは著作権に詳しい高木啓成弁護士である。だが、「ビートルズのそれは、より複雑でねえ...」というのは音楽評論家の大鷹俊一。ビートルズが「ラヴ・ミー・ドゥ/P.S.アイ・ラヴ・ユー」でデビューしたのは1962年。この時はEMI傘下の出版社と契約したが、売れ行きが良くなかったため、翌年、新たに契約したのがノーザン・ソングスである。「ヘルプ!」や「ヘイ・ジュード」など、レノン=マッカートニーの名曲の著作権はここへ譲渡されたのだが、この出版社が売却され、その親会社も売りに出されるなど紆余曲折、一時はマイケル・ジャクソンの手に渡った。「権利ビジネスに熱心だったポールが、共作で仲良くなったマイケルに教えたともいわれました」(同) マイケルの死によって手に入れたのがソニーである。「使用料から管理手数料を頂き、それ以外を作者に支払うという形は他のアーティストと変わりませんよ。ポールの真意を測りかねています」(日本のソニー) だが、その手数料が高いというのは前出の高木弁護士。「日本では出版社と作者の取り分は多少の差はあっても50対50が普通。米国でもそれが一般的と聞きます」。英国人のポールが米国で訴えたのは、譲渡した著作権が契約から56年後に作者が取り戻せるという米国法があるため。それが適えば来年から順次ポールの元に。「お金じゃないと思います。ソングライターとして、自分の作品を手元に置きたいというプライドによる裁判ではないでしょうか」(大鷹俊一) Let it be...とはいかないようで。

Thanks! 週刊新潮

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する